『Now You See Me』はイルミナティ娯楽産業についての映画か? By VC

『Now You See Me』はイルミナティ娯楽産業についての映画か? By Vigilant C. Sep 26th, 2013

『Now You See Me』は、信じられないほどの手品を行う大物奇術師・・・とある種の銀行強盗についてのものである。しかしほとんどは、『Now You See Me』は、これらの芸人たちを制御する「目玉」という名前の怪しげな組織についてのものである。大抵の視聴者がこの映画の無意味なアクションに目眩がする一方で、重要なメッセージが伝えられている:オカルトエリートが芸能界を制御している・・・あなたはそれを見ますか?

c0139575_1302628.jpg


警告:この先に大きなネタバレ!

ほとんどの批評家が『Now You See Me』について同じ苦情を持っていた:話は全く意味がなく、完全に非論理的である。私は心から彼らに同意する。映画全体の間に起こるほとんどすべては本当らしくない。その映画の恍惚とさせる包括的な「マスタープラン」でさえも、実際、あまりにも多くの変数-その結果うまくいかず、それが実際には、最悪な計画となリ得る-に依存している。

大抵の観客たちが『Now You See Me』中のアクションの意味を理解しようと努めるだろう一方で、その映画は単に観客たちに「あなたがより綿密に調べれば調べるほど、あなたはより少なく見る」と繰り返し続けている。それはまた、常に繰り返している。奇術師は、本当の魔法が他の場所で起きている間、観衆の気を逸らすために常に何かを行うと。これは、映画自体に適用されるか?もちろんされる。

警察の追跡、銀行強盗の計画、爆発は、本当の基盤となる物語が展開する一方で、観客の目を占領状態に保つためにそこにある:それは、娯楽産業、それを支配する力、そしてそれによって使用されるものについてである。それはまた、その観客、名人奇術師に騙されている大衆についてでもある。その映画の最初の一くだりはそれをすべて言っている:

「近くに来なさい。もっと近くに。より多くあなたが見ると思えば思うほど、あなたを騙すことがより容易になる。見えているものが故に?あなたは探している、しかし、あなたが本当に行っていることは選別、解釈、意味の探索である。私の仕事?あなたが私に与える贈り物のほとんどをいただき、あなたに対してそれを使用すること。」

魔法のトランプ手品が行われている間に述べられるこれらのひとくだりは、、マスメディアや娯楽産業の真の役割を総括している。映画の残りの部分は、適切に描写する。誰がその産業を支配しているか、そしてそれが使用している方法さえも。

奇術師たちは、そのアジェンダを推進するために芸能人たちを使用し、そしてその象徴表現を大衆文化の一部にする「目玉」(これは、このサイトの読者にとって鐘を鳴らすかもしれない)という名の秘密結社によって採用されている。一歩退いて、このことを自覚しよう:映画は奇術師である。では、『Now You See Me』の主題を調べてみよう。


導入部

まず最初に、我々は四名の奇術師が、別々に彼ら自身の小さなことを行っているのを見る。彼らは皆、自分たちの手品を行って生計を立てしようとしている。彼らはしかしながら、大物の有名人であることからはほど遠い。彼らは、タロットカードの形で招待状を残すフードを被った人物によって観察され、追跡調査されている。

c0139575_1315035.jpg

招待カードの裏面に全てを見通す目のシンボルがある。この特定のショットでは、そのカードが奇術師の一人の写真の上に保持され、そしてその目の一つを隠している-それは、彼がまさにオカルトエリートの娯楽産業の一部となろうとしていることをほのめかしている。一つの眼が全てを見通す目に置き換えられているという事実はまた、彼は全体の多量の視覚・・・と自由を失おうとしていることを意味している。


その四人の奇術師たちは、彼らが自分たちの奇術の特定の分野に優れ、そして主として彼らが時として本当にオカルトの魔法を使っているように見えるがゆえに選ばれた。

c0139575_1322211.jpg

左から右に:ヘンリー・リーブスは現実逃避主義者(高位巫女のタロットカード): J・ダニエル・アトラスは、奇術師(恋人カード);メリット・マッキニーは読心術師(隠者カード);ジャック・ワイルダーは、手先の技術の優れた手品師(死のカード)。

c0139575_1335416.jpg

ジャック・ワイルダー、一団の最年少は、ある理由で死亡カードを受けた:それは、彼の今後の儀式的生け贄を予示している。



その奇術師たちは、その中に変わった仕掛けを持つ奇妙なアパートに招待されている。そこに置かれた謎を把握した後(入会過程)、彼らは自分たちのためにレイアウトされたエリートの計画を理解する。そして、ちょうど魔法のように、彼らは大物の芸能人になる。


彼らの支配者の操り人形

目玉に参加した後、その奇術師たちはどんちゃん騒ぎの群衆に囲まれながらラスベガスにいる。その間、我々には、基本的に「これがショービジネスだぜ、ベイビ-!」と叫んでいる騒々しい音楽が聞こえている。ソロの芸人で独立の芸を行っていたその四名の奇術師たちは、今や、四騎手たちになるために一つのグループに参加している。この名前は、聖書の黙示録から取られたが、その四騎手は世の終末(大災害)とそれと共に来る苦難の先触れである。

黙示録の四騎手は、しばしば、疫病、戦争、飢饉、そして死と関連しているといわれる。これは奇術団としては、かなり気味の悪い名前であるが、彼らがオカルトエリートのために働いていることを我々が知るとき、それは納得がいく。ただ入会者によって解読される定めのオカルト的意味を隠していると信じられているが故に、黙示録は秘密結社において非常に重要である。多くの彼らの象徴表現はそこから派生し、そしてこれは例外ではない。

娯楽産業での「本物の」出演者たちと大して違わず、四騎手たちは、目玉から来る命令に従うしかない。彼らについてのすべては、彼らを制御する秘密結社に関係している。

c0139575_1355532.jpg

騎手たちが演じる舞台は巨大な眼である。これはその舞台の縮尺模型である。

c0139575_136710.jpg

四騎手たちのロゴはかなり謎である。

c0139575_1355382.jpg

一つの場面で、しかしながら、我々は「眼」と言っている奇妙な装飾をみる。それは、騎手たちのロゴの3Dバージョン二つの組み合わせで構成されるようにみえる。要するに、そのロゴはありふれた風景の中に眼の象徴を隠すもう一つ別の隠された方法である。

c0139575_137759.jpg

そのグループが、その最も壮大な手品を完了したとき、タイムズスクエアに目玉のシンボルが点滅する。ほとんどの人々は目玉が神話であると考えている一方で、その象徴表現はいたるところにある・・・ちょうど実生活の中でのように。



四騎手についてのすべてには、したがって、目玉の標章が刻印されている。

映画の背後にある人々が秘密結社を表現する架空のシンボルを作成しなかったことに注意することは興味深い。彼らは今日のオカルトエリートの最も重要なシンボル―様々な強力な秘密結社の最も重要なシンボル―を使用した。我々がしばしばこのサイト上で見るように、このシンボルはまたすでに、すべてのマスメディアで使用されている。それはなぜ? この映画が、四騎手たち-オカルトエリートの象徴主義のための乗り物-の役割を果たしているから?


目玉-ハリウッドを運営する、実際の秘密結社に基づいているのか?

映画が進むにつれて、我々はいくつかの情報、目玉とその歴史を発見する。それについてのすべてはハリウッドにおける強力な実際の秘密結社:OTO、自称「魔術教団」に酷似している

映画の中で、目玉は以下のとおりである

「真の魔法の持ち主にして、それを実践する人々の保護者。入団のための候補者たちは、盲従して一連の指令に従う必要がある。」

これは明白に述べている、目玉のシンボルが古代エジプトのシンボルであるホルスの眼に由来すると。

c0139575_1383957.jpg

目玉についての文書は、そのオカルトの起源を示している。

c0139575_1392456.jpg

これは、四騎手たちを調査している研究者のメモ帳のページである。ホルスの眼はフリーメーソン、 OTO、そしてイルミナティの最も重要なシンボルの一つである。この映画の中でのこのシンボルの使用は任意ではなかった。



目玉の特性はOTOに酷似している。

OTOはアレイスター・クロウリーのセレマ-エジプトのピラミッドの中にいた間に彼に「伝えられた」哲学-に基づいている。目玉のように、 OTOは、「本物」の魔術とその科学に近い応用に第一の焦点を当てている。クロウリーは、舞台奇術[stage magic]とそれを区別するために魔術[magick]の最後の文字「k」を追加した。そのため、目玉のように、 OTOはそれ自身を「本当の魔法の持ち主」であると考えている。

ホルスの眼のシンボルは、 OTOにとって非常に重要である。なぜなら、OTOは、ホルスの永劫[Aeon]-セレマによって統治される時代-をもたらすことがすべてであるためである。このホルスのイオンにおいて、マスメディアが文字通りホルスの眼の象徴で溢れていることを見るのは驚きであろうか?

c0139575_13124251.jpg

この映画中で、目玉を研究するために使用される本の一冊は、「ホルスの守護者」と呼ばれている。

c0139575_13131811.jpg

その表紙のレイアウトは、実際のOTOの本の表紙に酷似している。長方形の境界線、そして黄金色の埋め込まれた大文字のタイトル。



ちょうど目玉のように、OTOはハリウッドに大きな影響を与えている。その綱領の一つは、大衆にセレマとホルスの永劫をもたらすことである。そうするために、マスメディア以上によいいかなる道具があるだろう?



業界内部

我々は四騎手が名声へと上昇するのを目撃しながら、我々はまた、いかに娯楽産業が機能しているかを見る。例えば、様々な人々に対するマインドコントロールの使用についていくつかの仄めかしがある。

c0139575_1313529.jpg

手品のために、この建前上「ランダムに選ばれた聴衆メンバー」は、 実際にはマインドコントロール奴隷である。


タデウス(騎手たちと目玉を暴こうとした男)が、いかにしてこの男が舞台に行き着いたかについて説明している。

「彼は選ばれた。ラスベガスにたどり着くように彼の心をプログラムされた。そして彼らは、彼がそうするまでそれを強化し続けた。彼らは彼を訓練した。彼らは彼を研究した。偶然には何も残されていなかった。彼は、自分が彼らのターゲットだとはわからなかった。そして、彼らは単に、ラスベガスで彼を活性化した。」

c0139575_1315546.jpg

このFBI捜査官(一般人によって演じられている)は、彼が単語「bullshit」を聞いた後、空気のバイオリンを演奏開始する。我々は後に、彼が奇術師によってプログラムされ、そして単語「bullshit」が、彼が空気バイオリンを演奏する引き金となることを知る。これは、法の強制がまたエリートによってプログラムできることを我々に知らせる一つの方法である。


そのイルミナティ産業のもう一つの重要な側面は、変容をもたらすための儀式的生け贄の使用である。奇術師ジャック·ワイルダーは、映画の冒頭で死のタロットカードを与えられた。彼は儀式的生け贄に選ばれた故に。

c0139575_13155913.jpg

ジャック、四騎手の一人は、自動車事故(の一種)で死ぬ。それはライブTVで放送されているイベントである。


そのイベントは、ショックを起こし、エリートに後援された奇術師たちに向けての共感をもたらす。我々は後に、その自動車事故が設定されたものであり、ジャックがまだ生きていることを発見する-しかし、公衆はそれを知らない。そのイベントは、オカルトエリートによって大規模で演じられる儀式的生け贄の一例である。それは一つの陽動作戦であった。

この映画はまた、エリートの好意から落ちた人々に何が起こるかを示している。タデウス、元魔術師は、現在、奇術師を「暴く」 DVDを作成することでキャリアを作っている。彼がエリートに後援された騎手たちに逆らう場合には、物事は彼にとってめでたく終了しない。

c0139575_13161872.jpg

タデウスは、目玉に無実の罪を着せられ、刑務所に投げ込まれる。


警察官(目玉の一部であることが判明している)に、なぜこのことが彼に何が起こっているかを尋ねたとき、以下に返答がある。

「伝説は、目玉はどこにでもいるということです。真に偉大な奇術師たちを凡庸なものたち区別するために待機しています。多分それはあなただった。心の奥底で、あなたは目玉の一部となる以外は何も望んでいませんが、あなたは招待されなかった。」


騙される?

映画が進むにつれて、四騎手のメンバーたちは実際に何が起こっているか見当がつかないことが明白になる。実生活での業界芸能人と同様に、彼らは自分たちに与えられた任務を充足しようと努める単なる操り人形である。彼らは、しかしながら、確かに一つのことを知っている:彼らは目玉の一部になりたいと必死に望んでいる。

彼らが自分たちの全体ミッションを完了した時点で、騎手たちはセントラルパークで落ち合う。

c0139575_13185695.jpg

奇術師たちは、映画全体を通して彼らを逮捕しようとしていたディラン・ロードス、 FBI捜査官に出迎えられる・・・「コホッ」・・・この脚本のねじれはほとんどあるいは何も意味をなさない一方で、それは、目玉がマスメディアと法執行機関を所有しているという意味を伝えている。


ローズは「目玉にようこそ」と、奇術師たちに告げ、そして彼らを旋回を開始する回転木馬に連れていく。奇術師たちは小さい馬に乗って旋回し始める。これは、我々がこう考えるように導く:奇術師たちは、その全時間の間に文字通り乗馬をしていたと誤認されたのか?目玉も存在さえしているか?

騎手たちが関与していたスキームの大きさから判断すると、非常に強力な団体(存在)が彼らの背後にあったことは間違いない。しかしながら、実生活の中でのように、部外者たちは「インナーサークル」の一部になることはない。騎手たちは彼らから要求されたすべてのことを行ったが、彼らは決してエリートの一部になることはないだろう。この事実は、映画の最後に半分隠された場面で補強されている。

名声が発行された数分後、私は確信するが、多くの人が見逃してる一場面がある。それはオカルトエリートによって使用された芸能人の究極の運命を示している。

c0139575_1319386.jpg

騎手たちは、古いラスベガスの看板が投げ捨てられている砂漠の中の場所に行くように告げられている。このネオンサインの墓場は、彼ら自身のキャリアをまさに表している。


彼らはそして、彼らの新しいマジックショーのための機材を取りに行く。

c0139575_1320426.jpg

その奇術師たちは、目玉の記号が刻印された箱が封印されていることを理解する。騎手たちはもはや目玉に関係した特権にアクセスする権限を持っていない。


彼らの魔法のタロットカードがおそらく彼らの木箱のロックを解除することができるかもしれないと考えて、奇術師たちは彼らのポケットを見る。彼らのタロットカードはなくなっている。目玉はもはやこれらの役者たちを必要とせず、そのパスが取り消された。彼らは使用され、そして今、彼らは砂漠の中に破棄されたネオンサインの中に投げ捨てられた。

ジェイ・Zのような芸人たちはイルミナティの一部か?と多くが私に尋ねる質問に答えてみれば、ここに、あなたの答えがある。


全体像

この映画全体を通して、研究者らは、「なぜ、彼らはこのトラブルのすべてを通り抜けるのか?」と自問する。なぜ奇術師たちと、ひいては目玉は、これらの複雑なスキームを構築するのか?それは意味がない。そして、多くの観客にとって、この映画は意味がない。そのアクションのほとんどは、したり顔の奇術師たちを捕らえようと、彼らの銃を向け、走り回るばかな警察官たちに基づいている。しかしながら、そのアクションシーンや大音量の音楽の背後、そこに一つのメッセージがある。映画自体が繰り返し観客に伝えている: 「あなたがより周到に調べれば調べるほど、あなたはより少なくしか見ない。」あなたがより周到に理解しようとし、スクリーン上で進行するアクションの意味を理解しようとすればするほど、あなたは「全体像」をより少なくしか見ない。

『Now You See Me』は、疑いなく銀行強盗についてのものではない。それは、娯楽産業の「マジック」についてのものである。クロウリーは魔術を「意志に合わせて、変化が起こるようにする科学と技芸」と定義した。娯楽産業の目標は、変化を引き起こすことであるしかし、その変化には時間がかかる・・・数年、数十年、そして数世代。その映画は非常に比喩的な問題におけるそのプロセスを説明している。

目玉を研究しているインターポールのエージェントは、ライオネル・シュライクという名の奇術師の最も有名なトリックを説明している。

「彼が14歳の時、彼はセントラルパークで一本の木に穴傷を見た。そこには、回転木馬で働いていた男が、おきまりの小さなトリックのように見える一枚のカードに署名していた。18年後の、その男の退職時に、シュライクが実行する、男にカードに署名させ、そして直ちに!カードがその木の中にある。それは18年間その木にあった。

そのトリックはよく調べることではなかった。それは、あなたが過去に向けて20年間を見るほど遠く調べることであった。」


c0139575_1321596.jpg

騎手たちが自分たちの任務をすべて完了した後、彼らは、シュライクの木で会うように求められていた。なぜならそれが目玉が一体何のことであるかを表すためである。ちょうど木のトリック内部のカードのように、エリートの変革「魔術」は長期的全体像についてのものである。


ある時点で、タデウスは言う:

「これは世界的な規模で演じられる手品です。そして、あなたはアブラカダブラ、気晴らしです。」

観客たちが、爆発やカーチェイスで催眠術をかけられている一方で、彼らは本当の魔法を見逃している: エリートはその必要に用に合わせ、マスメディアを通じて、社会を変換している。

c0139575_13235738.jpg

我々がこの映画中で見る「魔法」のほとんどはCGIである。娯楽産業は、幻想の真の名人である。


この映画は、イルミナティからの公衆に対する呼び出しで終了する。彼らが本物の魔術師に騙されているものたちであることを知らせながら。

「近くに来なさい。もっと近くへ。今や、君は我々の秘密を知っているがゆえに。我々は、どこにでも存在し得る。君を見ている。我々は、我々の次のトリックで我々の助けとなる誰かを探している。 3つ数えたら、君の目を開いて、そして君が見たことを教えてくれたまえ。一つ、二つ・・・」

黒へと消えていく・・・


おわりに

『Now You See Me,』については、「現実的な」ことはまったく何もない一方で、それは娯楽業界で実際に何が起こるかを適切に説明している。この映画の中の奇術師たちは、エリートによってそのアジェンダを進めるために採用された様々な芸人と役者たちを表している。目玉は、ハリウッドで影響力を発揮している実際の秘密結社に基づいている。これらの事実が、ある者には一点の曇りもなく明白であるだろう一方で、ほとんどの視聴者たちはおそらく、いったい何があるのかと理解しようと努めながら、これらのメッセージを見逃している。

実際、全体を通して、この映画は聴衆にとって一種の笑いである。ある時点で、騎手たちの一員は言っている:「奇術師が部屋の中で最も知的な人物でなければならない」。その映画はあまりにもハリウッドで、それはほとんどそのパロディである。それはほとんど、観客に語っている:「娯楽を得ようとあなたが消費しているばかなものを見てください」。しかし、そのすべての背後に、目玉から直球でくる強力なメッセージが存在する。あなたはそれを見るか・・・あるいは見ないか。


元記事は

“Now You See Me”: A Movie About the Illuminati Entertainment Industry?  By Vigilant C. Sep 26th, 2013
http://vigilantcitizen.com/moviesandtv/now-see-illuminati-entertainment-industry/



タイタニック検証1
http://blogs.yahoo.co.jp/ontibt_des/63688102.html

・・・まず誕生日先にありきで、見込みのありそうな人材を育成していくという流れを組んでるんじゃないのかな。いわゆるAKB商法。人を集めて篩(ふる)いにかけるやり方。

・まず人を集める。
・数字の並びのいいのをピックアップする。
・売れそう(言うこと聞きそう)なのを更に絞る。
・最終的に残った者を裏社会と一般社会の橋渡しをするエージェントとして育てる。
・時には生け贄にする。

こんな感じ。

いずれにしても、奴らにとってはただの遊び(数字遊び)。
映画、芸能界、タレント、俳優というのは、世界をカネで支配している連中にとっての“遊び場”、“玩具”という意識で見たほうがいい。


[PR]

by oninomae | 2014-01-28 20:32 | 魔術=詐欺とイルミナティ  

<< カナダの研究でモンサントのBt... ロマン・ポランスキーの『ローズ... >>