スカル&ボーンズとホロコーストの陰謀 by Clifford Shack


c0139575_620341.jpg
The Order [of スカル&ボーンズ]とホロコーストの陰謀

エドモンド・ベンジャミン・ド・ロスチャイルド男爵がパレスチナに入植地を確立することに着手したとき、彼は言った。彼は慈善事業を超えた理由でそうしていると。彼は詳細には述べなかった。

エドモンド男爵は有名なロスチャイルド銀行家一族のフランスの支店のメンバーだった。エドモンド男爵は、彼の兄のアルフォンスとともに、その一族にとっての石油専門家だった。エドモンド男爵が、パレスチナのユダヤ人入植地を確立し始めたその時代、ロスチャイルド一族はロシアの石油市場に大きく関与していた。

ロスチャイルド一族は、シェル石油輸送のマーカス・サミュエルとともに、ジョン・D・ ロックフェラーと彼のスタンダード石油会社を上回って世界の石油市場での優位性を達成した。スエズ運河を通した使用を承認された石油タンカーを開発したときにである。この運河を通過することが、ロスチャイルドの石油ビジネスの基礎を成すものだろう。シェル石油輸送は後にロイヤル・ダッチ・シェルとなって、スマトラの石油もまたその極めて重要なスエズ運河を通過することになった。

石油が、新しい応用と市場をとおして、世界にとってより重要になるにつれて、その運河は世界にとってより重要になった。スエズ運河を守ることは、非常に多くの人々、特にロスチャイルド一族にとって、強迫観念となった。

やがて、スエズ運河は英国に買収されることになった(ロスチャイルドのお金で)。英国は、しかし、適切な保護を提供するにはスエズ地域からあまりに遠く離れていた。

必要とされたのは、英国の納税者に依存しないその運河地域におけるある地域的軍事的存在だった。その解決策は、ユダヤ人の操り人形植民地を作り出すことだった。その植民地はスエズ運河地域の安全保障を維持するため軍事的に有能であることになるだろう。

このプロジェクトは、1969年にその運河がエジプトの手に戻される以前に運用化される運命にあった。その運河を取り巻く土地はほんの100年間貸し出されたものだったから。ロスチャイルド家は、ユダヤ人のスパルタを作り出すまでに約90年間を要した。

その植民地は農業移住地から始まった。1967年までに、彼らの植民地は、六日間戦争の勃発により覇権を達成した。ロスチャイルド一族の達成、それはイスラエル国家たるべき運命だった、は、テオドール・ヘルツェルという名前のオーストリアのジャーナリストが、何百万人もの文無しで未熟練のヨーロッパからのユダヤ人を、彼らの始まったばかりの植民地にあふれさせることによってロスチャイルド一族を脅かせたときほどは、決してより脅かされていない。もしヘルツルが彼のこの夢を成し遂げることを許可されていたら、それは揺籃期のユダヤ人植民地に経済的な大惨事を招いたであろう。ロスチャイルド一族はこれを理解していた。ヘルツルが44歳の時に意味ありげに死亡した。ロスチャイルドと同盟したシオニスト侵入者が、ヘルツルの組織を引き継いだ(「乗っ取った」)。

車輪は動き始めた。大量のヨーロッパの文無しで未熟練のユダヤ人(ロスチャイルドは彼らをたかり屋と言い及んだ)移民の脅威を排除するべく。彼らは、謎めいた「狂人」(彼はたまたま隠されたロスチャイルド一族との関係を持っていた)の手によって殺害されるだろう。

信じられない?これらのユダヤ人の犠牲者は、ユダヤ人のパレスチナ植民地の人口割当数量が達成された後にのみ排除された。割当数量はロスチャイルドの操り人形である英国植民地大臣ウィンストン・チャーチルによって決定された。

その植民地は、何層にも積み重ねられて作り上げられた。
最初に来たのはロシアのたかり屋。岩の移動屋でした。これらのかわいそうな魂達は、ポグロム(虐殺)の恐怖を通してロシアからの移住を余儀なくされた。

(ロシアのツァーリはロスチャイルド銀行の顧客で、彼らの金貸しに便宜を図るため何でも行っただろう。パレスチナの植民地に民衆を提供することは、依頼するに小さなことだ。)

植民地社会の最後の、粒よりの人は、ドイツのユダヤ人だった。

ヒトラー自身は、ウォーバーグと共同作業して、そのユダヤ人植民地が望ましいドイツのユダヤ人達をもてるように保証した。そのドイツのユダヤ人達がパレスチナの海岸に移されるや、大量の望ましくないユダヤ人達が除去された。

すべて秘密の時刻表にしたがっていた。

私は最近、エルサレムの新しいYad V’Shemホロコースト記念館を訪れた。
最後の展示は「Hall of Names」と呼ばれるもので、そこではその目標はすべてのホロコースト犠牲者の名前を記念することであるという。

「Hall of Names」はカサドラ・エドムンド・ベンジャミン・ド・ロスチャイルド財団により寄付された。

なんと皮肉な。


-----
アントニー C. サットン著 「アメリカの秘密の支配者層:(秘密結社) The Order of スカル&ボーンズへの手引き」 (Page 23):

英国コネクション

何人かのよく読んだ読者はひとつの疑問がわいてくるかもしれない――その秘密結社The Order[of スカル&ボーンズ]とその家族達は、セシル・ローズの秘密結社、ミルナーの円卓会議、イルミナティそしてユダヤ人の同等な秘密結社といかにに関連しているのかと?これらはいかにその絵におさまるか?

我々はここでは、ドイツ起源のひとつの純粋にアメリカの現象のみに関わる。それは疑うべくもなく、海外のグループにリンクしている。

The Order [of スカル&ボーンズ]と英国との間のリンクは、民間商業銀行ラザール・フレールを経由する。

--
Lazard
http://en.wikipedia.org/wiki/Lazard_Fr%C3%A8res_%26_Co.

--

特に、英国の支配層はひとつの大学―オックスフォード大学、特にオックスフォードのオールソウルズ・カレッジに設立した。

英国の要素は「The Group」と呼ばれる。


The Groupは、英国ロスチャイルド(ロスチャイルド卿は[セシル・]ローズの「inner circle」の初代のメンバーだった)を通してユダヤ人の同等物へリンクしている。

米国のThe Orderは、グッゲンハイムシッフ、そしてウォーバーグ一族にリンクしている...


c0139575_19435466.gif


c0139575_19441352.gif


-----
(では、もう一度の掛け声は、訳者です)

1666年には、ユダヤ教の救世主候補、サバタイ・ツヴィは、イスラム教に改宗した。彼の背教後、彼の支持者のほとんどは彼に偽者とラベル貼り彼を拒否した。彼の改宗は、しかし、世界中の隠れユダヤ人に肯定的な衝撃を与えた。マラーノ、コンヴェルソス、クリプト・ジュー達はサバタイ・ツヴィへの信仰心を維持した。彼の改宗は彼らの忠誠を強化した。

ツヴィのユダヤ人支持者の残党とともに、これらのメシア的信奉者のユダヤ人の支持者は、サバタイ・ツヴィの使命を継続しただろう。(彼らは最終的に世界を支配するだろう。潜入、内密、狡猾によって、これらの目に見えない組織網は我々全てを支配するようになった!

1717年、サバタイ・ツヴィの死の41年後、彼らは英国のメーソンの組合に潜入・浸透し、フリーメーソン組織を設立した。

タルムードのノアチャイド法に基づいて、フリーメーソン組織はサバティアン共鳴者に、エリートにして神秘的で有意義な生活を生きることを認めた。その生活とは、サバタイ・ツヴィと彼の信奉者とりわけヤコブ・フランクによって説かれた普遍的ヤハゥエ主義に基づいた統一世界政府を樹立することに向けて働くというものである。

フリーメーソン組織は、フランス革命、アメリカ革命、大英連邦やイスラエルの創出、ホロコーストも含む両次世界大戦、そしてケネディ兄弟の暗殺などのような事件の背後に隠された力だった。

c0139575_19535772.gif

Shabbetai Tzvi     Mayer Amschel Rothschild      Jacob Frank
 (1626-1676)           (1744-1812)           (1726-1791)

世界で戦争が勃発する際、なぜ私がこの世に来たかあなたは知り理解するだろう
戦闘的救世主ヤコブ・フランク卿の説教集からの「格言」

c0139575_19443112.gif



元記事(英文)は
The Orders & The Holocaust Conspiracy  by Clifford Shack
http://www.geocities.com/cliff_shack/overview.html


c0139575_3271246.gif


c0139575_3144555.jpg


c0139575_1741385.jpg


参照

シオンのヒットラー・NAZIプロジェクト
http://satehate.exblog.jp/7511889/



おまけ

c0139575_321648.jpg

c0139575_2554694.gif

c0139575_2563421.jpg

c0139575_0312120.jpg

c0139575_0352533.jpg


c0139575_303914.jpg

c0139575_259245.gif


2度は騙せたが、3度目はお粗末だった?

でも関係ない?

c0139575_17261912.jpg

c0139575_17252997.jpg

c0139575_17281479.jpg


c0139575_17302138.jpg

c0139575_17315497.jpg

c0139575_17324264.jpg


c0139575_17235868.jpg



追加 2007.1.12

ばれてしまったら、次はこれしかない。何が何でもホロコースト継続と人類奴隷化だ。(そうです)

c0139575_15551391.jpg


日本もこうなるそうです。

米国の電子投票システムにさらに疑念が広がっている  はなゆー
http://alcyone.seesaa.net/article/77959075.html


アメリカ大統領選の結果は既にねじ曲げられていた  BenjaminFulford
http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2008/01/post-8.html


追記 20080115

国政選挙に電子投票制度を導入する動きを警戒せよ 天木直人
http://www.amakiblog.com/archives/2008/01/15/

[PR]

by oninomae | 2008-01-10 20:07 | ホロコースト  

<< ホロコーストはなぜ起こったのか... 石油とホロコースト by Cl... >>