「ほっ」と。キャンペーン

ロスチャイルド一族、日本をとる。 by Clifford Shack

ロスチャイルド一族、日本をとる。 by Clifford Shack

アメリカ&フランス革命と同様、第一次、第二次両次世界大戦は、大西洋両岸にあるイルミナティ・ロッジ内部のエリートフリーメーソン達によって画策された。

イルミナティの4つの最初のロッジのうち、 一つは、サバティアンでサバタイ・ツヴィのメシア的玉座への要求者、ヤコブ・フランクによって組織された。

フリーメーソン組織の中核にある、この特に影響力のあるロッジに属していたのが、ロスチャイルド銀行家一族のメンバーである。

ロスチャイルド一族は、第二次世界大戦の政治的役者に繋がっていた。

連合国への彼らの影響力は、フランクリン・D・ルーズヴェルトウィンストン・チャーチル参考)に対する繋がりを通して探られてきた。

彼らの中立国に対する影響力は、彼らのバチカンに対する繋がりを通して探られてきた。

彼らの枢軸国にたいする影響力は、ヒトラースターリンに対する繋がりを通して探られてきた。

しかし、日本についてはどうだろう?

どのようにして、第二次世界大戦に巻き込まれるように、日本人をうまく処理したのか?

彼らの参戦が、本当にロスチャイルド一族とイルミナティへの密接な繋がりを保証するか?

ロスチャイルド一族と彼らの秘密の同胞達はいかにして日本人への覇権を確立したのか?

その答えは、至って単純です。

19世紀、フリーメーソン組織が日本国内に十分な侵入を確立した後に、将軍の幕府を倒し、日本をフリーメーソン組織の管理下に置く時が来たと決断した。

ロスチャイルド達は、マシュー・カルブレース・ペリー 提督を横浜へと送ったであろう。

歴史によると、ミラード・フィルモア大統領がペリーを日本に送った。なんらかの超国家的秘密権力ではなくて。

それはそうだろう。

ロスチャイルド一族、サバタイ・ツヴィ、ヤコブ・フランク、フリーメーソン組織、そしてイルミナティは、学校の子供たちにはちょっとばかり消化しにくい。

その問題に関しては、どんな年齢の学生にも随分余計だ。

ペリー遠征に対するロスチャイルドの繋がりはどこにあるのか?

単純です。

ペリー提督は、アメリカにおけるロスチャイルド代理人、オーガスト・ベルモンのト義理の父だった。

オーガスト:ベルモントは、ロスチャイルド家イタリア・ナポリ支店のカール・マイヤー・ロスチャイルド男爵の非嫡出子だった。

オーガスト・ベルモントはキャロライン・ペリーと1849年11月7日結婚した。


1852年1月中旬までに、その提督は「ワシントンに行き海軍長官に遅延なく報告する」ように求められた。

彼は、オーガスト・ベルモントが彼の[育ての]父親に書いたように、「平時に一人のアメリカの提督にそもそも指定された最大の艦隊に対する大変名誉ある尊敬すべき指揮権を有していた。すなわち、彼は6隻の戦艦を率いて東インド、中国、そして日本に行く。そして、その艦隊の司令官であることに加えて、外交上の任務も有している」 -日本を西洋との貿易へと開国させるために。

c0139575_12215051.jpg

ベルモントの家族、ハーグ、約1854年。 (左から右へ)
イザベル・ペリー、オーガスト・ベルモント、ペリー・ベルモント、
キャロライン・ベルモント、フレデリカ・ベルモント、ジェーン・ペリー、
オーガスト・ベルモント・ジュニア、マシュー・カルブレイス・ペリー 。


c0139575_12221092.jpg

オーガスト・ベルモント

c0139575_12235710.jpg

ベルモントの義理の父、マシュー・カルブレース・ペリー提督、 1853。

c0139575_12244579.jpg

1853年、マシュー・ペリー合衆国提督とその随行員たちは、日本の幕府の代表と、横浜で会談した。

その港にアメリカ軍艦の艦隊を停泊させて、ペリーは、日本人に通商友好条約を提示した。

彼は翌年この条約の調印を保証するためさらに印象的な艦隊を伴って再訪した。

c0139575_12241746.jpg

ペリー提督、翻訳者とともに日本の公式関係者に話しているところ。

c0139575_12251539.jpg

上は、アメリカの視点での、東インド小艦隊による最初の上陸。

c0139575_1225423.jpg

上は、日本の視点での、東インド小艦隊による最初の上陸。

c0139575_12255956.jpg

ペリー提督の記念碑、久里浜、日本 [1977年]

日本のフリーメーソン組織

倒幕


元記事は
The Rothschilds Take Japan
http://www.geocities.com/cliff_shack/rothschilds_japan.html


++
斯くした歴史を経て、日本を操る手段は、明治維新の秘密、サバティアン銀行からの融資、誰かさんのスイス銀行預金だったろう。

参考

大室寅之祐→明治天皇考 れんだいこ
http://www.gameou.com/~rendaico/mikiron/nakayamamikikenkyu_40_1_meigitennoco.htm


ロスチャイルド家 エンセン
http://www.asyura.com/0306/idletalk2/msg/981.html


売国政治打ち負かすたたかい 2月岩国市長選挙 全国と結び盛り上がる市民の力 長周新聞

岩国市長選迫り市民論議沸騰「自民党や米軍に負けない」 長周新聞

「全国の支援が励み」岩国市民 長周新聞

 「米兵の文句をいうと人種差別とかいう人もいるが、人種差別は向こうの話。基地内で働いたこともあるが、下士官になるほど通りすがりに“ジャップ”といったり、態度も侮蔑的。日本人を完全にバカにするよう教育されている。基地従業員がストライキをする気持ちはよくわかる」と、話す。

北朝鮮のミサイル実験「アジアにおけるミサイル技術拡散の歴史」  オルタ

4. 78年、ブッシュの支持基盤であるネオコン派のブレジンスキー補佐官(カーター政権)は、暗闇で使用出来るランドサット赤外線走査機器を中国に売却。
 同時にブッシュの提言を受け、台湾への武器輸出を推進。
 カーターは中国に、対空防衛レーダー、無線機器、ヘリコプター、ミサイル誘導に使用するランドサット航空写真偵察システム等を販売。

5. 80年9月、ウィリアム・ペリー(後にクリントンの国防長官になる)を団長とする米政府の視察団が、中将クラスの軍人複数と共に訪中。
c0139575_20271634.jpg

 ペリーは「中国の軍事技術を調べ、米国がどのように協力出来るかを調査するために訪中」と語る。
 ペリーは、中国への武器輸出自由化、地対空ミサイル、対戦車ミサイル等のミサイル技術輸出を推進。

6. レーガン政権は、副大統領ブッシュの「選挙公約」に従い、FX戦闘機、F16戦闘機を台湾に売却。理由はミサイル技術等の「中国の軍事的脅威から台湾を守るため」である。
 ミサイル技術を中国に売ったのは米国(W・ペリー)ではなかったか?

7. ペリーは、銀行ディロン・リードの社長会長を10数年歴任してきた人物であり、ディロンの経営する、世界最大の核ミサイル原料メーカー・ベクテル社の経営者は父ブッシュである。
 中国にミサイル技術を売ったペリーと、中国のミサイルが脅威だと言い台湾に戦闘機を売ったブッシュが同じ会社の経営者で、その会社が世界最大のミサイル原料メーカーとはどういう事か?

8. 既報のように、米ソ冷戦を推進し、核ミサイル販売促進を行ったミサイル・メーカー、ディロン。
 ソ連、中国に「対抗するため」、日本への米軍駐留を決めた日米安保条約を策定した米側担当者J・フォレスタル国防長官、W・ドレーパー陸軍次官は、ディロン社の社長、副社長だった。
 そのディロンが、今度は中国にミサイルを売り「中国の軍事的脅威」を作り出す。そして「中国の脅威」に「対抗」するため、台湾に戦闘機を売った父ブッシュが、ディロンと共にミサイル・メーカーの経営者である。

9. 現在まで、「中国の軍事的脅威」に対抗するため日本にミサイル防衛システムを購入するよう圧力を加え続けた中心人物が、このW・ペリー(クリントンの国防長官)である。
 中国の「軍事的脅威」を作ったのは、ペリー本人、ディロンではないか?

 さらに、中国に対空防衛レーダーを売ったのは米国であり、中国への武器輸出推進の中心に居たのがペリーだが、今度はレーダーに捕捉されないステルス戦闘機を開発したシルベニア軍事エレクトロニクス社の重役がペリーである。
 冷戦中、ディロンが米ソ中の対立をアオッタように、現在はディロンが、アジアの「ミサイル対立」をアオッテいる事が分かる。

 なお、ペリーは江戸幕末に日本に開国を迫った「黒船ペリー」の末裔である。この一族は、「アジアの紛争でメシを食う」のが家訓なのであろうか。

タバコ業界と米国政権 オルタ

7. 黎明期キリスト教原理主義の宣教師ビリー・グラハムを宣伝面で援助したのは、新聞王ランドルフ・ハーストだが、その後継者としてハーストの娘と結婚したのがウィリアム・ペリー=クリントンの国防長官であり、銀行ディロン・リードの会長であった。
 ディロンは麻薬王デュークのメインバンクであり、ヘリテージと共に世界中にパトリオットミサイルを売り歩いているのが、この黒船ペリーの末裔である。

やがて世界統一政府の首都となるイスラエルの闇 オルタ

5. 1840年代からアジアの麻薬生産を担ってきたサスーン財閥は、戦後になり次々と麻薬担当者が殺害され、麻薬取引の表舞台からは消えてゆく。 
 代わってアジアの麻薬支配者として姿を現したのが、イスラエルを本拠地とする得体の知れない企業、パーミンデックスである。取締役には澄田智のボス、ルイ・ドレフュス、ロックフェラーの本拠地ジョージア州アトランタのモルモン教牧師一族モーニー・コリンズ[Mauney Collins]等が座っていた。

 米国危機管理庁FEMAが運営する強制収容所の原型を作った、FBI長官エドガー・フーバーの親友のコリンズは、同時に現大統領ブッシュの恩師パット・ロバートソン(スコットランド銀行米国支部代表)の資金源となっている人物である。
 このイスラエルのパーミンデックスは、インターネット盗聴ソフト・プロミス製造会社でもあり、その営業担当者、法律顧問であった次期大統領候補ヒラリー・クリントンのボスでもある。ヒラリーと共にパーミンデックスの法律顧問であったヒラリーの同僚弁護士は、後にボスであるパーミンデックスに逆らったため、ヒラリーの眼の前で絞殺されている。殺害場所はクリントン大統領時代のホワイトハウス内部だが、警察は現在に至るまで全く捜査を行っていない。ヒラリーは仮に将来大統領になったとしても、ボスのパーミンデックスに逆らうとどうなるか十分に「学習」したはずである。

6. チェイニー副大統領が社長であったハリバートン社は、パーミンデックスの出資者であり、同時に大手傭兵会社ブラウン・ルートを所有しているが、ブラウン・ルートの特殊部隊部門の技術指導は、おそらくパーミンデックスが行っている。

7. イスラエル建国資金を出したのがレウミ銀行とランベール銀行だが、レウミの経営者はウォーバーグ(デル・バンコ)とドレフュスである。  そしてランベールの大株主がドレフュスである。ウォーバーグの系列下のリーマン・ブラザースの取締役がドレフュスの会長ナサニエル・サミュエルズである。

 既報のように、米国とEUのボスになりつつあるイスラエルの頂上付近に、こうしてドレフュス社が君臨している。だがドレフュスも巨大金融コングロマリット、イーグルスターの傘下にある。

c0139575_12535968.jpg

そしてイーグルスターの経営陣には、イスラエルの諜報組織モサドと英国諜報(スパイ)組織MI6のメンバーが延々と顔を並べている。


 通常、諜報機関は、国家の首脳と国家経済の中心である大企業を守るために活動するが、イスラエルには「守るべき」国家首脳も大企業もない。何故ならイスラエルでは、諜報機関が国家首脳と大企業経営者そのものとなっているからだ。世界を超中央集権で統一しようとするイスラエル国家そのものが、巨大な諜報機関となっている。

 ただしパーミンデックスとイーグルスターに共通する顔、イスラエルの「顔」が常に登場する。1920年代、米国禁酒法時代に金で殺人を請け負う「殺人株式会社」を経営し、莫大な富を形成、その資産をイスラエル建国に注ぎ込んだランベールの経営者エドガー・ブロンフマン父子である。  パーミンデックス、イーグルスターの経営者の席には、常にこの「殺人株式会社」社長が座っている。

8. イーグルスター(以下ES)の一面を見てみる。
 クリントンの国防長官ウィリアム・ペリーに資金を与え、CBSTVを創立させ、ペリーにパトリオット・ミサイルを世界中に売り歩かせているのがES。
 EUの原型ECの創立者ジャン・モネはESの社員。
 日本の長銀を倒産に追いやり新生銀行を作った、モルモン教牧師で弁護士のバーノン・ジョーダンはES社員。
 日本の麻生太郎外相の麻生セメントのボス、フランスのラ・ファルジュ・セメントの会長ベルトラン・コロンはES社員。
 エル・アル・イスラエル航空経営がES。
 元国際原子力機関IAEA議長=フランス原子力庁創立者ベルトラン・ゴールドシュミットはES社員。
 美術品オークション、クリスティーズ経営・・パリ・アストリア・ホテル経営・・カンヌ・カールトン・ホテル経営・・スカンジナビア航空経営・・自動車のボルボ経営・・スカンジナビア・エルシンダ銀行経営・・ハンバーガー・マクドナルドの紙コップとハンバーガー包装紙の独占製造・・
 メキシコのプエプラ・キリスト教原理主義学校(別名パーミンデックス暗殺者養成学校)経営・・etc。


9. 米国、EUに深くクサビを打ち込んだイスラエル=パーミンデックスは、元々はアジアの麻薬ディーラーだった。
 北米NAFTA(自由貿易協定)、EUのようには一見まとまっていないアジアをイスラエルはどのように「統一」して行くのか。
 麻薬ディーラーとしてアジアの地下経済に通じたイスラエルは、アジアの「統一支配者」李一族と既に提携している。
 台湾のリトウキ元首相一族、中国のリホウ元首相一族とリセンネン国家主席一族、中国・香港の支配者リカシン一族、シンガポールの元首相リークアンユー一族(注2)。
これら李一族は全て同一血族であり、アジアの表経済、地下経済は李一族とパーミンデックスが既に固めている。
 その下部組織ドレフュスは、中国華北、東北(旧満州)の水田を既に独占契約し終わり、韓国・日本へのコメ輸入自由化WTOの圧力を強めている(韓国では農民が抗議の焼身自殺を計っている)。

 ドレフュスの行った日本のバブル経済破壊、続くランベールの行ったBIS規制強化、さらに3度目のイスラエルによる日本爆撃=コメ輸入自由化がドレフュスを通じて間もなく始まる。

北朝鮮=ブッシュ? オルタ

日本に軍隊を作ったのは誰か? オルタ

侵略戦争としての通商交渉・・USTR米国通商代表の発端 オルタ

CIAの成立・・日本独立のための第6章 オルタ

CIA=中国共産党・・日本独立のための第7章 オルタ

ブルドッグ・ソースの乗っ取り オルタ

ブッシュとクリントン夫妻の正体・・ヒラリー・クリントン2

 暗殺されたケネディ大統領の財産は、アンドレ・マイヤー[1898–1979]という男が自由に使っている。マイヤーが「俺はケネディ殺害犯人ではない」と主張しても、誰も信用しないであろう。

 マイヤーは、イスラエル最大の軍事産業アイゼンベルグ社のメンバーであり、創立者の息子である。アイゼンベルグは元々、全米を統一した米国最強のマフィア「殺人株式会社」であり、マイヤーはその顧問弁護士である。「金をもらい、殺人を請け負う」事を「仕事」としている「殺人株式会社」のメンバーが、殺害されたケネディの財産を横領し、使用しながら、「俺は犯人ではない」と言っても誰も信用はしない。「殺人」だけが日常業務の企業である。
(中略)

 これはアメリカ=ロシア間で行われ、現在人類を絶滅の危機に立たせている核兵器大量生産・競争が、イスラエル、その中核企業アイゼンベルグによって展開されて来た事を意味している。
 
 現在、この密売組織の中核ノーザントラスト銀行[Northern Trust]の経営を任せられているのが、金融マン、フェリックス・ロハティンである。米国の「イスラエル」博物館の館長であり、ブランド品のルイ・ヴィトン社の重役と言う肩書きを持つロハティンは、一方でスエズ金融という金融企業の経営者でもある。

 19世紀、アジア、アフリカ、ラテンアメリカ各地を支配し、有色人種を奴隷として酷使し、過酷な奴隷労働の末、数億人という人間を殺害した悪名高い「東インド会社」、それが現在のスエズ金融である。その経営者が、ノーザントラスト銀行の経営者ロハティンである。

 現在、世界中の水を支配しようと考え、世界各地で水道事業の乗っ取りを繰り返しているのが、この東インド会社=スエズ金融[Suez]である。

 もちろん、スエズ金融の経営者ロハティンの顧問弁護士は、殺人株式会社のアンドレ・マイヤーである。 クリントン政権の副大統領ゴアと、弁護士を「共有」するロハティンは、クリントン政権の国防長官ウィリアム・ペリーを育て上げた「恩師」である。 ペリーが別名CIA・TVと呼ばれるCBS・TVを創立した際に、資金を提供したのがこのロハティンである。 その資金は、ロハティンがイスラエル最大の軍事産業アイゼンベルグの金融部門である、ローズ・コーポレーションから借り出したものであった。

 アメリカ=ロシアの核兵器大量生産・競争を「担った」ノーザントラスト銀行が、資金の融資を求める先がイスラエルである事、その資金源がイスラエルのアイゼンベルグ=ローズ社である事を、これは示している。

Ex-Ambassador Rohatyn Joins Rothschild

Rohatyn joins board at Rothschild


Independent, The (London), Oct 13, 2004
THE FORMER Lazard partner Felix Rohatyn is to join Rothschild as a non- executive director. Mr Rohatyn left Lazard in 1997 to become the US ambassador to France. After completing his term as ambassador, he set up Rohatyn Associates, a corporate finance advisory firm. He is also on the board of the French luxury goods group LVMH and on the supervisory boards of Publicis and Lagardere.

広島・長崎への原爆投下の犯人 オルタl

東京地検特捜部=WTO オルタ

 米国CIAの下部機関でありWTOのメッセンジャーである東京地検特捜部は、「WTOの命令に従わないと逮捕する」と、日本中の官僚と政治家を「脅迫して見せた」のである。「コメ輸入自由化を認め日本の亡国を受け入れないと、東京地検特捜部が逮捕する」と脅迫して見せたのである。  だそうです。

追記


9.11の検証を求めた10日の質問の真意  藤田幸久 at 2008/1/14

[PR]

by oninomae | 2008-01-14 12:28 | イルミナティ  

<< ジョン J. マクロイを理解す... ロスチャイルドとリンカーン暗殺... >>