悪魔主義の権化としての300人委員会 by ジョン・コールマン

●悪魔主義の権化としての300人委員会

300人委員会の根本思想は、イルミニズムであり悪魔主義である。悪魔主義の起源を求めるなら、われわれは五干年前の人類最初の文明にまでさ趨ぽらなければならない。その萌芽は、シュメールやアッカド文明の誕生とともに現出したのだから。

この秘密権力機関を構成する悪魔主義グループは、現代のイルミナティ「風を征服するモリア」、ディオニュソス・カルトグループ、イシス・カルトグループ、力タリ派またはボゴミール派などがそれだ。彼らは委員会の中で特に上位に位置している。

その実働部隊として、配下に東部リベラルのエスタブリッシュメント、貴族、銀行、保険会社、巨大企業、軍産複合体、財団および通信ネットワークを従えている。

つまり300人委員会を中心とした組織構成は、イルミナティ・悪魔主義者を頂点にした途方もなく巨大なピラミッドだと想像してもらっていいだろう。
これらの中には、読者がその名称を耳にすると「まさか!」と思わず叫んでしまうような、組織や個人が含まれている。だが、それも事実なのであるから、認めないわけにはゆくまい。

下部組織で有名なものを、ここで少しアトランダムに紹介しておこう。イエズス会、ウォーレン委員会(ケネディ大統領暗殺事件調査委員会)、ウォーターゲート委員会、各報道機関、グリーンピース、ゴールデン・ドーン(黄金の夜明け)、国際戦略研究所、CIA、社会主義インターナショナル、スカル・アンド・ボーンズ、テンプル騎士団、フリーメーソン、ブリティッシュ・ペトロリアム香港上海銀行ロータリークラブ・・・等々、これらは300人委員会の各細胞である。

この超国家的組織は人類が持つ負の要素の極致、つまり超選民エリート主義、貧欲、狡滑、狂気、傲慢、非情、冷血・・・の究極的な形態といってよいだろう。その目的のためには、彼らは手段を選ばない--たとえどれほど犠牲をともなおうと。

少し時代を振り返ってみても、歴史的な大事件の陰に、このイルミナティ・悪魔主義者の存在がちらついて見える。私の徹底した研究の結果、フランス革命、ボルシェヴィキ革命、第一次、第二次両世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争、両湾岸戦争やNATOによるコソボ空爆--そしてローデシアニカラグアフィリピンを陥落させたのも彼らの力だ。

以下、300人委員会の系統図

c0139575_0373255.jpg

c0139575_0375396.jpg


ジョン・コールマン 続300人委員会 欺瞞の外交
イントロダクション 私の大切な読者に(1999年) 中 p20-21 より

これが何を意味しているか、昨年9月から今まで掲載してきた話でわかりやすくなったと思います。


新版 300人委員会 by ジョン・コ-ルマン の応援
http://satehate.exblog.jp/8586854/


日本の読者へ: 彼らの「ユートピア」がこの地球上に現れる時 by ジョン・コールマン
http://satehate.exblog.jp/8580556/


タヴィストックの目的は全人類の生命コントロール by ジョン・コールマン
http://satehate.exblog.jp/8594524/


「ムダ飯食い」の大量抹殺(ホロコースト)作戦は実在しています。


c0139575_15116100.jpg


c0139575_1521599.jpg


c0139575_1525663.jpg


c0139575_2011925.jpg

[PR]

by oninomae | 2008-04-26 00:45 | イルミナティ  

<< 「ガザ封鎖はナチス収容所と同じ... イルミナティにとって、人間は、... >>