「ほっ」と。キャンペーン

福島イタイイタイ病が拡大 原因不明で寝たきり~うつ病と放射性物質と福島エイズ 

福島イタイイタイ病が拡大。原因不明で寝たきり。  2012年11月02日  福島県は「放射能死灰の町」となった
http://blog.goo.ne.jp/fukushine777/e/6584924fbe0641ef39290c34b5925f50

福島県内に残っている人から、

「原因不明の、体が痛くて起きていられない症状の人があちこちで増えてる」

と聞きました。私の友人で福島から避難してきた人の中にも2人、イタイイタイ病で苦しんでいる人がいます。そして、うつ病と合わさって、もう寝たきり状態。仕事も退職だし、どうやって生活していくのか、お先真っ暗でしょう。

福島イタイイタイ病と呼んでいます。原因不明。それで体が辛いから精神的にも病んでいきます。病院へ行っても治りません。当たり前です。原因を知ろうとしないから。


現実に、そういう人たちが周りにいるのを考えると、やはり恐ろしいことです。ネット上の話ではなく、現実にいます。

福島イタイイタイ病が増えてる。

(後日談)
私の友人は悲惨です。「福島イタイイタイ病」により「うつ病」にもなってしまい、仕事は解雇。子供を育てる養育費も今後どうやって稼げばいいのか・・。家族や親兄弟もその人のために生活は犠牲になるし、子供も可哀想。時々、攻撃的になってわめき散らすかと思えば、寝たきりで反応もしない時もあり。

しかし、治そうともしません。諦めているみたいです。「悪霊が取り憑いている」と家族が本気で思い始めて、霊媒師(?)みたいな人を今度呼んで除霊してもらう、みたい。嘘みたいな本当の話で、悲惨すぎます。



(後日談その2)
「福島イタイイタイ病」は、私たちが勝手に名付けた仮称です。聞いたことがないに決まってますよ。

また、その原因が放射性物質なのか、うつ病の一環なのか、カドミウムなのか、断定はしていません。「放射性物質による健康被害を否定したい人」は勘違いしないで下さい。

うつ病の一環で、治るのであれば、その方が良いのです。 なお、霊媒師を呼ぶというのは親族の猛反対で取りやめになったそうです。



福島イタイイタイ病(続き):うつ病と放射性物質と福島エイズ 2012年11月05日
http://blog.goo.ne.jp/fukushine777/e/8c5564d504e4eabb636e08e7dd7b48b8

数日前、「友人が福島イタイイタイ病で寝たきり」と題して、友人のことを記事にしました。その、続きです。

まず初めに。
Q.福島イタイイタイ病なんて聞いたことがないのですが?

A.当たり前です。私たち周辺でみんなが勝手に付けました。福島エイズという言葉が流行していますが、エイズよりはイタイイタイ病の方が適切だと思っています。

Q.デマでしょ?
A.何を言いたいのでしょうか。放射性物質によって健康被害を受けたということを否定したいのでしょ?
私は、放射性物質が原因とは一言も言っていません。うつ病の一環かもしれません。ネット上で喜んでいるだけのあなたより、現実に目の前で寝たきりで横たわっている友人の方が遥かに「論より証拠」です。



さて、その友人は福島県から避難してきましたが、体が痛くて日常生活も苦労していて、うつ病も発症し、仕事は解雇。

攻撃的になったり、無反応になったり、ごくまれに「幻影」を見るそうです。それがどうやら家族の「霊媒師を呼ぼう」騒動になったようです。

しかし、親族が「何をバカな!」と猛反対して説得し、呼ぶのはさすがに中止。

体が痛いと言っているけれど、原因は何でしょうか?

その「福島イタイイタイ病」の友人をAさんとします。私の友人Cさん(宮城県出身で、結婚後兵庫県で生活)が、そのAさんと電話やメールで話した時に、

Aさん
「Cさん、私が体が痛くて、うつ病で、どれだけ大変か、あんたにわかる?!!!福島県から家族離散で避難してきて、仕事も家も失って、体がこんなに大変で、宮城や岩手で被災者面(つら)している人たちに言いたいよ。あんたたちの被災の苦労なんて福島県民に比べたらバカみたいなもの。そんなちっぽけな苦労で被災地は大変だなんて言う資格はないよ!!!」

大変な剣幕で宮城や岩手を批判してました。Cさんが宮城出身だとわかってるから。


うつ病で攻撃的になっているんだけれど、Cさんも電話して思わぬ攻撃に面食らったらしいです。


宮城や岩手は、今では放射性物質をばらまくオウム真理教と同じなので(引用注:汚染食品やガレキをまいている関係者のことで、もちろん一部の人たちのことです)、同情する余地は全くないし、そこはAさんの言う通りかもしれません。

問題は、福島イタイイタイ病の原因が何で、どう治療していけば治るのか。それが一番の問題です。・・・以下略
 (→コメント欄に少し書きましたので、ご参照下さい)


++
ぶらぶら病を思い出します

関連

放射能の脳への障害
http://satehate.exblog.jp/17149582/

じわじわと命を蝕む低線量・内部被曝の恐怖 肥田舜太郎 (中)
http://satehate.exblog.jp/18575779/

じわじわと命を蝕む低線量・内部被曝の恐怖 肥田舜太郎 (下) 
http://satehate.exblog.jp/18575781/


ミンスク市で子どもの病気が増加 チェルノブイリ Eisbergの日記 + 放射能による皮膚症状について
http://satehate.exblog.jp/17234310/

増え続ける易骨折 ストロンチウムの影響ではないかと昨年6月からずっと考えている
http://togetter.com/li/381926

++
骨の場合には、クエン酸もしくはグルクロン酸亜鉛錯体+カルシウム・マグネシウム+ビタミンC、の他さらに、ビタミンDを加えるとよいでしょう


これも載せておきます

食材汚染速報
http://takedanet.com/2012/11/post_8506.html

「tdyno.310-(11:02).mp3」をダウンロード

1) 福島県郡山市の日干しダイコンが1キロ3421ベクレルと安全なレベル(1キロ40ベクレル)の約100倍の汚染がでました。同じダイコンを室内で乾燥したものは100ベクレルを切ったと報告されています(2012年10月28日)。

c0139575_0352325.jpg


つまり福島ではまだ空気中にかなりのセシウムが再飛散していることを示していますので、日干しのもの(干し柿、日干しの魚など)に注意するとともに、福島の人はできるだけマスクをしてください。日干しダイコンだけが汚染されるのではなく、人間の肺も汚染されますので。

2) 岩手県一関市で製造されたそばから1キロ340ベクレルのセシウムが検出され、出荷停止になりました(2012年10月22日)。一関は岩手県のホットスポットで、行政が生産者のお金を優先し、口に入る作物の汚染を認めないという特殊な考えなので、継続的に一関の農作物を避ける必要があります。

3) 山梨県富士吉田市の野生キノコ、キヌメリガサから1キログラム340ベクレルのセシウムが検出されました。安全領域の10倍に当たります(2012年10月25日)。長野のキノコに続いてセシウムが山を越えて拡散していることを意味しています。ただ、これが風に運ばれたのか、トラックや野菜などで移動した人為的影響なのかはまだ不明です。

4) 新潟県生活衛生課の情報によると、新潟沖からとれたマダイの内臓から1キログラム21ベクレルのセシウムが検出されました(2012年7月28日)。新潟県は県民のために汚染を注意しているほぼ唯一の自治体ですから、このような発表も積極的にやっています

5) 1ヶ月前に北海道根室沖のマダイから1キロ100ベクレルを超えるセシウムが検出されました。ただ北海道沖のサカナの汚染は種類が少なく、まだ厳重に注意するというレベルではありません。

・・・・・・考え方・・・・・・・・・

少しずつ汚染が広がっています。少し前に青森沖のサカナがかなり汚染され、長野県のキノコ類の汚染が報告されました。今回は北海道沖(太平洋側)のマダイ、新潟沖のマダイの汚染は、太平洋側の汚染が北海道の先端まで、日本海側で始めての汚染がでました

新潟の汚染は、福島原発―水戸―柏―葛飾―奥多摩―榛名―魚沼と流れた放射性物質が信濃川を下って新潟の海に流れたと考えられます。もしかすると国立研究所などのモニターがこの汚染の流れを把握している可能性もあります。秋田沖、山形沖のサカナが汚染されていない所を見ると、新潟平野、信濃川の注意が必要です。

国がもう少し積極的に空間、土壌、植物、動物の汚染マップを1ヶ月ごとぐらいに発表してくれれば、私たちも身を守ることができるのですが、今では上記のような断片的な情報からざっとした汚染状態を知ることしかできないのが残念です。

放射線が怖いとかではなく、子どもの健康を守るのは親の責任ですから、「指導する」という姿勢ではなく、判断のためのデータを出して欲しいとお願いしているのです。

・・・・・・汚染の程度・・・・・・

国は1キロ100ベクレルを基準にし、マスコミも追従していますが、この量は食品安全委員会が明言しているように「安全な基準」ではなく、「これで我慢してくれ」という生産者側にたった基準です。

つまり、「外部線量や土壌からの被曝がない地域に限定して」という意味です。今、日本の関東、東北にお住みで外部や土壌からの被曝が無い人は居ません。この被曝量を1年0.6ミリシーベルトとすると、食材の汚染限度は1キロ40ベクレル付近になります。

国が不誠実なのは仕方が無いとして、マスコミは見識を持って欲しいのですが、ある記者は「わかっているけれど、会社の手前、書けない」と言っていました。情報を国民が買ってくれて生活しているのですから、新聞の経営者に報道の原点に帰ってもらいたいと思います。

ところで、空間および土壌の汚染も少しずつ広がっています。福島原発が原因しているものや、山陰のように雨が降ると線量が高くなったり、北九州の瓦礫焼却などによる汚染の拡散が見られます。

口蹄疫が流行したとき、それを拡散しないために国道などを封鎖したりして必死に防ぎました。ところが放射性物質となるとむしろ汚染された食材、トラック、瓦礫などを積極的に運びだそうとしています。子どもの時代の日本を心配していないように感じられます*


(平成24年11月1日) 武田邦彦

++
*日本人を滅ぼそうとしているわけですから、当然ですネ



菅直人を都知事候補に挙げる反原発市民グループの怪奇。新潟・土壌調査プロジェクト、続報。
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/56bc9d4e24a803924799fa87b80e36b9

新潟・土壌調査プロジェクト。という記事を以前に書いています。新潟の土壌調査のデータです。これが、さらに続報が届きましたので、お伝えします。甲信越のような汚染と背中合わせの地域では、その汚染程度を正確に認識し、極力危険なものを食べない。危険な場所に子どもは行かせないという、現実の方策をとることがものすごく大切となります。今回の調査で、平野部では汚染が強くある場所が少なく、少しほっとする結果となっています。

以下、おまけ

都知事選挙の話です。今井一氏達のグループ、都民投票系統の方たちの動きは、僕に特に関心はありません。 しかし、この福島第一原発事故の対応をとらなかった、最終責任はまぎれもなく、菅直人元総理にあります安定ヨウ素剤の配布をしなかったのも。健康被害が拡大する最終責任のある人物を、これらの人々の中で、今更、都知事候補として、名前が挙がったことを知りました。・・・
[PR]

by oninomae | 2012-11-05 23:57  

<< アップルペクチンの放射性物質に... 石原さんはヒトラーを生んだヒン... >>