統一凶会 1

これをリバイバル

世田谷一家惨殺事件の恐るべき「真実」 一橋文哉(ジャーナリスト)
http://www.asyura2.com/0311/nihon10/msg/1206.html
投稿者 珍米小泉 日時 2003 年 12 月 26 日 16:27:51:pf4b7l.gG.Nfg

(回答先: 殺害後10時間に及ぶ異常行動の跡 世田谷事件から3年(朝日新聞)----遺伝子配列はわかってるそうだが 投稿者 竹中半兵衛 日時 2003 年 12 月 26 日 13:15:09)

新潮45:2002年3月号(239号)

世田谷一家惨殺事件の恐るべき「真実」
一橋文哉(ジャーナリスト)
本紙取材班

第3回 "黒幕"から漏れた奇怪な「動機」
宮澤さん一家の周辺に見え隠れし、事件の鍵を握ると見られる人物に取材班は直撃した……。いよいよ事件の核心に迫る!


▲【第五章 対決】

 二〇〇二年一月中旬のある日の夕方、東京都杉並区の住宅街の一角に建つ瀟洒なマンションの前で、我々取材班は一人の男が現れるのを待っていた。

 待ち人は、世田谷一家惨殺事件に関わりがあるのではないか、と見られている「カネダのおっちゃん」こと、金田秀道(四十六歳)である。

 世田谷一家惨殺事件は二〇〇〇年十二月三十日夜、世田谷区上祖師谷三丁目の会社員、宮澤みきおさん(四十四歳)宅で、みきおさんと妻の泰子さん(四十一歳)、長女で小学二年のにいなちゃん(八歳)、長男で保育園児の礼君(六歳)が殺害された事件だ。

 現場には犯人の指紋や凶器など大量の物証が残され、犯人自身も右手を負傷しており、早期解決が期待された。

 しかし、残忍な殺害方法や乱雑な物色痕、犯行後にパソコンを操作して十一時間近くも現場に留まっていたことなど、犯人の"不可解な行動"が解明できず、事件は発生から一年二か月近く経った今も、犯人逮捕に至っていない。

 そんな奇怪な事件に、金田がどう関わっているというのか……。

 張り込みを始めてから約二時間経った午後七時過ぎ。一台の紺色セダンがマンションの前に横付けされた。

 後部座席から降りてきたのは、身長約一七〇センチで細身、白髪混じりの中年男性だった。男はメタルフレームの眼鏡をかけ、グレーの背広上下と黒っぽいコートを着ていた。

「金田秀道さんですね」
 中年男性に向かって、そう問いかけたところ、意外にもあっさりと、
「金田ですが……」
 と認めた。こちらから名乗って、
「少し、お話を伺いたいのですが」
 と切り出すと、金田は苦笑いを浮かべながら、こう言った。
「とうとう来ましたか。世田谷の件で、いつかは私の前に現れると思っていました。どうぞ、何なりとお尋ね下さい」

 金田はそのままマンションの中に入るのかと思いきや、車を帰した後、我々を歩いて十分余離れたJR荻窪駅の駅ビル内にある飲食店へと導いた。

 その駅ビルは、隣接する西友系のショッピングセンターとともに、犯人が現場に残した柳刃包丁やトレーナー、ヒップバッグなどを販売した可能性のある店舗が入っており、捜査本部が犯人の生活圏内ではないかと重視している場所だ。

 金田は席に着くや否や、取材趣旨を明らかにしようとする私を制し、こう言い放つだ。
「確かに、宮澤さん一家を存じ上げてはおりますが、顔見知りといった程度で、詳しいことは何も……。もちろん、私は事件とは全く関係ありませんよ」

 金田は、自分の周辺が次々と取材を受け、やがて追及の手が自分に伸びてくることを知っていた。

 それゆえ、質問攻めに遭う覚悟を決めて、取材に対する準備を十分に整えていたのであろう。その表情はいかにも、自信満々といった感じを受けた。

 こうした取材は、相手に余裕を持たれては、まず成果は見込めない。そこで、最初から思い切って、揺さぶりをかけてみた。

「いきなりで恐縮ですが、金田さんは韓国・京畿道出身の金さんですよね」
 金田は一瞬、たじろいだ様子を見せたが、やがて気を取り直すように、こう答えた。
「そう、私の本当の名は金秀道です」


▲七つの共通点を持つ男

 この金田とのやり取りを記す前に、彼と事件との関わりを述べておこう。

 それにはまず、金田が長い問、生活の面倒を見てきたというソウル在住の韓国人男性、李仁恩(三十二歳)について触れなければなるまい。

 李については本誌一、二月号で詳述したので、ここでは簡単に説明する。

 一言で表現すれば、宮澤さん一家を惨殺した犯人と「数多くの共通点を持った人物」ということになるだろう。

 主な共通点とは、次の七点である。

①犯人が履いていた二七・五、二八センチのテニスシューズ「スラセンジャー」が韓国限定販売品だったのをはじめ、ヒップバッグや帽子など犯人の遺留品には韓国製品が多い。李はソウル在住で、自分の活動圏内にあるスーパーなどで、これらの製品を簡単に入手できる。

②現場に残されたジャンパーのポケットから、李の実家がある韓国・京畿道の水原市周辺のものに酷似した土砂粒が検出された。

⑧宮澤さん宅で発見された止血帯のラテックスゴムの破片、「ブレイデッド・タスラン・ブーツ」の皮革片、さらに鑑定の結果、犯人が玄関ドアの開錠に活用したと見られるスイス製アーミーナイフは軍隊の装備品と判明。韓国陸軍に入隊経験のある李が所持、使用していた可能性が高い。

④宮澤さん宅から微粉末が検出された「ベンゼドリン」の錠剤は、服用後に意識が高揚し、興奮・錯乱状態になる"麻薬"のような薬。犯人が服用後に凶行に及んだと見られるが、李はこうした薬物の常習者だった疑いが出ている。

⑤ヒップバッグ内に付着していた特殊フィルム片とチタン酸バリウムの微粉末が、両方とも使用されている印刷加工職場で、李は事件前に働いていたことがある。

⑥李は犯人の遺留品と同じようなトレーナーを着ていたという証言があるうえ、悪友たちに自分を「キッド」(海賊「キャプテン・キッド」の意味)と呼ばせ、犯人がハンカチに振りかけていた香水「ドラッカー・ノワール」(黒い海賊船の意味)を愛用していたとの情報がある。

⑦李が事件前の十二月上旬に観劇に訪れた杉並区内の演劇スタジオ周辺から、犯人の指紋が検出された。


 だが、李のような韓国の不良グループのリーダーが、日本の平凡なサラリーマン家庭である宮澤家と関係があったとは考えにくい。

 また、今のところ、李と宮澤家の間に直接的な繋がりは浮かんでいない。
 そこでクローズアップされるのが、宮澤さん一家と何らかの接点を持つ主犯の存在である。
 宮澤夫妻に恨みを抱くなど、何らかの動機を持つ者が直接、手を下したのではなく、例えば李のような第三者に殺害を依頼し、実行させた、というわけだ。

 その場合、実行犯は前述した遺留品などから、軍隊経験のあるプロの殺し屋ではないか、との見方が浮上している。

 ただ、プロの殺し屋と言うと、どうしても「ゴルゴ13」のように"冷静沈着で凄腕"というイメージを抱きがちだが、この事件の場合は、麻薬や興奮剤を体内に吸収して、残虐な殺戮を行う"殺人兵士"と考えた方がいいだろう。


▲米国で殺し屋を養成?

「あなたは、李さんをとても可愛がっていたようですが……」
「李君はかわいそうな人問でね。私が彼と知り合った時は、心身ともに相当傷ついた状態でした。動作は鈍いし、言っていることは分からない。でも、目だけはギラついていたことを覚えています」
「季さんは生まれつき頭が少し弱い、と聞いています。彼の話では『そのことで小さい頃から周りの人間に馬鹿にされ、苛められてきたので、友達や先生はもとより、親でさえ信用できない。でも、カネダのおっちゃんだけは違う』ということでした。李さんとは、強い信頼関係を築いておられるのですね」
「いや。私はただ、寝る場所と温かい食事、そして、李君が少しでも心と身体の健康を取り戻すのに役に立でば、と武道を習わせただけです。彼はもともと純情な子で、自分の気持ちがストレートに出てしまうところがあります。それで心配していたんですが、自分の力でどんどん元気になりました。私は彼を見守っていただけです」
「武道というのは空手でしょうか」
「いや、最初は護身術のようなものを習っていましたが、最終的にはテコンドーを習得していたみたいです」

「李さん自身は『韓国やアメリカの学校みたいな施設で、もっと高度な格闘技を習った』ような話をしていましたが」
「それは知りません。何しろ、鍛練の中身については、本人の希望と各スクールの教官に任せてありましたから」
「拳銃やライフルの実弾射撃訓練などもしていたようですね」
「さあ、どうですかねえ。心と身体の健康回復という趣旨から言えば、それはないんじゃないでしょうか」

「ナイフやロープの使い方など、特殊部隊の軍事訓練みたいなこともやっていたという話もありますが……」
「それは、私の与り知らない話です。ただ、李君は軍隊経験がありますから、米国時代に自分でそういう訓練を志願したのかも知れません」
「米国時代とは……」
「確か一年ほど、米国のテキサス州にある訓練センターに修業に行っていたと思います」
「それは、ネバダ州ではありませんか。李さんの話では、あなたの紹介で、ネバダ州ラス・ベガス市周辺のあなたに関連がある施設に滞在し、"物騒な訓練"を受けていたことがあるそうなんですが」
「それは何かの間違い、いや、李君が勘違いしたのでしょう」
「これは重要なことですよ。"物騒な訓練"はともかく、テキサス州ではなく、ネバダ州ではないんですか」
「そう言われると、どうも自信がないんですが……」

 私がそれほどまでネバダ州にこだわる理由は、本誌前号で書いた通り、犯人が身につけていたヒップバッグから黄色い砂粒が採取され、ネバダ州の砂漠の砂である可能性が高まっているからだ。李が同州に滞在したことがあるとすれば、とても"単なる偶然"と片づけるわけにはいかないだろう。

「質問を変えましょう。李さんが入ったのは傭兵学校ですか」
「さあ、詳しくは聞いていませんが、李君は韓国陸軍時代に嫌な思いをしたとかで、戦闘行為は嫌いでしたから、そういう施設ではないと思いますが……」
「それは、先程の『軍隊経験があるから特殊部隊の訓練を志願したのかも知れない』という考え方と矛盾しています。李さんは軍隊経験を活かそうとしていたのか、それとも嫌悪していたのか。いったい、どっちなのですか」
「さあ。それは本人に聴いて下さい」

「多額の資金を提供している割りには、その使途や投資効果に関しては、あまり興味がないようですね」
「私の行為は投資ではなく、あくまで援助です。それに、私は李君を信じていますし、彼自身が選んだ道ですから」
「固い絆ってやつですか。しかし、出身地の韓国はともかく、わざわざ米国まで格闘技の訓練に行かせるなんて、単なる健康回復のためとは思えません。彼に何か別の期待を抱くというか、別の目的があったのではありませんか」
「別の目的とは?」
「例えば、殺し屋の養成とか……」
「ワッハッハ。それはスパイ小説か何かの読み過ぎではありませんか」
 金田はそう言いながら、馬鹿げた話だと言わんばかりの顔つきを見せた。

「でも、李さんはあなたのことを『命の恩人』と崇め、我々の取材に対しても、『おっちゃんのためなら、何でもする』と断言しました。あなたの指示いかんでは、殺し屋にだって十分なれますよ」
「李君が私を慕ってくれていることは知っています。だからこそ、そんな"可愛い我が子"に危ないことをさせられると思いますか」
「それなら、生活の面倒や仕事の斡旋だけではなく、大金を投じて米国まで格闘技訓練に派遣するなど、李さんに肩入れしている理由は何ですか」
「別に李君だけを優遇しているわけではありません。ほかにも将来有望な若者を何人も支援していますよ。本人たちが望むものならスポーツ、芸術などあらゆる分野に対しても援助を惜しみません」


▲「安」は消えた

 ところで、本誌一、二月号で述べてきたように、この事件には実行犯の背後に"黒幕"とも言うべき主犯など、共犯者がいることは間違いない。

宮澤さん宅で採取された血痕をDNA鑑定した結果、実行犯は一人の男であることが確認されており、共犯者は家の外で監視・サポート役を務めていた可能性が高い。

 実際、実行犯が侵入時にブーツを抱えていたとは思えないし、最初からラテックスゴムの止血帯を持参していたのであれば、絆創膏やタオルで止血する必要はないから、いずれも後から差し入れられた、と考える方が説得力がある。

その場合の差し入れ口は浴室にある縦五〇センチ、横一メートルの小窓だ。

実行犯はこの小窓を開けて、公園にいた共犯者と連絡を取り合い、その指示を受けて書類の選別を行ったり、止血帯などの補給を受けていた、との見方が強まっている。だからこそ、小窓の桟付近に両手をついたと見られる指紋がくっきりと残っていたのだ。

 もっとも、主犯が必ずしも、現場周辺を訪れていたかどうかは定かではない。ほかにも、主犯と実行犯を繋ぐ仲介者や助手のような役割を果たす人間がいた、とも考えられる。

現に、宮澤さん宅周辺で事件前に目撃されている不審な人物に関する証言を総合してみると、人相や身体的特徴が李と酷似している若い男、金田と似ている中年男のほかに、もっと年配の男、眼鏡をかけた若い男など、少なくともあと二人はいたことが分かっており、宮澤さん宅や宮澤夫妻の行動を交代で監視していたようである。

 また、宮澤さん宅と高さ一・八メートルの金網フェンスを隔てた北側にある祖師谷公園内には、実行犯のものとは違う足跡が多数残っていた。

こうした面々は、金田が言う「支援してきた将来有望な若者たち」ではないのか。

 実は、我々が張り込んでいたマンションの五階にある部屋は、金田の自宅ではない。李が来日時に時々泊まっていたという知人宅で、「安藤」と名乗る男性が賃貸契約を結んでいたものであった。

 同じマンションの住人らの証言によると、「安藤」は自宅に訪ねてきた友人らから「安」と呼ばれていたといい、その「安」の人相や身体的な特徴が何と、前述した"眼鏡をかけた若い男"とそっくりなのである。

 この"眼鏡をかけた若い男"は事件当日の正午前、小田急線の成城学園前駅近くの洋菓子店を訪れたみきおさんを監視していたほか、夕方に京王線千歳烏山駅近くの写真店などで買い物をした淡いワイン色のコート姿の泰子さんをじっと見ていたとの目撃証言もあり、見張り役として重要な役割を果たしていた、と見られている。


 それだけに、金田は「安」を我々に会わせたくないと考え、荻窪駅前に導いたのではないか、と後になって気づいた。

 張り込み開始前に、「安」の部屋を訪ねると、室内に人がいる気配があるのに不在を装って、誰も応対しなかった。

 しかし、その部屋に電話をかけると、「安藤」と名乗る男が出たのだ。


 そこに金田が現れたのだから、その夜マンションで金田と待ち合わせる予定だったのかも知れない。

 因みに、その部屋は我々が訪ねた一週間ほど後に突然、賃貸契約が解除され、数人の若い男たちが荷物だけを運び出して行ったという。

 また、その後の取材で、「安」が約二年前から埼玉県内にも、「安田」名義でマンションを借りていることが分かったが、そこにも立ち寄った形跡はなく、「安」は現在、行方不明となっている。

「金田さんがそんなに多くの若者たちを援助している理由は、何ですか」
「特に、理由も目的もありません。幸い仕事が順調で、資金的にも時問的にもゆとりがありましたので、未来を背負って立つ若者たちを応援しようと考えただけです」
「普通、そう考える人はいても、なかなか実行できるものではありません。何か強い信念とか人生哲学、あるいは信仰といったものをお持ちなんですか」
「信仰心や人生哲学は、自分なりに持っているつもりです。でも、(若者の支援は)そういうこととは違って、あくまで社会奉仕というか、ボランティア精神でやっています」
「それにしては、若者たちのあなたへの信頼度が非常に高いような気がします。李さんなどは、あなたにすっかり心酔している、との印象を受けましたが」
「……」

[PR]

by oninomae | 2014-10-11 06:26 | イルミナティ  

<< 統一凶会 2 ジョージアガイドストーンへの奇... >>