狂気のカーニバルが全世界を舞台に繰り広げられている たんぽぽ日記 +

アフガニスタン虐殺事件の犯人ベールズ 聖書の神の教えを守る 正統派ユダヤ人 たんぽぽ日記 2012年03月18日
http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/archives/10676495.html

アフガニスタンで女子供に対し銃を乱射、16名を殺害した米軍兵士の名はロバート・ベールズ。

c0139575_3372622.jpg


アフガニスタン南部のカンダハル州で民家を襲撃し、16人を射殺したとされる米兵の身元は、ロバート・ベールズ(Robert Bales)陸軍2等軍曹(38)であることがわかった。米政府関係者が匿名を条件に、メディアが報道している米兵の身元が「正しい」ことを認めた。  AFPBB newsより


この名前を聞いて、「ああ、やっぱりユダヤ人だったか」と考えるのはこの私ぐらいなのだろうか。

私は、この世界、そして日本においてもバール語という言葉が氾濫していると説いてきた。このベールズという名もバールの名の変形だ。これをバール名と呼ぶ。ー言葉の変形はカバラ暗号術がもっとも得意とする技のひとつー

バール信仰者であるイスラエル系ユダヤ人、またはフェニキア系ユダヤ人ということになるでしょう。

ベールズ軍曹は精神鑑定に回され、度重なる軍務で心神喪失の状態にあったとして、無罪が言い渡されることでしょう。

ゴイム16名の命より、世界を支配する同胞の命は777倍も価値があるのです。

また、ベールズ軍曹は、アフガニスタンとイラクの国民をできるだけ多く殺すという、アメリカ政府の戦争方針に従って人間を殺しているだけで、国際的な対面があるからアメリカ政府が形式的に謝罪しているだけであって、実際にはアメリカ政府首脳は、「ベールズの行いは正しい」と考えているはずです。

これからも世界中で数多くの人間が、アメリカ軍やイスラエルに殺されてゆくことでしょう。

彼らは、人間を殺すために武器を作り続け、日夜人間を殺す訓練を積んでいます。

その理由は人間を殺すためであって、人間の命を救うためではありません。

この当たり前のことを、日本人の多く、そして世界の多くの人が認識していないのは、国やマスコミが国民を騙しているからです。

アメリカとイスラエルという、この世界で最も血なまぐさい惨殺者製造国家がある限り、こうして罪もない女性や子供が殺され続けるでしょう。

「撃て!殺せ! お前が撃たなければ、お前や仲間が殺されるのだ。死にたくなければ殺せ!裏切り者になりたくなければ殺せ。動くもの見たらすべて殺せ!それがお前と仲間が生き残る道だ。そして生き残って祖国の英雄となるのだ」

まさにミスターXによって、ベールズのような殺人兵器が量産されてゆく。

彼らにとってベールズは悪ではなく、最も正しい見本なのである。

c0139575_3395323.jpg


ベールズがアフガニスタン国民の意向に沿わずにただちに国外に移送されたのは、ベールズを守るためである。イスラエル=米国の戦争英雄として。

イスラエルが主導したレバノンのキャンプやガザ地区での虐殺、またはファルージャにおける米軍の虐殺を見れば、女性も、子供も、お年寄りも関係な殺されてしまうことがわかる。

女性は強姦された上で殺され、子供は叩きつけられて殺されるという。まさに光市母子殺人事件が巨大化したような出来事が正しい行いとされてきた。


「正義の戦争」 イスラエルは他民族を殺すときに必ずこの言葉を使う。

c0139575_4582164.jpg

c0139575_4585145.jpg

c0139575_517528.jpg

c0139575_529984.jpg


すなわち、ユダヤ人は誰を殺しても正義であり、ゴイムがユダヤ人を殺すことは罪である。 (引用注:サバティアン・フランキストは言うことを聞かないユダヤ人たちも殺して利用します。まあ、蛮族は野蛮だということで)

なぜなら、ユダヤ人は神の民なのであり、ゴイムは人間ではなく豚である。豚が人間を殺すことは許されない。豚は人間の主人ではなく、家畜、奴隷なのであるから。 (引用注:ヤマト=ヤー・ウマットゥ=神の民だそうですが、はー)

ベールズが殺したのはユダヤ人ではなく、ただのゴイム、家畜であるのだから、ベールズに罪はない。

かりにアメリカの世論が許さないとしても、イスラエルに行けばベールズは英雄として迎えられ、ガザで活躍することだろう。

ガザには殺すべきゴイムがまだ大勢いる。これらのゴイムを殺し、増殖し続けるユダヤ人の居住区を作らなければならない。

それが聖書に書かれているように、イスラエルの歴史的使命なのだから。

ベールズ:「私の悪はあまりにも重すぎるので、人々は我慢しないでしょう。私を見る人は誰でも私を殺すでしょう」

バールは言われた「それならば、ベールズを殺すものは誰でも、777倍の復讐を受けるであろう」

バールは誰が見ても、ベールズを打ち殺すことがないよう、ベールズの額にX印の刺青をつけられた。

ベールズはエデンの東に住み、幸せに暮らした。ゴイムを殺した罪を問われることなく、やがてベールズはヤコブの梯子を上り、神々の仲間入りを果たした。

死すべき人間の肉体を破壊し、神の霊を開放した功績を称えられ、聖書の教えをよく守る、鑑として。


「ゴイムを殺せ。女子供、羊もロバもラクダも皆殺しにせよ!あなたは街の民家に行き、女子供を射殺せよ!分捕り物はユダヤ人で分け合って良い」

これは聖書に書かれている教えそのものである。ベールズは神の使徒なのだ。

ユダヤ人は「他民族を恨め、他民族は豚だ」と教え込まれているため、ゴイムを見ると「殺したい・・」という欲望が湧きあがってくるという。

デーブ・スペクターが日本人を「ゴイ」と呼ぶのもそのためです。ゴイはユダヤ人に言いなりにならなければならないのに、「ゴイが俺様の言うことを聞かない???、ざけるな!ゴイ!」というように、抑え切れない怒りがこみ上げてくるのです。

c0139575_3533943.jpg


聖書はこのように人間の精神を蝕み、心を悪で充たす効果を有しているいます。

ベールズは聖書が生み出した救世主、イエス・キリストだったのです。


The new 「NOAA'S Ark」 新たなる洪水伝説の始まり
http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/archives/10676630.html

アメリカ海洋大気庁 National Oceanic and Atmospheric Administrationのトップページに、東日本大震災の津波で破壊された日本の港の写真が使われている。さすが、女子供を平気で射殺する残酷国家だな・・・

c0139575_35820100.jpg

japantsunami_oneyearlater.htm


ノアの箱舟伝説は、英語で「Noah’s Ark」と書く。アークはユダヤ人と神の契約の箱、つまり約束の地を意味する。

c0139575_464425.jpg


全人類を津波で吞み尽くし、誰もいなくなった大地に、船に乗ったユダヤ人だけを住ませるという、「神とユダヤ人の約束」のことである。

c0139575_465792.jpg



c0139575_410171.jpg

NOAAホームページに掲載されている、神が定めた人類の時間のコンパスと、NOAAの箱舟ー


このノアと呼ばれている機関と、「The new NOAA’s Ark」が無縁であるわけがない。

現に、以前書いたように、NOAAは北極をArk(科学)すると言っている。

ただ、聖書のノアの箱舟伝説は、必ずしも洪水だけを意味しているのではない。

その地震と津波は、地中海世界を塗り替える大戦争の後に起こったのである。

古代世界で最も残酷な王と呼ばれているレメク[Lamech]、現代で言えば、現代のアメリカにヒトラーが君臨していたようなその王こそが、ノアの父であった。

創世記 / 4章 23節

さて、レメクは妻に言った。「アダとツィラよ、わが声を聞け。レメクの妻たちよ、わが言葉に耳を傾けよ。わたしは傷の報いに男を殺し/打ち傷の報いに若者を殺す。

創世記 / 4章 24節

カインのための復讐が七倍なら/レメクのためには七十七倍。」



レメクが地中海世界、中東を戦争で破壊しつくした後、聖書の神は地表を洗濯するために、ノアの大洪水を起こして人類を一掃した。

それが聖書の神の仕事、神の深ーい愛がなせる技である。


「私は彼らを世もろとも滅ぼそうと思う」旧約聖書 Noah's Arkより フランシスコ聖書研究会訳

創世記 / 6章 13節

神はノアに言われた。「すべて肉なるものを終わらせる時がわたしの前に来ている。彼らのゆえに不法が地に満ちている。見よ、わたしは地もろとも彼らを滅ぼす。

創世記 / 6章 22節

ノアは、すべて神が命じられたとおりに果たした。

創世記 / 7章 1節

主はノアに言われた。「さあ、あなたとあなたの家族は皆、箱舟に入りなさい。この世代の中であなただけはわたしに従う人だと、わたしは認めている。



こうして慈愛に満ちた神は、ユダヤ人の祖先であるというノアの家族だけを助け、全人類を抹殺した。 (引用注:ノア一族以外の全人類をこのとき滅ぼしたのなら、現在の全人類の先祖もノアということになるわけですが、ゴイムの標本も家畜として乗せていたらしい。なになに、やっぱりみんなノアの子供だって?)

c0139575_532391.jpg


世界のユダヤ人は信じている。

「主なる神よ! ゴイムの罪は世界に満ち満ちています。どうぞあなたの僕をゴイムの増殖からお救いください。ノアの大洪水が世界のゴイムを吞み尽くし、世界の大地を洗い流して、清浄を取り戻しますように」

その聖書で約束された大洪水が日本を襲ったー

「主は偉大なり!アーメン」

「The new NOAA’s Ark」 この世の神の新たな人類救済計画が次々と日本人に襲いかかる。日本列島を洗濯するためにー (引用注:いやー、日本のユダヤ人もつらいわ)

世界に新たなユダヤ人のMythologyが刻まれた。これらのことを元に、新たな神との契約書が書かれることだろう。

「神は日本を見て言われた。男はパチンコ競馬に現を抜かし、女は簡単に体を売る。この穢れた島国を作ったことを私は後悔する。この島を地震と津波で破壊し、放射石で充たして人間を病気にし、戦争で塵となるまで破壊してしまおう。世の人々が真似して堕落しないように。穢れた国は滅ぼしてしまおう」

そう神は言われた。

そして地震と津波が日本を襲った。アメリカが作った原子炉が計画通り爆発し、日本人を清めた。

かつて日本に戦争で殺された人々の子供たちが日本を襲い、日本は破壊しつくされた。

ただ、日本にいたユダヤ人だけは生き残った。彼らは神から洪水や戦争が起こることを聞いていたからである。

「まことに神は偉大である。この地上から穢れた民を流しつくした」

「今やわれらが主、バールは世界の王となった」

c0139575_4395061.jpg


「全世界の民よおののけ!主の前に跪き、許しを請え!」

「われわれは全世界を支配する。同じ船に乗れば夢が叶う!」

c0139575_4411627.jpg


「さあ、君たち。この船に乗りたまえ!生きていたいならば。そしてわが主、クロノス様の計画をお助けするのだ」

「わが神、慈悲深いバール様は言っておられる。ー清くない獣のつがいもひと組だけ船に乗せておけ、そして清くない獣たちを支配させるのだーと」

「まことに神は慈悲深い方であらせられる。アーメン」

「アーメン!われらの神、主は永遠にこの地上を支配される」

バールが人間の生き血を追い求めるために人間に命じた、狂気のカーニバルが全世界を舞台に繰り広げられている。

悪魔は人間の血を求めて人間を騙しては殺す。ユダヤ人は吸血鬼と呼ばれた、中世ヨーロッパ人の判断は正しかったのだろう。

c0139575_4465588.jpg

c0139575_4475216.jpg

c0139575_448529.jpg

c0139575_4482492.jpg

c0139575_59367.jpg


c0139575_5114946.jpg

けったいなシオンだ






3月20日の話
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-1182.html

北朝鮮が米軍を核攻撃する。
実際は、主犯はCIA、金融マフィア。
北朝鮮が行った事にして、日本を戦争に巻き込むのが目的。
実施は2012年3月20日。

c0139575_601663.jpg


だそうです


おまけ

「血は水よりも濃い」3:他人のそら似???
http://quasimoto.exblog.jp/17550976/

c0139575_5541781.jpg

c0139575_5542952.jpg

c0139575_5544085.jpg

[PR]

by oninomae | 2012-03-19 05:55 | ホロコースト  

<< CIA・戦争ビジネススクール ... バンダジェフスキー博士の警告:... >>