「プチ」・ハンフスタングル/ウィリアム・ランドルフ・ハースト/ヒトラー by Clifford Shack

17.「プチ」・ハンフスタングル

アーネスト・「プチ」・ハンフスタングルlは、 NYタイムズの死亡記事が説明しているように、 「ヒトラーのハーバード仕込みの取り巻きだった...教養のある裕福な画商家族のピアノを演奏する御曹子は、ヒトラーの最古参の信奉者の一人で、1920年台から1930年代にかけての最もエネルギッシュな宣伝屋だった。

c0139575_2074037.jpg


エルンスト・フランツ・セジウィック・ハンフスタングルは、1887年2月11日ミュンヘンでエドガー・ハンフスタングルとキャサリン・セジウィック・ハイネとの息子として生まれた。エドガーは、ドイツの裕福な画商で美術関係の出版家で、キャサリンは、コネチカット州生まれの南北戦争中の北軍将軍の娘だった。」

「彼は、1923年のミュンヘンでの失敗に終わった『ビアホール一揆』に参加した。
c0139575_20102454.jpg

(それは面白い。それは、 『ワイルド・ビル』・ドノバンが、ベルヒテスガーデンでアドルフ・ヒトラーとビールを共に飲んでいたのと同じ年である。) 

そのベトベトした若手の民衆扇動家は、同情的な弁護士に大言壮語した。彼は、家庭の飼い犬とは違って、そのカーペットを血で濡らすまでは父親に打ち負かされることはできないと。」

ハンフスタングルは、後にナチの主要な日刊紙となるVolkische Beobachterのための資金集めに彼の社会的なコネクションを使った。

新聞とアートギャラリー。

これらの主題は、主要な策動におけるもう一つの疑いを思い出させる...


18.ウィリアム・ランドルフ・ハースト

c0139575_2013153.jpg


私は、ホロコーストと呼ばれる陰謀疑惑においてハーストが果たした役割に好奇心を持っていたので、そこからなんらかの手掛かりを探り出すことが出来ないかと調べるために、映画「市民ケーン」を借りてみた。

私は実行した。

この映画は、もちろんオルソン・ウェルズによって描かれたハーストの架空の映画場面を含んでいる。

私に興味深かったのは、ハーストがアドルフ・ヒトラーと会談していることを示す場面だった!

私は、そのような会談の証拠を発見することが重要だと考えた。

W・R・ハーストの息子による 「ハースト:父と息子」という本の中で、1934年、実際にヒトラーとW・R・ハーストが持った会談についての言及がなされていた。

c0139575_20171312.jpg


ヒトラーはハーストから、どのように「米国の世論が形成されるのかと、その米国の国家政策への影響」について学びたがっていた。

その著者ウィリアム・ランドルフ・ハースト・Jr.は続けている...

その父親は私の父をよくを知っていたが、「アーネスト・「プチ」・ハンフスタングルは、ヒトラー側近の中で腰ぎんちゃくになっていた。
c0139575_571786.jpg

c0139575_2541467.jpg

c0139575_255414.jpg

c0139575_2554559.jpg

私の父は老ハンフスタングルを通じて、、多くの美術品を購入していたし、その息子とも会っていた。 プチは、かつて父が入浴するためバッド・ナウハイムについたとき、会談すべく熱心に策略をめぐらした。」

「私は、この会談に出席したかったが、父がそれを禁じた」

ここで興味深い注意点は、1934年、ヒトラーがハンフスタングルの呼びかけでハーストと会談したのと同じ年...

ジョン・J・マクロイもまたハンフスタングルに会っていた!

c0139575_20214377.jpg


17."Putzi" Hanfstangl
http://www.geocities.com/cliff_shack/mary/mary17.html

18.William Randolph Hearst
http://www.geocities.com/cliff_shack/mary/mary18.html

参考

The Nazi Who Returned to Harvard
http://www.aish.com/jewishissues/jewishsociety/The_Nazi_Who_Returned_to_Harvard.asp


c0139575_332872.gif

[PR]

by oninomae | 2008-05-23 20:18 | イルミナティ  

<< 土師淳 失踪・殺害より11年... ドイツ労働者党・ヒトラー・トゥ... >>