「ほっ」と。キャンペーン

頭の傷跡:オバマ、ケイト、ウィリアム

頭の傷跡:オバマ、ケイト、ウィリアム  April 24, 2012

傷跡注視

聖書の予言の解釈によると、反キリストは頭の傷に苦しむことになるが、彼はそれから回復する。

黙示録13:3で、それは言う、「そして私は見た、この獣の頭の一つが傷つけられて、死んだと思われたが、その致命的な傷も治ってしまった:そこで、全世界は驚いてこの獣に服従した。


c0139575_11382095.jpg


ケイトのこめかみの頭部傷跡

c0139575_10424398.jpg

ケイトの髪の下、左こめかみの上に、一つの目立った3インチの傷跡を見ることが出来る。セント・ジェームズ宮殿の宮殿スピン・ドクターたちは、それが幼児の時の外科手術の結果であることを確認した。 彼らは、それがどのような手術であったか議論することを拒否した。彼らが言うには、それは個人的な問題だったので。

http://www.youtube.com/watch?v=71YfSiTM4_Q&feature=player_embedded


http://www.youtube.com/watch?v=klTu9RaumIk&feature=player_embedded




ウィリアムの「ハリー・ポッター」型頭部傷

ケイトは自分の頭の上に傷跡を持つ唯一の人物ではない。

c0139575_10432521.jpg

ウィリアムは彼の額に大きなジグザグマークを持っている。彼はそれを自分の「ハリー・ポッターの傷跡」と呼んでいる。その頭部傷跡は、誤ってゴルフクラブで打たれて、頭蓋骨骨折を引き起こした結果であると言われている。 外科医たちは、その一撃が王子の額に骨を凹ませたことを発見した後、手術することを決心した。


オバマの頭部傷跡

c0139575_10431226.jpg

メディアは、どのようにバラク・オバマの写真を撮るかついて非常に慎重である。彼は後ろから撮影されることは決してないし、彼はめったに右横顔で見られない。 知りたがり屋は、そのショットの後ろに何が隠れているか知りたがる-そして今、それは明白である。

オバマの右横顔ショットの禁止は、彼の右側の後頭部から頭頂に至る彼が有するその奇妙な傷跡を隠している。これは、何年も前の巨大な頭部外傷あるいは脳手術いずれかによるものに見える。 これは、彼が何故、小学六年生の一団に対処するために、テレプロンプターを必要とするのかを説明するかもしれない。 それは彼が何故テレプロンプターからの読み取り中でさえ、時として途方に暮れるのかを説明する。

これはオバマの医療記録が封印されてきた理由であろうか? ここに傷跡、あそこに傷跡、いたるところに新傷跡! オバマの頭上の最新の傷は、彼の左側に現れ、彼の頭頂から下って首まで延びている。 彼は自分の髪の色を変更するように彼の傷跡を変更しているのか? あるときは、彼の髪はすべて黒である。 あるときは、それは少し灰色がちりばめられている。あるときは、それはかなりグレーである。

英国デイリーメールが、オバマの頭部傷跡について、ホワイトハウスに尋ねたとき、ホワイトハウスは、「ノーコメント」で、その問題を「バカげている」と呼んだ。

CNNのアンダーソン・クーパーはその問題を取り上げ、そして言っている。それはおそらく単に、傷跡に見えるこれらのパターンを作り出すオバマの髪が成長する奇妙な仕方であると。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=0GwnOKyhySk

c0139575_11391931.jpg


c0139575_10473183.jpg



元記事は

Head Scars: Obama, Kate, William
http://www.helpfreetheearth.com/news550_scar.html

++
わざわざ、よくやりますナ。

c0139575_1924728.jpg


以下参考

1:ヨハネの黙示録 / 13章 1節

わたしはまた、一匹の獣が海の中から上って来るのを見た。これには十本の角と七つの頭があった。それらの角には十の王冠があり、頭には神を冒涜するさまざまの名が記されていた。

2:ヨハネの黙示録 / 13章 2節

わたしが見たこの獣は、豹に似ており、足は熊の足のようで、口は獅子の口のようであった。竜はこの獣に、自分の力と王座と大きな権威とを与えた。

3:ヨハネの黙示録 / 13章 3節

この獣の頭の一つが傷つけられて、死んだと思われたが、この致命的な傷も治ってしまった。そこで、全地は驚いてこの獣に服従した。

4:ヨハネの黙示録 / 13章 4節

竜が自分の権威をこの獣に与えたので、人々は竜を拝んだ。人々はまた、この獣をも拝んでこう言った。「だれが、この獣と肩を並べることができようか。だれが、この獣と戦うことができようか。」

5:ヨハネの黙示録 / 13章 5節

この獣にはまた、大言と冒涜の言葉を吐く口が与えられ、四十二か月の間、活動する権威が与えられた。

6:ヨハネの黙示録 / 13章 6節

そこで、獣は口を開いて神を冒涜し、神の名と神の幕屋、天に住む者たちを冒涜した。

7:ヨハネの黙示録 / 13章 7節

獣は聖なる者たちと戦い、これに勝つことが許され、また、あらゆる種族、民族、言葉の違う民、国民を支配する権威が与えられた。

8:ヨハネの黙示録 / 13章 8節

地上に住む者で、天地創造の時から、屠られた小羊の命の書にその名が記されていない者たちは皆、この獣を拝むであろう。

9:ヨハネの黙示録 / 13章 9節

耳ある者は、聞け。

10:ヨハネの黙示録 / 13章 10節

捕らわれるべき者は、/捕らわれて行く。剣で殺されるべき者は、/剣で殺される。ここに、聖なる者たちの忍耐と信仰が必要である。

続きは再掲
c0139575_18403593.jpg

c0139575_189167.jpg

                  酒鬼薔薇聖斗 健在

11:ヨハネの黙示録 / 13章 11節

わたしはまた、もう一匹の獣が地中から上って来るのを見た。この獣は、小羊の角に似た二本の角があって、竜のようにものを言っていた。

12:ヨハネの黙示録 / 13章 12節

この獣は、先の獣が持っていたすべての権力をその獣の前で振るい、地とそこに住む人々に、致命的な傷が治ったあの先の獣を拝ませた。

13:ヨハネの黙示録 / 13章 13節

そして、大きなしるしを行って、人々の前で天から地上へ火を降らせた。

14:ヨハネの黙示録 / 13章 14節

更に、先の獣の前で行うことを許されたしるしによって、地上に住む人々を惑わせ、また、剣で傷を負ったがなお生きている先の獣の像を造るように、地上に住む人に命じた。

15:ヨハネの黙示録 / 13章 15節

第二の獣は、獣の像に息を吹き込むことを許されて、獣の像がものを言うことさえできるようにし、獣の像を拝もうとしない者があれば、皆殺しにさせた。

c0139575_1850447.jpg


16:ヨハネの黙示録 / 13章 16節

また、小さな者にも大きな者にも、富める者にも貧しい者にも、自由な身分の者にも奴隷にも、すべての者にその右手か額に刻印を押させた。

c0139575_18261245.jpg


17:ヨハネの黙示録 / 13章 17節

そこで、この刻印のある者でなければ、物を買うことも、売ることもできないようになった。

c0139575_20595967.jpg

この刻印とはあの獣の名、あるいはその名の数字である。


18:ヨハネの黙示録 / 13章 18節

ここに知恵が必要である。賢い人は、獣の数字にどのような意味があるかを考えるがよい。数字は人間を指している。そして、数字は六百六十六である


c0139575_211577.jpg

c0139575_21143295.jpg

c0139575_18421732.gif



c0139575_11391254.jpg

c0139575_11395721.jpg

c0139575_1140375.jpg

c0139575_14201684.jpg

c0139575_11395061.jpg




おまけ

c0139575_21523913.jpg

c0139575_21525295.jpg


神戸連続児童殺傷事件から15年 土師淳君の父、守さんが<手記 産経新聞 5月24日(=11)(木)16時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120524-00000577-san-soci

神戸市須磨区で平成9年に起こった児童連続殺傷事件で、最愛のわが子、淳君=当時(11)=を失った父親の医師、土師守さん(56=11、24日で事件から丸15年になるのを前に産経新聞のインタビューに応じ、いまなお癒えることのない悲しみと、犯罪被害者や遺族のために、少年法のさらなる改善を訴えた。

加害男性」(「」は引用者)(29=11)=当時(14)=からは、16年以降、謝罪の手紙が送られてきて、今年も18日に受け取った。毎回内容は公表しないが、「この1年の間にも、自分自身に向かい合い始めたと思われるような変化があった」と感じたという。一方で、守さんは「私たち遺族はいつまでも『受け身』のまま」と悔しさを隠さない。

「加害男性」と家族がどうしているのか。情報は年々減り、国や、退院後に少年を支えるはずの、法務省OBらによる民間サポートチームがどう活動しているのかもほとんど分からない。

 「加害男性はもう30歳になる。社会では一人前とされる年齢だ。自分自身でどう償うのが正しいのかも考えられるはず…」 (引用注:2015に33カネ)

c0139575_21433765.jpg


だが守さんの思いが「加害男性」に届く可能性は低い。(引用注:あたりまえじゃないか)

妻と、淳君の兄である長男(28)と3人で支え合って生きる。その暮らしは15年たっても変わらない。長男は3年前に就職し、一生懸命働いている。「自分で志を持って仕事をしてくれれば、それでいいんです」。守さんの声も、どこかうれしそうだ。

この15年間、毎週末には月照寺(兵庫県明石市)にある淳君の墓に参り、月命日にも供養を続けてきた。淳君の命日にあたる24日は住職に来てもらい、読経をあげてもらうという。

幹事を務める「全国犯罪被害者の会(あすの会)」の活動は、刑事裁判への「被害者参加」制度となって結実した。しかし一方で、守さんら遺族に“壁”となって立ちはだかった少年法改正に向けては、まだまだ課題をあげる。

 「少年審判の傍聴は実現しましたが、傷害事件では『生命に重大な危険を生じさせたとき』に限定されている。もっと多くの被害者や家族が傍聴できるべきだし、意見陳述などの制度も拡充していきたい」

c0139575_2202884.jpg

c0139575_228478.jpg

c0139575_22165366.jpg

http://to-chihiro.blogspot.jp/2012/05/blog-post_1504.html
c0139575_1443948.jpg

c0139575_1495371.jpg

http://daisukenigou.blogzine.jp/daisukediary/2012/04/post_f4f6.html
c0139575_1424470.jpg

c0139575_14481531.jpg

c0139575_14412620.jpg


++
確かに、茨やおどろが生い茂っておりますナ

c0139575_18511237.jpg

[PR]

by oninomae | 2012-05-26 19:21 | イルミナティ  

<< 「腐敗した銀行制度」カナダ12... 愛情省からプレゼント:厚労省、... >>