「ほっ」と。キャンペーン

イルミナティ教団:その起源、その方法、そして世界の出来事に対するその影響  by VC 2

初心者

ババリア・イルミナティの入門レベルのメンバーは、魅力的な語彙(知恵と改善への探求)とオカルト知識を使用してその教団に引き付けられ、案内された。彼らは、しかしながら、一つの高度に監視され制御された位階制(階層)、イエズス会のシステムに似ているものに案内されたのだった。教団の政治的目的への言及はなかった。

「いちど入会すると、それぞれの初心者の教育は、自分の生徒から彼の上級者たちの残りの身元を十分に隠しておく彼の登録者の手の中にある運命だった。その初心者の心に印象づけられたものを読むことを許されていたように、教団のそのような規則は、彼の修練期間に探求される特定の目的が、彼の人格を改善し完全にし、人間性と社会性の彼の原則を拡大し、そして、悪人の計画を阻止し、抑圧された美徳を支援し、また長所のある人間が世界に中で適した場所を見つけることを助ける、称賛に値する目的への彼の関心を誘う運命にあったほどである。 

教団の事柄を尊重する不可侵の機密を維持することの必要性を彼に印象づけながら、彼の利己的な見解と利益を従属させ、そして彼の上級者への敬意があり完全な服従を認める更なる義務が次に要求された。

初心者の責務の重要な部分は、彼が所有している本の題名、彼の個人的な敵の名前そして彼らの恨みの出来事、彼自身の性格の長所と短所、彼の両親の支配的な情熱、彼らの両親と親友の名前、その他のような遠隔事項を対象とした、彼の家族と彼の個人的な経歴に関する完全な情報を含む、(教団の保存記録のための)詳細な報告の作成に存していた。その新入会員が受け取った給付と、教団に彼が提供したサービスを対象とした毎月の報告もまた要求された。

教団の築造のために、初心者は採用の仕事を分担しなければならない。彼の個人的な高位階への昇進はこのような努力の成功を条件としていた。彼は、彼が入会させたものに対して、順番に、上級者となった;そして、かくして、初心者は、仮に二年間の後に、次のより高い位階へと昇進する道が開かれた。」 9



初心者は、彼の上司に対し昇格に値すると証明されると、彼はミネルヴァルの位階にイニシエートされた。


ミネルヴァル[Minerval]

c0139575_528289.jpg

ババリア・イルミナティのミネルヴァルシール。これらのペンダントは、ミネルヴァル入会者たちの首の周りに着用されたが、ミネルヴァのフクロウを特色にしていた。また、知恵のフクロウとして知られ、この象徴は今日まだ強力な場所で見出される:ホワイトハウスの周辺に、ドル札に隠されて、あるいはボヘミアンクラブの記章に。


ミネルヴァルという術語は、ローマで詩、医学、知恵、商業、織り、工芸、魔術、音楽の女神だったミネルヴァに由来している。彼女はしばしば、彼女の神聖な生き物、フクロウ、と共に描かれている。フクロウは、彼女の知恵との絆を象徴している。秘儀の一つの古代シンボルであるミネルヴァは、米国議会図書館やカリフォルニアの国璽のような場所で目立つように呼び物となっている。

イルミナティの第二位階は、教化の一つであった。入会者たちは、教団の精神的な原則に基づいて講義されたが、ヴァイスハウプトと管理者たちの彼に近いサークルの真の目的に関する情報をほとんど持っていなかった。

「初心者がミネルヴァル位階に移行する入会式典は、教団が、その至高の目的として、富者と権力者の征服、あるいは国家と教会の政府の打倒を有していたといういかなる長引く疑念の候補者の心も捨てさせることが期待されていた。それはまた、その候補に誓約させた。人類にとって有用なものであること;永遠の沈黙、不可侵の忠実、そしてすべての上級者たちと教団の規則への尊敬を持っての絶対的な服従を維持すること;そして、すべての個人的な利益を、結社のそれに対して犠牲にすることを」 10


ミネルヴァルは上級者(イルミネートされたミネルヴァル)たちの一部に会い、そして彼らとの議論に従事することを許可された。この特権だけが、新しい入会者にとって動機の大きな源であった。


イルミネートされたミネルヴァル

ミネルヴァルの中から選抜され、イルミネートされたミネルヴァルは、「現実世界」で行動を取るため自分を準備するために、達成するための特定の任務を与えられた。

彼らの仕事のほとんどは、人類の研究とそれを方向付けるための方法の完成に本質があった。各々のイルミネートされたミネルヴァルは、精査され、分析され、特定の方向に向けて指導されたミネルヴァルの小グループを委託された。教団の低位階のメンバーたちは、それゆえ、一般的に大衆に適用される可能性がある技術のための試験対象となった。

「イルミネートされたミネルヴァル位階へと、彼らの上級者の判断において、昇進に値するものであったミネルヴァルは認められた。手の込んだ入会式典は、候補者の心に、彼が教団の中で彼の道を上へ向けて働くとき、彼の人生の進歩的純化が期待されており、そして、人に指示する技術の習得は、彼がその新しい位階に留まるかぎりは、彼の特別な追求である運命であるという概念を根付かせた。

後者を達成するために、すなわち、熟達の心理学者にして人間の良心の指導者となるために、彼の個人的な指示と世話の下に置かれたミネルヴァルの小さなグループの行動、目的、欲望、欠点、および美徳を、絶えず観察研究せねばならない。この困難な任務での案内として、複雑な多くの指示が、彼に提供された。ミネルヴァルの会合での継続的な存在に加えて、この等級のメンバーたちは、月に一回、自分たちで集まった。自分たちの弟子たちに関する報告を聞き、自分たちの指示の仕事で最高の結果を​​達成する方法を議論し、そして、困難で困惑する事例についてお互いの助言を求めるために。これらの会合で、ミネルヴァルのアセンブリの記録が再検討され、修正され、そしてその後、教団の上官に伝達された。」 11



この基本的な構造から、イルミナティはその拡大を開始した。すべてが、一つの重要な目標:フリーメーソン(へ)の浸透を達成するために、ヴァイスハウプトのために準備万端となっていた。


フリーメーソンの浸潤

1777年、イルミナティの創設の翌年に、ワイスハウプトはミュンヘンのTheodore of Good Counselメーソン・ロッジに参加した。彼はロッジ内に自分の見解を成功裏に伝播したばかりでなく、彼はまた、そのロッジが「ほとんどすぐにそのイルミニスト教団に事実上吸収される」  12 ことを成し遂げることができた。

c0139575_21125948.jpg


アドルフ・フランツ・フリードリッヒ・クニッゲ男爵[Baron Adolf Franz Friederich Knigge, 1752-96]という名の著名な人物がヴァイスハウプトの教団にイニシエートされたとき、1780年に、イルミナティとフリーメイソン団との間の明確な提携が可能となった。そのドイツの外交官のメーソンコネクションと組織力は、その教団よって速やかに使われるようになった。クニッゲはイルミナティのための2つの重要な任務を達成するところまで行くだろう:彼は、新たなより高位の位階を作り出して、教団の階層を改訂し、そして、そのシステムの中へのメーソン・ロッジの完全な統合を可能にした。

「クニッゲの教団への到来の結果として、二つの重大な結末が、速やかに続いた。念願の高位階は何とか実現されたし、イルミナティとフリーメーソン団の提携が成立した。」 13

c0139575_5393183.jpg

クニッゲ、影響力のある北ドイツの外交官にしてオカルト主義者は1780年にイルミナティに参加した。彼はここで隠された手の象徴を誇示して表現されている。(Vigilant Citizen上の、『世界を形作った隠された手』を参照))


教団に対するクニッゲの影響は深遠かつ迅速だった。彼が考案した新しいシステムは、フリーメーソンや他の強力な人物たちを引きつけた。それは、その運動に大きな勢いを与えた。クニッゲによって考案されたシステムは、以下の通りである:

c0139575_541451.jpg


クニッゲは教団のオリジナルの位階をそのままに保ったが、しかしそれらの上に新しい位階を追加した。イルミナティの第二のレベルは、フリーメーソン団の位階を組み込んだ。それゆえその同胞団を単により広いイルミニスト上部構造の一部にしていることになる。

「初心者位階(準備の意味でのみのシステムの一部)はクニッゲによって変更されないままに残され、全ての新入会員の手の中に印刷された通信の追加のために取っておかれた。イルミナティの教団が、堕落していない一つの型であり、そのようなものだけが技芸を古代の素晴らしさまで回復できる、全ての他の現代フリーメイソン団の上に立つものであると助言するために。(・・・)

第二のクラスの3つの象徴的な位階は、大きなメーソン仲間の様々な支部の会員たちが、そこを通って新しい教団のより高い位階に行くことができる一つの大通りを供給する、ひとえにその目的で考案されてきた。」 14



ご教団の最高位階は選ばれた少数に制限され、強力な個人と影響力のある人物たちが顔を連ねていた。プリンスの位階はその階層内に、国の監察官、管区長、知事、司祭長たちを保持した。ピラミッドの頂点には、教団の最高頭部を構成する(アエロパガイツとしても知られている)メイガスがあった。彼らの身元は安全に守られ、そして現在でも確認することが困難である。

クニッゲの戦略は、印象的な結果を与え、そしてイルミナティが非常に強力な運動になることを可能にした。

「メーソンのロッジとの提携によりイルミニズムを拡散する新たな方法は、速やかにその価値を証明した。主として、フリーメーソン団のロッジの中の、幹部職やその他の影響力のある人物の中に新入会員を探す精密な戦略のおかげで、一人もう一人と、後者から立て続けに、新しいシステムに渡っていった。新しい県が設立され、新しい地方が組織され、そして地方管区長は、新入会員たちの安定的かつ大量の流れを報告するようになった。(・・・) 学生、商人、医師、薬剤師、弁護士、裁判官、ジムナジウムや大学の教授、教師、公務員、牧師、司祭-みなすべてが寛大に新入会員の中で説明された。識別名は、すぐに新しいシステムのロッジの名簿上に現れた。

ブランズウィックのフェルディナンド公、ゴータ公エルンスト、ザクセン=ヴァイマル公カール・アウグスト、ザクセン=ゴータ王子アウグスト、ヘッセ王子カール、ダルベルグ男爵、哲学者ヘルダー、詩人ゲーテ、教育者ペスタロッチが、登録された番号の中にあった。 1784年の終わりまでに、その指導者たちは、2000から3000の間の総加入者数を誇った。そして強固な基盤上の教団の体制は完全に保証されているように見えた。」 15



ヴァイスハウプトは、しかしながら、彼の教団の成功を長くは享受していない。政府や宗教的なものに対するイルミナティの陰謀への疑惑は、欧州全域で発生した。その勢力に対して確かな脅威を見て、ババリア政府は、法の適正なる許可なしに存在していたすべての共同体、協会・結社、そして同胞団を非合法化する勅令を発した。

さらに、ヴァイスハウプトと彼の教団の上層部との間の内部の意見の相違は、紛争や不和に繋がった。そのすべての真っ只中で、一部のメンバーたちは、当局に直接行って、教団に反対して証言した。それはババリア政府が見逃しはしなかった一つの機会であった。

「その友人の口から、教団に対してその敵がなした非難が具体化する運命にあった。その指導者たちの承認により、イルミナティのシステムは宗教と国家の打倒に専念する組織、毒殺者と偽造者の束、胸が悪くなるようなモラルや邪悪な趣味の人間の協会の外観を有していた。」 16


1788年までに、攻撃的な法律や刑事告発を使用を通して、ババリア・イルミナティは、見たところ政府によって消散させられ、破壊された。一部のものが、ここにイルミナティの物語の結末を見る一方で、人は、イルミニズムの触手は、ババリアの境界を越えてヨーロッパ全体のメーソンのロッジに到達するための道を広げる時間があったことを忘れてはならない。換言すれば、イルミナティは決して破壊されなかった、それは単に地下に行った。一年後に、一つの重要な事件が、イルミニズムがかつてより活動していて強力であったことを証明する:フランス革命である。


フランス革命

1789年のフランス君主制の暴力的打倒は、その時代の伝統的な機関に対するジャコバン主義とイルミニズムの勝利を多数のものに対して象徴している。人権宣言の採択は、フランス政府の中核にメーソンとイルミニストの価値を公式に記録した。その国の新しいモットー「自由、平等、友愛(兄弟愛)」は、何世紀にもわたってフランスのロッジで使用された有名なフリーメーソンの格言であると言われた。

c0139575_5432150.jpg

人権宣言の公式文書は、秘密結社を参照するいくつかのオカルト象徴を含んでいる。まず、燃える星シリウスの光に囲まれた一つの三角形内のすべてを見通す目の象徴が、他のすべての上に見出される(この象徴はまた、米国の国璽に見出される)。タイトルの下に、ウロボロス(自分の尾を食べる蛇)、錬金術、グノーシス主義、そしてメーソン団の中核の教えであるヘルメス主義と関連した密教的象徴」。ウロボロスの真下に、赤いフリギア帽、世界中に渡るイルミニストの革命を表す象徴。その宣言全体がメーソンの柱によって守られている。


イルミニズムに対する反発

たとえババリア・イルミナティが死んだと言われていたとしても、それが推進していたアイデアは依然として現実のものとなった。フリーメーソンと薔薇十字会員はまだ繁栄し、イルミナティは、それらを介して生きているように見えた。

新しい階級の人々が権力の舵を取るにつれて、ヨーロッパは深い騒乱を経験していた。大衆に彼らが目撃している変更の背後にある秘密の力を明らかにする批評家たちが現れ始めた。

レオポルド・ホフマン[Leopold Hoffman, 1748-1806]、一人のフリーメイソンは、イルミナティが彼の同胞を堕落させたと確信し、Wiener Zeitschriftと題した彼の雑誌で、一連の記事を発表した。彼はイルミナティの低等級は解散させられてきたが、最高位階は依然として活動的であると主張した。彼はまた、フリーメーソン団が「イルミニズムによって征服され」、その目的に奉仕するように転換されたと付け加えた。彼はまた、フランス革命は何年にも渡るイルミニストの宣伝の結果であったと述べた。

1797年に、ジョン・ロビンソン[John Robinson, 1739–1805]、スコットランドの医師、数学者、そしてと発明者(彼はサイレンを発明した)は、『フリーメーソン、イルミナティ、そして学識協会の秘密会合内で継続される、欧州のすべての宗教や政府に対する陰謀の証拠』と題する本を出版した。

この敬虔なフリーメーソンは幻滅した。彼の同胞団が、イルミナティによって浸透されてきていたことに気づいたときに。、彼の本の抜粋を以下に示す:

「私はメイソンロッジの隠れ場が、大きな危険に著者を曝すことなしに公共の場で広めることができなかっただろう宗教と政治における感情を排出し、増殖させるために、すべての国で採用されてきたことを発見した。私は見出した、この処罰免責は徐々に、勝手気ままな原則の人々が、より大胆になるように、そしてすべての我々の道徳性-宇宙の道徳的政府への我々の信頼のすべて-存在の将来の状態における我々の希望のすべて-そして、我々の現在の生活への満足と安堵のすべての-道徳性概念を破壊する教義を教えるように奨励してきていたことを。私は、哲学の松明によって世界を啓発する、そしてヨーロッパの国々を暗闇と奴隷状態の中に保っている民生的、宗教的な迷信の雲を払拭するというもっともらしい口実の下で、50年の過程を通してなされてきたこれらの試みを追跡することができた。

私はこれらの教義が徐々に拡散して、フリーメイソン団のすべての異なるシステムとの混合するのを観察してきた;ついには、すべての宗教制度を根絶し、欧州のすべての既存の政府を転覆するという明確な目的のために、一つの協会が形成されてきた。

私は見てきた。それがほとんど抵抗できないようになるまで、この協会が熱心かつ体系的に奮闘しているのを:そして私は、フランス革命の中の最も活動的な指導者たちが、この協会の会員たちだったし、そしてその原則に基づいて、正式に要求し得られたその指示と支援によって、彼らの最初の運動を行ったことを:

そして最後に、私は見てきた。この協会がまだ存在しているし、まだ秘密に作業していること、そして、我々自身の間でのいくつかの状況が、その使者が彼らの憎むべき教義を伝播するために努力していることを示しているばかりでなく、その協会が1784年以来、ミュンヘンの母親ロッジに対応する英国のロッジを持っていることを・・・

私がそれについて話してきた協会は、イルミナティ教団であり、それは、アダム・ヴァイスハウプト博士、インゴルシュタット大学における教会法の教授によって1775[原文のまま]年に設立され、そして1786年にババリア選帝侯によって廃止されたが、しかし、ドイツの至る所で、別の名前の下、別の形で、直後に復活した。それは再び摘発され、そして一見壊れていた;しかし、それはこの時までに深く根付いていた。それが発覚することなくまだ存続し、そして欧州のすべての国々に広がっているほどに。」 17



アウグスティン・バリュエル[Augustin Barruel, 1741-1820]、フランスのイエズス会の司祭も1797年、フランス革命をババリア・イルミナティに結び付ける本を出版した。『ジャコバン派の歴史を巡る覚え書[Mémoires pour servir à l’histoire du Jacobisime]』の中で、彼はスローガン「自由と平等」を、早期のテンプル騎士まで遡り、主張した。その教団の高位において、自由と平等は「王と王位に対する戦争」だけでなく「キリストと彼の祭壇に対する戦争」によっても説明されるものであることを。彼はまた、フリーメーソン団のイルミニストによる乗っ取りに関する詳細を提供した。

「バリュエルは、メーソン団の低い位階のものがヴァイスハウプトに騙されたばかりではなく、ヴァイスハウプト自身のイルミナティに、それだけがその秘密の目的を知っていた教団全体の指導者たちの世間と没交渉のサークル、エオパガスとして知られているもう一つ別の最高機密レベルの指令を提供していたと非難した。バリュエルにとって、ラ・ロシュフーコー、ラファイエット、そしてオルレアン公爵などの革命的指導者たちは、イルミナティの代理人となり、またイルミナティ主導の反乱の火付け役となった工作員ダントンのようなより極端な過激派のカモとなっていた。バリュエルはさらに、フランスのメーソン体制全体が、そのロッジが虐殺を計画する秘密委員会に変わるという、ヴァイスハウプトの革命的なアイデアに転換させられていたと非難した。」 18


続く

参考文献

9 Stauffer, op. cit.
10 Ibid.
11 Ibid.
12 Hall, op. cit.
13 Ibid.
14 Ibid.
15 Ibid.
16 Ibid.
17 John Robinson, Proofs of a Conspiracy
c0139575_821756.jpg

18 Tompkins, op. cit.

元記事は
The Order of the Illuminati: Its Origins, Its Methods and Its Influence on the World Events by VC Dec 12th, 2012
http://vigilantcitizen.com/hidden-knowledge/the-order-of-the-illuminati/



[PR]

by oninomae | 2014-01-15 20:27 | イルミナティ  

<< イルミナティ教団:その起源、そ... イルミナティ教団:その起源、そ... >>