ダマスカス市でシリア軍軍医が暗殺の犠牲者に DP-News + Thrive考

http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/677/ の本文転載

ダマスカス市でシリア軍軍医が暗殺の犠牲者に DP-News 2月14日
http://www.dp-news.com/en/detail.aspx?articleid=111407

c0139575_22243986.jpg


「高級軍医が紛争における犠牲者の中で最高位の将校の一人となる。アサド政府は武装テロリスト・グループを非難した」と12日、シリアのプレスが報じた。

c0139575_22263082.jpg


イサ・コーリ准将は自宅を出たところを三人のテロリストに襲撃され死亡したと、シリア・アラブ通信社が報じた。

シリアの公式メディアである、シリアTVとSANA通信は、 「武装テロリスト・グループ」が11日(土)の朝、イサ・コーリ准将を暗殺した、と報じた。准将は軍医であり、ハメシュ病院院長であった。

この殺害事件は「シリアのインテリ層、医療と技術面での指導層を標的とする計画の中で」起きた、とSANA通信は報じた。

SANAは更に、「犠牲者となったコーリ准将は、ルーマニア大学の関節炎の学士号を持っている。パリの病院で研修を重ね、その他の大学で専門知識を習得した。2004年には、ティシュリーン陸軍病院で関節炎部門の部長を勤めていた。ついで彼はアハマド・ハメシュ殉死者病院の院長となった。

この殉死者は1957年ジャブレフ市で生まれ、4人の子供がいる。

多くの力量のある専門知識を持った人々が武装テロリスト・グループによって暗殺されている」とSANA通信は報じている。教授、核の専門家、教師、技術者らが暗殺の対象となっていると報じている。 (引用注:いつもの手口。過去多くの「共産革命」や、最近ではイラクなどでも見られましたね)

SANAは更に、その他の襲撃事件も報じている。「北方のイドレブでは、武装したテロリスト・グループが、アラブ作家連盟イドレブ支部メンバーのモハマド・カレド・アル・クドル氏の自宅に放火した。別のテロリスト・グループはレバノンのアル・ジャディードTVの特派員であるニダル・フメイディ氏と彼の兄弟の自宅に放火した」と報じた。

ほぼ一年前から発生しているアサド大統領追放を求める紛争で、国連高官は6000人が死亡したと推計している。反対派の別のグループでは、7000名を超えている、と言っている。、

外国通信社などはシリアについては、「シリア内での紛争の詳細を客観的に確認することはできない。それは政府が厳しく各国のジャーナリストの動きを制限しているから」だ、と示唆している。

c0139575_22251796.jpg



シリア・殺したのは政府か?
http://icke.seesaa.net/article/251010072.html

Arab league monitors find slaughter in Syria the work of foreign-backed subversives
http://poorrichards-blog.blogspot.com/2012/02/arab-league-monitors-find-slaughter-in.html

アラブ連盟のモニターがシリアの虐殺が外国の支援を受けた破壊分子の仕業であることを見つけた

Gulf Cooperation Council (GCC)が160人のモニターへの一ヶ月にもおよぶ聞き取り調査にもとづいた報告書は失敗に終わり、Pepe RomeroはAsia Timesで次のような結論に至っている。
「『悪の」バシャール・アサドの政府は、無差別に、一方的に自国民を殺しているので、政権交代が必要とされる」

この報告書は西欧の企業メディアからも、また、サウジやカタールがほとんど金を出しているアラブのメディアからも無残に無視されている。

しかし、この報告書は断固としたものだ。

シリア政府による平和的なデモ隊への組織的で、殺人的な抑圧は無かった。 その代わりに、この報告書が指摘しているのは、疑わしい武装ギャングがシリア非戦闘員が数百人死に、シリア軍の兵士が千人以上死んだことに責任を負うべきだとしている。 このギャングは、民間バスを爆破したり、ディーゼル油を積んだ列車を爆破、警察のバスを爆破、橋やパイプラインを爆破するなど、致死的な戦略をとっている。

それゆえ、現在の国連での「アラブが主導するシリアにおける10ヶ月にもおよぶ弾圧を平和的に終えることを保障しようという動き」は、あからさまな政権交代の動きにすぎない。

アメリカ、イギリス、フランスのいつもの容疑者は、国際社会に、これはNATOのリビア爆撃の再演ではないと国際社会に思わせるのに一生懸命である。



アラブ連盟監視団長:シリアでは武装テロリストが公共施設を襲撃
http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/663/

Al-Dabi: Armed Men Open Fire on Government Institutions, Terrorist Attacks Targeted Oil Pipelines, Electricity Pylons in Syria  Jan 23, 2012
http://www.sana.sy/eng/337/2012/01/23/396023.htm

c0139575_23144865.jpg

アラブ連盟監視団長のモハマド・アル・ダビ中将は、シリアでは武装テロリストらが政府の施設を襲撃しており、そのため政府の保安部隊が応戦を余儀なくされている、と主張した。

23日カイロで行われた記者会見で、アル・ダビ中将は多くのテロリストの爆弾襲撃がイドレブ市の政府の施設に対して行われているが、これは全く受け入れることのできないことであり、軍・民間のバス、石油・ガスパイプライン、燃料タンク、橋、発電所、高圧線用鉄塔、などが襲撃の標的にされている、またダマスカス郊外でも爆弾事件が起きていると語った。


シリア政府は協力的であり、道路で我々監視団を保護してくれていることを強調し、更に政府は我々監視団への干渉はせず、また同伴もしていない、と語った。

アル・ダビ中将は、シリア政府は都市から軍を撤退させ、戦車や航空機その他は出動していないこと、メディアの信頼性に疑問が出てきていること、いくつかのメディアは監視団の扱いに厳しいこと、公表されたことが監視団の業務に影響を与えることは全く無いこと、監視団は見たことを叙述し、目撃した事実を描写する、監視団は推測、分析、個人的考え・意見に頼ることはしなかった、と語った。

彼は、暴力沙汰は監視団が到着してから徐々に減少している、また監視団は抗議運動の間、緊張を和らげる面で支援した、抗議運動に対する攻撃は起きなかった、と指摘した。

アル・ダビ中将は、反対派の中のある者たちは、拘留されている者たちの数に関して異なる数字を監視団に与えていたと語った。監視団はこういった数字は一般的推測で、正確ではないことを知った、と語った。そして、シリア政府は監視団に対して、特赦の判決前に4035名の逮捕者らが釈放され、釈放された者たちの数が合計7614名になった、と語った。更に監視団は、2316名ほどの者たちが軍事裁判で釈放され、2239名が報告書が書かれた後に釈放されることになっている、と語った。

中将は、シリア政府は147名の大手のマス・メディアのジャーナリストの入国を認め、監視団はシリア政府とジャーナリストのビザ期限の延長を話し合い、シリア政府はこれに同意し延長措置を取り、シリア入国を希望するメディアのエージェンシーに入国許可を与える姿勢を示した、と指摘した。

アル・ダビ中将は、監視団は政治的な意見を発表するという使命は与えられていないことを強調しながら、その任務内容はプロトコルの実施をモニターし、監督することであり、調査をすることにあるのではないという事実にも拘らず、いくつかのマスメディアは監視団の事を厳しく批判し、監視団は失敗だと非難していたと語った

彼は、マスメディアは現地にいるのであるから、事実に依拠するよう要請した。

報告書は彼が発行したものではなく、むしろそれは全ての監視団メンバーが提出した内容を基礎として作成されたものだ、と語った。

いくつかのアラブのテレビ局と機関は、彼らが望む内容を書かないと言って監視団に対する攻撃をしていた」と付け加えた。

アル・ダビ中将は、監視団はシリアでの任務遂行期間中に、国民的対話を始めるよう督促する必要がある、と強調した。それは、監視団の存在が好ましい結果に導くだろうと考えられるからだ、と述べた。

彼はまた監視団は多くの間違った報告を受け取ったが、監視団メンバーが安全であり彼らの任務遂行が妨害されていないことを確認しながら、立ち去る前に情報の出所を確認することを通してそれらを排除した、と語った。

オブザーバーらの何人かの声明について、アル・ダビ中将はファヒム・アル・アトラシ・オブザーバーはまだ監視団と共にあり、彼は声明は発表しておらず、報道されたものは事実ではないこと、またアンワール・マレクにおいては、病気であったため、外出したのはたったの1回だけだったということで、彼はホテルに残留している。ただし残留は監視団の任務とは関係ない、個人的なものだと彼が言った、ということを指摘した。

アル・ダビ中将に対する何人かの疑念については、彼は、「私は自分を守らねばならないお尋ね者ではないので、メディアで言われた事柄について語ろうとは思わない」と語った。

反対派の非難について、アル・ダビ中将は、反対派の主張や彼らの幻滅に回答することは、彼の義務の範疇にはないことであり、自分には全く関係ないことだ、と語った。



シリア・ホムスで、テロが継続 2012年 2月 09日(木曜日) 18:37
http://japanese.irib.ir/index.php?option=com_content&view=article&id=25358:2012-02-09-14-11-05&catid=17:2010-09-21-04-36-53&Itemid=116

c0139575_23615.jpg

シリアのメディアが、同国中部ホムスでテロ攻撃が継続していることを伝えました。

シリア国営通信は、9日木曜、「軍隊や民間人は、テログループの攻撃から守られておらず、テロリストはどんな人物にも容赦しない」と報じました。

さらに、「テロリストは治安部隊や市民の殺害に加えて、経済施設や公共・民間の建物を破壊している」としました。

ホムスの住民もまた、この報道を認め、「テログループは脅迫、威嚇することで、市民を居住地から追い出し、女性、子供、若者、老人を殺害している」と語りました。

シリア保健省は、混乱するホムス市内の病院で、停電によって乳児数十名が死亡したことについてのアラブメディアの報道を否定しました。

シリアのテレビ局の報道によりますと、同国の保健省は、「ホムスの病院への攻撃で、この病院の一部医療機器が盗難に遭った」と発表したということです。

さらに、医療機器の盗難により、ホムスの病院が閉鎖されたことを明らかにしました。

また、6日月曜、武装グループにより、ホムスの製油所に迫撃砲が数発打ち込まれ、施設の一部で火災が生じました。

ここ数日、とくに先週土曜、ホムス市では、300人以上の市町村の住民が、半武装グループによって殺害されています。

シリアでは2011年3月中旬より、アサド政権の反対派と支持派によるデモが行われてきました。

反体制派とアラブ諸国は、シリアの情勢不安の中での人々の死亡を、同国の軍隊によるものだとしています。
一方でシリア政府は、暴徒や武装グループを同国の流血の惨事の要因だとし、これらの混乱は外部によって組織されたものだと強調しています。

シリアは何度も、西側やアラブの一部の国々をシリアでの情勢不安を煽っているとして非難してきました。

シリア政府によれば、これらの国々は、武装グループに資金や武器を供与し、内戦を引き起こし、政府を転覆させようとしているということです。

さらに、「協議こそが暴力を終結させる唯一の方法だ」と強調しています。こうした中、反体制派は協議開催の提案を拒否しています。

現在、アラブ連盟の今期議長をつとめるカタールは、アサド政権軍によるシリア市民の虐殺を主張し、決議草案を国連安保理に提示しましたが、ロシアと中国が拒否権を行使しました。



他方、日本では

血を吐いて亡くなった親方とはだしのゲンの類似点
http://onodekita.sblo.jp/article/53913098.html

c0139575_0194617.jpg

c0139575_0195993.jpg

c0139575_0201370.jpg







c0139575_756347.jpg

THRIVE
http://player.thrivemovement.com/simple_player/2?user_token=57520222lz21hs&lang=ja&lang=ja

これは見るべき

c0139575_802553.jpg


ただ、後ろの方で

ニューエイジ・アセンション:スピリチュアルな「ともだち」
http://satehate.exblog.jp/12903383/

c0139575_1820626.jpg

「全ての種類の人間の中から、4分の1は超えていくために選ばれる。そして4分の1は破壊的で欠陥のある種である。過去においては彼らは自然に死ぬことを許されていた。今や、我々が創造された生き物としての人間から共に創造する人間--神のような力の相続人である人間--へと量子的移行に近づくにつれ、その破壊的な4分の1は社会的集団から排除されねばならない。幸運にも、あなたはこの行動に対して責任はない。責任は我々にある。我々は、地球という惑星のための神の選別過程を担当している。彼は選び--我々は破壊する。我々は蒼白き馬の騎手、すなわち死神である。」

このおばさんが出て来るのは気になった。 また、「芋虫」が羽化するまで放っておくという話も、第三次世界大戦と大虐殺を放っておけといっているようで気持ちが悪かった。問題は芋虫に取り憑いた寄生体であろうに。


また、

マルクス主義の秘教 by ラコフスキー & 優良惑星?
http://satehate.exblog.jp/10839182/

これもやや連想してしまった。

c0139575_834775.jpg


http://satehate.exblog.jp/8532436/

私は銀行家の共産主義者のいかさまを免れたことを誇りに思っていたが、しかし私は今、共産主義は私の両親の世代に対する「計画」だったことを実感する。

私は、私の世代を狙いとする「ニューエイジ」を完全に打ち倒す。

それは、共産主義とまったく同様に、われわれの理想主義に訴えかけるが、しかし、狡猾な隠されたアジェンダをもっている。


これに該当する可能性も高い。「ミステリー・サークル」への言及もよく見よ。


c0139575_204549100.jpg

c0139575_2103585.jpg

c0139575_20592038.jpg

c0139575_2135626.jpg

c0139575_2046316.jpg

どういう「宇宙人」なのだろうか?



c0139575_2119421.jpg

彼らはおとなしいヒツジを望んでいるのじゃないかな



c0139575_13132033.jpg

c0139575_1313356.jpg

c0139575_13185528.jpg

[PR]

by oninomae | 2012-02-14 21:45 | 金融詐欺  

<< 国民に「マイナンバー」閣議決定... CIAがFacebookを考案... >>