予防接種に混入された高致死率の変種インフルエンザ by ジョン・コールマン

予防接種に混入された高致死率の変種インフルエンザ

グローバル2000」を実行する連中が導入したもっとも狡猾な計画のひとつが、インフルエンザ注射だ。

マスコミは毎年、いかにも説得力のあるやり方で、大規模なインフルエンザの予防接種キャンペーンを繰り広げる。

これには通常、3つの段階がある。

第1段階は全国的なニュース報道で、大手テレビネットワーク、通信社、ラジオ、新聞などを総動員して、間違いない事実として宣伝する。いわく、「今度の冬には新型で特に悪性のインフルエンザ・ウイルスの変種が登場する」

第2段階は警告で、「この冬はインフルエンザ注射が不足する」。供給はまず老人、つぎが子どもで、注射費用の払えない者は後まわしになるといわれる。その間じゅう、インフルエンザの注射を受けるのは国民すべての義務だと強調される。

第3段階では「かつてない需要の高まりで供給が追いつかない」とふたたび全国的に報道される。


パニックを起こすようなこの発表は医学の権威の誰からも支持されないのだが、それでも数千万の米国人に、「インフルエンザの予防接種を受けないととても危険だ」と信じ込ませるには十分だ。

こうなると競争だ。それもものすごい勢いだから、誰も立ち止まって問いかけたりはしない。考えてみればすぐ分かることだ。インフルエンザのウィルスは2000種以上知られているのに、どうして一回の注射でカバーできるというのか。当局は、「特に悪性のインフルエンザ変種」が通常のインフルエンザの予防接種で防げるなどと確実なことがどうして言えるのか。

その「悪性の」インフルエンザ・ウィルスが具体的にどのタイプなのか、政府は知っていると言うのか。もしそうなら、だまって流行させておくはずはあるまい。さらに、我も我もと押しかけて受けるインフルエンザ注射の中身が正確に何なのか、誰も語ろうとしない。あなたは知っているだろうか。あなたのかかりつけの医師は教えてくれたか。医師に尋ねてみたか。答えがどちらも「ノー」だからといって悩むことはない。みな、そうなのだ。誰も知らない。きっと、あなたの医者も知らないのだ!

化学・生物兵器戦争の専門家が教えてくれたところでは、インフルエンザ注射には、致死率の高いブタのインフルエンザからとった変種が3種類入っていて、幼児と老人には危険だということだ

「過剰人口」を抑制するのにこれ以上の方法があるだろうか。


若年層は再生産される前に殺してしまえるし、不要な老人を除くのにもこれほど簡便な方法はない。


女王エリザベス二世はアフリカ旅行中、「世界は人口過剰」と発言し、「人口過剰はアフリカが直面する最大の脅威」と言った。おそらくインフルエンザ注射は、直接に殺さないまでも、人びとを弱らせておくための手段なのだ。そうしておけば、エイズ関連の合併症やC型肝炎を持ち込んだときに、数千万の不要人口を抹殺することができる。


ジョン・コールマン 300人委員会 凶事の予兆 (訳書 2000 絶版) 第2章 全世界に死と恐怖をもたらす「グローバル2000」 より p122-123 抜粋

新版 300人委員会 by ジョン・コ-ルマン の応援
http://satehate.exblog.jp/8586854/


参考

新型インフルワクチン、医師ら6000人に事前接種・厚労省検討
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20080415AT2G1500115042008.html


 厚生労働省は15日、出現が懸念される新型インフルエンザに備え、発生時に感染する恐れが高い医師や検疫官など6000人を対象に、ワクチンを今年度内に事前接種する方向で検討に入った。16日に専門家会議を開き、正式に決める。有効性が確認されれば対象者を1000万人に広げる考え。国民へのワクチンの事前接種はスイスなども計画しているが、実際に実施すれば世界でも初めての試みになる。

 舛添要一厚労相が閣議後会見で明らかにした。事前接種を検討するのは、新型インフルエンザの発症を防ぐ効果があるとされるワクチン。「プレパンデミック・ワクチン」と呼ばれ、中国やインドネシア、ベトナムで採取したH5N1型という鳥インフルエンザのウイルスをもとに作った。政府は合計2000万人分を備蓄している。専門会議ではワクチンの備蓄量を増やすことも検討する。

 接種対象となる医師や検疫官らは、発生すれば患者と接触する機会が多く、感染の危険性が高い。(12:27)  (引用注:医師・検疫官殿、ご苦労様です。医師・検疫官から先に始末されるのか?それとも、最初のみ「安全な」ダミーか?事態を見守らせてもらいます

新型インフル対策、ワクチン活用本格検討・16日に専門家会議
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080416AT1C1500R15042008.html


 発生が懸念されている新型インフルエンザ対策で、厚生労働省は16日に専門家会議を開き、感染拡大を防止する切り札とされるワクチンの活用策について本格検討に入る。医療従事者や検疫官などを対象としたワクチンの事前接種、備蓄量の拡大に加え、新型インフルエンザが発生した後のワクチン製造体制の整備などが柱となる。

 事前接種を検討するのは「H5N1型」と呼ばれる病原性の強い鳥インフルエンザのウイルスからつくる「プレパンデミック(大流行前)ワクチン」。政府は中国やインドネシア、ベトナムで採取したウイルスをもとにしたワクチン2000万人分を備蓄済みだ。 (09:12)

これに関して、信ずるかどうか?以下、重要参考

一九一八~一九一九年インフルエンザの死者の殆んどは、ワクチン接種によるもの、との証言、そしてそのことの意味。 太田龍

平成十七年(二〇〇五年)十月十四日(金) (第一千四百六十二回)

○関岡英之著「拒否できない日本―アメリカの日本改造が進んで居る」 (文春新書、平成十六年四月刊)。この本は、筆者は、昨年四月、発行直後に通読した。これは、中中、良く書けては居る。しかし、ここに展開されて居る「アングロサクソン」論は表層的過ぎて全く頂けない。

○ジョン・ラッポポート。 このひとは、米国のいわゆる反陰謀陣営、反NWO陣営の論客の一人である。「ワクチンによって作り出された一九一九年のインフルエンザの大流行」という彼の論説が、二〇〇五年十月十一日付けのヘンリー・メイコウのニューズレターで、紹介されて居る。

○これは、約二十五年前に書かれた、エレノア・マクビーンの著作(『ワクチン接種の犯罪を告発する』)の中の一節である。

○エレノア・マクビーンの文章を、以下に要約する。

 (1)私(エレノア・マクビーン)は、一九一八年のインフルエンザの大流行の現場に居て、その現実を見た。

 (2)インフルエンザは二年間続いた。

 (3)二千万人が死んだ、とされる。

 (4)しかし、死者の殆んどは、ワクチン接種による。つまり、ワクチンを接種されたものが、ワクチンによって殺害されたのである。

 (5)私はワクチンを避けた。そのために私は殺されなかった。

 (6)ワクチンを接種せずにインフルエンザの病人を治癒させた医者も存在した。

○このエレノア・マクビーンの一文(英文)は、末尾に参考資料として引用する。

○一体これは何を意味するのか?

○二年間に二千万人の死者とは、第一次世界大戦(一九一四~一九一八年)の戦死者に匹敵するであろう。

○コールマン博士は、 この一九一八~一九一九年のいわゆるスペイン風邪による二千万人の死者は、 「三百人委員会」の作戦の結末である、と述べて居る。

○この作戦を実施した「三百人委員会」は、アングロサクソンと、どんな関係なのか。

○今、また、三百人委員会は、生物兵器、核兵器、その他によって、地球人口の八割、五十億人を殺処分する計画だと、コールマン博士は警告する。

○これは、いわゆる「アングロサクソン」と、どう言う関係に立つのか。「アングロサクソン」がどうのこうの。しかし、アングロサクソンは、ローマ帝国の軍隊がブリテン島を撤退したあと、西暦五世紀頃、今の北ドイツからブリテンに移殖した民族である。彼らはそこに王国を建てた。

○しかし、西暦一〇六六年、スカンジナヴィアのヴァイキング、ウィリアム征服王がブリテン島に対する侵攻を開始した。ブリテン島のアングロサクソン族は、このウィリアム征服王の軍隊によって、徹底的に略奪された。しかし、ウィリアム征服王とは何者か。クシマン・カニンガムは、「秘密の帝国」第一巻、第十三章で、そのことを詳述して居る。カニンガムによれば、ウィリアム征服王とあのスカンジナヴィアのヴァイキングは、太古の「海の人」の系統である、と言う。このとき既に、「アングロサクソン」は、征服された奴隷階級とされて居たのである。

○今、米英を基地として利用するイルミナティサタニスト世界権力が、彼等自身を、「アングロサクソン」と詐称する、そのペテン性をこそ、白日の下にさらけ出さなければならないのである。

 (了)

【参考資料】 (この訳文は下のリンクにあります)

 1919 Flu Pandemic caused by Vaccines by Jon Rappoport

 October 11, 2005
 http://www.savethemales.ca

Here is another analysis, written about 25 years ago by Eleanor
McBean. This excerpt, from chapter two of her book, Vaccination
Condemned, makes a quite different observation:

I WAS AN ON-THE-SPOT OBSERVER OF THE 1918 INFLUENZA EPIDEMIC

All the doctors and people who were living at the time of the 1918
Spanish Influenza epidemic say it was the most terrible disease the
world has ever had. Strong men, hale and hearty, one day would be dead
the next. The disease had the characteristics of the black death added
to typhoid, diphtheria, pneumonia, smallpox, paralysis and all the
diseases the people had been vaccinated with immediately following
World War 1. Practically the entire population had been injected
"seeded" with a dozen or more diseases or toxic serumss. When all
those doctor-made diseases started breaking out all at once it was tragic.

That pandemic dragged on for two years, kept alive with the addition
of more poison drugs administered by the doctors who tried to suppress
the symptoms. As far as I could find out, the flu hit only the
vaccinated.
Those who had refused the shots escaped the flu. My family
had refused all the vaccinations so we remained well all the time. We
knew from the health teachings of Graham, Trail, Tilden and others,
that people cannot contaminate the body with poisons without causing
disease.


When the flu was at its peak, all the stores were closed as well as
the schools, businesses even the hospital, ass the doctors and nurses
had been vaccinated too and were down with the flu. No one was on the
streets. It was like a ghost town. We [who didn't taken any vaccines]
seemed to be the only family which didn't get the flu; so my parents
went from house to house doing what they could to look after the sick,
as it was impossible to get a doctor then. If it were possible for
germs, bacteria, virus, or bacilli to cause disease, they had plenty
of opportunity to attack my parents when they were spending many hours
a day in the sick rooms. But they didn't get the flu and they didn't
bring any germs home to attack us children and cause anything. None of
our family had the flu not even a sniffle and it wa was in the winter
with deep snow on the ground.

It has been said that the 1918 flu epidemic killed 20,000,000 people
throughout the world. But, actually, the doctors killed them with
their crude and deadly treatments and drugs. This is a harsh
accusation but it is nevertheless true, judging by the success of the
drugless doctors in comparison with that of the medical doctors.

While the medical men and medical hospitals were losing 33% of their
flu cases, the non-medical hospitals such as BATTLE CREEK, KELLOGG and
MACFADDEN'S HEALTH-RESTORIUM were getting almost 100% healings with
their water cure, baths, enemas, etc., fasting and certain other
simple healing methods, followed by carefully worked out diets of
natural foods. One health doctor didn't lose a patient in eight years.
The very successful health treatment of one of those drugless doctors
who didn't lose any patients will be given in the other part of this
book, titled VACCINATION CONDEMNED, to be published a little later.

If the medical doctors had been as advanced as the drugless doctors,
there would not have been those 20 million deaths from the medical flu
treatment.

There was seven times more disease among the vaccinated soldiers than
among the unvaccinated civilians, and the diseases were those they had
been vaccinated against. One soldier who had returned from overseas in
1912 told me that the army hospitals were filled with cases of
infantile paralysis and he wondered why grown men should have an
infant disease. Now, we know that paralysis is a common after-effect
of vaccine poisoning. Those at home didn't get the paralysis until
after the world-wide vaccination campaign in 1918.

End of excerpt

JON RAPPOPORT www.nomorefakenews.com

See also:The poisoned needle - suppressed facts about vaccination
by Eleanor McBean

Jon Rappoport interview of ex vaccine researcher
http://www.whale.to/v/rapp.html


医療マフィアによる大量虐殺
http://blue.ap.teacup.com/97096856/913.html


私は1918年のインフルエンザ流行の現場をこの目で見た

1918年のスペイン風邪の流行を体験した医者や人々のだれもが、あれは世界的にも前例のない恐ろしい病気だったと言います。ある日心身ともに強健だった人が次の日には死んでいるかもしれませんでした。その病は、腸チフス、ジフテリア、肺炎、天然痘、小児麻痺といった、第一次世界大戦直後に人々がワクチンとして接種されることになった諸病に加えて、黒死病(ぺスト)の特徴をそなえていました。事実上すべての人が、1ダースかそれ以上の病気や毒性血清を「種としたもの」を注射されました。そのようにして医者が作った病気が一斉に発生しだしたとき、それは悲惨なものでした。

流行は2年間続きましたが、その勢いは、症状を抑えようとして医師たちがさらに投与した薬の毒性によって保たれました。

私が見いだしたかぎりでは、インフルエンザはワクチン接種を受けた人だけを襲いました。

注射を拒絶した人たちはインフルエンザを免れました。私の家族はワクチン接種をすべて拒絶していましたので、流行期間中も無事にすごすことができました。私たちは、グラハム、トレイル、チルデン、その他の人の健康法から、毒性のあるもので身体を汚染すればそれはかならずや病気につながっていくということを知っていたのです。

前橋レポート:ワクチン非接種地域におけるインフルエンザ流行状況
http://www.kangaeroo.net/D-maebashi.html


参照追記

疫病「スペインかぜ」は人為的なものだったのか?(フラッシュバック) By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/12135316/


次のページ推奨致します。

THINKER  知られざる”ワクチン”の罪 他
http://www.thinker-japan.sakura.ne.jp/
[PR]

by oninomae | 2008-04-27 05:47 | バイオハザード・ワクチン  

<< 遺伝子操作ウィルスが「過剰人口... イルミナティはカナダ原住民の子... >>