「ほっ」と。キャンペーン

シリア反政府勢力:化学兵器攻撃は自分たちが行ったと認める Paul Joseph Watson

シリア反政府勢力:化学兵器攻撃は自分たちが行ったと認める 【8月30日 Paul Joseph Watson Infowars.com】
http://www.infowars.com/rebels-admit-responsibility-for-chemical-weapons-attack/


 ダマスカス郊外のゴウタ地区にいるシリアの反政府グループはAP通信のデイル・ガヴラク[Dale Gavlak]に対して、先週の化学兵器事件の責任は自分たちにあると認めた。この事件では欧米側がアサド政権の軍によるものとしているが、事件はサウジアラビアによって供給された化学兵器の操作を反政府グループの者たちが「誤った」(「」は引用者)ために起きた事故の結果であるという。

c0139575_111301.jpg

 「ゴウタ地区の医者、住民、反政府側要員とその家族らとのインタビューから、多くの人々は、反政府グループの者たちがサウジアラビアの情報長官であるバンダル王子から化学兵器を受け取ったということと、その者たちによって致死性ガスによる攻撃が行われたと考えている」ガヴラクは書いた

 反政府グループの者たちはガヴラクに対して、彼らは化学兵器を取り扱うに際して充分な訓練は受けておらず、更にはそれが何かということを告げられてもいなかったと語った。これらの兵器はアルカイダ系テロリストのジャバト・アル・ヌスラに渡されることになっていたようだ。

 「我々はこれらの兵器にとても興味があった。そしてまずいことには、この兵器の扱い方を間違ったものがいて、爆発を引き起こしてしまったのだ」と、Jと名乗る一人の要員がガヴラクに語った。

 彼の話は別のYという女性要員の話と似ていいる:「彼らはこれらの兵器が何か、どう扱うかなど語らなかった。我々はそれが化学兵器だとは知らなかった。我々はそれがまさか化学兵器だとは思わなかった」

 反政府グループ要員の父親でアブ・アブデル・モネイムという者がガヴラクに対して、「息子は二週間前に来て、運ぶように言われている兵器について、それがなんだと思うかと言っていた」と語り、それが「管のような形をしている」と語ったが、他の者たちは「大きなガスボンベみたい」だと言っていた。この父親はサウジアラビアの戦士でアブ・アイェシャという者が兵器を供給した、と言っている。

 アブデル・モネイムによれば、この兵器はトンネルの中で爆発し12人の反政府勢力の者たちが犠牲になったという。

 「インタビューした12名以上の反政府戦士らは、彼らの給料はサウジ政府から来ていると言っていた」とガヴラクは書いている。

 この内容が正しければ、アメリカのシリア攻撃への動きと完全に矛盾することになるだろう。デイル・ガヴラクの信頼性は非常なものだ。彼はAP通信の中東特派員を20年間やってきており、その他にも、NPRの仕事をし、さらにBBCニュースに記事も書いている。

 この話が最初に掲載されたウェブサイトである Mint Press(現在はこの記事のため膨大なアクセスがあり、その結果ダウンしている)は、ミネソタ州のキチッとしたメディアである。ミネソタ・ポスト紙が昨年このグループを紹介した。

 サウジアラビアが反政府グループに化学兵器を供給しているという話は、サウジがシリアのアサド大統領への支持をやめなければ、来年のソチでの冬季オリンピックにテロ攻撃を仕掛けるとロシアを脅した( the Telegraph )ことを考えれば、驚くべき話ではない。

 オバマ政権は今日、アサドの政府軍がこの化学兵器攻撃の背後にいる、ということを証明するため、情報活動で得た内容を明らかにすることになっている。アメリカの高官らは、ニューヨーク・タイムズ紙に、アサド大統領とこの攻撃とを直接結び付ける「決定的証拠」はない、と言っているにもかかわらずだ。

 アメリカの情報関連高官らは、AP通信に対して、アサドの犯罪行為を証明するという情報は「決定打」にはならない内容のものだ、と語った

 今週初めに我々が報じたように、盗聴された情報はシリアの国防省が、シリア化学兵器課に攻撃の数時間後に、問い合わせする電話を何度もかけてパニック状態であったということが示されているが、それはアサド大統領が命令したものではなかった、ということを示唆しているものだ。

UPDATE: Associated Press contacted us to confirm that Dave Gavlak is an AP correspondent, but that her story was not published under the banner of the Associated Press. We didn’t claim this was the case, we merely pointed to Gavlak’s credentials to stress that she is a credible source, being not only an AP correspondent, but also having written for PBS, BBC and Salon.com.


++
偽旗作戦を誤魔化している気がする



反シリア政府軍に化学兵器を提供しているのはサウジアラビアの総合情報庁長官だとする推測が流れているが、この人物は有名な親米派で「911」の時には駐米大使/

 シリアの反政府軍に化学兵器を提供しているのは、サウジアラビアのバンダル・ビン・スルタン総合情報庁長官だとする情報が流れている。毒ガス攻撃を受けたとされるゴータの医師、住人、反政府軍の兵士らはそう信じているようだ。

 住民のひとりで息子が戦闘員だったというアブ・アブデル・モネイムによると、サウジアラビア人戦闘員から提供された武器をトンネルで保管していたのだが、そこへ彼の息子がチューブ状の構造物と巨大なガス用ボトルを運び込んだことがあった。その息子は、化学兵器の攻撃があったとされる日に12名の仲間と一緒にトンネルの中で死亡したという。

 シリアやリビアでは、戦闘員の給与や武器はサウジアラビアやカタールから出ている。ゴータの場合はサウジアラビアがスポンサーのようで、チューブ状の構造物や巨大なガス用ボトルもサウジアラビアが供給した可能性が高く、その扱い方を知っていたのはアル・カイダ系のアル・ヌスラ戦線。

 アル・カイダがエジプトに設立していた訓練施設でリーダーを務めていたシェイク・ナビル・ナイイムによると、アル・ヌスラ戦線を率いているモハメド・アル・ジャウラニはCIAの工作員だと推測していた。この推測が正しいなら、CIAも化学兵器攻撃に関係している疑いが出てくる。

c0139575_313938.jpg

 2キログラムのサリンを持ったアル・カイダの戦闘員が5月27日にトルコで逮捕されたともいう。トルコの新聞が報道していたのだが、後にアダナ県の知事[Adana governor Huseyin Avni Cos]は否定する。トルコ政府の立場を考えれば、実際に持っていたとしても否定するだろうが。

 トルコ、あるいはヨルダンでアメリカや一部のヨーロッパ諸国は軍事会社を使い、反シリア政府軍に対して化学兵器の扱い方を訓練していたとも伝えられている。そのヨルダンでCIAの工作員、あるいはヨルダンやイスラエルの特殊部隊員から数カ月にわたって特殊工作の訓練を受けた部隊がシリアへ潜入したとも言われ、8月17日には250ないし300名、19日には300名が入り、ゴータを通ってダマスカスへ向かったとする情報がある。

 相変わらず、アメリカ政府はシリア政府が化学兵器を使ったと叫んでいるが、その具体的な証拠、根拠は示さず(あるいは、示せず)、修飾語を羅列した「報告書」でごまかすのが精一杯のようだ。強引に正面突破を図るしかないのだろう。

 ビン・スルタン長官は7月31日にロシアを訪問、ウラジミル・プーチン大統領と会談し、シリアから手を引くように求めたようだが、その際、石油取引を持ちかける一方、ロシア政府を脅したという。ソチで開かれるオリンピックを襲うとしているチェチェンの武装勢力をサウジアラビアはコントロールしていると語ったというのだ。状況によってはオリンピックを襲わせるとも聞こえる発言。もっとも、本当にこうした発言があったとするならば、逆効果だった可能性が高い。

 今回、注目されているビン・スルタン[Bandar bin Sultan bin Abdul Aziz al-Saud]長官が現在のポストに就いたのは昨年7月。1983年から2005年まで駐米大使を務めていた。

c0139575_3521567.jpg

c0139575_3314021.jpg

この間、アフガニスタンを中心とする工作でサウジアラビアはアメリカやイスラエルと連携、2001年9月11日には、アメリカを急速にファシズム化する切っ掛けになった出来事(911)があった。 言うまでもなく、911とは航空機が世界貿易センターの超高層ビルに突入、ペンタゴンが攻撃された事件だ。

c0139575_3324749.jpg

 この時、攻撃の直後にジョージ・W・ブッシュ政権はアル・カイダの犯行だと断定、アル・カイダと敵対していたイラクを先制攻撃した。最近ではリビアやシリアで体制転覆プロジェクトの手先としてアメリカはアル・カイダを使っていることが明らかになっている。そのアル・カイダにビン・スルタンは大きな影響力を持つ。911とは何だったのかが改めて問われなければならないだろう。


c0139575_354516.jpg

c0139575_355946.jpg


これももう一度

2002 Iraqi Intel Reported Wahhabis Are of Jewish Origin Submitted by David Livingstone on Tue, 08/02/2011 - 18:33

これも

c0139575_4333799.jpg

c0139575_4334671.jpg

c0139575_4342142.jpg


おまけ

シリア軍事介入 安倍首相、アサド政権退陣要求など厳しく非難

シリア情勢が緊迫する中、安倍首相は、アサド政権の退陣を要求するなど厳しく非難し、アメリカが武力行使に踏み切った際には、容認する公算が強まっている。

カタールで会見した安倍首相は、「化学兵器が使用された可能性は極めて高い」と強調し、「シリア情勢の悪化の責任は、アサド政権にある」と厳しく批判した。

安倍首相は、アメリカの武力行使の可能性については直接言及しなかったが、タミム首長との会談では、「アサド政権は道を譲るべきだ」と、退陣要求に踏み込んだ。

一方で、アメリカが独自の武力行使にかじを切ろうとする中、各国との連携を強調してきた日本の対応が問われる事態も迫っている。

菅官房長官は「わが国としては、引き続いて各国と連携しつつですね、事態の改善に向けて努力していきたい」と述べた。

政府関係者は、「アメリカが、あそこまで言ったら、数日中に動きがある」と語っており、武力行使の際には、日本も同盟国として容認することになるとの見方が強まっている。


シリア化学兵器使用疑惑 安倍首相、アサド政権退陣促す 産経新聞 8月29日(木)7時55分配信

 ■「化学兵器、許されぬ」

 【ドーハ=峯匡孝】安倍晋三首相は28日午後(日本時間同日夜)、訪問先のカタール・ドーハで記者会見し、シリア情勢に関し「日本政府としてはシリアで化学兵器が使用された可能性が極めて高いと考えている。化学兵器使用はいかなる場合でも許されるものではない」と述べた。

 首相は、カタールのタミム首長との会談でも「情勢悪化の責任は、暴力に訴え無辜(むこ)の人命を奪い、人道状況の悪化を顧みないアサド政権にある。アサド政権は道を譲るべきだ」と訴えた。

 しかし、現時点で日本としてアサド政権に退陣を迫る妙手は見当たらない。国連安保理決議のないまま米欧が攻撃に踏み切った場合でも「支持」を表明する方向だが、一部に慎重論もあり、難しい対応を迫られている。

 シリア情勢の緊迫化を受け、政府は同日、米英両国を中心に情報収集を進めたが、菅義偉(すが・よしひで)官房長官は記者会見で攻撃時期について「具体的なことは承知していない」と述べた。岸田文雄外相は米国のケリー国務長官らと電話会談を行うための調整に入った。米国が攻撃に着手すれば同盟国として日本は支持を求められる公算が大きい。

 ただ、支持を表明した場合、シリアのアサド政権を擁護するロシアとの関係悪化を招くとの懸念もある。9月5日からの20カ国・地域(G20)首脳会合に合わせプーチン大統領との首脳会談が予定されており、首相周辺は「ロシアの立場を考えれば、すぐに支持を表明できるか微妙だ」との見方を示す。

 防衛省幹部は「米欧の作戦への協力は頭の体操すらしていない」と語る。海外での武力行使は憲法上認められておらず、自衛隊に出番があるとすればイラクでのように米軍が地上戦を行った後の復興支援活動しかないという。


「アサド政権は道譲るべき」 安倍首相、退陣を要求 朝日新聞2013年8月28日(水)21:17

 【ドーハ=斉藤太郎】安倍晋三首相は28日、カタールのドーハでタミム首長と会談し、シリア情勢について「シリア情勢の悪化の責任は、暴力に訴え、無辜(むこ)の人命を奪い、人道状況の悪化を顧みないアサド政権にある。アサド政権は道を譲るべきだ」と述べ、退陣を要求した。

 安倍首相は化学兵器の使用疑惑について、「きちんとした調査で事実関係が早期に明らかにされることを強く望む。国際社会は急いで暴力の停止を実現していかなければならない」と述べた。

 オバマ米大統領や欧州連合幹部のほか、周辺国のヨルダン国王らがすでに退陣を求める声明を出すなどしている。



不正選挙疑惑を追う。グローリー、カーライル、マッキンゼー ― 2013/03/18 18:04

カーライル、投資ファンドの知られざる実像 安達・日本共同代表に聞く

c0139575_1214619.jpg

c0139575_5522658.jpg



英国:「憲法改正並みの出来事」 国会のシリア攻撃阻止で 毎日新聞 2013年08月31日 00時23分(最終更新 08月31日 00時55分)

 【ロンドン小倉孝保】英政府が計画したシリアへの軍事攻撃を国会(下院)が29日拒否したのは英国史上、極めて異例だ。「憲法判断を変えるほどの出来事」との指摘もある。

 英外交の歴史的特徴の一つは、軍事力の活用だ。植民地主義時代から、国際社会で主権尊重や民主主義、人権などが重視されるようになった第二次世界大戦以降も英国は各地に軍を展開。同大戦以降、英軍が戦闘で人を殺さなかった年は1968年だけとされる。

 これまで参戦判断は絶対的に首相にあり、法的には国会承認なしで軍事行動できた。ただイラク戦争を含む多くの事例で政権は参戦承認を受けてきた。

 1956年の第2次中東戦争(スエズ動乱)では野党が政府の参戦計画を拒否したが、首相が辞任し最終的には軍を派遣。ノッティンガム大学のカウリー教授(政治学)によると、国会が政府の軍事計画を実際に止めたことは過去150年以上なかったという。

 英国には憲法がなく積み重ねられた先例が慣習法として憲法の役割を果たす。ダラム大学のフィリップソン教授(法学)は「今回、国会が政府の軍事計画を止めたことで、議会承認なしの軍事行動は不可能になった。政府から議会へ、憲法改正にも匹敵するほどの権力移譲(パワーシフト)が起こった」と分析している。


アメリカと日本の没落・共倒れを餌にして、世界統一政府に向かう by ふぐり玉蔵 +


悪魔組織の犯罪02 抜粋2


勝者が歴史の本を書く:無視された英帝国によるホロコースト by David Rothscum

ウィリアム&ケイト: 大隠蔽 by Grace Powers



外相会談 日米緊密連携で一致 9月1日 0時5分

岸田外務大臣は、31日、アメリカのケリー国務長官と電話で会談し、シリア情勢の悪化は、アサド政権に原因があるという考えを伝え、事態の改善に向けて日米両国が緊密に連携していくことで一致しました。

内戦が続くシリアで化学兵器が使われたとされる問題について、アメリカ政府は、アサド政権側の関与を裏付ける証拠があるとした独自の調査報告書を発表し、軍事行動に踏み切るかどうか、調整を急いでいます。

こうしたなか、岸田外務大臣は、日本時間の31日夜0時すぎ、アメリカのケリー国務長官と電話で会談しました。

この中で岸田大臣は、「シリアで化学兵器が使用された可能性が高いと考えている。化学兵器の使用は、人道上、許されず、情勢の悪化は、人道状況の悪化を顧みないアサド政権にある」と述べました。これに対し、ケリー長官は、「日本政府の対応を歓迎したい」と述べたうえで、化学兵器の使用に関する独自の調査結果などを説明し、事態の改善に向けて、日米両国が緊密に連携していくことで一致しました。

会談のあと岸田大臣は、記者団に対し、アメリカが軍事行動に踏み切るかどうかについて、「外交上のやり取りであり、詳細は明らかにできないが、オバマ大統領はまだ最終判断していないと承知している」と述べました。

c0139575_284011.jpg




オバマ氏「軍事行動 9日以降議会承認求める」 9月1日 4時31分

c0139575_4565518.jpg


++
次は「シリア人」が、アメリカでサリン事件でも起こすのでしょうカネ?


オバマと「予言された」世界危機  By Brother Nathanael Kapner

映画 「2012」の隠された象徴的な意味 By VC (完訳版) 1

c0139575_2012532.jpg

c0139575_20124419.jpg



映画 「2012」の隠された象徴的な意味 By VC (完訳版) 2

c0139575_2024552.jpg

c0139575_20363491.jpg

c0139575_20371414.jpg

c0139575_20391746.jpg

c0139575_801739.jpg

残念なことに、マスメディアではしばしばそうであるように、伝達されるメッセージは啓発的でも鼓舞するものでもない。

全く反対に、その映画は基本的に、隠蔽と殺人を完備した公衆に対する巨大な陰謀の物語を告げている。最後に、エリートは自分たちだけを救い、数十億の人々を死ぬに任せる。

あげくの果てには、この陰謀は、このような危機に対する唯一の現実的な解決策として提示されている。 公衆は、一つの新世界秩序の歓待によって解決されるであろう大きな危機への準備ができているだろうか? 


c0139575_19243611.jpg


その映画の宣伝ポスターが明確に述べているように: 「我々は警告された。」
[PR]

by oninomae | 2013-08-31 23:49 | 戦争詐欺・紛争  

<< 米国政権はイスラエルのネタニヤ... プーチン大統領:欧米がシリアを... >>