「ほっ」と。キャンペーン

「マックス・ウォーバーグ」

わたしは天に上り、王座を神の星よりも高く据え、神々の集う北の果ての山に座し 、雲の頂に登って、いと高き者のようになろう (イザヤ書14:13-14より)

この宣言はグローバルパワーエリートの願望を反映している。

ずっと何年にもわたって、どのような形をルシフェリアン宗教が装おうとも、その最終目標は同じである: 神格化

「私は、ユダヤ人の神」 -マックス・ウォーバーグ

多くのドイツのユダヤ人にとって、お金、訓練、あるいは有利なレートでの外貨を提供してドイツから抜け出すことを容易にしたウォーバーグ一族は英雄であった。

他のもの達は、しかしながら、かれらに滞在するよう呼び掛けて、自分たちの人生にたいして神を演じていた一人の男として、マックス・ウォーバーグにたいして苦々しく感じるだろう。

マックスが、人々に対して留まるように強い感情的な訴えを行ったのは確かである。
人々が実際に左右されるかどうかを、言うのはより難しい。

例えば、1936年、ハンス・リーベシュッツの妻、ラヘルが、Dr.フリッツ・フェントールという名前の弁護士に移民について相談した。マックスがこの訪問を知ったとき、彼はラヘルををコスターベルクに招待して、彼女は移民のための彼のサーヴィスを利用することはできないと露骨に警告した。

彼女がこの感情的エピソードを回想したように、「『知っているだろうが、私がユダヤ人の神だ』と[マックスは] この不適切な表現で、このコミュニティでの彼の巨大な特権を説明しながら、『だが、あなたが私から逃げ出すなら、ユダヤ人に対する私の義務を果たすことができない』」――ロン・チャーナウ「ウォーバーグ」、p441

Compiled by Clifford Shack 1/13/2006


元記事はここ
" Max Warburg"
http://www.geocities.com/cliff_shack/warburgalmighty.html




参考

Warburg family
http://en.wikipedia.org/wiki/Warburg_family



M. M. Warburg & CO
http://en.wikipedia.org/wiki/M._M._Warburg_%26_CO


c0139575_1014554.jpg

[PR]

by oninomae | 2008-01-12 07:09 | イルミナティ  

<< SGウォーバーグ ホロコーストはなぜ起こったのか... >>