スペシャルな隠蔽 サリンは語る

以下の問題を誤魔化すために繰り返す「スペシャル」


神経ガスによるマインドコントロール 1 松本サリン事件
http://satehate.exblog.jp/7729962/

検察側冒頭陳述では、サリンが撒かれたのは1994年6月27日午後10時40分ころから約10分間とされている

裁判ではサリンが撒かれたのは1994年6月27日午後10時40分ころからとされている。
 ところが現場周辺の住民2052人に対して,信州大医学部が行ったアンケート調査によると、被害の自覚症状を感じた人は、午後8時から9時までに5人、午後9時から10時まででは8人いたつまり、サリンが撒かれたとされる午後10時40分の2~3時間前から被害が出ていたことになる。


もう一つ興味深い目撃証言をあげてみよう。
 内容は、午後9時ころ、事件現場とされる池から南西250m離れた路上に大型乗用車が止まっており、車の中に二人がいた。外にいた二人は銀色っぽい宇宙服のようなものを着ていた、というものである

c0139575_262088.jpg

c0139575_14753.jpg

どんなのかなーーー

注1) 「松本市への出発は27日昼ごろの予定だったが、サリン注入に手間取り、同日夕に上九一色村を出発した。途中で日が暮れかかり、新美被告と故村井幹部が話し合った結果、裁判所の勤務時間中にサリンを噴霧することが不可能になったとして、目標を裁判官宿舎に変更した。 午後10時頃、松本市に到着し駐車場で岐部哲也被告が作った偽造のナンバープレートを貼り付け、ビニール袋の防毒マスクを準備した(引用注:「宇宙服のようなもの」はどこにいったのだ?)。その後、たばこの煙などで噴霧場所を探して宿舎西役37メートルの駐車場に移り、故村井幹部は噴霧時間を10分間に決め助手席で遠隔操作した。逃走する際、ワゴン車は駐車場入り口の石柱に衝突し、左側面をすった」(検察冒頭陳述  1995年1月23日 毎日新聞より) 等。 (「悪魔が日本を嘲笑っている」有賀裕二 第一企画出版 1997 p42-43より)

注2) 「長野県松本市で昨年6月に起きた猛毒のサリンを含む有毒ガス事件で、事件当夜、不審な4人組が現場付近で目撃されていたとの情報が、長野県警の捜査本部に寄せられていたことが分かった。・・・調べによると、4人組の目撃は、事件の起きた昨年6月27日の午後9時前後場所は松本市開智2丁目の路上で、有毒ガスの発生現場とみられる第一通報者の会社員方南隣の池付近から、南西へ250メートルほど離れている。大型乗用車の車内に2人がおり、その車のそばに銀色っぽい宇宙服のようなものを着た2人が立っていたという。 捜査本部は、車外の2人が着ていたのは防護服で、現場で薬品を調合してサリンを製造し、容器を持ち去った可能性もあるとみている。」(1995年3月24日 朝日新聞) (同上書籍p44より)


c0139575_18374755.jpg

c0139575_151671.jpg



神経ガスによるマインドコントロール 3 地下鉄「サリン」事件
http://satehate.exblog.jp/7739630/

c0139575_6125163.jpg


日比谷線北千住発に限った話ではないが、「割れたガラス片」や「ガラス瓶」を領置したとの報道は他にもある。

・「東京・営団地下鉄の車内で有毒ガスが流出した地下鉄サリン事件で、車内に残されていた不審物は、複数の薬品をそれぞれ溶剤に溶かして試験管のようなガラス製容器に詰め、容器を割って混合させるとサリンが発生する構造だったことが二十二日までの警視庁捜査本部の調べで分かった。
 調べでは、不審物のいくつかは平べったい弁当箱大の包みにおおわれ、内部から割れたガラス片が多数見つかった。形状から試験管大のガラス容器とみられる。また日比谷線霞ヶ関駅の電車からはガラス瓶を押収した。一方、別の日比谷線の電車では、異臭がする直前に、乗客がガラスの割れる音を聞いていた」(毎日1995年3月23日朝刊1面)
 他は元ページで

c0139575_21155940.jpg


オウム「実行犯の証言」では、犯行に使われたのはナイロン・ポリエチレン袋(完成サリン入り)だけである。

c0139575_211278.jpg

でしたよ


c0139575_20477.jpg


c0139575_225598.jpg


c0139575_281945.jpg

c0139575_285630.jpg

c0139575_292190.jpg

c0139575_2181384.jpg





悪魔組織の犯罪02 抜粋1
http://satehate.exblog.jp/17988201/

・・・坂本弁護士が姿を消した当夜、坂本弁護士一家に似た客3人がタクシ-に乗車し、横浜市瀬谷区三ツ境付近で降り、そこに待っていた二人の男と共にライトバンに乗り継いで行ったという。この情報は「注意を要する情報」として、わざわざ記者会見を開いて公表されたものなので、信憑性は極めて高い。今となっては真実は闇の中である。だがどう考えてもオウム真理教=犯人説には無理があるように思える。それでは真犯人はいったい誰だったのであろうか。

真夜中に何故か都合よく開いていたドアの鍵、そして3人の来客の謎。オカルトに精通している者にはすぐ分かる。フリーメーソン神話において、ソロモンの神殿の建築者である親方メ-ソンのヒラム・アビフを殺害した、3人の卑しむべき職人メ-ソン、ユベラ・ユベロ・ユベラムが登場したのだ。

c0139575_6302879.jpg

この問題については、この本に答えが載っている、と思う




公明党議員(=創価学会)を追うとオウムの闇も見えてくる? 1
http://satehate.exblog.jp/16795099/

公明党議員(=創価学会)を追うとオウムの闇も見えてくる? 2
http://satehate.exblog.jp/16795126/


c0139575_2394928.jpg



++
テレビがいつまでも嘘をつき続けるということは・・・つまり・・・
[PR]

by oninomae | 2012-06-04 00:01 | 政治詐欺・政治紛争  

<< 産地偽装も発覚!地元業者が明か... Bilderberg 2012... >>