「ほっ」と。キャンペーン

大塚範一キャスターは なぜ白血病になったのか タンポポ日記

大塚範一キャスターは なぜ白血病になったのか 民主党政権が隠し続ける プルトニウム(放射性物質)による日本人殺し 2011年11月14日
http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/archives/10475559.html

めざましテレビの大塚キャスターが白血病にかかったことは、ネットでも噂になっているが、最も重要なな問題が提起されていない。

白血病は生存率が30~40%という恐るべき病気、私の友人の子供も、5歳から12歳まで闘病の末、中学1年で亡くなった。発病後そのほとんどを大学病院の無菌室で過ごし、その間、母親が付きっ切りで看病を続けたが、骨髄移植を始めとする、あらゆる先進医療を受けたにも関わらず助からなかった。

亡くなったときの身体は、中学1年生にしては本当に小さかった、だが、頭部だけは腫れ上がり、大人の2倍ほどもの大きさになっていた。なぜこのような悲惨なことが起きてしまったのだろうか。

大塚キャスターは、福島原発3号機が爆破し、プルトニウムが大量に飛散していた3月15日に福島入りしたという。また番組内で安全性をアピールするため、福島産のシイタケを始めとする野菜を試食していた。

大塚キャスター急性リンパ性白血病
http://kokuzou.blog135.fc2.com/blog-entry-2011.html

c0139575_19264473.jpg


フジテレビからの命令であろうが、仕事の犠牲になったということだ。(フジテレビや国は、因果関係ははっきりしないというであろうが)

政府は福島産の米や野菜が安全であると言っている。だが、私は福島産の野菜や肉は出荷するべきではないといい続けてきた。特に放射性物資が溜まる、キノコ類などもってのほかだ。キノコや野菜は食べるのではなく、放射線を吸収してもらうため、除染のために使われるべきときである。

国が買い上げて保証金を支払うべきなのに、こともあろうに、「安全だ」といって流通させている。

本来なら完全に安全性が確保された段階で、出荷されるべきなのだ。食品に安全性を求めるのは当たり前のことだ。

だが、民主党政権はまったくそれをやらない。やらないどころか、放射能を大量に含んだ食べ物を安全だと言っている。絶対に許されない行いである。 (その理由はあとで書く)

いまだ、大量の放射性物資が福島原発から放出されている。福島第一原発の吉田所長も「線量も高く危険な状態だ」と昨日発言している

c0139575_19391410.jpg

今朝のテレビでは、原発敷地内のバスの中で、毎時1ミリシーベルトという年間許容量の放射線が測定されていた。政府の言うことなどまってくあてにならない。

それにしても、なぜ大塚キャスターが白血病にかかったということについて、各テレビ局は追求報道しないのか? 韓国で日本人女性が行方不明になったと大騒ぎしていたが、韓国で男と逃げて行方不明となり、もし死んでいたとしても、申し訳ないが、福島にたった一度行っただけ、また福島産の野菜を少し食べただけで、白血病になってしまうといった事実の方が、日本人全体にとって恐るべき出来事である。

大塚キャスターが白血病にかかったのには明らかな理由がある。

―発ガン―

プルトニウムが体内に入る経路は、一般には、呼吸を通じるか、口から飲んだり食べたりするものにまじってとりこむかである。プルトニウムは、直径1ミクロン(1000分の1ミリメートル)前後の酸化プルトニウムのかたまりとなって空中に漂いやすい

プルトニウムを用いた大気圏内核実験の際にも、核分裂をしなかったプルトニウムは、酸化プルトニウムの塊となって空中にばらまかれる。

このような微粒子は不溶性であり、呼吸を通じて鼻(口)から吸収されると、気管や肺の繊毛に沈着し、長く留まって組織を破壊する。最も大きな問題は、肺を構成する細胞の核に存在する遺伝子を、そのアルファ線の電離作用によって傷つけることである。遺伝子は細胞の再生(代謝)を司っているから、傷ついた遺伝子によって誤った情報が伝えられ、増幅されるとガンを発生させる。(同じことが生殖細胞で起こると遺伝障害となる)

やっかいなことは、被爆してからガンの症状が現れるまでの潜伏期間が、一般に極めて長い(20~30年経ってから現れることもある)ことで、そのために因果関係がつかみにくい。

いっぽう、消化器系を通してとりこまれたプルトニウムは、むしろ可溶性のものが問題となる。胃腸壁を通して吸収されやすく、吸収されたプルトニウムは主として骨に集まりやすい。これは、骨のガン、特に白血病の原因となる。もちろん、とりこまれた部位に応じて各種のガンを誘発しうるが、肺ガンと骨のガン(白血病)が、プルトニウムの恐ろしい病気である。

―許容量―

ここでは、許容量がどのような手続きによって決められているか、したがって許容量をめぐるさまざまな論争がどんな根拠で生まれるのか、ごく基本的なことを述べておこう。すでに述べたように、ごく微量の電離作用によって生体、とくに遺伝子に影響を与えるから、決してこれ以下なら絶対に安全という放射線量はない。

そこで、各国の基準のもとになる勧告を出している国際放射線委員会(ICRP)では、利益と危険のバランスという考え方をとっている。その意味では、「許容」とは、原子力との利益と危険のかね合いで決まる概念である。

c0139575_19313869.jpg

「プルトニウムの恐怖」高木仁三郎氏著


今は亡き、高木先生が日本人に残してくれた、プルトニウムや放射線に対する、正しい知識を与えてくれる貴重な資料である。

これこそが、事故直後、「安全だ」「問題ない」「国際原子力事象評価尺度4だ」などといい続けていた、テレビ局とその出演者、菅政府などの悪意とはまったく違う、真の専門家のまっとうな見解なのだ。

大塚キャスターは、福島産の食品からプルトニウムを摂取した可能性が極めて高い。(引用注;ストロンチウムも十分怪しいと思いますが)

私は福島原発事故直後から、民主党、菅直人政権に対し、プルトニウムの飛散量を公開するよう、首相官邸にメールを送って求めてきた。だが、事故後8ヶ月も経過するのに、いまだにその回答はまったくない。

それどころかテレビ局や新聞は、「プルトニウムは重いので遠くへ飛ばない」などという、まったくの虚偽情報を垂れ流し、国民を欺いて、政府の犯罪を助けていたのだった。

本来なら、菅政権や野田政権に対し、国民の健康を守るために、プルトニウムの放射線量や飛散量を公開するように、マスコミ各社が強く要望すべきであったのだ。

であるのに、安全であるかのようなキャンペーンを行った結果、大塚キャスターのような、「犠牲者」が生まれたのだ。

私個人が政府に対して求めているのに、大組織であるテレビ局や新聞社が、正しい重要な情報について、まったく追求してこなかった。プルトニウムはこの地上において、最も危険な毒物のひとつであって、しかも半減期は2万4000年である。(引用注: 「劣化ウラン」と同様、我々の細胞より小さく細胞に潜り込める、ナノ粒子的微粒子が危険なのだと思います。1ミクロンでも潜り込めると思いますが。そして、大半の煙は太平洋に向かってくれたとはいえ、MOX福島3号炉は吹き飛ばされた。あの爆発なら、0.1ミクロン=100nm前後以下のナノ粒子になってもおかしくはない。ナノ粒子は「溶けて」いなくても溶けているがごとく浸透し得る)

c0139575_19434791.jpg

c0139575_1944128.jpg

c0139575_2023202.jpg

c0139575_19454256.jpg


このままプルトニウムの飛散を放置し、情報もまったく公開されないとなれば、日本の各地でプルトニウムによる被爆によって、大塚キャスターのような白血病患者が急増するだろう。(引用注:私は放射性ストロンチウムによる白血病の方が多いだろうと思う)

ところが、最近、骨が痛いなと思って病院に行く、すると病院では「リュウマチ」ですと言われることが起きるだろう。だから、テレビ局は最近、リュウマチキャンペーンを行っている

しかもTPPによって、国民健康保険制度が崩壊するかも知れないといわれ、また、こうしたガンなどの先進医療は保険適用外となっている。「金のない人間は、治療を受けずに勝手に死ね!」という、まさに「フランダースの犬」の世界が日本に訪れる。

c0139575_19363675.jpg

まるで時代劇に出てくる、高麗ニンジンを買えない、貧しい長屋暮らしの人々のように。


こうしたことのひとつひとつが、民主党政権がプルトニウムの情報や危険性を、国民に対しまったく訴えていないことの理由であって、またTPPが推進されている理由でもあるのだ

なぜ福島原発は爆発までに至ったのか?なぜ民主党政権は危険性の低いヨウ素やセシウム(引用注:セシウムも心臓には十分危険です)しか出ていないような情報ばかりに終始し、最も危険なプルトニウムの情報を国民に知らせないのか?なぜ、経済や医療制度が破壊されているのか?なぜ復興は進まないのか?

こうした疑問や謎を突き詰めてゆくと、民主党、菅直人、野田佳彦らによる日本の破壊という構造が見えてくるのである

c0139575_20311648.jpg

c0139575_201764.jpg

c0139575_20325170.jpg


宮城県議選において、民主党は惨敗したようであるが、その方が日本が良くなる。

全国の各労働組合は、民主党支持をすぐに取りやめ、真の労働者のための新しい政党を立ち上げよ!

国民の生活どころか、「国民の生命」をないがしろにするような政党とは、即刻おさらばすることだ。組織として出来ないとういうのであれば、個人で民主党に投票しなければよい。このような悪しき政党とは、一日も速くおさらばするに限る。どうせ民主党は、日本人の支持を失っているのである。次の総選挙では必ず惨敗するであろう。

※大阪では、ついに独裁者橋下徹と平松邦夫現市長との選挙戦が始まったようです。大阪府職員は、橋下徹の独裁府政の下で、まったく逆らえない状況に置かれていたといいます。万が一、橋下徹に逆らえば、徹底的に追い込まれると。当然でしょうね。本人が独裁政治を理想としているのですから、このような悪党に大阪の政治を任せては絶対にいけません。

横山ノックら、テレビ局が宣伝してきた人間たちのこと思い出してください。大阪を、これ以上暗黒政治によって破壊するものの手に委ねてはなりません。

府庁の職員、市の職員が、府民や市民のために、正しいと思ったことは自由に発言できる政治を実践していかなければなりません。橋下が大阪市長になれば、市の職員の自殺者が増えるでしょう。市の職員を、「死の職員」にしてはなりません。そのために、大阪市民の人々の一票が本当に大切になります。「独裁政治が必要」「私利私欲にはしる」などと口にする人間が、まともな人物であるわけがありませんから。

橋下徹の口の上手さではなく、橋下の攻撃性に着目し、もっと穏やかな政治指導者を選ぶべきです。

この時代に、政治が急激な変化を起こせば、市民の暮らしが混乱するだけです。正しい改革は、しっかりとその内容を有権者に説明し、その上で、時間をかけて行われるべきなのです。

橋下徹は「都構想」を唱えていますが、その中身は本人が考えたものではなく、他人の受け売りであって、その中身もまったく具体的ではなく、まだまったく固まっていないということです。であるのに、橋下徹は、何か自分が凄いことをやっているかのように振舞っています。実は橋下の中身は何もなく、大阪を根拠地として、日本国の独裁者の地位を狙っているだけです。

彼が初代日本国大統領となれば、天皇制の廃止や、民主主義を廃止し、その政治目的である「独裁者宣言」を行うことでしょう。

私は、橋下徹氏が同和地区出身であるということは知っていますが、彼が在日朝鮮人系の人物であるかどうかまでは知りません。

もし、橋下徹が在日系の人であって、さらに独裁者となれば日本はどうなるでしょうか?日本は、TPPによる破壊だけではなく、実質、半島人の支配下に置かれる、ということになるでしょう。橋下氏の父親や叔父までが暴力団員だったという事実によって、その可能性は、十分にあるといえるのではないでしょうか。

日本における、在日韓国人系、在日朝鮮人系の人々の力は強まるばかりです。テレビ局はその在日系人物が、日本人の支配者に収まることを助長しています。

c0139575_1955403.jpg


その証拠に、またまた孫正義を助けるため、番組で孫の特集をやるようです。

「経団連が、何で反対するんだ!」テレビでも怒鳴り散らしていましたが、私が経団連の会長でも絶対に反対します。孫正義は、もともと日本のインフラ事業の取得、つまり公共性の高い事業を手に入れ、利益を上げることを目的としてきました。

孫に日本の電力事業を任せれば、在日系であり、しかも外資の支援によって伸し上がった、つまり日本の国益の為に働いているわけではない人間が、公共事業という、生活の必需事業の利権を手に入れることになります。

これは本来、国家が事業として行うべき類のものなのです。

けれども、テレビ局は孫正義の立場に立った報道に終始しています。国籍だけは日本人に変えたが、その名前によって、自分は韓国人なんだと表明している人物に。

孫の正義という名について、私は在日系の人々に多い名前であることに気づいています。(もちろん、すべての人ではありません)以前、稲川会系の右翼の人物が紹介してくれた、在日朝鮮人の日本名も、正義という名になっていました

日本人に侵略され、日本国内や半島において、反日活動を行っている人々にとって、彼らの行いは、それがたとえどのような行いであっても、敵国を破壊する活動であれば、その行いは「義」であり、「正義」なのです。

たとえば、日本の戦時中を思い出してください。日本人はアメリカ軍の艦船に、特攻機が突入して沈没したと聞けば湧きかえりました。それは日本人にとっては義であり、正義の行いであったわけです。

けれど、アメリカに行けば、その行いはまったく逆のものとして評価されます。

このように、日本人に憎しみを持つ、在日系の人々にとっては、日本人が苦しむことや日本人の国益を奪うことは、正しい行いであると考えられているのです。ですから、竹島問題などをいつも起こして、わざと日本人を憎み続けるよう、日本政府も、韓国政府も、そして世界的な勢力も求め続けるのです。

逆に両国民間の問題がすべて解決されれば、対立の構図が崩れてしまうからです。こうしたことがあるので、右翼団体は領土問題などを攻撃します。

在日系の人々が、なぜ右翼や暴力団となって活動するのか。その理由は、日本の国益のためではありません。ですから、彼らはそのようなおどろおどろしい街宣車で脅しをかけているのです。

キリストも義の人と言われていますが、その義も、世界を破壊し、増殖による滅亡から救う「黙示録」の実行者、つまり世界の破壊者であって、大量殺戮者という意味の「義人」なのです。破壊が新たなる創造を生み、それゆえ、結果的に正義になるという発想です。

私はこの世界の政治を動かしている、悪魔思想を根底から否定しますが。

それが正義であるわけがありませんが、政治を動かす人間にとっては、国際的に正義とされ続けてきたのです。かつてキリスト教が世界を支配していたことからも分りますよね。

また、ブッシュを見れば、事実として理解できるはずです。何人殺しても、自分は正義だと言っているのですから。 (アメリカ人も1万人くらい死んだかもしれないが、イラク人は米軍に100万以上殺された)

これが世界の政治や経済など、すべての制度が正しく行われない、唯一、最大の理由なのです。その思想を世界中に広めたのが、聖書の民、ユダヤ人です。

c0139575_2004230.jpg


独裁を唱える橋下徹や、孫正義らをテレビ局はなぜもてはやすのか、それは、彼らが人間の体に入ったプルトニウムのように、日本国を蝕んでゆくからです。

c0139575_2023732.jpg


日本を、世界を破壊すること、それこそが今求められている「義の行い」、彼らの言う「正義」であって、プルトニウムの恐怖がまったく騒がれず、まったく説明されないように、橋下や孫の危険性も、まったくもって指摘されず、かえって能力の高さを強調し、日本国の政治や経済を支配させようとしているのでした。

日本人が日本国を破壊し、国民を傷つけることには抵抗を感じるでるはずです。ですが、かつて日本人に「虐げられた」(「」は引用者:と信じ込んでいる)人々であれば、日本国民に対し残酷になれるのです。橋下が行ってきた、大阪府政、その府庁で働いてきた日人々の実態を聞けば、橋下の危険性は十分に理解できるはず。 橋下はそのために世界経済フォーラムによばれ、「選ばれし者」となったのでした。

c0139575_21361239.jpg

c0139575_2342962.jpg

c0139575_23423294.jpg

放射性物質という「小さい虫」
http://satehate.exblog.jp/16132369/
c0139575_23425583.jpg



※2 野田がTPP交渉に参加を正式に表明しました。民主党の反対派だという、山田前農水相らが、「事前協議」に留まったと発表してから何日経ったでしょう。

民主党はどこまで日本国民を欺くのでしょうか。民主党はなぜ在日韓国人や暴力団から献金を受け取り、国際テロリストを日本の政治家につけようとするのでしょうか。

c0139575_2164753.jpg

民主党はなぜ民団から選挙応援を受けているのでしょうか。


c0139575_2010152.jpg


私が今回書いた記事の中に、その答えが書かれているはずです。

日本は今、外国勢力からなお破壊工作を受けています。それを政府が手助けしているのです。前原が在日韓国人から献金を受けながらも、国会議員を辞めずに、要職に居座っているのも、国際テロリストの子供を菅直人が支援しているのも、日本の破壊のためなのです。

c0139575_20105868.jpg

民主党キャッチコピー「政権交代」はデーブ・スペクター案だったらしい


ゆえに福島原発からいまだに大量の放射性物資が放出され、日本人の骨や肺に溜まり続けるよう、500ベクレルもの放射性物資を食べさせらているわけです。

ちなみに、チェルノブイリ事故によって汚染されたベラルーシの水道水の基準値は10ベクレルで、ベラルーシの放射線専門家に言わせれば、日本の水道水200ベクレルという基準は、「信じられない」そうである。

その信じられないことを平気で行っているのが、民主党である。


このような危険な政党は解体し、非合法とすべきではないだろうか。


c0139575_2055971.jpg



関連

白血病入門 

肥田 白血病はまだでない。3年以降で、白血病はピークが5年、がんが7年だった。これは必ずピークは出る。医師は知っておいた方がいい。(これは5月の話)

初期症状
・貧血
・感染に伴う発熱
・出血傾向
・歯茎からの出血が止まらない
・歯肉腫脹
など

血液検査では、白血球、赤血球、血小板の3系統が同時に低下することが多い。
早期発見には、血液像の検査が有効

(白血病の種類)
急性骨髄性白血病・・・50歳以上の成人に多い
急性リンパ性白血病・・10歳未満、とくに幼児(2~4歳)に多い。
これから更に細分化される。

(発症のメカニズム)
 腫瘍性の変化を起こすには、細胞の遺伝子のうち増殖、分化を司る遺伝子が複数個(3~4)損傷される必要がある。さらに、免疫力によっても左右される。例えば、T-cell(リンパ球)が損傷されている場合には数週間。増殖能力の落ちた高齢者では、半年程度になることもある。20~50代であれば細胞分裂も盛んであり、通常は2~3ヶ月程度と考えて良いのではないか。


「捨てられた日本国民」 政府は本当のことは教えない。 国民がパニックになるから、だって  2011-11-12 13:41:19
http://blog.goo.ne.jp/jpnx02/e/f41fec6c3e6e532b4edea70e0e678cdb

福島の病院で、片手がない奇形児などが生まれ始めた(病院の医療事務から直接聞き出す) 2011-11-08 12:10:40
http://blog.goo.ne.jp/jpnx02/e/a341ecaa24c479bd51959b8eeea369ae
[PR]

by oninomae | 2011-11-14 20:17 | 政治詐欺・政治紛争  

<< 金融「自由化」 by オルタ またまた登場する 聯合艦隊司令... >>