「ほっ」と。キャンペーン

ブッシュ大統領はサバティアン・フランキストか? by Clifford Shack

ブッシュ大統領はサバティアン・フランキストか?

ブッシュ大統領はスペインユダヤ王家の子孫か? by Clifford Shack

ブッシュ家の系譜はスペイン王家に繋がる。
http://www.geocities.com/cliff_shack/bushroyalty.gif

ソース: 「アメリカの大統領の祖先」 編者ゲーリー・ボイド・ロバーツ

ダヴィデの王家:スペインの伝説
http://www.geocities.com/cliff_shack/spanishlegend.html


1492年8月3日、コロンブスはスペインから彼の歴史的な航海へと出帆した。
実際には、コロンブス8月2日に出航するを想定していたが、しかし、彼は変更を余儀なくされた。
8月2日は、ユダヤ人がスペインから追放されたその日だった。
その日、スペイン沖の海域は、あらゆる形状と大きさの去ってゆく住居なきユダヤ人を乗せた船でいっぱいであった。
コロンブスは、その次の日に出向することに決めた。しかし、我々はここではコロンブスには関わらない。

我々の焦点は、そのユダヤ人達と、彼らがどこに行ったかである。

かつて、そして現在まで常に、2つの一般的類型のユダヤ人達がいた。

顕在ユダヤ人[Overt Jews]



隠れユダヤ人[Covert Jews]   である。

さまざまな理由により、ユダヤ人がいる限り、そこには隠れユダヤ人が存在してきた。

1492年8月2日、スペインの顕在ユダヤ人は去った。

さまざまな種類の隠れユダヤ人はスペインに残った。

1492のあと、この研究にとって重要な3種類の隠れユダヤ人がスペインに残っていた。

1. クリプト[CRYPTO] : 隠された;秘密な;あいまいな起源の。
これらのユダヤ人は、スペインの隠れた権力であったし、たぶんいまでもそうだ。
フェルディナンドとイザベラの玉座の背後の権力。
これらの伝説的隠れユダヤ人たちは、ほとんどの歴史書から逃れてきた。
より詳しい洞察は、 ここをクリック

2. コンヴェルソス[CONVERSOS] :改宗者。
この中に2種類ある:

a. アヌシーム[ANUSIM] 「強制されたユダヤ人」:これらのユダヤ人は強権を持ってカトリックへの改宗を強制された。彼らの子孫の多くは、ユダヤ教の実践を秘密裏に続けた。

b. メシュマディム[MESHUMADIM] ユダヤ教からの自発的改宗者たち。

顕在的なスペインのユダヤ人は地中海やヨーロッパの周りに移住した。多くは、以前はスペインに所有されていたオランダに進路をとっただろう。

しかし、やがて時間とともに、強制されたユダヤ人の子孫は密かに彼らのユダヤ的根元に戻っただろう。

あるものはスペインに残った。

他のものは、彼ら自身を、現在広範に広がっているセファラディ・ユダヤ社会の彼らのいとこたちと再統合すべく去った。

カトリシズムに忠実な新しく改宗したユダヤ人たちはスペインでなにも問題はなかった。

秘密裏にユダヤ教に戻ったものたちはスペインの異端審問と戦わねばならなかった。


去った者のうちには、 2種類があった。

顕在ユダヤ人として再び姿を現したものたちと、なんらかの理由で彼らのユダヤ性を隠すことを選んだものたちである。後者は、そのホスト国によって彼らに課せられてきたかもしれない様々な規制の対象にはならなかった。

こうして、彼らは通常ユダヤ人には保留された自由を享受しただろう。これらのユダヤ人は、彼らの顕在ユダヤのいとこたちには夢でしかなかった自由と特権を享受できただろう。土地所有権や政務のような特権である。

これらの隠れユダヤ人が彼らの隠密性を保持することを促進したのは、まさにこれらの自由や特権である。非ユダヤ人の人々のなかでの傑出を達成することによって、彼らは彼らのユダヤ同胞にたいして最も効果的に主張することができただろう。

歴史はスペインを去った隠れユダヤ人には何も言及していない。彼らは、不可視性という隠れみのに包まれてきた。これらの隠れユダヤ人が政治的に著名になりながらも、ユダヤ人性は依然隠された。

隠れユダヤ人の歴史的な重要性はいったい確認できるか?


c0139575_224558.jpg


私はそう信じる。
心に浮かぶ多くの人々のなかの一人がオリバー・クロムウェルである。彼は、オランダのユダヤ人のなかで著名なラビであった、ポルトガルマラーノの子、メナッセ・ベン・イスラエルとひそかに共謀した
メナッセ・ベン・イスラエルは、私が隠れユダヤ人でまたメナッセ・ベン・イスラエルの血縁者だったのではないかと疑っているクロムウェルとともに働いた。(2人の類似性に注目してほしい) カトリックの王チャールス一世を廃位し、再び顕在ユダヤ人の英国への入国を認めるために。(隠れユダヤ人はすでにそこに住んでいた。)
ある古いシナゴーグで発見された、そのたくらみの驚くべき詳細は、ここをクリック。 (ここに翻訳しました
私はこれらの詳細をデイビッド・アイクの本「最大の秘密」のなかで見つけた。

スペインを去った隠れユダヤ人には2つの種類があった:

1. 顕在ユダヤ人として再び現れることになるものたち。

2. 隠密に留まることを選んだものたち。

顕在ユダヤ人として再び姿を現すことを選んだユダヤ人のうちで:

a. あるものは亡命中のユダヤ人社会で受け入れられた。

b. あるものは亡命中のユダヤ人社会で拒絶された。

亡命中のユダヤ人社会で拒絶されたもののなかに、3つのタイプがあった:

Ⅰ あるものはユダヤ教を顕在的に実践した。組織化されたユダヤ人社会とは独立に。

Ⅱ あるものは隠れたままに留まったが、外見上カトリシズムを実践した。(イエズス会黒い貴族

Ⅲ あるものは、新しいユダヤキリスト教を設計、(にむけて)潜入、あるいは採用した。それらはスペイン追放のあと不思議なことに次々に誕生した。

ローマカトリック教とは違って、それらは、より密接にユダヤ教の聖書をベースにしていた。これらの新しい分派は隠れユダヤ人にとって歓迎すべき一時的救済であった。彼らはその新しいキリスト教分派を、よりノアチャイド法にそったものであるとみなした。それはより望ましいものとみなされた。
カルビン主義は隠れユダヤ人ジーン・コービンによって開始されたと示唆されてきた。ジーン・コービンは後に、彼の名をジョン・カルビンに変えた。カルビン主義ピューリタニズムを生み出すことになった。

Ⅳ あるものは、ユダヤ教で信奉される前ユダヤ原理―ノアチャイド法に基盤をおいた兄弟友愛会を発展させた。この兄弟団は顕在であれ隠れであれ各種のユダヤ人グループのメンバーを許容した。それは、全て神の意志に基づき合意された共通の目的と仕事に向かってお互いに交流するためであった。(フリーメーソン組織


スペインを去ったユダヤ人は3つの階級に分けることができる。

a. グランディーとして知られる、富裕な支配貴族。

b. 富裕な豪商階級。

c. 一般階級。

それで、ジョージ・ブッシュはいかにあてはまるか?  

中東の石油産業は、グローバルレベルで惑星を制している支配的な顕在・潜在ユダヤ人によって担保されている。
中東の石油の担保は、何百万人もの人々の死をもたらしている。
世界の石油産業を担保する作業(軍事行動)は我々が第一次、第二次世界大戦、湾岸戦争、イラク戦争とよんでいる戦争である。

ブッシュ一族は、これらの戦争の道具であってきた。
プレスコット・ブッシュ、ブッシュ大統領の祖父は、ヒトラーに出資した
ブッシュは、スペインに源をもつ隠れたユダヤ勢力と関連しているか?
ブッシュ家は、支配的なセファラディ-ダヴィデ的顕在/隠れユダヤ・グローバルエリートとリンクしているか?

ブッシュ家の起源は、オランダへと跡をたどることができる。
一人のブッシュ家の祖先は、メイフラワー号乗客のなかにいた。
ブッシュ家は、スペインに由来したのか?
ブッシュは隠れユダヤ人か?
ジョージ・ブッシュを含め米国の大統領の多くは、オランダに由来している
多くの大統領は、ブッシュ含め、メイフラワー号の乗客の子孫か?

ユダヤ人共同体への再参入を否定された隠れユダヤ人は、彼らの母国と呼ぶことができる土地を欲するか?
拒否された隠れユダヤ人のこれらの期待は、新世界に移民を運んだメイフラワー号と他の船に資金調達した商取引企業によって支援されたか?

興味深いことに、ウィンストン・チャーチルもまた、メイフラワー号乗客の子孫である。
彼の両親は、ロスチャイルド一族と彼らのアメリカ代理人であるオーガスト・ベルモントによって引き合わされた。

ロスチャイルド一族はたまたまもう一人の隠れユダヤ人と疑われる人物が妻をみつけるのを助けた-ナポレオンの孫に。

チャーチルは、顕在/隠れユダヤ人が中東の石油地域に支配を確立することを助ける道具だった。
ちょうど、石炭供給の統制支配を確立したように。
これらの動きが彼らの権力を固めた。

フランクリン・デラノ・ルーズベルトも、中東の石油地域の確保における主要なプレーヤーだったが、やはりスペイン系ユダヤ人でオランダ起源であった。

ヒットラーへの融資を非難されているウォーバーグ一族は、やはりまたスペイン系ユダヤ人起源である。彼らはドイツ系ユダヤ人ではあるけれど、もともと彼らはスペインからイタリアを通ってやってきた。


(続く)

元記事は
Is President Bush a Sabbatean-Frankist?
Does President Bush Descend from Spanish Jewish Royalty?
http://www.geocities.com/cliff_shack/jewishbush.html



参考・参照

ヘブライの館
http://rerundata.hypermart.net/ura/hexagon/floors/floorA1F.html


ヘブライの館 2
http://hexagon.inri.client.jp/floorA0F/_floorA0F.html


アメリカのユダヤ人
http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/_floorA4F_hc.html


ユダヤ人のアメリカ移住史
http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhc100.html


1492年初頭、キリスト教勢力の軍隊はイスラム教徒を破り、グラナダを征服。「レコンキスタ」(スペイン再征服)を完成させた。そしてキリスト教勢力は、1492年8月2日、スペインに居住していた約30万人のユダヤ人(スファラディム)を一斉に国外へ追放した。

かつて栄えたスペインのユダヤ社会は突如として崩壊したのである。

イベリア半島から追放されたユダヤ人たちは地中海沿岸各地からアフリカ北岸、トルコ、バルカン地方、イタリア、大西洋岸方面ではハンブルグ、アムステルダム、ロンドンなど、政治・経済の中心地へと分散していった。

オランダ紀行1 オルタ
http://alternativereport1.seesaa.net/article/75705279.html


 ネーデルラントが、その質素さにより莫大な富を蓄積し、後に、その資金で強大な軍隊を作り、オランダ東インド会社を創立し、その軍事力で現在のベトナム、カンボジア等、世界中を奴隷支配し、世界帝国を作り上げた歴史事実からも、ネーデルラント=カルヴィニズムがカトリックの「権力そのもの」を否定したのではなく、「カトリックに支配される事を拒否し、自分達が他人を奴隷支配したいため、自分達が支配者で居たいため」のカトリック批判であった事は、明白である。

c0139575_22113616.jpg


c0139575_22162622.jpg


c0139575_22193473.jpg


c0139575_22195251.gif

[PR]

by oninomae | 2008-01-17 22:04 | イルミナティ  

<< 黒い貴族 デーヴィッド・アイク... 静かなる戦争のための沈黙の兵器... >>