「ユダヤ人の秘密」も「偽造物」であろうか? by Henry Makow Ph.D.

Henry Makowの新しい記事に、コンステレーションを感じましたので、和訳してみました。Clifford Shackの記事を和訳連載中ですが、ちょうど、この辺でいい頃合いだと思います。

「ユダヤ人の秘密」も「偽造物」であろうか? by Henry Makow Ph.D. 2008年1月6日

c0139575_10301768.jpg


1885年、ツァーリ主義者の代理人で「シオン長老の議定書」を確保したユリアナ・グリンカは、Okhranaに別の報告書を送った。それは、イルミナティ・ユダヤ人とフリーメーソンを文明に対する悪魔的陰謀と結びつけたものであった。

この文書によると、フリーメーソン組織はユダヤ教をモデルに作られている、すなわち、その真の目的がその会員からは隠された秘密結社である。

「ユダヤ人の秘密」は記憶から消え去るところだったかもしれない。もしジェイムズ・ウェッブの著書「オカルトの確立」(1976; pp. 234-243.)の中での記述がなかったら。彼のソースはユーリ・デェレスキーの「Protokoly Sionskikh Mudreisov」(Berlin 1923, pp.139-144)というロシアの本のように思われる。

現在、ウェッブの著書も静に去りつつある。

ジェイムズ・ウェッブは、自身を合理主義者とみなしたスコットランドの天才だった。 彼はオカルトについての3冊の百科事典的歴史書を書いた。1980年に弱冠34歳で自分の頭を猟銃で吹き飛ばすまえに。

ウェッブは昇進を切望していたので、「プロトコール」も「秘密」も、反ユダヤ主義を助長しようと望んだ」神智学者グリンカによってでっち上げられた偽造物であると信じた。

私の見解では、どちらの文書も以下を確認するものである。
 
我々の社会的経験は主として、(メーソンの)カバリスト、世界の中央銀行カルテルにより、マスメディアと教育システムを利用してかけられた継続中のオカルト魔法である。  


元英国国防長官のデニス・ヒーリーの言葉の中にいわく、「世界の出来事は偶然起こるわけではない。それらは起こされる、それらが国家的問題にかかわるものであれ商業にかかわるものであれ:そしてそれらのほとんどが、財布のひもを握っている連中によって、舞台に上げられ上演される。」

彼は文化的そして知的運動も同様に追加出来たはずだ。

フリーメーソンの権力と影響力は、大衆は言うまでもなく、密かに西洋社会と文化をコントロールする。


「ユダヤ人の秘密」

「プロトコル」とは違って、「秘密」文書はイルミナティ・ユダヤ人陰謀家によって書かれたふうなそぶりがない。

むしろそれは、ある知識人がツァーリスト当局の注意を正気に戻そうと望んだ情報であることを目的としている。

グリンカは、その文書を彼女の上官のOrzheyevsky将軍に渡した。彼はその序論で、そては「ユダヤ人の新興とフリーメーソン組織とのあいだの見えないリンクを確認する疑いようのない資料」を包含していると述べた。彼はメーソンを「諸悪の根源」であると」非難した。また、「すべてを否定し破壊」しようと努めていると告発した。
彼は、彼らの究極の目的はニヒリズムでありあるいは「虚無そのもの」であるという

ウェッブによると、OrzheyevskyはそれをCherevin将軍に渡した。彼はそれを閉じて保管したが、それは彼がメーソンそのものであった可能性を示唆している。

しかし、恐らく良心の問題として、彼は、彼の意思でツァーリためにコピーを一部残した。

どうやら、その文書は1900年に内務大臣Stolypinが読んだが、彼はそれを「プロパガンダ」としてかたづけてしまった。

私はこの情報のすべてが正確かどうか判断できるほど専門家ではないが、記録の上ではそうだったに違いないと考える。

ウェッブは、それを以下のように言い換えている: ユダヤ人の「一神教」は実際には、「ひとつの、全てを包括する世界的な宗教の兄弟」(それはインド人やカルデア人のマギとエジプトの秘儀の祭司を含む)のひとつの部分であった。

その教義はモーゼによってユダヤ人に導入された。 彼は、イニシエーション儀式-割礼-と、理解の3つの異なった水準;一つは、普通の人々向け 、一つは、指導者向け、そしてもう一つは聖職者向け、を象徴化する等級構造を設けた。。

「その教義の精髄は、ヘルメス・トリスメギスタスのエメラルド・タブレット[それは、中世の錬金術の大黒柱だったが]から採用された: そしてモーゼはまたエジプトの絵文字体系を採択した。その結果として、その宗教的な象徴主義の内面的な意味は、難解なユダヤ人熟達者の秘伝的コミュニティーであるエッセネ派のみに知られることになった。」 (ウェッブ235 )

どうやら、イエスは若いときを、このコミュニティで過ごし、彼らの秘密の教義を学んだ。

「彼のこの伝承知識の熟達がキリスト教の急速な普及を部分的に説明する。使徒ヨハネの早死が、キリスト教徒からその根本的な隠された真実の真の理解を奪った。 というのは、そのことが大祭司から大司祭への彼らの伝達を妨げたからである。現実のキリスト教は、ただ2番目の理解の水準でのみ続くことになった。」

タイタスがAD70年にエルサレムを略奪したとき、エッセネ派の小さなコミュニティーは砂漠にに孤立して住んでいた、そして彼らは古代の秘密の宗教の管理人となった。

現在のユダヤ人フリーメーソンの地下組織が伝わったのは彼らからである。言い換えれば、この見解によると、ユダヤ人社会は、一神教と寄せ集めの規範の外観をまとったひとつの異端とオカルトイデオロギーに支配されていた。  


歴史 の中の隠された手

その文書は次に、歴史を通しての、この秘密結社の活動を追跡する。

それは主張する。この結社が十字軍を扇動したと。世界の首都であり教皇権の座と賞賛されるエルサレムとまみえるために。

そしてその結社は、ユダヤ人の関心としてソロモンの神殿を復活させるためにテンプル騎士団を設立した。

「この時点で、そのユダヤ人の秘密結社はキリスト教徒の間での協力者を採用する活動を始めた。

これは、様々なオカルト集団を通して、最終的にはフリーメーソンの間で続くことになった。

その秘密結社の今日までの成果--人間主義、フランス革命、アメリカ独立戦争、トルコの欧州からの排除、資本主義、イタリアの統一、1848インターナショナル--これらはユダヤ民族の究極の目標にとっての単なる仮面である。」(236-237)

1895年までには、その陰謀は、いくつかの主たる攻撃方法に定められた:自由主義ブルジョアインテリゲンチアと社会の世俗主義者要素の激励;資本主義システムの導入と、農民のなかの扇動された不満分子による土地所有貴族の撲滅。

そのユダヤ人の秘密結社は、その宗教的目的に利するよう無意識的に働くキリスト教徒を、成功裏に採用してきた。

その失われた文書によると、「基本的な原則は同じままである:基盤を損ない、不和の原因を作る、そして知識人を煽動する;一言で言えば、キリスト教徒のもろい不定型な大群のなかで、発酵代理人としての特別給仕」 (243)

この文書は、厚く覆われた世界全体主義への道中の停留所として、ボルシェビキ革命、第一次と第二次世界大戦、朝鮮戦争、ヴェトナム戦争、イラク戦争を追加して更新することができるだろう。


秘密結社の主義・信条

私たちの理想の多くは、価値がある一方で、隠された目的のために操作可能な人々を引き付けることに使われてきた。 

これが、彼らのうちのほとんどがかつて気付かなかった理由であろう。

ある権威者は書いている。

秘密難解な神智学やフリーメーソン組織の体系は、疑いなくたいてい無害な情熱家で構成されている...しかし、それらはまた政治的陰謀の覆い、そしてそこで破壊的な目的に利用出来る人物を捕捉・試験・選抜する網としても利用されてきた。  


というのは、可能な何処ででも、彼らの覆いとしての無害なものたちと、彼らの無意識の代理人としての無邪気な人々を使うことは、革命的な重役会の方法の1つであるから… " ( 「蛇の道」" p. 203 )

これらの無邪気な人々、あるいは共産主義者と自分たちのことを呼んでいる「有用な馬鹿」は、彼らの動機に疑問を呈するに十分なほど誰でも無鉄砲に攻撃する付加的な利点を有している。

無邪気な人々は、自分達がお先棒担ぎだったかもしれないことを理解することも出来ないほど、努力を注ぎ込んできた。


こうして悪魔は、苦い真実より心地よい嘘を好む人々で彼の階級を満たす。

ホロコーストはユダヤ人を騙して、「国民の母国」を確立するために、パレスチナを取るよう誘導することに使われた。 

今になってはじめて、我々はイスラエルが、ホロコーストの原因であって、逆ではないと実際わかる。イスラエルの真の目的は、ロスチャイルドのワンワールド専制政治の首都となるべきものであった。


しかしいったい、ユダヤ人は彼らの資産と生命をそのために犠牲にされたのだろうか?

私はそれを疑っている。


一般的に、同じことがアメリカ人にも当てはまる。

「アメリカンドリーム」は、まさにそれで、アメリカ人をごまかす餌となっている。

合衆国憲法は、お金を印刷し戦争を是認するという決定的な問題において、簡単に迂回されてしまう。いまや、合衆国は、イラクのような国(そしてまもなくイランやパキスタン?)をニューワールドオーダーの中で、ぶち壊し同化させるロスチャイルドの蒸気ローラーである。


もちろん、その銀行家達は 9-11を起こさせた。ちょうど彼らがユダヤ人を動機づけるためにホロコーストを起こさせたように、この役割を実行する方向へアメリカ人を心理的に操作するために。


王様は裸だ。

オスカー賞受賞の映画「シカゴ」の中で、銃を振り回している一人の妻が、ベッドの中で二人の裸の女と一緒にいる彼女の夫を捕まえる。

「撃つな」
「私は一人だ」 と彼は抗弁する。

「この女たちは何なのよ?」 彼女は詰問。

「私の言うことを信じてくれ」 と彼は答える。

「見ることができるものじゃなくて」

これはあなたの将来:シオニストのメディアによる唯我論の紡ぎもの。

その裏切られた妻のように、我々は我々の眼球が教えてくれるものを無視しなければならない:ペンタゴンあるいはサンクスビル PAでの、旅客機からの残骸が何もないこと。WTC-7、ツインタワー近くのやはりラリー・シルバースタインに所有されていた 47階建てのビルは、あらかじめ支度されており9.11に解体された。それは106-7便により衝突はされなかった。

CBCやBBCのような政府の報道機関は、最悪である。

最近、BBC放送は、ベナジール・ブットのインタヴューからオサマビンラディンは死んだという啓示を削除したことを暴露された。

その裏切られた妻のように、我々は、シオンのプロトコールによって要求された世界「超政府」が我々の目の前で開示されつつあることを無視しなければならない。

また、すべての西側政府はシオニスト(サルコジ、メルケル、ブラウン、ブッシュ、ハーパー)によって支配されていることを無視しなければならない。

そして、キリスト教は骨抜きにされ、人間主義(人間への信頼、つまり銀行家、神としての)と、セックスが普遍的万能薬だというカバリスト的信念へと置き換えられてきたことを無視しなければならない。


「超大国」とはほど遠く、合衆国は、銀行家の世界政府の敵を滅ぼすために使われているゴーレム-ユダヤの民話の自動人形である。

人類は、神に取って代わろうとし現実を再定義しようとする悪魔的な力にハイジャックされてきた。

その戦略は、支配層を重要に思われる仕事で、羊民を便利な小道具(テレビ等)とセックスで買収することである。その結果、両者とも個人の自由について本当に気遣うことがなくなる。

精神的にまた道徳的に、人類は、永続する平凡と機能不全へと冷凍されつつある。 

ある読者はイルミナティが我々を未成年の子供のようにみていると指摘する。

プロトコルによれば :世界の諸国民「は・・・未成年の子供に過ぎない。ちょうど正確に彼らの政府がそうであるように。」 [ 15.20 ]

「家畜」国民(プロトコールでは「ゴイム」と呼ばれる)に対する理想的な状況は、「いかなる種類の政治的問題にも、なんの意見も持たないことだ。それらの問題は大衆が理解するよう与えられることはない。なぜなら彼ら大衆は、大衆を導くものによってのみ理解させられるからである。それが第一の秘密である。」 [ 5.10 ]


その戦略は現在しっかり働いているように思われる。

----------------------------------
考えることは、いまや、犯罪である」 by Paul Craig Roberts



元記事は
Is 'Secret of the Jews' Also a 'Forgery'? By Henry Makow Ph.D. January 6, 2008
http://www.henrymakow.com/is_secret_of_the_jews_also_a_f.html


c0139575_20561966.jpg

「論争するな。受け入れろ。順応しろ。従え。」- アイン・ランド「肩をすくめるアトラス」より

c0139575_20181567.jpg

                かってに吹き上がってますけど?

参照

シオンのプロトコール 阿修羅
http://asyura2.com/data001.htm


プロトコールについては
世界権力構造の秘密 ユースタス・マリンズ(Eustace Mullins) 1
http://satehate.exblog.jp/7531857/


沈黙の兵器<陽動作戦の要約>等は
自分に国家の通賃をコントロールさせよ。そうすれぱ誰が法律を作ろうと知ったことではない。
http://satehate.exblog.jp/6924499/


沈黙の兵器<戦略表>は
世界権力構造の秘密 Eustace Mullins 5 タヴィストック工作に不可欠の武器--麻薬 →→ 通貨の崩壊
http://satehate.exblog.jp/7651296/


アルバート・パイクの世界操作計画
http://satehate.exblog.jp/6982937/


新世界のためのアジェンダ?
http://satehate.exblog.jp/6991054/


魔術とイルミナティ
http://satehate.exblog.jp/7393770/

c0139575_010419.jpg


一九五〇年代半ば、フィリップ・ロスチャイルドは自分の愛人の一人、定評ある女流作家であり、哲學者のアイン・ランドに世界の魔術師向けにこの暗號の執筆を引き受けるやう命じた。『肩を竦めたアトラス(Atlas Shurugged)』と云ふこの小説は決してベストセラーを目的として書かれた本では無かつた。しかし結局の所、さうなつた。




さてはて、みんなつじつまが合ってしまう。真相はつじつまが合うものだ。

参考

ロシアン・マフィアの帝国 オルタ
http://alternativereport1.seesaa.net/


Marc Rich and the Rothchild Bank
http://www.freerepublic.com/forum/a3a74525e726d.htm


Soros, Rothschild, and Evil Incarnate (Marc Rich's connections)
http://www.freerepublic.com/forum/a3a7d6c502b97.htm


Linda Minor: Scooter Libby’s Client, Marc Rich
http://www.scoop.co.nz/stories/HL0510/S00322.htm


マーク・リッチさんて、ロスチャイルド一族だったりして?
[PR]

by oninomae | 2008-01-13 10:34 | イルミナティ  

<< ロスチャイルドとリンカーン暗殺... ロスチャイルドの人種(品種)改... >>