「ほっ」と。キャンペーン

イルミナティ教団:その起源、その方法、そして世界の出来事に対するその影響  by VC 1

イルミナティ教団:その起源、その方法、そして世界の出来事に対するその影響  by VC Dec 12th, 2012 その1

イルミナティ教団はしばしば、人類の歴史に対する秘密結社の影響についての議論の中心にある。イルミナティは神話であるのか、それともそれは本当に密かに世界を支配しているのか?その質問をする人々の数が増加するにつれて、その教団に関する事実は誤解や偽情報で希釈され、その主題に対する客観的な調査を行うことを難しくしている。この記事では、その主題に対する最も重要な文書の一部を検討することにより、そのイルミナティの教団に対していくつかの事実を解明することを試みる。

c0139575_4492871.jpg


「イルミナティ」という言葉は、密かに世界を運営しているエリート集団を記述するために、かなり自由に投げ散らかされる。ほとんどのものたちは、その用語の意味の一般的な考えを持っているが、それに関連する概念やアイデアについて混乱している。イルミナティはフリーメーソン団と同じものか?彼らの目標は何か?彼らの信念は何か?なぜ彼らは秘密裏に行動するのか?彼らはオカルトを実践しているか?

客観的に対象を研究しようとすることは、骨の折れる作業になリ得る。なぜなら、ほとんどの情報源は、何であれイルミナティに関することは否定(そして愚弄さえ)する軽蔑的な偽情報の断片に終わるか、あるいは、領域の他の末端では、噂や誤認に基づく、大事なことをよく知らない恐怖屋を信奉するに終わるからである。どちらの場合も、研究者は同じ結果:真実の歪曲版に終わる。

秘密結社は、定義において秘密であることになっており、そして、歴史はしばしば、権力者によって書き換えられていることを考慮するなら、イルミナティについて公正な真実を得ることは、一つの難問である。

この記事は、イルミナティについて知られるすべてのものを「明らかにする」あるいは「暴露公開する」と主張するものではない;、それはむしろ、広くその対象を研究してきた著者たちを引用して、その教団のより正確な像を描くことを試みるものである。

彼らが、最終的には、イルミナティの批判者であろうが、あるいは擁護者であろうが、これらの著者たちは、彼らの考えを信頼できる事実の上に基礎づけている。

イルミナティについて最も興味深いの文書のいくつかは、秘密結社の入会者たちによって書かれた。彼らはその運動を前進駆動させる哲学的、精神的な底流を理解していた故に。

これらの作品を使用して、我々はイルミナティの起源、その方法、そして世界史に対するその影響を調べるだろう。


秘密結社の種類

いくつかの集団が、過去に自身を「イルミナティ」と呼んだけれども、それらのうち最も影響力があり記憶すべきは、ババリア・イルミナティ[Bavarian Illuminati]であった。1776年5月1日に設立された、アダム·ヴァイスハウプト[Adam Weishaupt, 1748-1830]によって作り出されたその組織は、「精神的」秘密結社と「政治的」秘密結社の間の境界線を不鮮明にした。

正確な政治的目標を達成するために共謀する一方で、フリーメーソン団と薔薇十字会のオカルト科学を混合することにより、そのイルミナティは世界舞台で主体となった。その時代のほとんどの秘密結社が金持ちと彼らのオカルティズムへの魅惑に迎合している一方で、ババリア・イルミナティは積極的に、深く世界を変えることを追求した。

秘密結社は、歴史の流れを通して存在してきた。それぞれ、社会において、異なる目的、異なる役割を持ちながら。エジプトの密教学派がエジプトの機関の一部であった一方で、他の団体は、その破壊と陰謀の目的の故に秘密だった。 二名の有名な政治家によって書かれた以下の2つの引用は、秘密結社についてのこれらの反対意見について述べている:

「密教的友愛団(同業者仲間)は、初期の時代に、秘密の自慢をした。そのうち賢者の石はほんの最小のものだった;彼らは自分たち自身をカルデア人、占星術師、裸行者、そしてプラトン主義者が教えたことのすべての継承者であるとみなした;そして彼らは、その生活の美徳、教義の純粋さ、そして、すべての知恵の基盤として、感覚の従属および宗教的信仰の強さを主張したことにおいて、すべての魔法のより暗い息子たちとは異なっていた?」-エドワード・ブルーワー・リットン卿、 1884 1


「今日の政府は、単に他の政府、皇帝、王、そして大臣たちばかりではなく、至る処に彼らの無節操な代理人たちを有しており、最後の瞬間にすべての政府の計画を転覆させることができる秘密結社と対処しなければならない。」-英首相ベンジャミン·ディズレーリ、1876



これらの引用文は秘密結社の影響の異なる領域を記述している。最初のものは、精神的な側面に言及しており、他方、第二のものは、政治的な側面を述べている。すべての秘密結社が精神的領域に住むわけではなく、そしてそれらのすべてが政治的策謀に関与しているわけでもない。ババリア・イルミナティは、両方の領域で活動していた。

「精神的兄弟団は、知恵と人類を無限の領域に向かって案内することを誓っており、政治的兄弟団は、暗闇の中で巧みに操作するアジェンダを覆い隠す権力追求者たち[で構成されている]。 (・・・) すべての秘密結社は、特定の基本的なテーマを共有している。会員資格は、その主題に持続的な関心を持っているものたちに限定されている。それ故に、精神的な集団は、ある特定の教師あるいは実践の型のより多くの知識を求める人々を魅了する。学生は、予めその主題を認識しており、そして更なる教授のためにその集団に近づくだろう。より稀には、一個人は、その目的への認められた親和性の故に、その集団によって『選ばれ』るかもしれない。

政治的秘密結社では、会員資格は、その集団が主張する目標とイデオロギー的親和性を共有しているものたちに限定される。政治的スペクトルの最も極端なところでは、その使命は革命となるだろう。このような結社は自らを守るためにどんなことでもするだろう。(・・・)

イルミナティは、精神的秘密結社と政治的秘密結社との間の隔たりに橋渡しをするものとして、多くの人に認識されている。1787年のフランス革命に影響を与えたとして、しばしば賞賛され(あるいは非難され)るように、イルミナティは、人間の平等、合理主義の信奉、そして社会的道徳的価値を制御するための合法的機関としての王と教会の否定にかかっている社会的、政治的な解放の教義を教えた。

イルミナティのその観点が、その時代非常に進歩的に響いたかもしれない一方で、彼らが奨励していると考えられたヨーロッパの革命は、その道徳的羅針盤の異常な欠落が恐るべきものであった残忍な大量殺人に堕落した。」 2



一部のものが、アダム・ヴァイスハウプトがイルミナティの唯一の首謀者であり、そして彼の組織は12年以内に栄光に上昇しそして死んだと信じている一方で、ほとんどのオカルト主義に入会した研究者たちは、ババリア・イルミナティは中世のテンプル騎士に遡ることができる古代同胞団の最高の登場だったと信じている。

マンリー・P・ホール、第33位階フリーメーソンにして多産の著者は、彼のパンフレット『友愛のメイソン教団』の中で、社会変革に向けて何世紀にもわたって静かに取り組んできた、ある「見えざる帝国」について述べている。

それは定期的に歴史の至る処に見えるようになった。別の名前を帯びている異なる組織を通じて。彼によると、これらの集団は、将来の世代を形成するために、教育システムを変換さえしながら、社会に大きなしかし静かな影響を与えている。

「密教学派の本質的なプログラムの直系は、その仕事にすでに良条件の集団に委託された。ギルド、労働組合、そして同様の保護的で慈悲深い社会が、新たな学習の導入によって内部強化されてきていた。その計画の進歩は、哲学的誇張の境界の拡大を必要とした。「方法」に従った教育の深く広範なプログラムに支えられた一つの世界的友愛が必要とされた。このような友愛はすぐにはすべての人々を含めることができなかったが、しかし、人種的または宗教的信条または彼らが住んでいる国々に関わらず、特定の種類の人々の活動を団結できた。これらは、「方向性」の人々で、明日の息子たちであった。彼らのシンボルは、東の山を越えて上昇する太陽だった。(・・・) その友愛教団は、世界の教育を後援すべきであることは避けられない。(・・・) そのプログラムは、既存の制度の体系的な拡張、そして彼らの影響力圏の拡大を含んでいた。

ゆっくりと、普遍的改革の教団は世間の注目から消え、そしてその場所で世界同胞教団が登場した。移行が明白になることを防ぐために、可能なすべてのことが行われた。歴史でさえ、活動の特定のひと続きのものを認識できなくするために偽造された。重要視のシフトが唐突な印象を与えたことは決してなく、そしてその運動は社会的意識の夜明けとして登場した。秘密の活動への最も明白な手がかりは、その起源に関する行き渡った沈黙と、17世紀と18世紀の友愛教団の記録の欠落部分を提出することの不可能性であってきた。(・・・) 友愛教団は、親プロジェクトにか細くほとんど見えない糸によって取り付けられた。以前の密教学派と同様、これらの友愛団はそれ自体が密教団体の実際の化身ではなく、むしろその神聖計画の特定の目的を進めるための道具であった。」 3



ここでは、ホールは、ババリア・イルミナティが活動的であった時代、17世紀と18世紀の間の秘密結社の働きに関する「沈黙」と情報の欠如に言及している。秘密結社が行動をとり、革命を引き起こし、君主と教皇の力を転覆し、銀行システムを掌中に収めたのは、この期間中である。

ババリア・イルミナティは、ホールによって記述された見えざる帝国の一部であったか?それは今日でもまだ活動的か?最初に、アダム・ヴァイスハウプトと彼の悪名高い秘密結社を考察してみよう。


イエズス会に訓練された、アダム・ヴァイスハウプト

c0139575_4505719.jpg

アダム・ヴァイスハウプトは1748年2月6日にババリアのインゴルシュタットで生まれた。彼の父親は彼が7歳の時に死亡し、彼の名付け親、イクシュタット男爵[Baron Ickstatt, 1702-76]が、当時の最も強力な集団:イエズス会士たちに彼の初期の教育を委託した。その破壊的な方法と陰謀的傾向で知られ、イエズス会は、ババリア州の政治と教育システムに対して牙城を持っていた。

「イエズス会の代表がババリアで達することができた権力の程度は、絶対以外なにものでもなかった。その教団のメンバーは、選挙人たちの聴罪司祭や指導医師だった;それゆえ彼らは、政府の政策に対して直接影響を与えた。宗教の検閲は、いくつかの小教区でさえ、その権威と権力を認識せざるを得ないほどに、彼らの熱心の手に落ちていた。

すべてのプロテスタントの影響を駆除し、そしてカトリック体制を完全なものにするために、彼らは公教育の道具を所有してきていた。、ババリアの大学の大部分が設立されたのは、イエズス会によってだった。そして彼らによってそれらはコントロールされた。彼らによってまた、国の中等教育も実施された。」 4



イエズス会の内部機能は、それが見たところでは反対して働いていたオカルト兄弟団と非常に類似していた。それは、位階、入会儀礼、手の込んだ儀式、そして密教的象徴で機能し、その破壊的な傾向のため、いくつかの国では何度も抑圧されてきていた。

1773年、ヴァイスハウプトの名付け親は、彼の名付け子を教会法の大学教授として据えるために、インゴルシュタット大学で彼の偉大な影響力を行使した。その時代、その機関は重いイエズス会的支配下にあり、そしてその特定の地位は、伝統的に影響力のあるイエズス会士により保持された。

ヴァイスハウプトの啓蒙哲学の時代への増大する信奉は、彼をイエズス会と対立させ、そして、すべての種類の政治的なドラマが続いて起こった。この事実にもかかわらず、ヴァイスハウプトは、権力を得るために、イエズス会の組織とその破壊的な方法の中から多くのことを学んだ。ヴァイスハウプトの考えに秘密結社のアイデアが入り込み始めたのは、この期間である。

「才気溢れ、そして権力へ接近の陰謀的方法の訓練をしっかり受け、若きヴァイスハウプトは、ローマのイエズス会的支配から世界を解放する決意を持って、一つの陰謀団体を組織することを決定した。」 5


一部の著者たちが(1773年に教皇勅書によって抑圧された)イエズス会が彼らの支配を永続させるためにヴァイスハウプトを使用したと考えているが、他の著者たちは、彼は彼らのババリアに対する強力な支配力を転覆しようとしたと述べている。

より幅広い規模で、彼は、世界的なしかし秘密の「入会者たち」の委員会によってそれらを置き換えるために、世界中のすべての政府や宗教団体を打倒することから世界は利益を得るだろうと確信していた。彼の目的を達成するために、彼はイエズス会に対してイエズス会の方法を使用するだろう。

ヴァイスハウプトが彼の研究を追求するにつれ、彼はまたオカルト秘儀やヘルメス主義に精通するようになった。彼は、この秘儀的知識の魅力的な力を認識し、そしてメーソンのロッジが彼の意見を伝播するのに理想的な場であるだろうと理解した。したがって彼はフリーメーソンになろうとしたが、しかしすぐにそのアイデアに幻滅した。

「彼の想像力は、エレウシスの秘儀の魅力的な力とピタゴラスの秘密教団によって発揮された影響力に対する彼の熟考から熱を帯び始め、彼が自分の見解の伝播のために切望した機会をその時代のメーソン機関内に求めるということが最初、ヴァイスハウプトの考えにあった。この本来の意図から、しかし、彼はすぐに方向転換させられた。一部には、メーソンのロッジへの入会を許可されるに十分な資金を駆使することにおいて彼が経験した困難の故に、また部分的には彼の手に入るようなメーソンの本についての彼の研究が、フリーメーソンの「密議」はそれらを価値あるものとするにはあまりにも幼稚で、かつ一般公衆に非常に容易にアクセス可能であったことを納得させたからである。」 6


ヴァイスハウプトはすぐに気づいた。彼の目的を達成するためには、彼の意見を受け入れ、彼がそれらを伝播することを助ける強力な個人で構成された彼自身の秘密の集団を作り出すことが彼にとって必要であろうと。

「彼は、それ故、独立した系統を始めることが必要だと考えた。彼は、隔離と秘儀の壁の背後に、世界の注視から隠蔽された「知恵の学校」よりなる原型秘密組織を形作るだろう。その内部では、司祭たちの愚かさと尊大が教育の公共講座から禁止した種の真実が、影響を受けやすい若者に完璧な自由を持って教えられるかもしれない。」 7


ヴァイスハウプトの組織の目標は、単純だが記念碑的であった:イルミナティ入会者の一団によって置き換えるために、すべての政治的、宗教的な機関を打倒すること。彼によると「完全かつ迅速な普遍的幸福は、階層、階級、そして富の廃棄によって達成されるだろう。王子たちや、国々は、地球から暴力なしに消え去るだろう;人類は一つの家族となるだろう;、世界は合理的な人間たちの住み処になるだろう。」1776年5月1日、イルミナティ教団が設立された。


ババリア・イルミナティ

ヴァイスハウプトのイルミナティは、ほんの5名の会員とともに慎ましく始まったが、しかし数年後に、そして強力な繋がりを持って、その教団は世界中での一つの主要な政治勢力となった。影響力のある決定者、富裕な工業家、強力な貴族、そしてと謎めいたオカルト主義者たちが、その教団に加わり、そしてその共謀目的に参加した。一部の歴史家は、教団の成功への迅速な上昇は、ヴァイスハウプトと、その時代の最も強力なオカルト主義者、カリオストロ[Alessandro Cagliostro, Giuseppe Balsamo, 1743-95]という名の謎の人物との間の秘密会合のおかげであると主張している。

「インゴルシュタットでは、カリオストロは、1776年にイルミナティの宗派を設立したアダム・ヴァイスハウプト、その大学での哲学と教会法の教授、に会っていたと考えられている。彼ら自身をテンプル騎士団の相続人であると呼び、世界的な宗教改革のプログラムの促進のために、カリオストロによって達成されたような天空的介入を使用することへの彼らの関心を宣言した。しかし、それは『教皇の三冠を塵に帰し、カペー王家の最後の処分をすることによって、テンプル騎士団のグランドマスター、モレーの死に復讐することを誓い』、カリオストロのものより急進的なものであった。

カリオストロは感謝し、そして、ルイ16世の断頭、その時点で決してありそうもないとしてほとんど想定されない出来事の予言的詳細について説明した。」 8



ババリア・イルミナティはもともと三つの主要な等級で構成されていた:初心者、ミネルヴァル、そしてイルミネートされたミネルヴァルである。各々の等級は、ピラミッドの頂点に完全な制御と優位性を確保しながら、特定の目的を達成するために設計された。以下で、各等級を簡単に見ていこう。

続く

参考文献

1 Sir Edward Bulwer Lytton, Zanoni
c0139575_8133776.jpg

2 James Wasserman, The Mystery Traditions
c0139575_815871.jpg

3 Manly P. Hall, Masonic Orders of Fraternity
c0139575_8144699.jpg

4 Vernon L. Stauffer, The European Illuminati
c0139575_8151224.jpg

5 Peter Tomkins, The Magic of Obelisks
c0139575_8155791.jpg

6 Stauffer, Op. Cit.
7 Ibid.
8 Tompkins, op. cit.


元記事は
The Order of the Illuminati: Its Origins, Its Methods and Its Influence on the World Events by VC Dec 12th, 2012
http://vigilantcitizen.com/hidden-knowledge/the-order-of-the-illuminati/



[PR]

by oninomae | 2014-01-14 20:20 | イルミナティ  

<< イルミナティ教団:その起源、そ... アルゼンチン裁判所 モンサント... >>