石油とホロコースト by Clifford Shack 3

1896  ドレフュス事件アルフレッド・ドレフュス大尉、スパイ冤罪を被る。

ドレフュスの解任劇に直面して、唖然・呆然とさせられたテオドール・ヘルツェルは、シオニスト活動を強化した。

ドレフュス事件は、フランスのロスチャイルド家とフランス軍部内部のかれらのフリーメーソンコネクションによって設計された。それはより上流クラスのユダヤ人のパレスチナへの流れを促進する反ユダヤ主義感情をかき立てるためであった。

その結果としての反ユダヤ主義を通じて、西欧のユダヤ人達は、彼らの操作されたポグロムに悩まされた東欧・ロシアのいとこ達のように、また、"シオニスト"の避難所の夢を見始めただろう。

c0139575_22362512.jpg

アルフレッド・ドレフュスの解任(免職.)儀式です。

群衆は叫んだ。「ユダヤ人に死を!」

c0139575_22365264.jpg

ヘンリーフォード;1896年に彼が組みたてた最初の車に座っているところ。

自動車は石油にとっての新たな市場を創り出した。フォードはヒトラーを支持した。世界の自動車産業の未来は、軍事国家としてのイスラエルによって安全に守られた中東石油の滞りない流通に依存しただろうから。

ヒトラーは、イスラエルの安全性を守った(保障した)だろう。潜在的に致命的な脅威、つまり、イスラエルの安定を脅かす文無しの移民の連続波から。

イスラエルは石油の豊富な中東の安定の要です。

フォードはそれを認識しています。

1897  ロスチャイルドの入植地、リション・レ-ザイオンで生産されたワインの最初の1杯。
c0139575_22374050.jpg


1899  エドモンド・ド・ロスチャイルド、パレスチナの入植地を再訪問。
c0139575_22385211.jpg


1900  ロスチャイルド/サミュエルズ契約の終結。

1901  「最高序列の資本家」である英国資本家ウィリアム・ノックス・ダーシー[1849-1917]は巨大なペルシャの譲歩を1901年に獲得した。
c0139575_22392178.jpg


1901  中東の幕開け:ペルシャの石油。
c0139575_22395035.gif


1903  移民第一波の終わり。

1903  ライト兄弟の初飛行。

1903  キシニョフ・ポグロム
c0139575_22403342.jpg

c0139575_2241674.jpg


1904  パレスチナへの第二回移民の開始。新しい移民にとっての仕事はしばしば骨の折れるものであった。;多くは要求された尋常ではない努力を耐えることができなかった。

デイビッド・ベングリオンはかつて、全第二波移民の90%が結局絶望して国を去ったと主張した。

c0139575_22421118.jpg

アーロン・デヴィッド・ゴードン(1856-1922)は、労働はユダヤの人々のあらゆる苦しみに対する癒しであると信じた。

第二波移民の象徴として見られるように、ゴードンの言葉は、みすぼらしい、よれよれの、マラリアで弱体化した東欧移民達の第2波パイオニア達を触発した。

c0139575_224354.jpg

ミグダルでの労働者の朝食です。

c0139575_22433743.jpg

アイン・ハロッドの沼地の排水:そこは、多くのマラリアがあった。

1905 1905年10月のほんの一週間のうちに、50以上のポグロムが帝政ロシアで行われた。

90%が入れ替わる中、達成する必要のある初期作業を完了するために、多くの移民労働者が必要とされた。
c0139575_22443895.jpg

1905年10月ビアウィストック・ポグロムの犠牲者。
--


1907  シェルとロイヤルダッチはアドルフ・ヒトラーを偶然にも支持することになったアンリ・デターディング[Henri Wilhelm August Deterding 1866-1939]のもとで合併した。

ロスチャイルド家はロイヤルダッチシェルの大株主だった。

1907  最初のドライブ・イン・ガソリン・ステーションがセントルイスで開店。

ペルシャで発見された石油
c0139575_22523443.jpg


雑用と失望の5年後、エンジニアのジョージ・レイノルズ(左) -"堅い英国の樫" –はついに、1908年ペルシャで石油を発見した。それは、中東の石油開発の幕開けであった。

1909  テルアビブ設立
c0139575_2254146.jpg


1909 ペルシャでの石油の発見とともに、ユダヤ人植民地の確立はさらにもっと重要性を増した。

東欧からの移民には、植民地化の最初の仕事を完了させることを頼ることができなかった。


イエメンからの移民が連れて来られた。1909到着し、彼らはユダヤ人の労働者に対するキャンペーンで重要な役割を果たすことになった。

イエメン人は、彼らが有しているどんな小さなものでもやりくりして作る優秀な労働者であった。

彼らは、ユダヤ人の労働者は最終的に勝利するだろうという概念を疑問視していた多数の人々の信仰をとりもどさせた。

c0139575_2255573.jpg

移民第二波のイエメン人:ユダヤ人の労働力の勝利。


最初の海軍本部卿ウィンストン・チャーチル(1911)、ジャッキー・フィッシャー提督(右)とともに。フィッシャー提督は、"石油マニアック"で、ドイツとの戦争に備えて、英国海軍を石炭から石油に変換するようチャーチルを説得した。
c0139575_2255466.jpg


1911  銀行家ナティー・ロスチャイルド(ロンドン)[Nathan Mayer Rothschild, 1st Baron Rothschild 1840-1915]とマックス・ウォーバーグ(ハンブルク)[Max M. Warburg 1867-1946]は秘密裏に共謀してアガディール危機を工作。それはイングランドとドイツの間に緊張を創り出し、石油を燃料とした戦争の海軍によるでっち上げに導くものであった。車輪は第一次世界大戦に向けて動かされ始めただろう。
c0139575_0295250.jpg

c0139575_030510.jpg


1914  移民第2波の終わり。

1914  エドモンド・ド・ロスチャイルド男爵、パレスチナの入植地を再訪問。
c0139575_22573063.jpg


1914  第一次世界大戦と戦場の機械化。フランス人が戦争の前線へ部隊を追加・派兵するためパリのタクシーを奪い、命ずるにつれて、石油が戦場に行く。
c0139575_22592426.jpg


続く
[PR]

by oninomae | 2008-01-08 22:45 | ホロコースト  

<< 石油とホロコースト by Cl... 石油とホロコースト by Cl... >>