日本の読者へ: 彼らの「ユートピア」がこの地球上に現れる時 by ジョン・コールマン

今度は、ジョン・コールマンさんに聞いてみましょう。


ジョン・コールマン 続300人委員会 欺瞞の外交 
イントロダクション 私の大切な読者に(1999年) より


●特に日本の読者へ

日本は世界的にみて、長期的に安定し続けた希有な国家である.日本は先の世界大戦において、謀略家どもに踊らされた連合国軍と戦い、大敗した。しかし今日にいたるまでその安定性は、その国民性によって守り抜かれてきた、まさに陰謀家どもにとって日本は、強靭で容易に破壊できない国家であったのだ(引用注:小泉政権から、とりわけ怪しくなってしまったが)。しかしこれは300人委員会にとっては、どうしても容認できないことだ。そこで彼らは、ついに本腰を入れ始めたのだ。

日本崩壊のために彼らが選んだ第一の起爆剤は、「女性の権利」である。これにまつわる各種運動は近年、はなばなしく日本で展開されるようになってきている。これは「家庭の崩壊」を標的にしたものだ。家庭という最小の、そして基本的な共同体を粉砕することで、国家の根幹を揺るがそうというのだ。わがアメリカではすでに、「ラディカル・フェミニズム」が彼らによって産み出されている。

陰謀家どもは「世論形成(世論をつくり上げる)」という手法を駆使している。これはすでに、日本でも実行されているものである。「世論調査」というペテンで、「今、世の中では、みんなはこのように思っている」「こう考えるのが正しい」との幻想を各個人に注入するのだ。つまり、一人ひとりの人間が、何事も自分個人で判断ができないようにするわけである。これも非常に卑劣な手法であり、われわれの周りにはその実例に事欠かない。だからそのことに気がついた人間は声を高らかにあげるべきである。でなければ、われわれはいつしか家畜のように飼い慣らされてしまうのだ。

c0139575_2323726.jpg


第二の起爆剤は、あからさまな「経済的混乱の拡大」である。さらに日本国債の評価が格下げされ続けるようなことになった場合、日本はかつて第一次世界大戦後のロシアと同じようになりかねない。

--
米ファンドの脱税を追及できない日本の国税当局 天木直人勝手にする「自由」がいかんなく発揮されているわけですね。

外資族を叩き潰せ!!
http://blog.livedoor.jp/asyura2007/archives/50952096.html

もっと「自由」にしたいそうです。 

追記 2008.4.5

民主党が推す日銀総裁候補=海外大学留学者、外資族官僚
http://blog.goo.ne.jp/sdfa2000/e/d8bc39f77504c3f5810399e69d42b653


日銀総裁人事は白川ではいけない 小野寺光一
http://archive.mag2.com/0000154606/index.html


c0139575_2351291.jpg

c0139575_2354099.jpg

c0139575_236530.jpg

--

あの時ロシアはロスチャイルド家から新規融資を突如として打ち切られ、 結局はロスチャイルド家、黒い貴族、アメリ力のそのブラザーたちの掌中へと転落していった。 (引用注:結局、黒幕についての考えは同じところへきますよね)

日本の場合には、中央銀行である日本銀行がその安定した存在感を国民に示している。しかし民間の各銀行は、多額の負債に青息吐息の状態だ。そこで債券が売却され、円を手放し、アメリカドルヘと移行したらどうなるのか。その時日本は、壊滅的な状況に陥ってしまうことだろう。

300人委員会の冷徹な意志の中には血や涙は存在しない。そこにはただ地球収奪の意思しかないのだ。彼らの「ユートピア」がこの地球上に現れる時、その超エリート独裁主義体制は、この世に「世界人間牧場」をもたらすであろう。

そして「ムダ飯食い」「家畜」とみなされた全世界の人々から、約三十億人が抹殺されるであろう。しかも、その胎動はすでに始まっているのだ。

私たちは彼らに立ち向かわねばならない。しかし、そのためにはまず、この現実に人々が目覚めなければならないのだ。 


私の小著が、そのためにささやかな貢献ができるのなら幸甚である。

1999年 著者識

([具体例は湾岸戦争までであるが]根底からの歴史再認識のためには、貴重なレポートである。しかし、この本もまた、絶版となっている)

c0139575_2373842.jpg

c0139575_23892.jpg

    フールなお笑い:これで首でもくくれって?→「ご臨終」じゃないのか?

c0139575_239951.jpg

c0139575_2393962.jpg




ヴァイスハウプトの掲げたイルミナティの行動綱領(+さてはての注釈) 再掲

●すべての既成政府の廃絶とイルミナティの統括する世界単一政府の樹立。 (世界は我々が独裁支配する)

●(ゴイムの)私有財産と遺産相続の撤廃。 (実物資産はみんな我々のものとし、我々が管理する。共産主義も国家社会主義も我々の実験である。次は世界規模で、軍隊・警察・スパイ・監視カメラ・マイクロチィップ・電子マネー・コンピュータ・薬・食品添加物・ワクチン・毒ガス・病原菌・収容所・暗殺を駆使して弾圧・管理する)

●愛国心と民族意識の根絶。 (ゴイムは奴隷として我々のために働いておればいいのだ。後はテレビでもみて、メーメー羊をしておれ。無駄飯食いは滅菌消毒するし、愛国心を持ったゴイムにはお互いに殺し合いをさせて滅菌消毒する)

●家族制度と結婚制度の撤廃と、子供のコミューン教育の実現。 (ゴイムは人間家畜しておれ、人間ロボットになれ。有用な馬鹿となるのだ。プログラムのインプットは我々の指令に従って行わせる。口出しは許されない。)

●「すべての」宗教の撤廃。(ゴイムは我々オカルト神権主義者のいうことをきいておれ。ルシファーを拝んでいればよろしい。)



c0139575_23102715.jpg

[PR]

by oninomae | 2008-04-03 03:45 | ホロコースト  

<< 新版 300人委員会 by ... 「自由」の女神:解説編 201... >>