メシアについてのお話:サバタイ・ツヴィとロスチャイルド一族 by Clifford Shack

日本ではまだ紹介している人がいないようなので、以下、試訳してみました。絵は多少アレンジし直しましたのであしからず。


c0139575_1950542.jpg

17世紀のユダヤ教の救世主、 Shabbetai Tzvi は、歴史が私たちにそう信じさせようとするように、本当の詐欺師だったのか?

彼は、過去2500年の中でただ一人の正統な認められたユダヤの予言者であるガザのナタンによりメシアたるべき運命にあると承認され宣言された。

彼は世界のユダヤ民族の大多数によってメシアであると受け入れらた。少なくとも、オスマントルコ帝国のサルタンに死をもって脅迫されイスラムに改宗することに同意するまでは。

Shabbatai Tzviはその改宗を神からの啓示だと理解した。彼の使命を地下で行う必要があるとの。

彼は兄に宛てた手紙の中で記している。「神は私をトルコ人にした」と。

人々はメシアを拒絶する力を持っているのか?

Shabbatai Tzviのイスラムへの改宗が彼を救世主的な詐欺師にしたのか、あるいはShabbatai Tzviを拒絶した者たちが彼らの拒絶によって不信仰者の称号を与えたのか?

Shabbetai Tzvi には子孫はありますか?

はい。

今は彼らはどこにいるのですか?

この救世主の王朝はどこにあるんですか?

かれらは消えて名もない人として忘れ去られたのか?

歴史は我々に何の手がかりも残していない。

あるいは残している?

たぶん、Shabbetai は、救世主としての惑星の乗っ取りに成功した。

たぶん彼の子孫は彼らの予言者とされたメシアの父の使命を満たすべく、実際うまくやり遂げた。

私は、ロスチャイルド家がメシアであるShabbatai Tzviの直接の子孫だと示唆している。

Shabbetai Tzvi は、いつかイスラエルを再建すると語った。

ロスチャイルド家がそうした。

彼は言った。世界中に離散した失われた種族を再統合するであろうと。

このことは国連によって達成されてきましたか?

国連は世界の平和をもたらすべくデザインされた隠されたロスチャイルドの影響力下のひとつのプロジェクトか?
(さてはて; その「種族」以外殺したり、奴隷にしたりの「平和」じゃたまらんけどね)

ロスチャイルド-Shabbetai Tzvi コネクションはまた、ロスチャイルドと、イルミナティの共同設立者でShabbetai Tzviの生まれ変わりであるとされている神秘的なヤコブ・フランクとの関係を説明するだろう。

それはまた、ロスチャイルドの彼らの血統に対する奇妙な執着と彼ら自身のあいだでの血族結婚の習慣を説明するだろう。

このしきたりは救世主の王の血筋を、同化作用から保護するために決定されているのか?

ロスチャイルド家の人間と救世主との関係はまた、彼らの贅沢で華麗な生活様式を説明するだろう。

メシアの直接の子孫達が、地球上で最高級の宮殿でくらすべきでない理由があろうや?

このように、Shabbatai Tzvi とロスチャイルド家とのあいだにある強い家族的類似性があるとしても驚くに値しないということになる。



スクロール・ダウン


























c0139575_19521039.jpg

Shabbetai Tzvi (1626-1676) Mayer Amschel Rothschild (1744-1812)


c0139575_19521916.jpg

The Five Rothschild Brothers: Amschel (1773-1855), Salomon (1774-1855), Nathan (1777-1836), Carl (1788-1855) & James (1792-1868)


c0139575_19523095.jpg

                      Edmund de Rothschild (1845-1934)


c0139575_19523972.jpg

                     Gustave de Rothschild (1829-1911)


c0139575_19525016.jpg

                     Guy de Rothschild (b.1909-2007)


c0139575_195353.jpg

                     Robert de Rothschild (1880-1946)


c0139575_19531992.jpg

                     Victor Rothschild (1910-1990)


c0139575_1953439.jpg

                    Baroness Betty de Rothschild (1805-1886)


c0139575_19535519.jpg

                      Bethsabée Rothschild (b.1914)


c0139575_195478.jpg

                       Ferdinand Rothschild (1839-1898)


c0139575_19541821.jpg

                      Anthony Rothschild (1810-1876)


c0139575_19543515.jpg

                      Edouard de Rothschild (1868-1949)


c0139575_1954475.jpg

                      Lionel Rothschild (1808-1879)


c0139575_195516.jpg

                      Guy de Rothschild (b.1909-2007)


c0139575_19553055.jpg

                      Edouard de Rothschild (b.1957)


c0139575_19555419.jpg

c0139575_1956739.jpg

                      Sir Evelyn de Rothschild (b.1931)


c0139575_19563348.jpg

                 Jacob Rothschild, 4th Baron Rothschild (b.1936)


c0139575_19564964.jpg

                      Leopold Rothschild (1845-1917)


c0139575_1957374.jpg

                     Nathaniel "Natty" Rothschild (1840-1915)


c0139575_19571628.jpg

                      Nathan Mayer Rothschild (1777-1836)


c0139575_19572995.jpg

                      Nathaniel Rothschild (1812-1870)



英文元ページは
http://www.geocities.com/cliff_shack/shabbetai_rothschild.html

Clifford Shack (クリフォードの掘っ立て小屋ですかい?)はHenry Makow によると天賦の才能に恵まれた歴史探偵だそうで、さてはても賛成です。メシアであるサバタイ・ツヴィとロスチャイルド一族のつながりが実感出来ますね。

ロスチャイルドさんが小物だという説には賛成しかねますな。

c0139575_2017286.gif

c0139575_714065.jpg

c0139575_2161261.jpg


自分に国家の通賃をコントロールさせよ。そうすれぱ誰が法律を作ろうと知ったことではない。
http://satehate.exblog.jp/6924499/


“Sabbateanism is the matrix of every significant movement to have emerged in the eighteenth and nineteenth century, from Hasidism, to Reform Judaism, to the earliest Masonic circles and revolutionary idealism. The Sabbatean "believers" felt that they were champions of a new world which was to be established by overthrowing the values of all positive religions .” –Gershom Scholem


おまけ

c0139575_20385575.jpg

いいかげん、「怒りの子」はやめてほしいものです。 モリヤの山からお願いしておきます。
                          
[PR]

by oninomae | 2007-12-26 20:01 | イルミナティ  

<< サバタイ・ツヴィ 因果応報? それとも例の「作戦... >>