33 18 な新型のコロナウイルス

カバラバカな発表ですか

新型コロナウイルス ヒト・ヒト感染の可能性も
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00245925.html

ヨーロッパや中東などで感染が確認されている、新型のコロナウイルスについて、国立感染症研究所によると、これまで感染者のうち、半数以上が死亡しているが、WHO(世界保健機関)は、ヒトからヒトへ感染している可能性があることを明らかにした。

WHOによると、9日現在、このウイルスの感染者は33人で、うち18人が死亡している。

このウイルスが怖いのは、ヒト・ヒト感染の可能性が指摘されているということ。

12日、WHOのフクダ事務局長補は「(感染者との)濃厚な接触がある場合、ヒトからヒトへ感染する可能性がある」と話した。

さらにフランスで、新たな感染が確認された。

フランスでは、保健相が病院を視察する様子が新聞に掲載されるなど、大きな関心が寄せられている。
感染が確認された患者は、感染者と同じ病室にいた男性だという。

フランスの街の人は「心配ですね。多くの知り合いが、そこ(ドバイ)に行っているから」と話した。

ウイルスにくわしい、国立感染症研究所の松山州徳氏に聞いた。

松山氏は「新型のコロナウイルスは、SARSと非常によく似た性質を持っています」と話した。

2002年から2003年にかけて、香港などで流行し、全世界で8,098人の感染者、774人の死者を出した新型肺炎「SARS」のウイルスの仲間だという。

松山氏は「(新型コロナウイルスは)ヒトに感染する、ヒトの風邪のウイルスとは、全く違う遺伝子配列を持っています。感染して、非常に強い肺炎症状を引き起こします。濃厚な、密接な接触による、ヒト・ヒト感染が起こっていますが、SARSのときのような、あるいはインフルエンザのときのような、強い広がりは見られていません」と話した。

12日、WHOのフクダ事務局長補は「最も重要なのは、地域にかかわらず、全ての人が警戒への意識レベルを高めること」と話した。

WHOは、ヒト・ヒト感染の証拠があるわけではないとしながらも、対策に万全を期すよう呼びかけている。


(05/14 00:26)


新種コロナウイルスで18人死亡 5月13日 9時44
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130513/k10014524851000.html (こっちは34でしたが、いよいよ国連もネクストステップ?いや、妄想しすぎか?)

c0139575_0142093.jpg


WHO=世界保健機関は、去年確認された新種のコロナウイルスについて、これまでに18人が感染して死亡し、感染者と長い時間にわたって近くで過ごす「濃厚接触」の場合には、ヒトからヒトへの感染が起きる可能性もあることを明らかにしました。

これは、サウジアラビアの首都リヤドで、12日、WHOのフクダ事務局長補がサウジアラビアのラビア保健相と共に記者会見して明らかにしたものです。

それによりますと、去年9月に初めて確認された新種のコロナウイルスに、これまでに中東とヨーロッパで34人が感染し、少なくとも18人が死亡したということで、とりわけサウジアラビアの死者が15人と多くなっています。

これまでのところ、感染源や感染ルートなど詳しいことは分かっていません。

2003年に感染が拡大した新型肺炎「SARS」も、コロナウイルスが原因とされており、フクダ事務局長補は、

今回の新種のコロナウイルスについて、「濃厚接触の場合は、ヒトからヒトに感染する可能性がある」と述べ、感染が広がることに懸念を示しました。

フクダ事務局長補は、「最も重要な緊急対策は、感染が拡大していない地域でも、このウイルスへの関心を高めることだ」と述べ、感染者が出ていない国々に対しても警戒するよう呼びかけました。



関連

『グローバル2000』 は、経済と疫病という二正面作戦だ。 by ジョン・コールマン
http://satehate.exblog.jp/8790674/


「ウォーリーを探せ!」と言われても、ウォーリーを知らなきゃ探し出せない 2013/5/14(火) 午前 1:56
http://blogs.yahoo.co.jp/ontibt_des/64413523.html



TPP参加は亡国への道だ!  亀井静香  + 麻薬屋さん + ブルーインパルス
http://satehate.exblog.jp/19759349/

333 ふぐり玉蔵 + Always War&TPP
http://satehate.exblog.jp/17413121/

神経ガスによるマインドコントロール 1 松本サリン事件
http://satehate.exblog.jp/7729962/

7・3・1
http://satehate.exblog.jp/12060873/

c0139575_23431564.jpg

911、311の連中に仲間だって、媚びを売っているわけですカネ



XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島 Unit 731, Hiroshima/Nagasaki, Chernobyl, Fukushima
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/japan-victim-and-perpetrator.html



【拡散】定期化のみならず、"HPVワクチン"(サーバリックスならびにガーダシル)の接種を直ちに、全面的に止めるべき理由
http://insidejobjp.blogspot.jp/2013/05/hpv.html

松あきら議員の旦那がグラ糞の弁護士である証拠はこれまでネットにきちんと出ていないと思うので、それだけでも拡散の価値あり!と思います。

・・・このワクチンを推進した松あきら議員の夫、西川知雄氏は弁護士で、その弁護事務所の東京オフィス代表。そしてその事務所はグラクソやメルクを顧客として抱えている。



https://twitter.com/khaddar88/status/317963745861193731


【拡散して!】被害者連絡会からの抗議声明文 Friday, May 17, 2013
http://insidejobjp.blogspot.jp/2013/05/blog-post_17.html

http://ameblo.jp/3fujiko/entry-11532079264.html

・・・

2013年5月16日木曜日

子宮頸がんワクチン被害者連絡会代表 松藤美香

抗議声明文

ワクチン分科会副反応検討部会の結論ー接種継続ーに抗議する!
私たちの娘を人体実験の道具とすることは絶対に許さない

 本日、「平成25年度第1回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、平成25年度第1回薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(合同開催)」の会が厚生労働省で開催された。私たち連絡会は、この会議に合わせて、会に寄せられた子宮頸がんワクチン被害症例24件を提出した。

 ところが、「 子宮頸がんワクチンの予防接種法に基づく接種を一時中止し、副反応の状況を確認すべきか」との審議項目にあたり、委員たちは症例のすべてを仔細に検証することなく、<発症の時期が(通常経過観察が必要とされる)28日を超えているものがある>、<(想定外の)多様な症例がある>などと一部を捉えて発言、仔細に検証することもなく、私たちのデータのすべてに疑いの声を寄せた。

 薗部友良(育良クリニック小児科顧問)氏は、「(副反応症例が) 集中的、多発的でないのならば、中止はありえない」との発言をした。座長に「全員が発言を」と促されたにもかかわらず、意見を表明しない委員もいた。結局、桃井眞理子座長(国際医療福祉大学副学長)は、「中止するにも、再開するにも、(そうすることの)論拠が必要」、「医学的データを収集してからでないと(中止の)判断が出来ない」と言い、継続を結論とした。

 しかし、このワクチンの予防効果は極めて限定的であり、 子宮頸がん予防のためには検診で十分であることはすでに医学的に証明されており、中止しても特段の弊害はない。にもかかわらず接種を継続するということは、今後も被害の発生を容認するという宣言となる。つまり、薗部委員の上記発言、ワクチン接種の費用が、製薬会社の臨床試験でなく日本の国家予算で行われていることを合わせ考えると、私たちの娘を人体実験の道具にするとの宣言に等しい。

   当会は、本日の結論に強く抗議すると共に、重ねて、 子宮頸がんワクチンの接種中止をここに求める。

以上





モンサントのGMOが混入した大豆を買った農民に米最高裁は特許権を理由に8万4000ドルを支払うように命じたが、同社のカネ儲けには裁判官だけでなく議員や国務省も協力 2013.05.16
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201305160000/

大豆を栽培しているインディアナ州の農民、バーノン・ヒュー・ボウマンがモンサントに訴えられていたが、最高裁はモンサントの主張を認め、ボウマンは8万4000ドル以上を支払うことになりそうだ。報道によると、穀物倉庫で買った大豆の中にモンサントの遺伝子組み換え作物「ラウンドアップレディー」が混じっていたことから、特許が侵害されたということのようだ。つまり、穀物倉庫で穀物を買えば、モンサントの特許で縛られることになる。モンサントと関わり合いたくないなら、穀物倉庫で穀物を買ってはならないということだ。

裁判官だけでなく、議員もモンサントのカネ儲けに協力している。今年、アメリカで成立した包括予算割当法案の第735条(!)は、消費者の健康を害する懸念がある遺伝子組み換え作物の種子でも、法的に植え付けを差し止めることができないと定めている。いわゆる「モンサント保護法」だ。

それだけでなく、遅くともジョージ・W・ブッシュ政権の時代からアメリカの国務省は各国政府に対し、バイオテクノロジーを推進する政策や法律を採用するようにロビー活動を続け、バイオテクノロジーに対する常識的な安全策もやめさせようとしている。遺伝子組み換え作物の表示も許さないという姿勢だ。当然、TPPもこうしたことを要求してくるだろう。(すでに、日本政府は要求に応え始めている。)

そもそも、このモンサントは化学会社。最初の商品は人工甘味料のサッカリンだったようだが、1940年代には核兵器開発プロジェクトのマンハッタン計画に参加、ベトナム戦争でアメリカ軍が使った枯れ葉剤のエージェント・オレンジを生産していたことでも有名だ。

1962年から71年にかけて、アメリカ軍は約7600万リットルの枯れ葉剤を散布した。ランチハンド作戦だ。その結果、赤十字の推計では、先天性障害を持つ15万人の新生児を含め、300万人のベトナム人がエージェント・オレンジの被害を受けたという。この時期に、この薬品は沖縄でも貯蔵されていた。

モンサントの利権集団は「軍産複合体」と結びついている。そうした集団が遺伝子組み換え作物を全世界に広めようとしているのだ。

[PR]

by oninomae | 2013-05-14 21:55 | バイオハザード・ワクチン  

<< 宮城 18日14時48分頃地震 <イルミナティ――秘密の盟約>... >>