殺虫性GMトウモロコシ 害虫の抵抗性発達で効力喪失? 農業情報研究所 + ノウイング・ウラニウム

殺虫性GMトウモロコシ 害虫の抵抗性発達で効力喪失の恐れ 米環境保護庁がモンサントに警告
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/gmo/news/11120301.htm


アメリカ環境保護庁(EPA)が11月30日、トウモロコシや大豆の主産地をなす中西部の少なくとも4つの州―アイオワ、イリノイ、ミネソタ、ネブラスカ―で、モンサント社の殺虫性遺伝子組み換え(GM)トウモロコシが効力を失いつつある恐れがあるというメモランダムを公表した。

メモは、これら4つの州における作物損害の記録と昆虫学者の報告(参照:米国トウモロコシ主産地で殺虫性GMトウモロコシの根が重大な食害 Bt毒抵抗性の根虫が増殖)からして、このGM植物に組み込まれた土壌細菌(Bt)が作り出す殺虫成分(Cry3Bb1蛋白)に対する標的害虫(ルートワーム、根切り虫)の抵抗性発達が疑われるとし、抵抗性が疑われるケースのモンサントによるモニタリングは不適切であると指摘する。

2009 Resistance Monitoring Review for Cry3Bb1
http://www.regulations.gov/#!documentDetail;D=EPA-HQ-OPP-2011-0922-0003

これに対し、モンサント社は、EPAのレビュは深刻に受け止めるが、Cry3Bb1蛋白に対するルートワームの抵抗性の科学的確認は実証されていない、会社はすでに、二つのタイプのBtによってルートワームを殺す同社の新製品・SmartStaxの利用や大豆等との輪作など、農家に対する”最善管理方法”の推奨で対策を講じているとする声明を出した。

Monsanto Addresses EPA Memorandum on Corn Rootworm Protein (Cry3bb1), Reinforces Commitment to Proactive Product Stewardship(Monsanto,2011.12.1)
http://www.monsanto.com/newsviews/Pages/monsanto-addresses-epa-memorandum-on-corn-rootworm-protein-cry3bb1.aspx

c0139575_13132644.jpg


しかし、EPAのメモは、害虫がBtトウモロコシへの抵抗性をすでに発達させている畑でのSmartStaxの利用は、これに対する抵抗性の発達を速める恐れがあると指摘している。SmartStaxについては、抵抗性発達を遅らせるために設定しなけばならない”避難地”(Bt作物栽培地の害虫が”避難”する隣接通常作物栽培地)の割合が従来の20%から5%になるために、抵抗性発達を遅らせる措置の有効性も減じるだろうと言う。

EPAは、モンサントはBt毒への抵抗性が疑われる畑の修復プランを実行すべきだ、これには、通常の殺虫剤の使用によってシーズン末期にルートワームの成虫を殺すことや、それに続くシーズンにおける抵抗性発達を遅らせるための代替害虫管理方法の利用が含まれるという。



おまけ

Monsanto, Sumitomo Chemical and Valent Announce Long-Term Crop Protection Collaboration Oct 19, 2010 10:00am
http://monsanto.mediaroom.com/index.php?s=43&item=890

農作物保護(雑草防除)分野におけるモンサント社との長期的協力関係について 住友化学株式会社 2010年10月20日
http://www.sumitomo-chem.co.jp/newsreleases/docs/20101020_3.pdf#search='Monsanto sumitomo'


++
結局、他人が食べる食物を汚染するだけだった。お偉方は有機農産物を食べているそうだが、モンサント社員たちは、何を食べているのだろう?

c0139575_19353987.jpg




http://quasimoto.exblog.jp/17006586/

首相「捨て石になる」 消費増税やTPP交渉参加

「自分の代で、しっかりと捨て石になってけりをつける。不退転の覚悟でやる」。野田佳彦首相

c0139575_15131327.jpg

は3日、都内で開いたベンチャー企業の経営者らとの会合で、膨らむ社会保障費の財源に充てる消費増税や環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加に向けた決意を改めて強調した。出席者が明らかにしたもので、米軍普天間基地の移設問題を念頭に安全保障政策についても首相が「しっかりとした心構えでやりたい」と表明したと述べた。会合は勉強会として首相の高校時代の同窓生らが創設し、首相もメンバーと説明した。



政治家とは一般大衆の分別に目潰しを喰わせるために雇われた殺し屋である

インフレによって膨大な量の金が一般大衆の手にわたり、かれらの貪欲さのバランスを維持し、かれらの中に虚構の自己満足を作り出す・・しばし、狼は戸口の外で待っている。万一の場合、収支のバランスをとるために、戦争という手段に訴えなければならない。極言すれば、戦争は債権者を破滅させる手段に過ぎず、政治家とはとるべき責任をとらなかった行為を正当化し、一般大衆の分別に目潰しを喰わせるために公然と雇われた殺し屋である。<時間の流れと自己破壊振動>



奴隷化と計画的大量殺害なしには社会のオートメーション化は不可能である

社会コントロールと人間生活の破壊、言い換えれば、奴隷化と計画的大量殺害という広大な目標を含めることなしには、一国ないしは世界的規模の社会工学化あるいは社会のオートメーション化、すなわち、社会オートメーション・システム(沈黙の兵器)を論ずることは不可能である。 <機密保持>







広河隆一氏が警告「日本中がくまなく汚染される」 “福島の海産物が産地偽装して流通”との情報も明かす 2011年12月02日 10:20 BLOGOS編集部
http://blogos.com/article/25936/?axis=b:123

c0139575_18232186.jpg

都内で記者会見をする広河隆一氏 写真一覧

12月1日、フォトジャーナリスト・広河隆一氏が都内で記者会見を行なった。主催したのは自由報道協会。1986年に原発事故を起こしたチェルノブイリを何度も訪問して、取材を続けてきた経験を元に、今回の福島第一原発の事故による被曝問題について語った。

チェルノブイリで被曝した犠牲者の墓や、後遺症に悩む子供たちの姿が次々とスライドで映し出され、会場の記者達は息を飲む場面もあった。広河氏はチェルノブイリ周辺と同様に、日本でも「放射性物質に汚染された食品が産地偽装をする形で流通している」と驚くべき警告をした。詳しい記者団とのやり取りは以下の通り。【写真・文:安藤健二(BLOGOS編集部)】


「福島の海産物が名古屋まで運ばれている」

c0139575_18234036.jpg

チェルノブイリ原発事故のスライドを解説する広河氏

―311の震災が起きるまでは、安全神話の元で放射性物質は集中管理されてきましたが、(原発事故で)一旦ばらまかれた放射性物質をどう管理するのかという政府の方針が定まっていません。ガレキの処理と称して放射性物質を引き取らせるようなこともあるやと伺っています。チェルノブイリでは放射性廃棄物をどのように処理していたのか、お聞かせください。

広河氏:大体、汚染された立ち入り禁止区域の中に、埋めるという処理をするわけです。建物にしてもそのまま残しておくと、火災になった場合に濃縮された放射能が拡散する事態になるのを恐れる。それと、中の物を盗み出して、汚染地であることを隠して売るなんて人間も多くいるそれを避けるためです。そのために、立ち入り禁止区域を設けて、柵の中には「許可証がないと入れない」という風になっております。

ただ、ベラルーシとウクライナはああいう風に当初から「危険地域だ」と指定されることに反対する勢力もありまして、それは危険地域と設定してしまうと、逃げる先の住居から仕事場から用意しないといけなくて経済的にも大変ということで、「何とかして安全地域に変えたい」という気持ちがあったようです。それは除染によっては変わらない。

だから、「安全安心」とするための閾値をどんどん上げてしまっている。汚染がひどくて立ち入りが禁止されていたところを、どんどん開放していく傾向があります。それは、ベラルーシとウクライナの両国で原発を建設しようという動きが絡んでいるということですね。

廃棄物の処理に関しては、食べ物はミルクなんかのある程度のセシウムがあると、廃棄されます。しかし、大体の汚染された物は、別の大きな町に持ち出されて、汚染されてない物と混ぜ合わせて、(放射線の)平均のベクレル値を下げて販売されるというやり方が、長い間、行われてきました。そうでもしないと、食べる物がなくなってしまうという状態がありました

日本でも今は、産地を偽装して売るということになってます。福島の海産物が夜に名古屋まで運ばれていって、名古屋の市場で安い値段で卸されて業者が買い付けして、関西圏に出回っているということが実際に行われているようです。それは噂としてではなく、実際にやってる人の親戚から聞いた話です。これからは食べ物によって、福島だけでなく日本中がくまなく汚染される事態になりつつあります。数年後には福島県の女性の母乳の放射能の値と、九州の女性の値も変わらなくなってくるんじゃないかと思います。

―福島の海産物が名古屋まで運ばれているとのことですが、これを広河さんが信頼できる情報と判断された理由は何でしょうか?

広河氏:僕もその後、調べている途中ですので、それ以上のことは分らないんです。ただ、一回限りのことではなくて、仕事としてやってると。アルバイトで働いてる人の親戚から聞いた話ですそういう話は、海産物に限らず、他の作物でもおそらくまかり通っているはずです。どこでいつ起きたかという事実関係を発表するまでには、本人に会って調べたいと思っています。ただし、これは単なる噂ではなく、働いている人の親族の方の話から聞いた話ですから、信頼性が確かだということです。

―価格があまりにも安いということもあるんでしょうか?

広河氏:「非常に安い」ということを聞きつけて、(被災地の産品だと)分っている人達が買い付けにくるようですね。




c0139575_21325940.jpg

c0139575_21312371.jpg

c0139575_2146463.jpg

テレビ朝日
c0139575_2139191.jpg

c0139575_2143109.jpg


c0139575_21571552.jpg

c0139575_21572756.jpg

c0139575_21574728.jpg


c0139575_22304662.jpg

c0139575_2233596.jpg

c0139575_22343329.jpg

c0139575_22345790.jpg

c0139575_22352965.jpg


c0139575_22411226.jpg

c0139575_22355337.jpg

c0139575_22361753.jpg

c0139575_23253722.jpg

c0139575_22364731.jpg



c0139575_2238578.jpg


c0139575_23171082.jpg

c0139575_2315508.jpg

c0139575_23191652.jpg




c0139575_22534985.gif


東京で中性子線を検出―千葉ではウラン235を検出―大部分のガイガー計測器で検出は無理(エネニュース)
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/871.html
投稿者 馬鹿まるだし 日時 2011 年 12 月 05 日 00:06:11: XrXUVCoFJUfoI

Neutron ray measured in Tokyo ― Uranium-235 found in Chiba ― Can’t be detected by most geiger counters (PHOTO & VIDEO)

http://enenews.com/breaking-neutron-ray-measured-in-tokyo-uranium-235-found-in-chiba-cant-be-detected-by-most-geiger-counters-photo-video

※註:以下の訳文は「紙の爆弾」12月号掲載の佐藤雅彦氏の記事「平成の亡国テロリズム 東京電力『大逆事件』 放射能汚染で天皇ファミリーが危ない」から一部転載


東京で中性子線を検出、千葉ではウラン235を検出、いずれも大部分のガイガー計測器で検出は無理
(10月19日、エネニュース編集部)

10月19日東京発――東京の虎ノ門で昨日、中性子線が検出されたと『フクシマ日誌』ブログ(http://fukushima-diary.com)の望月氏が報告している。問題の中性子線はウラン235から放出されたものだ。10月11日には千葉県柏市でも松葉第一公園のベンチのそばでウラン235が検出されていた。この柏市の測定では、地上1.2メートルと1.5センチメートルで測ってみると、セシウムの場合は地上1.2メートルでは測定値が半減したのに、ウランの場合は地上1.5センチよりも1.2メートルのほうが大きな測定値を示した。すなわち――

●地上1.2メートル
・環境放射線量 0.372μSv/h
・低濃縮ウラン燃料 180カウント
・セシウム134 221カウント
・セシウム137 208カウント

●地上1.5センチメートル
・環境放射線量 0.628μSv/h
・低濃縮ウラン燃料 156カウント
・セシウム134 467カウント
・セシウム137 412カウント

望月氏はこの情報に、次のようなコメントを添えている――

「大部分のガイガー計測器は中性子線を測ることができません。だから私は“線量計を頼っていると目くらましに遭うぞ”と警告するのです」。
「すでに鼻血や脱力感(ぶらぶら病)や免疫異常などの症例が数多く報告されています。なのにそれらは『風評被害』であると決めつけられてきました。この程度の『空中線量』ではそうした症状が起きるはずはない、と信じられてきたからです」。
「けれどもこの中性子線の測定結果が出たことで、すべてが明らかになったのです。ウラン235は東京じゅうに拡散しています。プルトニウムを用いたMOX燃料がその出所だったわけです」 


と望月氏は結論づけている。

望月氏の報告には、中性子線がガンマ線よりもはるかに有害だという事実が、両者を比較するかたちで記されている。詳細は同記事を参照のこと(http://fukushima-diary.com/2011/10/breaking-news-neutron-ray-measured-in-tokyo/

10月16日に、福島のメルトダウン事故現場から100キロメートル離れた栃木県内で中性子線が検出されたときの記録動画も紹介されている。

●動画「那須野が原公園で中性子線を検出」(※註:現在は削除されているが、同タイトルでネット検索されたい)
httpv://www.youtube.com/watch?v=-2pRbJfM2KQ

東京で中性子線を測定していたときの様子も、以下に写真を紹介しておく。

●NHK ニュースウオッチ9「虎ノ門で中性子線を検出」(※註:トップの画像を参照)

Breaking News: Neutron ray measured in Tokyo Posted by Mochizuki on October 19th, 2011
http://fukushima-diary.com/2011/10/breaking-news-neutron-ray-measured-in-tokyo/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+FukushimaDiary+%28Fukushima+Diary%29

Neutron ray was measured in Tokyo.

This is the screen shot of the moment when they measured it in a car, around Toranomon, where is near Tokyo tower.(10/18/2011)

c0139575_0282952.jpg

Before 311, average neutron ray was 4 nSv/h.

After 311, it’s 464 nSv/h (116 times higher than before 311).

Neutron ray is emitted from Uranium 235.

In one of the worst hot spots in Chiba, Kashiwa shi, citizens detected Uranium 235.

It was right beside a bench in Matsuba daiichi kinrin park.

10/11/2011 9:40 AM ~ 10:30 AM

1.2 m high from the ground

東京都虎ノ門をはじめ関東各地で検出されているという中性子線について
http://boony.at.webry.info/201110/article_11.html

c0139575_040074.jpg


東京 虎ノ門で中性子線検出!
http://nueq.exblog.jp/16490247/

0.9286cps(1秒間当りの放射線カウント数)と云うことは、一回の核分裂で2個の中性子が生まれるとすると、半減期7億年のウラン235が、2秒に1回核分裂をするだけの量、周辺に転がってることを意味します。 つまり、平均7億年に一回しか核分裂しないウラン235が2秒に一回核分裂する程の量。 と云うことです。



以下は参考です
c0139575_113853.jpg

やっぱりこんなものが俟っているんですか?
[PR]

by oninomae | 2011-12-04 15:44 | バイオハザード・ワクチン  

<< 妖怪人間 タンポポ日記 放射能エイズ >>