野蛮人の世界支配  テープ1 その1

現状を理解するためには、何はともあれ、これでしょうか。根源に迫る記事の時間差転載

NWO(ニューワールドオーダー)のおぞましき実態
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2012/10/nwoprologue_45a.html より本文

【転載開始】翻訳:田五郎氏(HN) 文責:飄平(HN)

原文http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/tape1.html

原題:New Order of the Barbarians(野蛮人の世界支配計画) をテープごとにまとめて転載


野蛮人の世界支配
 前書き と テープ1 

野蛮人の世界支配(計画)は、Dr Lawrence Duneganが作成した3本のテープによる回想のコピーにある。このなかに、1969年3月20日、“Order”の会員であったDr Richard Day (1905-89)の講演があり、

c0139575_2141748.jpg

Randy Engelによって1988年に録音されたものである。

Dr.Duneganは、彼が1969年3月20日のピッツバーグ小児科会の会議に出席し、そこでDay(彼は1989年に死亡したが、その時はNYのMount Sinai Medical Schoolの小児科学の教授であり、それ以前はアメリカ人口調節連盟の医学部門の責任者であった)が、将来、医学および健康管理分野のリーダーになることが約束されている学生および保健専門家たちに、講演において“記録しないという条件で”所見を話した。

Randy Engelにより記録された3本目のテープで、DuneganはDayの発言だという保証と、ここから明らかになったのは、Dayがエリートグループの最重要の計画に関知した組織内の人であり、このグループは世界を独裁するために西洋世界を統括していることを、詳しく述べている。

地球的規模の専制政治は一般にNWOと呼ばれ、宗教に関係ないものと宗教に関係するもの両方、すなわちNWO政府とNWO宗教とを含んでいる。これらを理解している人たちがルシファーの全体主義的世界帝国と呼んでいる未来図である。

講演に先立ってDayは全員に、テープレコーダーのスイッチを切りノートをとらないことを求め、そうすることで組織された医学の将来のリーダーとなる人たちに、未来に何が起ころうとしているかを話すことができると言った。

DuneganはDayのメッセージが重要なことを悟り、Dayの要求に従わず、彼の話したことをナプキンにノートし、そののちこのノートを書き出した。これらは、命のための米国連盟の全国理事(the National Director of the US Coalition for Life)であるEngelのインタビューの基になった。

Duneganの取ったこのノートは、世界のすべての人々に対し何が計画されているだけではなくこの邪悪な計画をどのように実行するかまでも暴露している。これらのことを理解できた人はDayの話したことが完全に世界的エリートたちの秘密の計画の反復であり、不健康ともっともらしい医療行為を増進させ、その一方で病人たちに対する有効な治療を抑え、AIDSのような人造病原体を人の遺伝子プールのなかに故意に導入することによって、人間性の包みを拭い去るものであることを認識するであろう。

この講演を通じてDayは、英国の自然科学者チャールス・ダーウイン(Charles Robert Darwin, 1809-82)による“自然選択による進化論”に関するまがいものの理論に基づいた哲学を使って彼の所見を正当化している。

すなわち、仮定された自然プロセス:もっともよく環境に適合した生物の進化に帰着するというプロセスであり、その理論の熱心な支持者であった英国の哲学者であり社会学者でもあったHerbert Spencer (1820-1903)が「適者生存」として述べたものがそれである。

Spencerは、直ちにDarwinの仮定を人間社会に適用した。こうして、Darwinが彼の定式化した生物の進化論(新しい種は自然選択によっておこり、永続するという)を動物界に限定したにもかかわらず、他の人たちはSpencerに従い“自然選択”を人間社会に拡張したのである。

Spencerの理論はしばしば社会Darwin主義と呼ばれ、(人間社会が(無法地帯の)ジャングルに例えられ、多くの試練を克服できた人だけが生き残り、それによって、常に、未来の世界に彼らの特徴を伝え、退化から人間社会を切り離す度合いを増大する)、この理論が優生学の科学的基礎であり、それがすべてを示している。

ニーチェ;Friedrich Wilhelm Nietzsche (1844-1900) ドイツの哲学者;は“超人”の概念とキリスト教の価値の否定で知られるが、NWO運動の哲学的巨匠の一人である。Dayは熱烈な無神論者であり、従って、人間の生活が単にジャングル(無法地帯)の延長と考える人にとっての代弁者となり、彼の自ら買って出た仕事は、人の遺伝子プールから“弱さ”と“退化”とを根絶しながら、西洋文明によって要約される進歩を守ることである。さらに、それを行うなかで、人類が進化の過程で作った進歩を保存するだけでなく、それの進展を助ける。それがこの有害な哲学である。神の意志とそこにある自然の倫理的条理により創られた天地創造の真の目的にとって有害であり、この哲学には、彼らのNWOを作ることに精を出している者たちの邪悪な仕業の多くがほとんど隠されずにある。

それはまた、何ゆえ計画の大部分がNWOにとって優生学だけでなく、人口削減と集団虐殺する理由の要素でもある。さらに、Dayのような人物が(その最も純粋な形で自然の倫理的条理を具現化している)キリスト教を憎み、精神的現実としてのこの地球の破壊を目指しているかの理由である。

Day は、組織化された医学で世界人口を虐殺するという秘密の計画を知り、それを話したけれども、彼はまた、かれらが直接支配している世界専制支配をもたらすために働いている謀略者たちのより広範な目的にも内密に関わっていた。最初に、Dayはこのとき(1969)自由に話すことができるとコメントした。数年早くでは、話すことができなかっただろうけれども。

しかし、かれはこの時は自由に話せたのである。というのは世界帝国のための秘密結社の古くからの野望であり、非公開だった謀略は、Dayが自慢したように、今や“公開された謀略”になったからである。

“すべてが順調で、今やだれも我々を止めることはできない”

従来の秘密の諸計画のなかでも、Dayが概説したのは西洋社会をその根底まで揺さぶるモラル革命と、世界のステージ:世界宗教へ誘導することであった。これはアーリマン(Ahriman:ゾロアスター教の悪の神)の世界新秩序の一神教であり、(特にローマンカトリックの)教会自身によってもたらされるものであった。さらにかれは、“国を一瞬の核戦争に導き”、世界政府と新世界支配をもたらすテロの管理と行使について論じた。


Dayが話した話題(目次)

(第1巻)
1.人口調節:子供をもつことの許可
2.セックスの目的の切り替え-生殖なしのセックスとセックスなしの生殖
3.性教育と世界政府の道具としての若者を肉欲的にすること
4.人口調節としての税で基金化された堕胎

5.同性愛の推奨・・・・同性愛に行く何事もまた推奨される

6.安楽死と“死に至るピル”
7.入手可能な医療介護を利用することの制限は老人を容易に排除させる
8.医療の厳しい制限;開業医の排除;診断するのが難しく対処できない新しい病気
9.人口調節の1つの方法としてガン治療の抑制
10.暗殺の一つの方法としての心臓発作
11.思春期と進化を早めるための方法としての教育

12.すべての宗教の融合・・・・古い宗教は消え失せねばならなくなるだろう
13.キーワードの改定による聖書の変更
14.教化の道具としての教育の再構築
15.学校により長く置くこと、しかし、生徒には何も学ばせない
16.情報にアクセスすることの制限
17.学校をコミュニティーの中心にすること

18.ある本は図書館から消えるであろう
19.モラルと社会的無秩序を増大させるための法改正
20.市街地に無法地帯を生み出すための麻薬の乱用の推奨
21.アルコール乱用の増進;旅行の制限
22.監獄の増大の必要性と監獄としての病院の利用

(テープ1巻おわり)

テープ1

組織し変化の方向を変える能力、力あるいはグループはあるか?

過去20年ほどの間にアメリカ社会で生じたすべての変化を観察してきた人たちによって、また、アメリカ合衆国の初期の歴史を振り返ってみた人たちによって、そしてまた、もちろん、世界の歴史を見てきた人たちによって、アメリカはもとより世界の主要な歴史的できごとに影響を与え、支配してきたという謀略に類するものがあるという結論に至ったことが、数多く書かれ、語られてきた。

この歴史の謀略的解釈は、外部から観察し、証拠を集め、外部から謀略を理解したという結論に至った人たちに基づいている。彼らの証拠と結論は回想して集められた証拠に基づいている。

私はあと数週間で20年になろうとする1969年に一人の講演者から聞いたことを、いま記しておきたい。その講演者は回想として話したのではなく、むしろ、将来もたらされるであろう変化を予言していた。

彼は外から見ていたのではなく、あるいは、彼が謀略を見たと考えていたのではなく、むしろ内側にいて、もちろん、組織された能力、強さ、(世界の国々を含む主要な出来事を決定するのに十分な影響力をもつ)グループがあることを認めていた。

そして、彼は予見したというより、むしろこの国に残る人々のために計画された変化を解説したのである。

もしあなたが1969年にそれを聞き、その状況を思い出すことができたら、その数年後に少なくともアメリカ合衆国のなかで、あるいはそれにつづく20年後の今までの間に起きた変化を思い出せは、そうさせようとした計画がすでに成し遂げられていることをあなたは強く認識するであろう。

話されたことのいくつかは1988年までにはまだ成し遂げることが意図されていないが、今世紀末までには成し遂げられることが意図されている。

予定表がある;その予定表のいくつかの要素が発表されたのがこのときであった。

ケネディー大統領の初期のキャンペーン60年代の決まり文句の一種:“60年代の進歩”を思い出す。我々の話し手(Day)は、1969年に、70年代、80年代、90年代について話していた。私は、私たちが見ている、話していることは、たぶんすべてが同じ根源から出ていたと私は考える。この前にはだれも40年代、50年代と言っていたことを思い出せないからだ。それで、私はこの全体計画と予定表は、50年代の遅くには、これを制御する人たちにとって、予測をともなった、重要な姿(shape)をとるようになったと考える。これは私の推測であるが。どのような出来事についても、講演者は彼の目的が次の30年くらいの内に変化がもたらされ、全く新しい世界的なシステムが21世紀前に作動することを我々に伝えることが目的であると言った。 

“私たちは、走っている状態で21世紀に入る予定である。すべてが用意され今やだれも私たちを止めることはできない・・・”

彼は、私たちが彼の話を聞き入っているとき、言った。“このなかのだれかは私が共産主義について話していると思うだろう。そうなんだ。私の話していることは、共産主義よりもはるかに大きいのだ”、と。

そのとき彼は多くの人たちが感じている以上に西洋と東洋の間にもっと大きな共同作業があることを指摘した。彼の導入部分で、彼はこの時話すのに何の制限もないと言った。それを引用するが、

“今やすべてが準備されだれも私たちを止めることができない”と。

これがこの引用の最後である。

彼はいい続けた。ほとんどの人が政府がどのように機能しているかを理解していない。我々を含む政府の高い地位にいる人でさえ、どうやって、そしてどこで諸決定がなされているか実際には知らない。決定に影響を及ぼしている人たちは、たいていは私たちにとって身近な名前の人たちである。しかし、彼は個人の名前あるいは特定の組織の名前を使わない。しかし、もし彼がそれをしたら、大部分の人は、かれの聴衆の大部分がそれがわかる名前であろう。

彼は言い続けた。公的機関に主要な人はいない。しかし、第1番に知られた卓越した人たちは、民間の職につき、民間の地位にいる。

この講演者は医学博士であり、大きなイースタン大学(私立)の教授であり、80人の医者のグループを率いていた。彼の名前は、このテープを聞こうとしているだれにも広く知られていないだろう。そして彼の名前をつける特徴はない。

これを記録したただ1つの目的はこれを聞いた人に見通しを与えるであろうことである。見通しとは、すでに20年間に成し遂げられ、少なくともいくらかの人たちが今世紀(20世紀)の残りに間に計画し、21世紀に入るやいなや飛び出そうとしていることの予告の一部である。

私たちのうち(引用注:大部分は)21世紀に入れないかもしれない。彼・Dayの目的は私たちのグループにこれらの変化を話し、もたらされる変化に我々が容易に適応できるようにすることであった。もちろん、彼は極めて正確に言ったように、彼らはそして彼は一種の友人であるわたしたちが予想されていることを前もって知っていればより容易に適応できることを望んでいた。

“人々は変化に慣れなければならないだろう・・・”

講演の導入部分で彼は誰もテープレコーダーに録音しないこと、ノートをとらないことを強く要求した。ということは、彼にとって聴衆から覚悟しなければならないようなとても大変な内容であった。もし彼が言おうとしていることが広く知られたなら、そして、もし彼が秘密をぶちまけたことが広く知られたなら、それが広く彼にとって否定的な影響になるかも知れないことを、彼の話すことが、暗に示していた

彼の話を聞いたとき、最初私はそれが彼の独りよがりのたぐいで、彼自身の重要性を高めるためかも知れないと考えた。しかし、話が明らかになるにつれて、私は、彼が話したことが広く知られていないことに関わっていたかもしれないと思い始めた。彼が話しているのはかなり公開された場所にもかかわらず、それでもなお、彼はノートをとったり録音しないよう要求した・・ということは、彼が話したことがもし広く明らかになれば個人的危険が及ぶかもしれないことを示していた。さらに、彼が話すにつれて、私は彼が話したことがかなりひどいことだと・・その時彼らは確かにひどいように見えた・・・私は彼が言ったことができる限り思い出せるようにメモし、その後の年月のあいだの私のまわりの思い出せる簡単な出来事を結びつけ、将来、私が今していることをしたい場合に私の記憶を助けるために、これを記録する。そしてまた何が展開されるかの全体を維持するために、もし、それが予言したパターンに従っているなら!

ここで、それを後ほど触れるのを忘れないために、講演のすべてに一般的な方向性を持っていたこと、講演を通じて何度も言ったことについて話しておきたい。

1つは、変化しなけれならない、人々は慣れる。・・・彼の言葉は

“人々は変化の思想に慣れなければならない。慣れれば彼らは変化を予測するだろう。永遠なものは何もない。

この言葉はしばしば社会の文脈の中で出てきた。そこでは人々はルーツや精神的よりどころを持たず、受動的に変化を受け入れたがる。というのは彼らが知っているすべてであるから。

これは、この時までの世代、すなわちあなたがそうなるだろうと思い、そして人生の基準点としての場所にとどまるとは大違いである。

変化はもたらされ、変化は予想され、受け入れられ、疑問はもたれない。

もう一つの講演中に幾度となくなされたコメントは

“人々はあまりにも信用しすぎとなる。人々は正しい質問をしない。”

時には、信用し過ぎは無口すぎることと同じであった。しかし、時には彼は、“人たちは正しい質問をしない”と言おうとし、言った。これは、ほとんど反省が込められていた。あたかも彼がその一味であることに納得せず、人々がそうすることに挑戦し、それほど信頼してほしくないかのようであった。


真実の決められたゴール

しばしば繰り返されたコメント・・・これは特に法律と習慣を変えることに関して・・・そして特別な変化、

彼は言った。

“すべては二つの目的を持っている。一つは人々にそれを受け入れやすくするための見せかけの目的、もう一つは新しいシステムを確立し、それを保持するという目的である。

彼はしばしば言った

“とにかく他に道はない。とにかく、他に道はないんだ”

これは、とくに、いやな変化を話すときに謝罪の一種のように思えた。例えば、すぐに常習的になる麻薬の奨励などである。


人口調節

彼は人口調節グループで非常に活動的だった。人口調節運動と人口調節は序論に続く明細書(具体化)の入口だった。彼は人口はあまりにも急激に増加していると言った。この惑星(地球)で生きる人口は制限されなければならない、さもなければ生きるために宇宙へ逃げなければならない。私たちは食糧供給に追いつかなくなり、我々は私たちの廃棄物で世界を過剰に汚染するだろう。


子供を持つための許可

人々は、彼らが望通りあるいは不注意で子供をもつことは許されなくなるであろう。ほとんどの家庭は2人に制限されるだろう。ある人たちはただの一人が許可されるだろう。しかし、大部分の人たちは二人の子供をもつことが許されるであろう。というのは、人口増加率がゼロになるのは、子供2.1人の家族で構成である。そのため、10家族ごとに1家族が3人の子供を許されるだろう。私にとってこのときまでに、人口調節という言葉は生まれてくる子供の数を制限すると言う意味だった。しかし、この話はどんな人が許されるかであり、“人口調節”とは出産を制限する以上の意味を持っていることが極めて明確である。

このことはすべての世界の活動のコントロールを意味している。これを聞くまえまで私が把握していた以上のより広い意味が人口調節にあった。お聞きのように、またあなたがたが聞いたことを思い出してみれば、あなたがたは、あるものが、人間活動をコントロールするという別のものにぴったり合うことを認識し始めるであろう。


セックスの目的の切り替え:生殖なしのセックスとセックスなしの生殖

人口調節から、自然な次のステップがセックスであった。彼はセックスを生殖と切り離さなければならないと言った。セックスはあまりにも気持ちが良すぎ、衝動が強すぎるので、人々がそれをあきらめるのは無理であろう。食べ物や水にセックスを減らすための化学薬品を入れるのは実際的ではない。そこで、戦略としてはセックスの活動を減らさず、むしろセックスの活動を増加させるが人々が子供を持ちたくないようにすることである。


全てに有効な避妊

最初に考えられたのは避妊である。避妊は強く推奨され、それは人々のこころに強くセックスと結びつくので、彼らがセックスを考えたりしようとするとき避妊を自動的に考えるだろう。そして避妊は広く有効になるだろう。避妊を望んでいるだれもが、使えるようになるだろう。避妊用具はドラッグストアでたばこやガムのようにもっと目立つように展示されるだろう。オープンになり、カウンターの下に隠してあり、避妊用具を頼んだり、買うのがきまりが悪いというようなことではいけない。この種の解放性は、避妊用具が生活の一部となり、ほかの品物と同じように店で売られるようになることを指し示していた。そして、避妊用具は宣伝され、学校で性教育と結びつけて配布されるだろう。


世界政府のツールとしての性教育

性教育は子供たちに早くから関心を持たせ、彼らが活発になる前にセックスと避妊の必要性を関係づけさせる。この時、私は先生たち、とくに高校の先生たちは、それに同意するとは考えられず、生徒に避妊用具を配ることにはなおさら関わりたくないだろうと思った。しかし、どうやって先生たちにそれをやらせるのかを理解させることが欠けていたことを思い浮かんだ。それは、学校ベースの臨床講義・プログラムが始まる前であった。

この時までにUSの多くの都市で学校ベースの臨床講義が用意され、そこには最初に、避妊、産児制限、人口調節が入っていた。この考えは、その後、セックスと避妊の間の関係に導入され、補強され、結婚にまで引き継がれた。もちろん、もし若いひとたちが・・・彼らが成熟し、結婚しようと決めたとき、結婚自身の重要性を小さくするであろう。

大部分の人が結婚することをたぶん望むだろうが、しかし、(結婚したいという)確信は、もはや性的な活動に必要だと考えなくなるだろうとの認識を彼は示した。


人口調節としての税に基づく中絶

驚くことではないが、次の方法は中絶であった。そして、この、ロー対ウェイド事件の4年まえの1969年に、彼は

「中絶はもはや罪ではない。中絶は普通に受け入れられるであろう」

と言ったのである。

(訳者注:ロー対ウェイド事件(Roe v. Wade, 410 U.S. 113 (1973))は、「妊娠を継続するか否かに関する女性の決定はプライバシー権に含まれる」として、アメリカ合衆国憲法修正第14条が女性の堕胎の権利を保障していると初めて判示し、妊娠中絶を規制するアメリカ国内法の大部分を違憲無効とした、1973年のアメリカ合衆国最高裁判所の判決である。

中絶を憲法により保障された権利として堕胎禁止を原則違憲としたロー判決はアメリカ合衆国の法律および政治・社会に多大な影響を及ぼした。中絶を合法化すべきか、憲法裁判における最高裁の役割、政治における宗教のあり方など、判決は様々な分野で大きな議論を巻き起こした。ロー判決はアメリカ史上最も政治論争の対象となっている判例の一つである。ウイキ)

そして、中絶費用は彼らではなく税金で支払われるであろう。避妊用具も税金で支払われるので避妊用具なしにだれもすることはなくなるであろう。もし、学校の性教育授業がより多くの妊娠に導いたとしたら、実際に問題なしと見られることはないであろう。モラルや宗教上の理由で避妊に反対する両親は、彼ら自身の子供が妊娠すれば考えを改めるであろう。そのため、これは避妊に対する反対意見を抑えるであろう。まもなく、少しの頑固な人だけが避妊を受け入れられないと拒否するだけで、もはや問題ないと思うであろう。



++
避妊や、親が育てる気が無い場合の中絶はしょうが無いとは思いますがね。

病原体や毒物を「ワクチン」でうたれたり、放射能を食べさせられたり吸わされたり、GMO毒を食べさせられたりするのは、いやですね。
[PR]

by oninomae | 2012-11-19 20:05 | ホロコースト  

<< 野蛮人の世界支配  テープ1 その2 決断が遅いがまあいいことか +... >>