「ほっ」と。キャンペーン

ジョン・マクロイのサバティアン/フランキスト・コネクション、ホロコーストとJF・ケネディ

ジョン・マクロイのサバティアン/フランキスト・コネクション、ホロコーストとJF・ケネディ

(訳者:ジョン・マクロイについて、時間を遡ります。)

美容師の息子

c0139575_19425850.jpg

これは、有名なドイツ、フランクフルトのロスチャイルド家。

長年にわたり、 ロスチャイルド家は2つの家族用の家の所有権をシッフ家と共有していた。

旧ユダヤ人街に位置して、その家は、ロスチャイルド家の側は赤い盾、シッフ家の側は船で印付けられていた。それらの印から2つの家族の姓が当初派生したものであった。参考1)

c0139575_1943382.jpg

ジェイコブ・シッフ  (ヤコブ・シッフ)

c0139575_20104223.jpg

ジェイコブ・シッフは、投資銀行クーン・ローブ商会の創立者で、家族と一緒に中央右側に座っている。メイン州のマウントデザート島バーハーバーを見渡すシッフ家の夏の家Farviewにて。ジェイコブ・シッフの妻、テレス、はシッフの右となり。彼の娘のフリーダ・シッフ・ウォーバーグと彼女の夫フェリックス・ウォーバーグがジェイコブの後ろに立っている。

ジェイコブが死んだとき、フェリックスがクーン・ローブを引き継いだ。
彼はまた、マンハッタン銀行を所有していた。それは1955年、ロックフェラーのチェース銀行と合併することになる。


c0139575_2055548.jpg

c0139575_1945722.gif

マウント・デザート島

マウント・デザート島
http://en.wikipedia.org/wiki/Mount_Desert_Island


c0139575_1947328.jpg

ライブ・ウェブ・カム
http://www.barharbor.com/index.html


c0139575_1948232.jpg

テレス・ローブ・シッフ

c0139575_19482149.jpg

フィラデルフィアのアンナ・スネイダー・マクロイ。

彼女は、マウントデザート島での夏の間のテレス・シッフの美容師だった。
アンナは、こぎれいで、精力的な、そして知的な若い未亡人であった。彼女は、自身で理髪を教えて小さいけれどまともな家族の収入をやりくりしていた。
彼女は、年間を通して、フィラデルフィアの金持ちにサーヴィスを提供した。夏の間の顧客はマウントデザート島の金持ち達であった。
その島の数少ない美容師の一人として、アンナは徒歩または自転車で仕事に回っていた。
6時までには起きて、彼女は散髪するための仕事道具の入った袋を運んだ。
彼女の人好きのする個性が、これらの社交会の金持ちの男女達を顧客というだけでなくある種の友人にした。
アンナは、お金よりも世間体を切望する種類の女性だった。
彼女の社会的地位は単なる家庭内の使用人のそれよりも高かった。
彼女は、 "働く"上流社会の女性だった。

「フィラデルフィアでは、ある貴婦人が彼女の仕事の尊厳を彼女自身のレベルまで持ち上げた:彼女自身は決して沈むことはない。」 参考2) 2人の人物が、ときどき母親の仕事に同行していた彼女の唯一の残された息子、ジャックに親切だった。
かれらは自分達の子供の中古のおもちゃを彼に与えた。
1人の博愛主義者が彼女の息子にシェイクスピアのセットを与えた。

c0139575_1948514.jpg

これは美容師アンナの息子、ジャック。
この写真は1916年に撮影されたもので、彼は大学の新入生だった。

教室外で、彼は、授業料のため少しでも多くのお金を稼ぐため、家庭教師の仕事を始めた。
1920年の夏の間、ジャックは母親に再び同伴したが、このときには彼は自分自身を歴史と法律の家庭教師として売り込むことができた。
ある日、彼の母親は彼女の富裕な顧客の一人であるロックフェラー家に家庭教師の仕事についてアプローチすることを強く促した。

c0139575_19512330.jpg


シール・ハーバー
http://www.acadiamagic.com/SealHarbor.html


ロックフェラーの子供たちにはすでに歴史の家庭教師がいたにもかかわらず、彼のこぎれいで品のある母親は、ロックフェラーの子供達に彼らの邸宅の下の湾でセーリングを教える仕事をジャックにうまく得ることができた。
ジョン D. ロックフェラー, Jrは、46歳で、5人の息子と当時17歳の1人娘アビーがいた。
ジョンD.三世、ネルソン、ローランス、ウィンスロップ、若いデビッド(14から5歳)。

その夏が、のちにそれゆえにジャックとロックフェラー家との間の生涯にわたる関係ができたと判明する期間を用意した。
デビッドはその時はとても若くて、そのエピソードをほとんど覚えていなかった。
しかし、他の男の子達の目には、マクロイは、いつも先生のように見えただろう。権威において、彼ら自身よりも彼らの父親の世代に近い一人の成熟した姿として。

c0139575_19535727.jpg

大人になったロックフェラーの子供たち。シール・ハーバーにて。

この美容師の息子、ジョン J. マクロイはさらに、シッフ、ウォーバーグ、そしてロックフェラー家の信頼できる友人で弁護士となった。
それらの家族は、マクロイを極めて繊細な任命をもって信頼したであろう。

c0139575_19543747.jpg

美容師の息子は、右側。
ここでは、マクロイはデイリー・プラザにいる。ウォーレン委員会のロックフェラー/ウォーバーグマンとして。マクロイの仕事は彼のパトロン達がJFケネディ暗殺の背後にいたということを疑うものが誰もいないことを確実にすることだった。


c0139575_203282.jpg

マクロイは、左端。スパイ仲間アレン・ダレスは右から3人目。ウォーレンがリンドン・ジョンソンに対してウォーレン報告書として知られる彼らがまとめた報告書類の束(堆積物)を手渡している。(ジョンソンは誰が彼を大統領にしたか知らなかったかのように振る舞った)

c0139575_19555639.jpg

戦争次官補であるマクロイは左側。長官スティムソンは中央。
ジョージ C. パットン将軍が右側にいる。

マクロイの島の常得意は、ヨーロッパがEUに向けての道を整えるため、ヨーロッパの望ましくない民衆をきれいに掃除することを望んでいたので、美容師の息子は、第2次世界大戦中戦争次官補として、アウシュビッツの鉄道路線を爆撃から遠ざけ守った。収容所の上空に飛行機を飛ばすのは実際的ではないと主張して。
これは彼が大変に熱心についたうそだった。
が、ロスチャイルド、ウォーバーグ、あるいはロックフェラーより彼の方がましだろう。

c0139575_19573160.jpg

ナチの「戦争犯罪者」アルフリード・クルップはニュルンベルク裁判で、寛大な処置を付与された。HICOG(ドイツの高等弁務官)のマクロイによって。

戦後、美容師の息子は彼のパトロンに代わって多くのナチス戦犯を自由放免にした。
ショックを受けたエレノア・ルーズベルトは、マクロイに宛てて書いている: 「なぜ我々はそれほど多くのナチスを解放するのか。」彼女は明らかに蚊帳の外に置かれていた。
ルーズベルトはそうではない。
彼らはお互いに秘密保持したのだと私は推測する。
この場合、それは良いことだった。

c0139575_1958937.jpg

1955年には、美容師の息子はマウントデザート島からの彼の母親の顧客達の銀行を併合した。ウォーバーグのマンハッタン銀行とロックフェラーのチェース銀行である。
その銀行はチェースマンハッタン銀行として知られることになった。

次回あなたが、誰がJFケネディを殺したのかあるいはナチスの背後に誰がいたのか不思議におもったら、フィラデルフィア出身の野心的な美容師を思い出し、彼女の才能ある息子ジャックを追ってみなさい。


参考

1. Naomi W. Cohen, Jacob H. Schiff, (Hanover, NH, 1999) p.2.
ナオミ・ウィリアム・コーエン、 「ジェイコブ H. シッフ」、(ハノーバー、NH、1999) p.2 。

2. Kai Bird, The Chairman, (New York 1992) p.28.
カイ・バード、「委員長」、(New York 1992) p.28。


元記事は
John J. McCloy's Sabbatean/Frankist Connection, The Holocaust & JFK
The Hairdresser's Son
http://www.geocities.com/cliff_shack/hairdresserson.html


++
時間的には、この続きが
ジョン J. マクロイを理解する by Clifford Shack
http://satehate.exblog.jp/7996730/
でしたが、フラッシュ・バック形式と言うことでご了解下さい。


参考

WTOの起源 オルタ
http://alternativereport1.seesaa.net/article/78818300.html


シティバンクとチェース・マンハッタン銀行 灼熱
http://plaza.rakuten.co.jp/HEAT666/diary/200408060000/

[PR]

by oninomae | 2008-01-16 20:02 | イルミナティ  

<< 静かなる戦争のための沈黙の兵器... ジョン J. マクロイを理解す... >>