JFケネディとホロコーストの秘密 by Clifford Shack

Clifford Shackさんが、ケネディ暗殺を追求していく過程で、<同じ人物達が、ユダヤ人ホロコースト(虐殺)に関わっていたこと>を発見してしまうことになる物語(のイントロ)をご紹介します。

JFケネディとホロコーストの秘密
「知りすぎた」大統領

c0139575_1984549.jpg

ウォーレン委員会委員アレン・ウィリアム・ダレスとジョン・J・ マクロイは、いずれも著名な国際企業の弁護士で、世界がJFケネディ暗殺の背後に誰がいたのかを発見することに近づくことさえ決してないことを確実にするという特別な任務を帯びていた。

c0139575_1938274.jpg


かれらは成功した。

多くの暗殺説に熱心な人々は、いまだデイリー・プラザに焦点を合わせている。
c0139575_19101272.jpg

彼らは、大物であれ小物であれ容疑者の同定にやがていつかつながるはずの手がかりの重箱の隅をつついている。

ウォーレン委員会の背後の原動力として、ダレスとマクロイは、ウォーレン委員会の調査と報告書が、実際の暗殺実行者だけでなく殺害の裏の主たる動機も保護することを確実にした。マクロイとダレスは保護すべき秘密を持っていた。

第二次世界大戦中、アウシュビッツの殺人機械はやってくる各種サイズのユダヤ人搬入物を廃棄するために、しばしば昼夜兼行で働いた。
ハンガリーで大規模にユダヤの人々が殺害されている時期の間ずっと、ジョン・ J・ マクロイは、米国戦争局副長官として、アウシュビッツへつながる鉄道線を爆撃する全ての要請を拒絶した。
c0139575_1913716.jpg

これは、悲しい、がよく知られていない、事実です。

アレン・ダレスに関連してあまりよく知られていない事実がある。彼は第2次世界大戦中OSS(戦略サーヴィス事務局)のスイス支局長として働いていた。ダレスは、顧客でもある個人的な友人を持っていた。それは戦争中非常に重要な仕事をしていた一人の高位ナチス将校であった。
ナチス親衛隊カール・ウォルフの仕事は、ユダヤ人を死の収容所に運搬する列車の供給を確実にすることだった。 
c0139575_19491430.jpg

他方で、マクロイが線路を保護して
c0139575_19495545.jpg

ダレスとナチのコネクションが列車の運行を維持した。

c0139575_19494737.jpg

これは無邪気な偶然の一致ですか?

c0139575_19503348.jpg

c0139575_19505199.jpg


あるいは、JFケネディの秘密の愛人によってなされた謎めいた発言にたいする一つの手掛かり。 ある女性の愛人、彼女は「たまたま」、米国、英国、および、バチカンの深く闇い秘密の内情に通じたあるCIAエージェントの前妻だった
暗殺の次の日、メアリー・マイヤーは彼女の親しい友人、ティモシー・リアリーに語った。彼[JFケネディ]は、「変更を急ぎすぎて」いたし、彼は「知りすぎて」いたと。

JFケネディはメアリー・マイヤーから何を知ったのだろうか?

元」記事は
JFK & the Sabbatean/Frankist Holocaust Secret
JFK & The Holocaust Secret: The President Who "Learned Too Much
http://www.geocities.com/cliff_shack/jfk-holocaust.html


JFケネディ&秘密のホロコースト

私は常に確信してきた。メアリー・ピンチョー・マイヤー/JFケネディ・コネクションは目立たないが、JFケネディ暗殺を完全に理解するためには重要な鍵であると。

c0139575_19323430.jpg


私の初期の調査は、メアリー・ピンチョー・マイヤーのいわく謎めいた発言
c0139575_19313744.jpg

JFケネディは「変更を急ぎすぎて」おり、「かれらは彼を制御することができなかった」、
の周辺を主な対象とした。

マイヤーとJFケネディが、秘密の恋愛をしており、その間薬物を試していたことはよく知られている。

メアリーの発言を理解しようとする私の試みの中で、私の調査は、私を秘密の米国の外交政策についての驚くべき理解に導いた。


いくつかの背景情報を順番に。

NEXT
(訳注:この先はとても長いです。気力があったら訳してみるかもしれません。まあ、皆さんもうよくご存じのところに行き着くわけですが..)
追記->訳してみましたのでここに目次作りました。

元記事は
JFK's Sabbatean/Frankist Illuminati Enemies
JFK & The Holocaust Secret
http://www.geocities.com/cliff_shack/JFKHolocaustConnection.html



参照

ロスチャイルドの人種(品種)改良:ユダヤ人を育種するユダヤ人 by Clifford Shack
http://satehate.exblog.jp/7969931/


ホロコーストはなぜ起こったのか? by Clifford Shack
http://satehate.exblog.jp/7962130/


スカル&ボーンズとホロコーストの陰謀 by Clifford Shack
http://satehate.exblog.jp/7954379/


ニューヨーク・ハリマン・シンポジウム(1915)と、ウェルズの「公然たる陰謀」 by ジョン・コールマン
http://satehate.exblog.jp/8783370/


第三回国際優生学会議(1932) by ジョン・コールマン
http://satehate.exblog.jp/8785181/

[PR]

by oninomae | 2008-05-13 19:34 | イルミナティ  

<< フォトギャラリー:メアリー・ピ... 世界の金融を支配するシティーの... >>