妖怪人間 タンポポ日記

妖怪人間 2011年12月04日
http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/archives/10517471.html

最近、ドラマの「妖怪人間べム」が評判になっているようだ。私も子供の頃見ていたので、懐かしいなとも思っているが、世の中の実情を知ってしまった今では、素直に喜べないこともある。

c0139575_23472219.jpg

べム・ベラ・ベロの三人が意味するもの、それは「父と子と精霊」という、聖書特有のあのフレーズである。

また、べム・ベラ・ベロという名のいずれもが、ユダヤ・フェニキアの神バール(魔神ベル)を意味しているということを誰もが知らない。

c0139575_0212.jpg

c0139575_022993.jpg


私は、妖怪人間べムが西洋のアニメであると思っていたのだが、日本の企画で韓国で作られたということは知らなかった。

韓国製の英雄たちが日本を席捲している。


それは、ヨーロッパやアメリカ大陸において、ユダヤ人が悪魔として罵られながらも、実権を握っていった物語とオーバーラップする。

今の日本では韓国人のアイドルや帰化人たちが世相を作り出している。 日本人はいまだに夢の中に浸かり、われわれに襲いかかる危機に気づいていない。 

c0139575_0131749.jpg


このままではユダヤ人に指導された朝鮮民族の支配下に置かれてしまうだろう。

だが、それは朝鮮民族にとっても幸せなことではない、そのミカエリは必ず求められる。それが聖書の教えなのだから。


―父と子と精霊の御名において―

c0139575_0382423.jpg


我々はそうした「死と再生の魔術」を、この世から消し去れなければならない。

それが出来なければ、人類は絶滅するしかないのだから。

悪魔は、人類を絶滅させるために、この世に「聖書」を送り込んだのである。

c0139575_0101521.jpg

エゼキエル書 / 5章 2節

その三分の一は包囲の期間が終わったときに都の中で火で燃やし、ほかの三分の一は都の周りで剣で打ち、残り三分の一は風に乗せて散らしなさい。わたしは剣を抜いてその後を追う。

エゼキエル書 / 5章 12節

お前の中で三分の一は疫病で死んだり、飢えで息絶えたりし、三分の一は都の周りで剣にかけられて倒れ、残る三分の一は、わたしがあらゆる方向に散らし、剣を抜いてその後を追う。

c0139575_051410.jpg

c0139575_05281.jpg


キリストがこの世にもたらす光とは、殺し合いの中で勝ち上がった者だけに与えられる光である。



c0139575_053884.jpg









c0139575_0185737.jpg

違うキリストもいるとは思いますがね




多くの日本人は知らない by 吉田繁治
http://satehate.exblog.jp/10941327/

<陸に流れ着いた生存者はわずか69人でした。真夜中に灯台までの断崖をよじ登った。灯台守からの知らせを受けた大島村(現串本町)の村民は、救助に当たりました。海が荒れ、何日も漁に出ることができず、食べるのに事欠いていた村民は、乏しい衣類、卵、さつまいも、そして非常用の蓄えであるニワトリも出して炊き出しをし、遭難したトルコ人を助けました。>





ただいま現在にも、大島村はある

このメディアは取扱いに注意を要すると@tokaiama 中津川
http://twitter.com/#!/tokaiama

木下黄太@KinositaKouta 日本
http://twitter.com/#!/KinositaKouta

院長の独り言
http://onodekita.sblo.jp/

SAVE CHILD
http://savechild.net/

私設原子力情報室
http://nucleus.asablo.jp/blog/

中鬼と大鬼のふたりごと
http://onihutari.blog60.fc2.com/

戦争はなぜ起きるのか たんぽぽ日記 戦争のない世界へ
http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/

その他多数

人はカネのためにのみ生きるにあらず
[PR]

by oninomae | 2011-12-04 23:37 | 魔術=詐欺とイルミナティ  

<< 放射能と人体(6)病理組織から... 殺虫性GMトウモロコシ 害虫の... >>