ネオニコチノイド攻撃邁進中!

ミツバチ大量死の一因として知られるネオニコチノイド系農薬クロチアニジンの残留農薬の基準が、厚生労働省によって大幅に緩められようとしています。
http://www.greenpeace.org/japan/nico/?sup20140208

2013年11月に行われたパブリックコメントでは、多くの反対意見が集まったにも関わらず、2014年2月上旬にも残留農薬の規制緩和が正式発表されそうです。

さとうきびは20倍、しゅんぎくは50倍、そしてカブの葉にいたっては2000倍と、極端に緩和しようとしています。

ネオニコチノイド系農薬クロチアニジンは、ヨーロッパではミツバチを保護するために昨年12月に一時的に使用禁止されたばかりです。

現在でさえ日本の残留農薬の基準値はヨーロッパの基準の2倍~100倍も緩く設定されていますが、それをさらに緩めようとしています。

c0139575_932285.jpg


欧州食品安全機関は同じネオニコチノイド系農薬(アセタミプリドとイミダクロプリド)が、人間の学習や記憶のような機能に関係する神経と脳の構造発達に有害な影響を与えるかもしれないという発表をしています。

残留基準引き上げの案ではカブの葉、ホウレンソウは40ppmに、こまつなやしゅんぎくは10ppmになっています。他の食品については厚生労働省による残留基準引き上げの案をご覧ください。
私たちの食を守るため、あなたの声が必要です。

以下は元ページ

++
国家戦略特区&TPP先取り毒菜化ですカネ



関連

ヨーロッパの養蜂産業は10年足らずで壊滅 蜜蜂が集約農業・農薬ネオニコチノイドの犠牲 by 農業情報研究所
http://satehate.exblog.jp/11467816/

ネオニコチネイド系殺虫剤がミツバチを減少させる 二つの新研究が立証 農業情報研究所
http://satehate.exblog.jp/17787796/

ミツバチ大量死の原因は日本で開発された殺虫剤クロチアニジンだった  2008/5/17(土) 午後 8:32
http://blogs.yahoo.co.jp/marburg_aromatics_chem/56372518.html

ネオニコチノイド 「フリカケ」は放射性物質だけではない
http://satehate.exblog.jp/20264574/

モンサントの企業秘密:ラウンドアップ耐性大豆では残留除草剤が基準を超える
http://www2.odn.ne.jp/~cdu37690/monsantonokigyouhimitu.htm

米国環境保護庁、除草剤ラウンドアップの残留基準値を大幅引き上げ
http://www.yasudasetsuko.com/gmo/column/130708.htm


++
儲けながら、人々を痛めつける作戦加速中、ということだろう。 ラウンドアップ同様の毒盛り合戦



バイオハザード シンフォニー / 佐村河内守 [2CD]
c0139575_21422922.jpg


【子宮頸癌予防ワクチン】舛添厚労相が優先承認を示唆‐保険適用も 2009年7月7日 (火)
http://www.yakuji.co.jp/entry14053.html

予防ワクチンについて、野田起一郎氏(子宮頸がん征圧をめざす専門家会議議長)は、「既に100カ国で承認されている」とし、舛添厚労相に国内での早期承認を求めた。

c0139575_1035359.jpg

これに対し舛添厚労相は、「他のものより優先させて承認していきたい」と述べた上で、「最終的には保険制度が適用されることが望ましい」との考えを示した。

c0139575_948238.jpg

c0139575_921980.jpg

c0139575_924171.jpg



「舛添要一が有権者に寄付行為」で刑事告発・元検察官三井環氏2/9岩上安身氏インタビュー(一部文字起こし)
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3555.html

2億5000万円の不正流用は確たる証拠がそろっています
http://gendai.net/articles/view/news/147883

拡散!2008年1月15日の記者会見で舛添厚労大臣の発言 「タミフルの備蓄が2,800万人分、プレパンデミックワクチンの備蓄が1,000万人分。これは有効期間が3年くらいなので、そのことも考えながら腐ってしまうともったいないですから、そういうことも考えながらやっていっている」
http://inagist.com/all/426969594557788160/



ずくなしの冷や水
http://inventsolitude.sblo.jp/


c0139575_20324942.jpg



低投票率依存で逃げる自民党 選挙といえぬ山口県知事選 対抗馬を潰し審判避ける 2014年2月7日付
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/teitouhyourituizondenigerujimintou.html

・・・山口県は、上関原発計画や極東最大の米軍岩国基地をめぐる問題など、日本社会全体にかかわる重要争点をいくつも抱えている。本来なら、名護市長選、東京都知事選ともつながって、安倍政治への厳重なる審判が問われなければならない。しかしふざけた選挙構図のもとで、選挙結果や投票行動としては複雑なあらわれとならざるを得ない。

・・・安倍政府が発足したおかげで、山口県では新規立地の上関原発計画を進める動きが強まりさらに岩国は極東最大の米軍の出撃拠点として差し出され、普天間ヘリ部隊の移転などが矢継ぎ早に打ち出されてきた。知事はそうした国政を実行していくための道具に成り下がり、代議士連中が使い勝手の良いキャリア官僚をあてがう構図を露呈している。


++
というわけで、スキャンダル候補を当選させることは操るために必要



こんなことも進行中

子宮頸がんワクチン問題、副作用に苦しむ親子の不信感/神奈川 2014年1月27日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1401270001/

子宮頸がんワクチンの接種後に体の痛みなどを訴える女子児童・生徒が相次ぎ、国が接種の推奨を一時中止している問題で、厚生労働省の専門部会は接種再開の方向で検討を始めた。報告された症例について「心身の反応」とし、ワクチンの成分そのものによる副作用ではないと結論付けたためだ。副作用に苦しみ続ける長女(16)を持つ湘南地区の母親(42)は「再開を急いだ先にまた被害が繰り返されないか」と不信感を隠さない。

[PR]

by oninomae | 2014-02-11 07:44 | 食品添加物・有害食品  

<< 百田さん、本当の出番ですよ 311=TPP 続き 国家戦略特区 >>