NHK「チェルノブイリ原発事故その10年後」 ネステレンコ教授パート書き起こし

http://blog.goo.ne.jp/jpnx02/e/d02defe21817584175d2d224922ef7ce より

NHK「チェルノブイリ原発事故その10年後」 ネステレンコ教授パート書き起こし 2011-11-12 11:55:08


驚くべきデータが語られる。  原子力物理学者ワシーリー・ネステレンコ教授

http://famasaki.com/japan/20110401010746/

c0139575_1816741.jpg

(原子力物理学者ワシーリー・ネステレンコ[Vassili Nesterenko, 1934-2008]@ベラルーシ)

原発を保有している国々は、チェルノブイリの事故(1986年4月26日)から何の教訓も得なかったように思えます。ベラルーシ共和国の人口はおよそ1000万。その四分の一はチェルノブイリの周辺地域に住んでいます。しかも子どもが50万人もいるんです。事故からもう10年以上経つのに、そういう人々の安全はいまだに確保されていません。そんなテクノロジーが存在していいものでしょうか。

c0139575_20513039.jpg

c0139575_2050147.jpg


あの事故の後、私は西側諸国の原発を見学しました。しかし彼らは、「あなたの国の原発と違って、我が国の施設は極めて安全です」と言うばかりでした。そして万が一のときの安全対策も、半径20、30キロの距離でしか考えられていませんでした。200キロ以上離れていてもまだ危険だというのに。

(ナレーション)
ネステレンコ教授はチェルノブイリ事故の直後から被害の拡大を少しでも抑えようと努力してきました。そして1990年から93年にかけてベラルーシ、ウクライナ、ロシアの三ヶ国にまたがる専門家独立委員会を組織しました。独立委員会は独自に調査を進め人々の受けた被害が国際原子力機関の公式発表より大きなものであることを訴えています。

(ネステレンコ)
チェルノブイリに隣接した地域から取れる作物は今後数十年間汚染されたままでしょう。ベラルーシには甲状腺ガンに侵された子どもが驚くほどたくさんいます。事故から10年以上もの間、放射線に汚染された食べ物を摂り続けているせいで、住民の免疫力は著しく低下しています。さまざまな感染症に対し、とても弱い状態になっているんです。私はそれを核によるエイズと呼んでいます。

(ナレーション)
ネステレンコは最も汚染のひどい地域にいくつもの食料放射線管理センターを設置。地元の医師や教師たちに専門知識を伝え、特に子どもたちの身を汚染から守るよう働きかけてきましたしかしそのような施設の多くは財政的な事情から閉鎖に追い込まれました。 わずかに存続しているものもヨーロッパのNGOから受けている資金援助が頼りです。アイルランドから寄贈された救急車に乗り、放射線の量を測定する機器をたずさえて、ネステレンコは汚染地域を巡回しています。人体の汚染状況を調査し、改善するためです。

(ネステレンコ)
残念なことに多くの子どもたちの身体が今も放射能にむしばまれています。例えば事故現場から200キロ以上離れた村でも、子どもたちのうち23パーセントが白内障にかかったり、失明したりしています。その村では84パーセント以上の子どもたちに不整脈が見られましたまるで心筋梗塞の予備軍です。というより、すでに多くの若者が心筋梗塞にかかっているような状況です。 

およそ80パーセントの子どもが、胃炎や潰瘍を患っています。特にひどいのは12歳から15歳の子どもたちです。胃の粘膜が萎縮し、まるで70過ぎの老人のようになっています。つまり放射線の影響を受けた子どもたちは、命の炎を急速に燃やし尽くし、将来病気になることが確定しているんです。

私自身、同じような状況にあります。体内でいくつかの酵素を作る能力が失われてしまったので、食べられるものがごく僅かしかありません。もう慣れてしまいましたけどねえ。科学者の放射線被曝許容量は、一般市民の十倍とされています。いろいろな自衛手段を知っているためです。普通の人より健康で、放射線に強いからじゃありません。

(画面が切り替わり診療所のような場所)

ネ「魚は調べたんですか?」
父「他の人に食べてもいいと言われましたけど…」
ネ「子どもは1キロあたり37ベクレル以上の放射能を含んだものを食べてはいけません。これは70ベクレルもありますよ。あなたは釣りを?」
父「はい。趣味で」
ネ「なるほど、それで合点がいきました。とにかく子どもに与えてはダメです」
父「子どもたちはそんなにたくさん食べてませんよ。ただ私が食べていると、ねだるのでちょっと味見させているだけです」

(ネステレンコ)
私たちはペクチンをベースにした新しい薬(※ビタペクト2(Vitapect-2)のことか?)を見つけました。ウクライナで製造されているものです。水に溶ける錠剤で、大人でも子どもでも、これを一ヶ月間服用すれば、30%から40%の放射性元素を体外に排出できると言われています。

c0139575_18344315.jpg

(引用者:ペクチンは金属イオンをキレートして排出してくれます。Vitapect-2の成分は、Aple pectine の他に、以下のビタミン・ミネラルを配合しているそうです。 vitamins B2, B6, B12, C, E, Beta carotene, Folic Acid, Mineral substances K, Zn, Seだそうです。 一応合理的な配合だと思います。自分で、いくつかを組み合わせて摂ると効果はあると思います。もちろん汚染されていない野菜や果物を摂れるとよいのですが)

c0139575_18572541.jpg


c0139575_18515243.jpg

c0139575_18521550.jpg

c0139575_18523194.jpg

c0139575_18524710.jpg

c0139575_1859190.jpg

c0139575_192436.jpg


こちらも大事です
c0139575_18531969.jpg


ネ「以前の数値はどれくらいだった? 1キロ当たり471ベクレルもあったんだね。マリーナ、錠剤はちゃんと飲んでる?」
娘「はい」
ネ「どのぐらい?」
娘「あと3錠しか残ってません」
ネ「ちゃんと飲んでるようだね。私のポケットの中に少しあるから、それを持っていきなさい。ずっと飲み続けるんだよ。それにしてもなぜこんなに数値が高いんだろう。最近、森に生えているキノコを食べたりしなかった?」
娘「食べてません」
ネ「じゃあ、干しキノコのスープを食べたことは?」
娘「もう干しキノコはありません」
ネ「他に何か野生のものを食べたことは? 例えば野ウサギとか」
娘「食べてません」
助手「前にあった干しキノコを全部食べたんでは?
ネ「前は干しキノコが?」
娘「ありました」
ネ「沢山あったんだね。それをいつ食べた?」
娘「四月ごろです
ネ「四月に。そのせいか。マリーナ、君は今15歳、それとも16かな?」
娘「16です」
ネ「いいかい、マリーナ。君の歳だと、四月に食べたキノコの放射能を半分排出するのに八月の末までかかるんだよ半分排出するだけで、三ヶ月以上かかるんだ。安全なレベルに達するには、この先ずっと汚染されてないものだけ食べ続けても一年はかかる。このまま放射性物質を体内に蓄積していると、健康に取り返しのつかない悪影響に及ぼすことになるよ
助「現在のマリーナの数値ですが、セシウムが301ベクレル。ですから170ポイントも下がっています」
ネ「それは素晴らしい。あと三ヶ月下がってくれればいいんだが。さあ、今日はこれで終わりだ。健康には十分、気をつけてね」

(マリーナが去った後にネステレンコの呟き)
あの子は、家族に何か問題があるようだね。気をつけた方がいい。

(ネステレンコ)
子どもたちに錠剤を出し始めてから、二十日が過ぎました。一日に二回ずつ飲んでもらっています。多くの子どもが放射性物質を30%以上排出しました。一人だけですが完全に輩出してしまった子さえいます。子どもたちは最低でも年に一回は検査を受けるべきです。そして汚染地域に住んでいる子どもたちには年に三、四回この薬を与える必要があります。その場合の費用は、一人年間で28ドルになります。

(ナレーション)
一人の子どもを救うのに必要な費用は、一年にわずか28ドル。しかしそれを必要とする子は、ベラルーシだけでも50万人います。結果的には大きな金額となってしまうため、ネステレンコの計画が実現する目処はまだ立っていません。  (引用注:総額1400万ドル、1ドル80円で計算しても、11億2千万円。 これと比較するとどうでしょうか?)


++
援助金は、本来、本当に助けようという気持ちがあるなら、「ワクチン」ではなく、こういうものを配る活動に使っているはずですよネ。




おまけ

日本赤十字HPにて、義援金受付状況の報告がありました。
4月5日(火)現在:1,591,744件 1,396億3,924万6,398円
http://www.jrc.or.jp/contribution/l3/Vcms3_00002096.html



以下追記

福島県中通り地方の13歳の子供が白血病に 2011-10-15 20:42:19
http://ameblo.jp/human1-cat1/entry-11049053232.html

2011年9月、福島県中通り地方の北部に住む13歳の子供が白血病になっているのが確認されました。この情報は、私自身が情報源の確認までおこなっています。・・・

c0139575_273684.jpg



放射性セシウム:福島市のコメから規制値超630ベクレル 毎日新聞 2011年11月16日 21時58分(最終更新 11月16日 23時49分)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111117k0000m040086000c.html  

c0139575_1173262.jpg

福島市大波地区

◇政府が出荷停止検討

福島県は16日、福島市大波地区産のコシヒカリ(玄米)から国の暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を超える放射性セシウム630ベクレルを検出したと発表した。コメの暫定規制値超過は全国で初めて。政府は同地区のコメを出荷停止にする検討を始めた。【清水勝、佐々木洋】

県は同日、大波地区の稲作農家154戸に出荷自粛を要請。厚生労働省は県に対し、同地区や周辺で収穫したコメのサンプル検査の強化と、既に流通したコメの追跡調査を要請した。

県や市によると、今月14日、地区内の一農家が自宅で消費するために保管していたコメの安全性を確かめようとJAに持ち込み、簡易測定器で測定。高い数値が出たためJAが福島市に連絡し、県で詳しく検査した結果、玄米で630ベクレル、白米で300ベクレルを検出した。農家はこのコメの出荷予定していたが、まだ市場には出回っていないという。

大波地区は東京電力福島第1原発から約60キロ離れた中山間地で、154戸の稲作農家がある。原発事故による放射線量が比較的高く、福島市は10月18日から地区の全世帯を対象に、本格的な除染作業を進めている。この農家の水田はくぼ地にあり、沢水を使っているといい、周囲の放射性物質が蓄積された可能性があるとみられる。コメは収穫後に天日干ししていたが、市は「セシウムの濃度が高かったこととは関係がない」としている。

原発事故を受け、政府は17都県を対象に収獲前の予備検査と収獲期の本検査を実施。大波地区では9~10月に予備検査を1地点、本検査を2地点で行い、検出値は28~136ベクレルだった。県内すべての検査が終了し、佐藤雄平知事は10月12日、県産米の「安全宣言」をしていた。

c0139575_1202667.jpg


厚労省監視安全課は「予備検査と本検査で何カ所も調べ、すべて規制値以下だったのに、なぜ今ごろ規制値を超えるコメが出るのか。消費者の信頼を得るには、いったん出荷停止とし原因を究明する必要がある」と話している。

c0139575_1215377.jpg

c0139575_1305971.jpg



「福島原発の放射性物質、西日本にも」研究チーム解析
http://www.asahi.com/national/update/1114/TKY201111140338.html

・・・文科省によるセシウム137の測定値で補正して、3月20日から4月19日までの沈着量を算出した。
c0139575_0153320.jpg

これについては、青いところは、あまり青くなる必要はないと思う。(大体色の配分がおかしい。チェルノブイリ・汚染マップのような配色が適切である) 特に重要なのは、黄緑から特に黄~赤の場所の食品を避け、瓦礫を運搬しないことだ。 そして、これから起こるであろう群発大地震群。原子炉稼働は狂人の踊りである。



参考

Bq/kgからBq/m2への変換方法について
http://radi-info.com/q-759/

Bq/kg→Bq/m2→μSv/hの変換についての簡単なまとめ
http://tsukuba2011.blog60.fc2.com/blog-entry-218.html
[PR]

by oninomae | 2011-11-16 19:27 | 放射能・ラジオハザード  

<< イランを覆いつつある戦雲 Wa... なぜ11日が狙われるのか タン... >>