これは「交渉」ではない―日本は「何に参加するのか」 内田聖子 + 不正選挙

これは「交渉」ではない―日本は「何に参加するのか」 2013年7月23日火曜日
http://uchidashoko.blogspot.com/2013/07/blog-post.html

 7月19日より、マレーシア・コタキナバルに来ている。

第18回TPP交渉会合の現場は、これまでの交渉と同じように、粛々と、秘密裡に交渉が進められ、その進展内容は外側からは見えない。

日本の参加がいよいよ明日23日というタイミングとなった。

2年間、日本のTPP交渉参加に反対してきた者として、言葉では表せない怒りと失望に耐えない。昨日の参院選での自民党圧勝の報せがさらにその思いを強くさせる。

日本でのTPP報道は、やはり偏っている。現地ではデモもあり、国際NGOらはTPPへの懸念を最大限、交渉官にアピールし、「秘密交渉」に対する監視と批判のまなざしを今回も努力して続けている。しかしそれらの声は何も報じられていない(唯一報じたのは私がチェックする限り『日本農業新聞』と『赤旗』のみ)。私たち反対側の力の足りなさは反省してもしすぎることはないのだが、しかしこうしたマスメディアの状況が、これだけ不利なTPP交渉にまい進する自民党政権を許してきた面もある。

c0139575_22281558.jpg


昨日、今日も、マスメディアでは「日本がいよいよ交渉参加」「聖域を守れるか」などのニュースにとどまり、日本がいかに不利であるかを明らかにした記事はほとんどない。
 
改めて言いたいのは、日本が参加するのは「交渉」ではない、ということだ。

すでにTPPの24分野での議論は大きくは終了しており、マレーシア政府の発表によると29章あるうちの14章はテキストの策定も終わっている。もちろんこれからいくつかの分野で交渉は進む。しかし日本はそこで何を「勝ち取る」と設定しているのだろうか。

昨年12月の衆院選にて、自民党はTPP交渉に関する6項目というものを掲げた。すなわち「農産物5品目を守る」「国民皆保険を守る」「食の安全・安心を守る」「国の主権を脅かすISD条項は認めない」等である。これらはすべて「守る」ことを宣言したにすぎず、「●●を勝ち取る」という宣言ではない。私たち反対運動をする側は、「TPPパラノイア(恐怖症)」と、「TPPによる不安を過剰に喧伝する集団」として『NEWS WEEK』(日本版)に紹介されたことがある。しかし、「TPPパラノイア」と呼ばれてしかるべきは、「守る、守る」としか言えない日本政府そのものの姿ではないのか。

本来、自立した主権国家同士による「交渉」とは、まず交渉において勝ち取りたい内容・目標があり、それを勝ち取るために何らかの譲歩や妥協が必要な場合、「これを差し出すか」というカードを懐に用意して臨むものだ。しかし、100人規模の大所帯の交渉チームを準備し、見かけだけは立派に仕立てあげた日本政府にとっての「勝ち取りたい内容・目標」とは何か。少なくとも政府はそれを国民に指し示す責任と義務があるのだが、この2年間、一度たりとも表明していないではないか。

なぜか。

答えは簡単だ。勝ち取れるものはないことが、政府もすでにわかっているからだ。にもかかわらず、「交渉国になること」が目的化している日本政府の姿は、他国の交渉官やNGOなどのステークホルダーにとってみれば、奇妙極まりない。交渉会合に参加して3回目となるが、毎回、私は他国の交渉官やNGO、業界団体にこう問われる。

「日本は交渉で何を勝ち取りたいのか?」と。これが「交渉」に臨む際のまともな感覚というものだろう。

 
いま、日本の報道は一生懸命に「日本が交渉に参加する」「遅れを取り戻す」と伝える。しかし、改めて確認したい。日本が参加するのは、「交渉」ではない。すでに決められたルールに従うだけの「形式」であり、最大の獲得目標は「守ること」、つまりゼロベースの地点であるという、大変におかしな目標設定しかないということだ交渉参加ではなくむしろ事実上の「全面降伏」といった方が実態に伴っている。

c0139575_22351861.jpg


もちろん、こうした状況を放置しておくことはできない。私たちは改めて、参加撤回や批准阻止、そしてTPP交渉そのものへの関与とチェック、批判を続けていく必要があることは言うまでもない。


交渉の進展や具体的な分野の課題については別途触れたいと思う。






20130721「参議院選挙」選挙箱追跡を阻まれ、選挙用紙の写真を消せと迫られる 警察と選管の癒着
http://www.youtube.com/watch?v=Tqx-C2XqFn0

c0139575_0311257.jpg

c0139575_0473571.jpg


選管・警察の不正翼賛会による投票箱追跡妨害の真実 2013/7/24(水) 午後 5:49
http://blogs.yahoo.co.jp/nothigcat2000/25178035.html



TPPの本質は、黒人奴隷制度の復活
http://alternativereport1.seesaa.net/article/370151206.html

かつて世界最大の自動車メーカー=GMは、破産申請を行い、その借金の全てを踏み倒した。

世界最大の企業であるとして証券会社等に勧められ、GMの社債を買っていた日本人は、その資金の全てを失った。

破産申請したにも関わらず、GMは倒産せず、現在も世界最大手の会社として利益を上げ続けている。

現在、GMは毎年莫大な利益を上げ続けているが、社債を買った人々への返済は行わず、「借りた金を、踏み倒したまま」である。

市民・サラリーマンに対し、「政府が倒産する事はない、これ程の大企業が倒産する事は無い」として、老後の生活資金を投資させ、その後、破産申請し、老後の生活資金の全てを奪い取る。

こうした金融のトリック=サギが繰り返されている。

デトロイト市の破産申請でも同様の事態が進行しつつある。

老後の資金を貯めるため、一生懸命、働いた市民・サラリーマンは、結果的には「タダ働き」をさせられた事になる。

無給与で働いた事になり、無給与で働く事を、奴隷労働と言う。

21世紀には、金融のトリックを使った、「巧みな」奴隷労働制度が存在している。

18世紀、19世紀の黒人奴隷農園・鉱山は、こうして現代化され存続している。

TPPの自由貿易とは、この奴隷制度に発祥を持っている。




参院選(東京)出馬の犬丸かつこは正義の支援者の方々に支えられ素晴らしい選挙してます!こんなにしてくださってるのに「負けたくない」! 2013年07月20日
http://tokio92.seesaa.net/article/369766998.html

<< 犬丸かつこは参院選東京選挙区から立候補してます。そして、実感してます。GHQが日本占領下で作った「不正の温床NHKは絶対に解体」しなくてはならないということを!

c0139575_040615.jpg


変わらぬ手口で「不正選挙」達成 ~ 追及のための実行動への転機 先住民族末裔の反乱 2013/7/23(火) 午前 2:52
http://blogs.yahoo.co.jp/nothigcat2000/25171697.html

 予想通り低投票率で自公が過半数を確保し、補完勢力のみんなや共産が議席数を伸ばすといったシナリオが昨晩実践された。まずこの不正の手口が去る衆議院選挙と全く同じであることを検証しよう。

 ・事前に似非データも基に何の統計的根拠を示すことなく全マスコミの世論調査で自公圧勝のポロパガンダ
 ・低投票率のアリバイ作りに投票時間切り上げ及び今回は投票日繰上げまで実施
 ・投票日若しくはその前に選管の不手際を小出しに記事に掲載
 ・午後8時と同時に、マスコミが一斉に自公勝利結果を公表
 ・生活の党の選挙区は伸び悩み、かつ比例区は大量に他党に流出

 これを見ただけでも前回と不正翼賛会の手口が全く変わっていないことがわかる。加えて姫路では無効票が投票数の1割に達するなど選管側の不手際がより際立つ形となっている。しかし、不正防止側には学習能力があることが欠落していたようだ。つまり、開票に立ち会った方からネットやツイッターで「同一筆跡」の投票用紙の目撃証言が続出し、中には証拠保全されたものもある点である。選管側はこれを事前に察知してか、「有権者の指示により職員が代筆することがある」旨の言い逃れをを用意していたようだが、これならば何人の代筆を誰が何時行ったかを選管側は証言しなければならなくなる。まして同一候補者の代筆を何度も行うなど常識的に考えられない。

 手口を変えてきていると指摘する人もいるようだが、私が先ほど東京で立候補し、自身が開票の立会いに関わった犬丸さんに確認したところ、

 ・千を超える白票があった
 ・自民候補名を記した機械文字の投票用紙を多数目にし、その撮影許可を求めたが選管に拒絶された
 ・彼女の応援者が別の開票所で同様に「同一筆跡」の投票用紙を目撃し、選管側と揉めた


と直接聞いた。仮にこれが事実で、それを裏付ける証拠写真やビデオが拡散されることになれば、前回衆議院選挙で問題視された、「投票箱のすり替え」と「読み取り機による改竄」の二つが実施された可能性が高く、同じ出口でアリバイ工作がなされたことを意味する。

 
 また杜撰な開票の実態を垣間見る報道もなされた。板橋区の開票場で、票の束に他候補の票が紛れ込んでいたことが立会人の指摘で発覚し、その影響で開票作業は午後0時まで続いたという。無能な公務員の仕事などこの程度のものである。今回は立会人が執拗に調べた結果、偶々ミスが露出したにすぎず、過去にはこうした杜撰な開票が行われていたことを想像できよう。さらに最重点項目であるバーコード処理過程のトラブルに関する報告は未だ耳にしていないが、バーコードと得票数の合致及びその投票用紙の中身をチェックすれば不可解な事実が多々噴出するであろうことは容易に想像できる。

 では今後、如何に対処すべきか。まずは情報を持つ個人個人がネット等で「同筆跡と票用紙」の証拠資料を開示拡散することである。有権者になりすまし、投票用紙を改竄することは他人の人権を侵すにみならず、憲法に保障された選挙制度を冒涜し破壊する犯罪、「内乱罪」に該当すること事実に関し周知徹底を図る必要がある。姑息な本のネタになるような情報提供は拡散を妨害するため望ましくないであろう。

 次に今回の結果や開票及び選管の対応に不満を抱く者は一斉に訴訟を提起し、関係した選管職員を証人喚問し、事実関係の説明と犯罪への関与を法廷の場で証言させることである。勿論、腐敗した司法が権力と結託し、喚問すら認めないことは十分に予想されるが、そのときは政治家が立ち上がり国会で弾劾する可能性も残されている。

 さらにボールペンやサインペンを用いた投票が認められていることは確認されているにも拘わらず、立会人から該当票が見つからないとの声がネット上を駆け巡っている。以前選管に問い合わせたところ、選挙後30日は投票用紙は保全され、投票者は、自身の投票用紙を確認することはできるようだ。ならば特徴的な記載手法にてボールペン等で記載した有権者が挙って選管に自らの投票用紙の確認を迫れば、選管サイドがかなりの恐怖感を抱くことは必定である。こうやって住民の実力行使によって選管を揺さぶることも十分な意義があるものだと私は感じている。

最後にツイッターで拾った興味深い「出口調査」結果を伝えたい。
杉並・桃井第三小の投票所で実施した出口調査の結果、得票1位は山本太郎(得票率19.39%)、2位自民・丸川(16.67%)3位民主・鈴木(15.45%)、4位共産・吉良(12.58%) 5位、自民・武見(10.15%)、6位、維新・小倉(7.73%)、 7位、大河原(5.15%)、8位、ローランド(4.70%)、9位、公明・山口(3.94%) 。有効回答660、有権者数は9792人。
勿論、このデータをもって早計に母集団を推定できないのだが、選挙結果と大きく乖離した内容となっている。私個人的には、自民党の支持率は実は共産並みに激減、みんな・維新の統一教会系補完勢力は論外、公明党は大幅に支持率を減らし最早、虫の息レベル、となっているこの調査結果を大いに賞賛したいと思う。


2013/7/22 11:56 神戸新聞
参院兵庫 姫路市で無効投票が2万2604票
姫路市は「無効票の記載内容の内訳数は集計しておらず、詳細は分からない」とする一方、「比例代表候補だった特定の候補者の氏名が書かれた投票用紙が多かった」としている。同市では3年前の前回参院選でも、同様の無効投票が目立ったという。

板橋の開票所、トラブルで昼すぎまで作業
TBS系(JNN) 7月22日(月)13時19分配信
 参議院選挙の開票作業でトラブルが相次ぎました。東京・板橋区の開票所では、候補者の票が別の候補者の票の束に混ざっているのが見つかりました。この影響で、板橋区の開票所では午後0時半ごろまで開票作業が続きました。

 都の選管によりますと、21日午後11時ごろ、板橋区の開票所で、無所属の候補者の票を束ねた中に共産党候補の名前が書かれた投票用紙1枚が混ざっているのを立会人が見つけました。確認したところ、さらに、維新の候補者の票の束にも同じ共産党候補者の票が1枚混ざっているのが見つかりました。この影響で、板橋区の開票所では立会人による確認に時間がかかり、開票作業は午後0時半ごろまで続きました。




環太平洋戦略的経済連携協定 Trans Pacific Partnership Dr. マハティール・モハマド 2013年7月12日
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/trans-pacific-p.html

c0139575_0541759.jpg

c0139575_0553223.jpg

[PR]

by oninomae | 2013-07-23 20:41  

<< 「風立ちぬ」がベネチア行きだっ... 大企業や富裕層へ富を集中させて... >>