「アンダーワールド」-イルミナティ・ハイブリッドの発生 by Aspen

「アンダーワールド」-イルミナティ・ハイブリッドの発生 2012-06-02 11:41:21
http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-11266790538.html

ヘンリー・メイコウのニューズレターから
〝Underworld" -- Emergence of the Illuminati Hybrid by Aspen (henrymakow.com) May 29, 2012
http://www.henrymakow.com/underworld_by_aspen.html


「アンダーワールド」-イルミナティ・ハイブリッドの発生

c0139575_21192582.jpg


映画は、奇怪なオカルトの段階へ人類を誘導する主要な手段である。「アンダーワールド」は、私たちにイルミナティ・ハイブリッド種の発生した歴史を描いている ...ここでは、イルミナティがユダヤ民族と一般的人類を嫌っている様子が描かれているが、その一方で、死にもの狂いで両者を食い物にしている。


「アンダーワールド 覚醒(Underworld: Awakening)」(2012)は、一連の映画の第四作目であり、吸血鬼族と狼族の間で行われている長い戦いの時代を提示している。この映画は、イルミナティの歴史と描写が多く入り混じった題材をもつ代表作である。

Underworld: Awakeningは、「我々は、この世界を生き残るだけでない。 我々は、取り戻すのだ」という太線を引いておわる。

語り手は、セリーン(Selene)という名前の雑種の吸血鬼である。 セリーンの特記すべき点は、彼女が太陽の光のもとで歩けるということだ。


PLOT SYNOPSIS:あらすじ

一般的な物語は、吸血鬼族と狼族が遺伝子突然変異の結果として病気と老化に対し免疫をもつにいたった.. まず最初にそうなった男は、アレキサンダー・コルビヌス(Alexander Corvinus)ひとりだった。 そして、彼には2人の息子、マーカス(Marcus)とマイケル(Michael)がいた。 「一人は吸血鬼に噛まれ、もう一人はオオカミに咬まれる」。

息子たちは、感染源の獣の性格が反映され突然変異を進化させて、他の人に感染させ続けた。

初期の狼族は危険で血に飢えていたので、吸血鬼族が正気で優生の間は狼族を鎮圧し、管理した。

オオカミが吸血鬼のための番犬としてまず最初に使われた。 だが、オオカミは進化して、反乱を起こした。 それは、「ルシアン」という名前のオオカミによって誘導された。残忍な根絶キャンペーンがオオカミたちに対して扇動された。 それから、文字通り彼らの活動を地下に移すことを強制された。 仇討ちは、何世紀もの間続いた。

ついに、ルシアンは、吸血鬼-狼族ハイブリッドをつくる遺伝子組み替えの手段を発見した。

実際、3種類の雑種がつくられた。 ルシアン(狼)とセリーン(吸血鬼)は共謀して、最初に雑種となったコルビヌスの遠い子孫(マイケル・コルバンという名)を感染させた。 

c0139575_120426.jpg


そして、後で、不老不死のコルビヌス(Alex Corvinus)はセリーンに最後に彼の新鮮な血を与えた。 このように、彼女に太陽の光の中を歩く能力を授けた。

彼女は、第2の雑種である。 また、セリーンとマイケル・コルバンは愛し合い、セリーンはイブという名の雑種の子供を産んだ。

通常の人間はともかくも吸血鬼-狼族の「アンダーワールド」の存在に気づき、異種間戦争が始まった。 遺伝子組み替えで進化した超新種の狼族となって、隠れていたところから出てきた。


INITIAL INTERPRETATION:手始めの解釈

これは、明らかに歴史的現象の鏡である。

2,000年前、不断の「感染症」、反乱、陰謀、暴力(またもや本当の事実、現代のようなふざけた生活)のため、導くことがほとんど不可能ということでイスラエルとユダヤ人は有名だった。

イスラエルは破壊され、その住人が分散した。 同時期の前後、キリスト教は現れて、傾いているローマ帝国を「汚染した」、その影響はそのはるか遠い末端にも貫通し及んだ。

それから、メシアニック・カバラ(Messianic Kabbalah)、強力なルシフェリアン哲学は1200年代に吹き出し、バイセクシャルのユダヤ人のシャブタイ・ツヴィ(Sabbatai Zvi)によって導かれ反乱が起こった。 始まった反乱は失敗したが、カバラ(Kabbalistic)支持者の革命のエネルギーは単に地下にもぐっただけだ。正統派ユダヤ教において、カバラ(Kabbalah)の勉強は、制限された領域だった。

c0139575_21261090.jpg

Sabbatai Zevi (1626-1676)


隠された時代の後、浸透し、世界じゅうの修道士の完全支配にまで徐々に進出した。 教育で、経済で、政治で、技術の中枢で一般市民に存在が知られていない遺伝子工学のレジメ(ユダヤ人とジェンティレ[Gentile:ユダヤ人でない]の雑種だけでなく)を開発して、イルミナティ家族の雑種は、より完全でより完璧な外見で、戦う準備を整え出てきている。

(つづく)【翻訳:タドン】

(訳者記)アスペンのおかげで映画を見る楽しみが増えた。わざわざ見ることもないが、機会があったら確認する要点があるということで。必ずと言っていいほど、感情移入ができない映画ばかりだ。主役の女性、セリーン(Selene)はギリシヤ神話の月の女神の名前でもある。象徴的な名前は、あっちこっち、使い回ししている。映画を見ていないので「あらすじ」の表記が間違っているかもしれない。



〈続〉「アンダーワールド」-イルミナティ・ハイブリッドの発生 2012-06-05 08:18:07
http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-11269260294.html

c0139575_0344613.jpg

c0139575_0501464.jpg

c0139575_0352676.jpg



SHADES OF ILLUMINATI SCIENCE:イルミナティ科学を想起させるもの

アンダーワールド(Underworld)シリーズは、生物学的感染症に起因する病的状態としての吸血病(Vampirism)と人狼病(Lycanthropy)を上演する数ある映画の最初のひとつだった。つまり、「遺伝性疾患の形質転換」ということ。  まあ、オオカミと吸血鬼が一つの遺伝子突然変異(ミューテーション)によってつくられたということで、「症候群(diseases)」でなく原因や症状が特定できる病気(disease)と言う。

吸血鬼とオオカミの初期の描写は、吸血鬼およびオオカミの変容の原因として、未知の霊的な力に焦点を当てた。 唐突に、アンダーワールド、デイブレイカー(Daybreakers)、ウルフマン(Wolfman)、その他もろもろ、身体的な変容を引き起こす「感染症(infection)」ということで出てきた。 そのような映画の一般観衆は、このことに慣らされている。

c0139575_22265673.jpg

c0139575_2235153.jpg

Daybreakers

c0139575_22401534.jpg

c0139575_22411210.jpg


「ゾンビ」概念をメディアに流したのと類似した動きであったことは注目に値する。 アンダーワールド(Underworld)とその類似のもの、「I Am Legend」、

c0139575_22451919.jpg

c0139575_1145226.jpg

28 Days Later」、「28 Weeks Later」

c0139575_2250132.jpg

c0139575_23134822.jpg

と「Zombieland」(続編近日公開)

c0139575_225538.jpg

c0139575_230645.jpg

のような大衆映画の公開は、正確に同じことをやっている。 彼らは、伝染性のエイズ(HIV)のように急に燃え広がる大火としての「ゾンビ」の出現を台頭させた。

c0139575_2259163.jpg


X-Menの設定が様々な能力をもつ超人的な社会不適格者の似たような下品なおとぎ話にしたことも、注目に値する。 それぞれは同じ基本的な突然変異(mutation)が起源だ。

c0139575_23113030.jpg

c0139575_23114499.jpg


昔は「霊的(spiritual)」ホラーが科学的主流になっていた。 正確には、イルミナティ・サイエンスが人体の強化に先端技術の矛先を向けたということ。

アスガルド(訳注:北欧神話の神々の住居)の「神」トール(Thor)のような復讐者に言わせた(映画『トール』の中で)ことは、「私の仲間内では、サイエンスとマジックは、同じものだ」、と。 

c0139575_2320588.jpg

c0139575_23202053.jpg

映画アベンジャーズ(Avengers:2012)に登場する両者、ハルクとキャプテン・アメリカは、科学的な実験によってつくられた超人類(super-humans)である。

c0139575_23233838.jpg

c0139575_23301830.jpg


c0139575_2330159.jpg


本当のところ私の満足するものではないが、最近の記事に体全体の細胞内で突然変異の誘因があると記載している。


HYBRIDS:雑種

映画アンダーワールド(Underworld)で明らかにしたことは、雑種とは、起こるべきしておきた闘争の運命づけられた生存者である、ということ。

狼族と吸血鬼族は、イルミナティの「特徴」をそれぞれ表している。 非ユダヤ人(Gentile)とユダヤ人同盟の様相もまた確実に反映している。

私たちは、オオカミが何ものであるかわかっている。 オオカミ(The Wolf)は、イルミナティの関心と影響で一般に知れ渡った特質をもっている。オオカミは狩猟し、潜伏し、世界の制御支配を破壊し、彼らの力を増強し、銀(経済の流れ)に対する免疫を宿し、体力(軍支配)を強化した。 言い換えると、「狼族」は力、暴力と耐久性のために人間の潜在能力を表現している。それは、彼らがいかなる宗教的なものとも関係していない点に注意することが重要だ。

吸血鬼は、緻密さ、知性、遺伝的純度、性別、無意識および情報技術と超能力の人間を象徴する。 吸血鬼がルシファー(魔王)の子孫であると考えられるという点で、吸血鬼がカトリック教と東方正教と長く関係していた点に注意することが重要である。

雑種(Hybrids)は、イルミナティたちである。 ユダヤ人の迫害、ドイツの軍事支配、ユダヤ人とドイツ人の知的能力、マキアベリズムの政治家の破壊的専門知識、妄想に基づく経済システムの作成、管理、破壊、ブラックオプス(black-ops)計画は、軍の覇権と遺伝子の強化に誘導させることを目標にした。 それらは前進した。 アンダーワールド(Underworld)において、それは抜かりがない。

c0139575_2335493.jpg


もう一方で、「オオカミ」はユダヤ由来のエリート支配方式がある。 「吸血鬼」は、ゲルマン‐ノルディック‐フランク語族である。 これらの2つのグループがある目的で混合させられたことは秘密でなく、彼らは複合型「イルミナティ」である。 これは、「雑種」の率直な解釈である。

アンダーワールドは、私たちにイルミナティ・ハイブリッド(雑種)の出現の歴史をさしだした。


SUPPORTING DATA: NAMES 基礎資料: 名前

「セリーン(Selene)」は、月の女神にあてはまる。 月は古典的なルシフェリアン・シンボルである。 そして、中世の闇の夜を支配する。

c0139575_21415260.jpg


「アレキサンダー(Alexander)」はギリシアを意味し、帝国を創建したリーダーに注意を向けさせる。 私たちは、新世界秩序(NOW)の活動をここに見る。

c0139575_21263956.jpg

Alexander Corvinus


「コルバン(Corvin)」と「コルビヌス(Corvinus)」は、「ワタリガラス(raven)」を意味する。 闘いの先駆け、不変的イルミナティとルシフェリアンの媒体。

「マイケル(Michael)」は、「神に似ているのは誰か?」の意味があるヘブライ人の名前である。 このシリーズでマイケルは最初の狼族である。 そして、後の子孫であるマイケルは、最初の雑種になった。

c0139575_21265249.jpg

Michael Corvin


「マーカス(Marcus)」は、ローマ人の名前で、戦争(Mars:火星)の神を表している。マーカスは吸血鬼族を組織し、後に人類全員に、宣戦布告する。

c0139575_2127889.jpg

Marcus Corvinus

c0139575_21271989.jpg

「イブ(Eve)」は、人類の母である。

「ルシアン(Lucian)」は、単に「Lucifer:魔王」の簡略化されたものだ。

「ジェイコブ(Jacob)」は、「クイント(Quint)」という名の男の狼の父親である。 歴史的に、ジェイコブは、「イスラエル」と呼ばれて来た。 伝承によれば、天使と格闘して、最後に、ユダヤ人種の父になったとされるヘブライ人をかたちづくる。  ジェイコブは、アンチゲン(Antigen)と呼ばれる組織を率いている。 「Antigen」は、「人体を汚染する抗原」を意味する。 それはユダヤ人で、通常、「堕落者(lower)」である。

クイント(Quint)は、巨大なオオカミの化け物だ。 彼の体は筋肉の成長、自己回復、免疫力を引き起こす治療法で遺伝子を増強させている。 「クイント(Quint)」の意味は「5」でもある。 彼は悪魔のペンタゴンとペンタクル(★)である。 そして、いかなる理由であろうと、ジェイコブは彼の父である。

c0139575_21273396.jpg

Quint


ここでは、イルミナティの正直さを垣間見られる。 イルミナティがユダヤ民族と一般的人類を嫌っている様子が描かれているが、その一方で、死にもの狂いで両者を食い物にしている。

【翻訳:タドン】

c0139575_23352374.jpg

こういう連中なんですよ。


Vaccine Zombie video www.VaccineZombie.com



c0139575_23114499.jpg

悪行は大きくネタバレ



c0139575_295867.jpg

[PR]

by oninomae | 2012-06-07 20:40 | イルミナティ  

<< 611? 「終わり」が好きなんですねー >>