潜入者としてのヒトラー By Clifford Shack

13. ...モートン・ハルペリンとジョン・マークスによる 「CIAファイル」と題された一冊の本 。

それは述べている。ある隠密の作戦の操作の手口は、その参加者はそのプロジェクトの究極の秘密を守るように選ばれるといったものであると。

その参加者たちは、その作戦が最初の場所で実行されないならば、ゆったりとしたままであるだろう人々である。

意図した作戦の暴露によって被る死は言うまでもなく。

この洞察を考慮することにより、私は広範な複数の機関の参加を含む隠密作戦を探し始めた。

それはJFケネディ暗殺陰謀の疑うべき構造であるだろう。

言い換えると、私はある陰謀を探し求めてていた。

大きな陰謀。

私は私の探求を非常に単純に開始した。

その時点で、私は、大まかに言えば-私自身を特に米国に限定することなしに考えた。

その時点では、それが進むべき最も論理的な道のように思われた。

私は考えた。もし私が考え得る最悪の犯罪で手がかりに不足することになれば、考え得る2番目に恐ろしい犯罪に移り、以後同様に進めばよいと。

いったんこのコースに心を注ぐや、瞬間の休む間もなく犯罪の中の犯罪と私が考えるものを思いついた。

まったく速やかに、心に浮かんだものは...


14. ...ホロコースト。

ヨーロッパのユダヤ人に対するナチスの攻撃は、私にはジョン・F・ケネディ大統領暗殺と関係がないように思われたけれども、にもかかわらず、私は自分の捜査手法に執着した。
(訳注:「優生学的大量虐殺と世界の人類奴隷化」が、「彼ら」の長期計画であると考えるに到った訳者としては、首肯できる推理展開である。もちろん、それで、この記事を訳したりしているわけです)

私は、あらゆる可能なリンクあるいは手がかりに目を向け続けた。

それはほんの数日後であった。地元の本屋にあった興味をそそられるタイトルに。私の好奇心が喚起されたのは。

一冊の本、それは...


15.「知られざるヒトラー 歴史上最も暗い名の肖像の裏側」 。

そのタイトルは、少なくとも、ホロコーストは史上最悪の犯罪だったという私の判断を支持した。 (訳注:現在も継続中である)

私はその本を通読するうち、ヒトラーのメンターへの言及を見いだした。

その本はヒトラーのルーツに深く踏み込むんでいるように思われた。

私は思った。これは、ヒトラーを秘密の合衆国の対外政策へ結びつける何らかの可能性に対する」私の探索にとって確かに手助けになるだろうと。

もしヒトラーの経歴のその始まりになんの兆候もない場合は、たぶん私は何も見いださないだろう。

私が遭遇した最初の好奇心は、ヒトラーがもともと第一次大戦後のドイツ軍であるドイツ国防軍諜報部の出身であるという事実だった。

知られざるヒトラーによると、ヒトラーはドイツ国防軍司令部の秘密資金から手当を受け取っていた


それは、この潜入諜報部員としての能力においてであった。ヒトラーが、創設期のドイツ労働者党と接触を持ったのは。その党は、ヒトラーの言葉では、まだひとつの「組織」として固まっていなかった。

私はヒトラーの潜入者としての働きに印象づけられた。

私は、コード・マイヤー・Jrと彼のCIAの対諜報部門内での国際的組織での任務を思った。
その IOは、呼ばれていたように、CIAの 「潜入部門」であった。


元記事は
13.http://www.geocities.com/cliff_shack/mary/mary13.html

14.http://www.geocities.com/cliff_shack/mary/mary14.html

15.http://www.geocities.com/cliff_shack/mary/mary15.html

c0139575_144997.gif


c0139575_14247100.jpg


c0139575_1434397.jpg


c0139575_4122572.jpg

[PR]

by oninomae | 2008-05-21 20:27 | イルミナティ  

<< ドイツ労働者党・ヒトラー・トゥ... コード・マイヤーとナチスの移民... >>