コード・マイヤーとナチスの移民 By Clifford Shack

10.コード・マイヤーとナチスの移民 By Clifford Shack

ロフタスはコード・マイヤーJrを、1947年までさかのぼれるウィズナーのスタッフとして名前を挙げた!

ご存じのように、私は、コード・マイヤーJrが、彼の諜報員としての経歴を1951年にアレン・ダレスに個人的に採用されたときに開始したと誤解していた。

コード・マイヤーがメアリー・ピンチョー・マイヤーと、ウィズナーのために働いている間に結婚していたとは全く面白いことになる!

彼らは1945年から1957年の間、結婚していた。

c0139575_19213513.jpg

コード&メアリー・マイヤー

「ベラルーシの秘密」は、ニュージャージー州サウスリヴァーの共同墓地への著者の訪問から始まる。
c0139575_303525.jpg


共同墓地には、第二次世界大戦中の何人かの最も悪名高いナチス協力者の残党を埋葬している。彼らは、無慈悲で陰惨な数万人のユダヤ人虐殺に個人的に責任があった。

このことを知って仰天して、私は、ニュージャージー州のラビに問い合わせた。彼がこの状況を知っているかどうか。

彼は、それは古いニュースで、それについてはすべてのことを知っていると答えた。

このことは私を振り出しに戻した。

おわかりのように、私の研究のその時点で、私は、特定の種類の情報を探していた。

暴露的情報です。

メアリー・ピンチョー・マイヤーが個人的に内情に通じてきた秘密の暴露的情報。

1945から1957年の決定的時期の間でのメアリーのをコード・マイヤーJr.との結婚は、彼女に秘密を所持させることになっただろう。それは、彼女が今度は、若くて未熟達な「部外者」大統領へと知らせることができるものだった。

JFケネディが、既存の情報機関の信用を落とし、もうひとつ別のそれを立ち上げる得るために使ったかもしれない情報。

CIAの本来の憲章が明記するような、彼つまり大統領に直接責任を負うであろうそれ。

来るべき時の再選挙では、ロバート・ケネディが新しい情報機関の長官にに任命されたであろう。

それは単なる直感だが。しかし...

私は、ある種の内部情報がメアリー・マイヤーとJFケネディとの間で受け渡されたに違いないと考えた。もしそれがいったい公開されたならば、アメリカの主流ををてんやわんやの大騒動にするほどに暴露的で危険な情報が!

私が自分の直感を支持する証拠に出くわす機会をもったのは、1992年2月ごろだった。


11.私のある友人が、ニューヨーク州立大学フレドニア校のジェリー・ローズにより発行された「第3番目の10年」と呼ばれたニュースレターを受け取り始めた。

c0139575_3115677.jpg


そのニュースレターを通じて、私の友人は、ケネディ暗殺研究に同様の関心を持っているある購読者仲間に紹介された。

その購読者は私の友人に、ある情報小包を送った。それはその研究者の電話番号とともに、私へと中継された。

その小包について興味深かったことは、「メアリー・ピンチョー・マイヤー殺害事件」と題された記事のコピーを含んでいたことだった。それはラリー・フリントの短命に終わった雑誌「反乱」に掲載されたものであった。

その記事は、ティモシー・レアリー博士によって書かれたもので、レアリーの回顧録「フラッシュバック」を貫通するケネディ/MPマイヤーの糸と基本的に同じものであった。
c0139575_19191073.jpg


そこには、しかし、わずかだが極めて重要な差異がその二つの文章にはあった。私は、私の研究にとって、それが非常に重大であると感じた。

「フラッシュバック」において、メアリー・マイヤーはレアリーにむせび泣きながら言った。「かれらはもは彼を制御することができなかった。彼はあまりに変更を急ぎすぎていた。」

その文章は、私に、暗殺の動機は、JFケネディの薬物誘導性の精神的「新生」に起因するものだと信じさせた。(訳注:LSDで「理想」に目覚め、それを追い求めるようになってしまった。といったことでしょう。)

しかし、レアリーとメアリー・マイヤー間の電話での会話の、後者の「反乱」のバージョンでは、そのテキストはこう読めた: 「かれらはもはや彼を制御出来なかった。彼はあまりに変更を急ぎすぎていた。彼は知りすぎていた。」 [ 強調追加]

「彼は知りすぎていた!」

レアリーの自伝では省略されたその文章は、私の研究に新しい道を選ばせることになった。


12.JFケネディ/メアリー・マイヤーの交際関係は、サンフランシスコ・エグザミナー誌で公表されている。


その不倫の事実は、メアリー・マイヤーは彼女の元夫の諜報経歴の最も暗い秘密を、たまたま合衆国大統領であった彼女の恋人と共有しただろうと推測させる。(サンフランシスコ・エグザミナー誌はコード・マイヤーのCIAコネクションを明らかにしていない。)

c0139575_19244261.jpg

大統領と彼の愛人

c0139575_19245563.jpg

JFケネディとメアリー( 左端 ) 、トニー、 ルース、1963年。
この写真を撮影した後、大統領は、メアリーとトニーの赤ん坊時代の写真をかれらの母親と一緒にみるために ピンチョーの邸宅に戻った。

私は、JFケネディが何をメアリー・マイヤーから学んだ可能性があるのかを発見する決意を固めた。 [この種の調査は、もしウォーレン委員会の調査が実際にまともなものであったなら、1963年の11月に実施しなければならなかったはずのものである。]

メアリーが知った重大な秘密がどうのようなものであろうと、彼女はそれらを有名な元夫から知ったことを認識するのは難しいことではなかった。

それが、彼が OPCあるいはCIAにいたいずれの間であろうとも。

彼がオフィスから戻ったときであれ、あるいはテニスコートでCIAの諜報社会内の権力あるテニス仲間の誰かとの熱心な運動から戻ったときであれ。

マイヤー夫妻は、彼らの結婚生活の一部をヨーロッパで過ごしたことが知られている...そこでコード・マイヤーが、任務に携わっていたことは当然であろう。

c0139575_19254558.jpg

メアリー、夫が出席していたルクセンブルクでの世界連邦会議で。

マイヤーの諜報経歴を研究した後に明らかになったことであるが、彼の経歴はほんの少し名前を挙げれば、ジェームズ・アングルトン、アレン・ダレス、ウィリアム・ドノバン、 ジョン・J・.マクロイの経歴と絡み合っていた。

c0139575_20252072.jpg

c0139575_20275111.jpg

c0139575_20285833.jpg

c0139575_20353528.jpg


その小道はウォール街へと繋がり、そしてそこからヨーロッパの金融の中心地へとのびている。

メアリー・ピンチョー・マイヤーが知っていたのが何であれ、それはとても多くの非常に重要な人々以上のものに影響を与えた。

それは国々や地球規模のシステムに影響を与えた。

われわれが話題にしているのは、グローバルエリートの隠し部屋の骨組についてであり、したがって、まさに世界の資本主義の起源についてである。

私は、そこには発見されるべく残されている何かがあるに違いないと感知した。

MPメイヤーが伝えることが出来たであろうもっとなにか、あるいは最低限、彼女はロバート・ケネディのような調査者が活用出来たかもしれない虫の入った缶を開け得た可能性があった。

c0139575_19265478.jpg

ロバート・ケネディ

MPマイヤー/JFケネディのエピソードから多年が経過してきた一方、今日まで、CIAにせよあるいはその他の諜報機関が関与したにせよ、何らかのやり方で明らかにされてきた多くの暗い秘密があった。

これらの発覚した事実のいくつかが、JFケネディとMPメイヤーの間で話し合われた可能性がある一方で、私は、その他に何か、二人の間で話し合われたがまだ日の目を見ていないものがあると感じた。

私がいかなるものであれCIAの秘密で暗い行いに対する調査を開始したのは、このことを念頭においてのことだった。

私の焦点は、後に、JFケネディの暗殺に関係しているどのようなものであれすべての機関に向けられた。

私の想像力は、私が読んできた何かとからみあって幅広くなった。


元記事は
10.Cord Meyer and Nazi Immigration
http://www.geocities.com/cliff_shack/mary/mary10.html

11.http://www.geocities.com/cliff_shack/mary/mary11.html

12.http://www.geocities.com/cliff_shack/mary/mary12.html

c0139575_33486.jpg

[PR]

by oninomae | 2008-05-20 19:27 | イルミナティ  

<< 潜入者としてのヒトラー By... 秘密のアジェンダ by Cli... >>