Anthony Fauci博士、エボラワクチンへの期待について語る

これが怖かった

Anthony Fauci博士、エボラワクチンへの期待について語る 5 August 2014 Last updated at 10:40 BST

c0139575_18354737.jpg


世界有数の免疫学者の一人は、彼が2015年の半ばああ終わりまでには致命的なエボラウイルスのためのワクチンを開発したいと考えていることをBBCに語った。

Anthony Fauci博士-アメリカ国立アレルギー・感染症研究所[NIAID]所長は-動物実験中に「有望な結果」が示されているワクチンについて、臨床試験が9月に開始するだろうと述べた。


元記事は

Dr Anthony Fauci on hopes for an Ebola vaccine 5 August 2014 Last updated at 10:40 BST
http://www.bbc.com/news/health-28656079


関連

Human Ebola Vaccine Trials to Begin Joe DeCapua August 28, 2014 8:22 PM
http://www.voanews.com/content/human-ebola-vaccine-trials/2431757.html

First UK volunteer gets experimental GSK Ebola shot in trial By Kate Kelland LONDON Wed Sep 17, 2014 1:18pm EDT
http://www.reuters.com/article/2014/09/17/us-health-ebola-vaccine-idUSKBN0HC17E20140917

10 volunteers receive Glaxo Ebola vaccine with no adverse effects yet September 18, 2014 | By Emily Mullin
http://www.fiercevaccines.com/story/10-volunteers-receive-glaxo-ebola-vaccine-no-adverse-effects-yet/2014-09-18

人類の生化学的な操作ほか by David Rothscum 目次
http://satehate.exblog.jp/13848408/

WHOはあなたを殺そうとしている? (WHO)-世界保健機関の事実と噂
http://satehate.exblog.jp/12470091/

ノーベル平和賞は、ワクチンの強制に与えられたのか?オバマ・デセプション佳境入り?
http://satehate.exblog.jp/12578047/


白衣たちが惑星を運営するとき by David Rothscum
http://satehate.exblog.jp/15912246/

現実には、この白衣が作り出す楽園はどのように見えるのか?

ハリウッドからやってきたいくつかの良い映画(あるいは、私の友人たちは単に、映画館で悪い映画を見せに連れて行った)の1つは、ガタカ[Gattaca,1997]と呼ばれる。もしあなたがあえて子どもを持つなら、この素晴らしき新しい白衣の現実での自然なやり方、これが何が起こるかである:

c0139575_1638208.jpg


なぜ、その子どもはわずか30年の寿命を持つのか? 彼は本当にそんな不運だったのか、あるいはすべての白衣が作り出した、この美しい新しい楽園を阻害するだろう汚染他の恐怖が、彼の寿命を減らすのか? いくつかの新しいチェルノブイリ災害が、2010年と白衣のヴァルハラが誕生するまでの間に起こるだろうか?それとも、それはまさに、ヴィンセントの母親の卵子を破損する、携帯電話タワーからの電磁波放射か?

c0139575_0173139.jpg



「インフルエンザ」ワクチンの大陰謀:免疫学的不妊化の基礎
http://satehate.exblog.jp/12615253/

c0139575_19353817.jpg

トゥモロー・ワールド


わかります?ピアンカ博士[Dr. Eric R. Pianka, b.1939]は、本とテキサス大での発言で、何と言っていましたか?

c0139575_1575031.jpg

全て同じです。ピアンカは、中国を模して地球規模の警察国家を作らないと、断種と人口削減は実行できない、また、人口の少なくとも9割を殺すには、空気感染するエボラ出血熱があれば理想的だ、と言っています。

c0139575_1582236.gif






特定秘密保護法 さまざまな団体が懸念 10月14日 16時38分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141014/t10015388351000.html

政府が、特定秘密保護法の運用に関する統一基準を閣議決定したことについて、さまざまな団体が懸念を表明しています。

このうち日弁連=日本弁護士連合会は村越進会長の声明を発表し、「市民の知る権利と民主主義を危機に陥れかねない特定秘密保護法を廃止し、情報公開と秘密保全のためのバランスの取れた制度構築のための国民的議論を進めるべきだ」などとしています。

また、作家などで作る日本ペンクラブは、会長で作家の浅田次郎さんらの談話を発表し、いかなる情報であれ、探り当て公表し、論評する自由は揺らがないとしたうえで、「万が一、この法律を根拠に、こうした自由を少しでも制約しようとする動きがあれば決して見逃さず、きぜんとしてたたかう覚悟だ」などとしています。
このほか出版社で作る日本雑誌協会と、日本書籍出版協会は特定秘密保護法の施行に反対する声明を発表しました。

++
統一・創価で家畜を管理してくれるそうです



特定秘密保護法 運用基準など決定 10月14日 19時10分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141014/t10015378191000.html

政府は14日の閣議で、特定秘密の指定の対象として55の「細目」を明記した特定秘密保護法の運用基準と、法律を12月10日に施行することなどを盛り込んだ政令を決定しました。

14日、閣議決定された特定秘密保護法の「統一的な運用を図るための基準」などによりますと、特定秘密を指定できるのは防衛省や外務省など19の行政機関の長で、指定の対象として、極秘を前提に外国政府から提供された情報や自衛隊の警戒監視活動など、55の「細目」を明記しています。

また、特定秘密を扱う公務員らを対象に行う適性評価にあたっては、プライバシーの保護に十分配慮し、思想信条や信教などを調査してはならないとしたうえで、犯罪歴や借金などを調査するとしています。

一方、特定秘密の指定が適切かどうかチェックする機関として、内閣府に「独立公文書管理監」などを置き、指定が不適切だと判断した場合に解除を求める権限などを与えるとしています。

さらに、国民の「知る権利」について、「民主主義社会のあり方などと結びついたものとして十分に尊重されるべきで、特に報道や取材の自由に十分に配慮する」と明記し、5年後に見直しを検討する規定などが盛り込まれました。

また、14日の閣議では特定秘密保護法を12月10日に施行するとした政令も決定されました。

運用基準などの策定にあたって、政府は法律や情報公開などの専門家らをメンバーとする有識者会議を設けたほか、国民から広く意見を募るパブリックコメントを実施し、およそ2万4000件の意見が寄せられました。

政府は、法律の施行に向けて、特定秘密の対象となる文書の選定作業などを急ぐことにしています。


官房長官「理解が得られるよう取り組む」

菅官房長官は、午後の記者会見で、記者団が、「『独立公文書管理監』など、チェック機関が政府内に置かれていることから、国民の間には懸念や不安の声があるがどう考えるか」と質問したのに対し、「運用基準において、特定秘密の指定と十分なチェックをするために必要な権限を与えているので、厳格にチェックできる。二重、三重の仕組みを設けているので、これらが実効的に機能するようにしておけば問題ない。今後とも国会や国民に理解が得られるように取り組んでいきたい」と述べました。
「一定の前進も課題残る」

14日、政府が閣議決定した特定秘密保護法の運用基準について、情報公開制度に詳しい、NPO法人情報公開クリアリングハウスの三木由希子理事長は、パブリックコメントを受け、一定の前進があったとする一方、アメリカの制度と比べると課題が残されていると指摘しています。

三木さんは、今回の運用基準について「特定秘密に指定された文書を緊急に廃棄する場合の手順を定めたり、法令違反を隠蔽するための指定を禁止したりするなど、パブリックコメントを受けて一定の前進はしている」としています。

一方で、アメリカの制度と比べると課題が残されていると指摘しています。
アメリカでは、▽秘密指定の解除を、市民が直接、請求できるほか、▽チェック機関の職員を出身省庁に戻さないことで独立性を確保しています。

こうした点について、三木さんは「長期間、秘密とされた文書の指定解除は、きっかけが難しいので、一般市民も直接請求できるようにするなど解除を促進する仕組みを作るべきだ。また、チェック機関の職員と出身省庁との距離をどう保つかが重要で、政府は、法律の施行までに独立性を担保する具体的な方法を示すべきだ」と指摘しています。



【ヤバイ】患者から強制採血が可能に!政府が改正感染症法案を閣議決定!本人や医療機関の同意が無くとも強制的に検体採取!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-4170.html

10月14日に政府は都道府県が医療機関や本人の同意が無くとも検体の強制採血、強制採尿などが出来る様になる改正感染症法案を閣議決定しました。

これはエボラ出血熱等の感染症で死者が急増したことを受けて作られた改正法で、新型インフルエンザなど国民の健康に重大な影響を与える恐れのある感染症の疑いがある場合、患者から強制的に血液などの検体を採取することを認める内容になっています。自民党は改正感染症法案を今国会中に成立させる方針です。

エボラ出血熱やデング熱ウイルスでマスコミが大きく騒いでいましたが、その本命はこの法案なのでしょう。

実は民主党政権になる前の自民党政権の頃からこのような法案は示唆されており、前々から自民党の内部には国民の強制検査を義務付けようとする動きがありました。

2016年から開始される国民総背番号制(いわゆるマイナンバー制度)はこれとセットになる可能性が高く、日本(米国や英国なども)がSFのような国民総管理社会(ディストピア)になろうとしていると言えます。


☆感染症疑い患者から強制採血可能に 法改正案を閣議決定
URL http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG14H0C_U4A011C1CR0000/
引用:
感染症の検査体制の強化に向け、政府は14日、感染症法の改正案を閣議決定した。エボラ出血熱や新型インフルエンザなど国民の健康に重大な影響を与える恐れのある感染症の疑いがある場合、患者から強制的に血液などの検体を採取することを認める内容で、今国会での成立を目指す。

 改正案ではこのほか、全ての感染症について、都道府県知事の権限として、患者や医療機関に血液など検体の採取や提出に応じるよう要請できると規定した。
:引用終了

++
次は、ワクチン強制接種って言い出す予定でしょう



ジョージアガイドストーンへの奇妙で新しい「2014」付加 vigilantcitizen
http://satehate.exblog.jp/22706043/

邪悪な場所-ジョージア・ガイドストーン By Vigilant + 薔薇の棘?
http://satehate.exblog.jp/12455756/

エボラ・ウィルスは本当に空気感染しないのか Tue.2014.10.14
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-3119.html

なぜアフリカで、エボラ出血熱の感染が拡大しているのか
http://alternativereport1.seesaa.net/article/407194873.html

 イスラエルのテルアビブから南東20キロ程の場所に、「イスラエル生物学研究所」という国家機関がある。

ここでは、コレラ、ペスト、天然痘、エボラ出血熱等の生物兵器が「開発」されている。

「開発」された生物兵器は、アフリカ等で、その殺傷能力の「実験」が人間の居住地帯にウィルスを散布する形で行われる。


[PR]

by oninomae | 2014-10-13 18:53 | バイオハザード・ワクチン  

統一凶会 2 >>