シオニストたちは米国をもうひとつ別の世界戦争に押しやっている by Henry Makow Ph.D

シオニストたちは米国をもうひとつ別の世界戦争に押しやっている by Henry Makow Ph.D February 6, 2012

c0139575_158406.jpg

アヤトラ・ハメネイ[Ayatollah Seyed Ali Hoseyni Khāmene'i]は、イルミナティの壮大な新しい続編「第三次世界大戦」で、ヒトラーの役割を与えられてきた。 再びもう一度、「消滅」によって脅かされているユダヤ人の救助へと、西側は運行している。

アヒルたちはもう一つ別の世界戦争のために並んでいる。 以前の世界大戦でのように、シオニストたちは米国を徴兵しようとしている。

もしアメリカ人たちが再びだまされるならば、彼らはその結末に値する。

ドラッジ・コム[Drudge.com]の見出しは: 「アヤトラ:すべてのユダヤ人たちを殺す、イスラエルを絶滅させる・・・」 アメリカ人たちは、訓練を受けた犬のように、彼らの防衛に結集することが期待されている。 ドラッジは、ネオコンのウェブサイト「ワールド・ネット・デイリー」上の一つの記事をリンクしている。(明らかにドラッジは、もう一つのシオニストの資産である。)

「元CIA工作員」によって書かれたその記事は述べている、「イラン政府は、 ウェブサイトの代理人を介して、イスラエルの破壊とその人々の虐殺のための法的、宗教的な正当化を打ち出した。・・・その教義は、は世界中でのイスラエルの資産とユダヤの人々を[先制攻撃で]一掃することを含んでいる。

この武力による威嚇のソースは、「保守的なアナリストで、ハメネイのキャンプの戦略専門家であるAlireza Forghani」なるものによる一つペルシア語のウェブサイト上の記事である。

しかし、 イスラエルのウェブサイトは、 Alireza Forghaniを単なる「イランのブロガー」:として同定している。

「コンピュータ・エンジニアである Alireza Forghaniは、彼のエッセイ中で書いた。テヘラン政府は、2014年までに、つまりアハマディネジャド大統領の任期が終了する前に「イスラエルを一掃」するために、西洋のイラン攻撃への躊躇を利用すべきであると。その投稿はイランのメディアで、広く取り上げられた。」

だから、政府のスポークスマンというよりむしろ、Forghaniは実際には、「先制攻撃」への二年間の計画対象期間を有する「一人のブロガー」である。


これが、シオニストたちが戦争のために太鼓を打ち鳴らす手法である。

c0139575_1652417.jpg


それで、ハメネイ師は実際には何を言ったのか

そのイスラム革命の最高指導者は、地域的蜂起が、シオニスト政権の衰退と孤立化をもたらすと述べ、そして強調した:

「これらの運動の成果の一つは、シオニスト政権の衰退と孤立化である。それは非常に重要である。なぜなら、シオニスト政権は、真にその地域の癌性腫瘍であり、それは取り除かれねばならないからである。」


「シオニスト政権」が、一つの癌性腫瘍であると言うことが、先制攻撃と地球上の全ユダヤ人の虐殺を主張している事と同じとはとても言い難い。 それは私には政権交代のように聞こえる。 イスラエル人たちでさえ、それを歓迎するであろう。

しかし、シオニストと彼らの多くの代理人たちは、あなたに最悪の事態を信じさせたがっている。なぜなら、彼らは、米国をもう一つ別の自己破壊的な世界戦争へと欺きたいからである。

ロシア、中国、そしてパキスタンでさえ、彼らがイランを支持すると述べてきた。

ところで、なぜパキスタンが核兵器を保有しているのはOKで、イランの場合はダメなのか? なぜイスラエルが200発以上の核弾頭を持っているのがOKなのか?

しかし、我々は知っている。大量破壊兵器は侵略と戦争の単なる口実であると。イラクがそれを証明した。


「3つの世界大戦」

アヤトラ・ハメネイのような「イスラム主義者」とシオニストは、実際にはメイソンの兄弟であることを思い出す時である。

c0139575_1016892.jpg


彼らは、その中からイルミナティの暴政が出現するであろう混乱に、世界を投げ入れるために設計されたやっとこ鋏の両腕を形作っている。

c0139575_17215043.jpg


シオニストたちと同様に、ハメネイとイスラム原理主義者たちは、イルミナティ、すなわちメイソンの中央銀行家たちによって、権力の座につけられた

(デイヴィッド・リヴィングストンの、イスラミスト/シオニスト:ヘーゲル弁証法追随者、も参照)

パイク将軍の有名なジュゼッペ·マッツィーニ宛ての1871年の手紙を振り返ってみよう:

「第三次世界大戦は、政治的シオニストとイスラム世界の指導者たちの間で、『イルミナティ』の『agentur』によって引き起こされた不和紛争を利用して扇動されねばならない。」 と、パイクは書いた

「agentur」は「代理人」を意味する。 同じ用語が、同じ時代に遡るもう一つ別のイルミナティ文書『シオン長老の議定書』で使用されている。

ここで重要な点は、これらの戦争は人為的なものだということである。 それらは、両側のイルミナティの代理人によって引き起こされる。これらの代理人たちは、彼らの国へではなくイルミナティに対して第一の忠誠心を負っている。 彼らの目的は、彼らのそれぞれの国を破壊し、その大虐殺から利益を得ることである。

パイクは続ける:

「その[第三の]戦争は、イスラム(イスラム教徒のアラブ世界)と政治的シオニズム(イスラエル国家)が相互に破壊するような方法で実施されなければならない。」

世界の残りの部分も引き摺り込まれるだろう。

「それと同時に、他の国々は、もう一度この問題について分割され、完全な、物理的、道徳的、精神的、そして経済的な疲弊状態に達するまで戦うことを強いられるだろう・・・」

この時点で、彼らはルシファーの単一世界政府を受け入れるように強いられるだろう。


結論

「シオニズムは、ある遠大な計画のなかのほんの一つの出来事である。」 

と、アメリカの指導的シオニストであったルイス・マーシャル[Louis Marshall]、クーン・ローブの銀行家たちの顧問は、1917に述べた。

「それは単に、そこに強力な武器を掛けるための、一つの便利な掛け釘である。」

シオニズムは、米国を第一次世界大戦と第二次世界大戦へと徴兵するのに有効であった。 現在、彼らは、ハットトリックを決めつつある。

一般にアメリカ人と西洋人たちは、それ自身悪魔主義者たちの一つの道具である外国人の運動に対して、彼らの主権と文化を剥奪されてきた。

その「遠大な計画」というのは、人類に対して悪魔の支配を確立するために戦争を使用することである。


How Zionists Hoodwinked Christians
http://www.serendipity.li/zionism/carlson01.htm

Henry Kissinger Spills the Beans on Coming War
http://www.dailysquib.co.uk/world/3089-henry-kissinger-if-you-can-t-hear-the-drums-of-war-you-must-be-deaf.html
Kissinger article is satire but it sounds chillingly real.

Makow - The Zionist Protection Racket
http://www.henrymakow.com/001334.html

シオニストの狐たちがアメリカの鶏小屋を見張っている:保護恐喝 By Henry Makow PhD
http://satehate.exblog.jp/14663871/


元記事は

Zionists Push US Into Another World War by Henry Makow Ph.D February 6, 2012
http://www.henrymakow.com/zionists_want_another_world_wa.html


関連

エリートユダヤ人たちに奉仕する「神」 By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/12172548/

ユダヤの神は、エリートユダヤ人たちに「仕える」カバラ主義のエグレゴアに取って代わられている。 それは彼らの世界支配への冷酷非情な社会病質的な衝動を表している。 同じエグレゴア--神に置き換わるという欲望--が、新世界秩序を鼓舞している。

平均的共産主義者のユダヤ人あるいは非ユダヤ人は理想主義的なカモであった。 マルクス主義、平等、その他などは、真のアジェンダ--人種、宗教、家族、そして国家の破壊;全ての富の蓄積と人類の奴隷化--を隠すための美辞麗句の誤魔化しであった。 (訳注:一千万人移民政策主張者、FTA、FEMA、「人権擁護」法、総背番号制、「地方分権」、その他を見ればわかる。皆同じアジェンダに仕える裏がある。誤魔化し屋とフールの何と多いことか) 

その方法は変化しても、そのアジェンダは変わっていない。

平均的シオニストもまた一つの理想主義的なカモである。 多くの者たちが今や気づいているように、「ユダヤ人の母国」は単に世界政府への一ステップ、ルイス・マーシャルの言葉を借りれば、「ある遙かなる計画の一つの出来事」であった。クリスチャン・シオニストたちは、全ての中で最大のカモである


c0139575_18162844.jpg



エジプト:第三次世界大戦への舞台設定か? by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/15860756/



悪魔主義者のインサイダーからの情報:イラン攻撃 “3月の前半” 2012-02-07 23:55:52 (いくぶん改訳)
http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-11158327134.html

Satanist Insider: Iran Attack "First Half of March"
http://www.henrymakow.com/satanist_insider_1.html

悪魔主義者のインサイダーからの情報:イラン攻撃 “3月の前半”  February 5, 2012  by Aloysius J. Fozdyke (henrymakow.com)

c0139575_19392282.jpg


「イランのミサイルは、サウジアラビアにあるイスラエルとアメリカの基地を攻撃できる。 石油のコスト、世界的な価格の高騰、核廃棄物を想像してみたまえ。 これは、今や、およそ9年間に渡ってNATOの内部で計画されてきたことだ 今年、アメリカドルは滅びる。 アメリカは、もう少し時間がかかるだろう。」 (本文より)

[断り書き:  私たちはこの情報の信ぴょう性を確かめることができないが、この見解の裏書きはできる。 読者が評価するために紹介する。 アロイシウス・フォスダイク(AJF)は、世界にこの重要な事実を漏らした(Australian Adept Unveiled World Satanic Control) のだ。 彼が言うように、悪魔主義者は「恐怖の上に生存」しているので、おそらく、彼は火をたきつけているところだろう。] (注;たぶんヘンリー・メイコウ記)


血は、神聖である。大量の流血は、高品質のエネルギーになる。

それで、あまり激しくならない程度の、恐怖をもたらす。 我々は、これらのエネルギーを利用する。  我々は、規範を創る。  我々はスピリッツを与え、彼らはより強くなる。 我々は、ウィンデクス(Vindex)のために道を開けている冒涜の指導者(アッシャー:The Usher)を呼び込んでいる。(訳者注:ウィンデクス(Vindex):ネロ皇帝に背理した人物。)

これは、最も古い戦い ―名誉と忠誠、復讐、自由のための精神的な戦い ― である。 『我々は、ルシファー(永遠に光をもたらすもの)の存在を信じる ... そして、自分もだ ... 主の可能性[そして]御胸の至上の尊厳の配分 ... 我々は、来たるべき主の君臨と快楽を期待して待っている!』

我々は、歴史になるように働く。 我々は、一般市民とプライベートな顔を持つ。 我々は、我慢できる程度に、望むものを大衆に与える。

それらは、服従と不徳の上に築き上げられる単純な群集心理である。

彼らにとって、制約は保安である。 我々は、羊飼いであることを強いられた。  彼らは我々が提供するものを要求する。 なぜならば、我々は提案を出し、希望を抱かせる。 完璧な相利共生。 ますます虐待し、ますます親友を悪用する、それと気づかずに、ヒツジ人間(sheeple)は増大する。 それらは、消耗品だ。  苦しんでも変わらない-しかも認識していない。 現実から注意を背けさせ、我々の計画に合った答えをヒツジ人間が見つけるのを手助けする、ふがいない連中だ。

我々の入会者は、彼ら自身のためと我々の秘密の神の栄光のために存在する。 その他は、単に同盟者、じゃま者または道具だ。

すぐさま、それらは、食物連鎖の中のどこにいるのか知るだろう(そうでなければ理解する)。  クズどもの死の叫び声はそのままに、我々の父なる神が先導者(アッシャー:The Usher)を通して約束した強さ、権限、秩序と歓喜をもたらすための犠牲となるだろう。 今は神の時間である、そして我々の。

ヨーロッパ、英国、アメリカ、中国、いずれも世界は、ばらばらになる。 資源豊かな中東とアフリカは粉砕される。 ヨーロッパはその感情を世界へ放ち、黙示録の浄化が開始する。 準備はできている、大満足だ。

「イランのミサイルは、サウジアラビアにあるイスラエルとアメリカの基地を攻撃できる。 石油のコスト、世界的な価格の高騰、核廃棄物を想像してみたまえ。 これは、今や、およそ9年間に渡ってNATOの内部で計画されてきたことだ。 今年、アメリカドルは滅びる。 アメリカは、もう少し時間がかかるだろう。」

本当のことをいうと、ヒツジ人間(羊民、sheeple)の忠実な支援なしには、彼らの檻と屠殺場を作ることはできなかった。 民主主義国家(democracies)は、悪趣味なジョークだ。

あんたの税、あんたのフリーメーソン、あんたの子供たちが警察、軍隊に志願し、福音教会(evangelical churches)、旗とパレード、メディア; C.I. Scofield(スコフィールド)も忘れずに-に加わることなしには、起こりかかっていたことの何も起こり得なかっただろうさ。

滑稽なる許諾された計画に固執することで、我々はイエシュア(Yeshua)の信奉者が我々を支持するように確信させる。 彼らにとって、より悪くなればなるほど、より良い みんな、幸せになろうぜ!

c0139575_0575136.jpg


3月の前半と言ったが、これらは明らかに、いくぶん暫定的で状況次第である。  それにもかかわらず、おおかたの時間枠がある。 心配無用だぜ!

オレは誰も説得するつもりはないさ。  あんたがたヒツジに言ったまでだ。

c0139575_4461161.jpg

c0139575_1028260.jpg


【翻訳:タドン】


新世界のためのアジェンダ?
http://satehate.exblog.jp/6991054/


http://twitter.com/#!/sanjunmyon/status/167998722972712960/photo/1

今日、父親が買ってきた浜名湖湖北産のみかん。こんなの見たことない。奇形だよね・・・。 http://pic.twitter.com/iXCMR5pn

c0139575_594662.jpg



維新の会、TPP参加公約に…橋下氏が骨格表明 読売新聞 2月11日(土)3時5分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120211-00000020-yom-pol

地域政党・大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長は10日、環太平洋経済連携協定(TPP)への参加や日米同盟を基軸とした外交などを次期衆院選の公約として掲げる意向を明らかにした。

橋下氏はすでに、首相公選制や高所得者に対する年金の掛け捨て制の導入なども打ち出しており、維新の公約「船中八策(せんちゅうはっさく)」の骨格がほぼ固まった。

橋下氏は同日、市役所で記者団に公約の内容を問われ、「(TPPには)基本的には参加だ。ヒト・モノ・カネの移動は国境を意識せず、日本の外から付加価値を取り込む」と述べた。農家などの反発については、「一部の人は痛みを伴うかもしれないが、将来的には必ずプラスになる」と語った。

安保政策については、「日本は自主自立の防衛力を持たない。(米国に)頼らざるを得ないのが現実だ」と述べ、日米同盟を基軸とする外交を支持する考えを示した。一方、米軍普天間飛行場移設など沖縄県の基地問題については、「個人的には考えがある」としたが、党内論議を深めるとして明言は避けた。.

最終更新:2月11日(土)3時5分
[PR]

by oninomae | 2012-02-11 11:03 | 戦争詐欺・紛争  

<< 橋下徹の「船中八策」 聖書の神... 邪悪な場所 - イスラエル最高... >>