またまた登場する 聯合艦隊司令長官 山本五十六

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-3886.html の本文

2011年11月12日 (土)

ある退役軍人が思い出すこと ハワード・ジン 11/12/06 "Information Clearing House"


退役軍人の日の起源に立ち戻ろうではないか。もともと停戦記念日だったのだ。1918年の11番目の月の11番目の日の11時に、第一次世界大戦が終結したためだ。

c0139575_231819.jpg


我々はあの戦争を忘れてはならない。主張が、どれほど"正しかったり" "人道的だったり"したとて、全ての戦争の決して消すことのできない核心が、国家指導者達が嘘を使って仕組む、無辜の人々の大量殺りくである、という戦争の本質、あらゆる戦争の本質を、あの戦争が暴露したのだ。 将軍連中と政治家連中が、わずか数キロ、あるいはわずか数メートルを獲得するため、恐ろしい程の犠牲を払って、塹壕の中から、銃剣を付けて、若者を前進させた第一次世界大戦は、その典型だ。

1916年7月、イギリスのダグラス・ヘイグ元帥が、イギリス軍の11師団に、塹壕を這い出て、ドイツ軍戦線に向かって前進するよう命じた。ドイツの6師団が機関銃射撃を開始した。攻撃した110,000人のうち、半数以上が亡くなるか負傷し、遺体は、無人緩衝地帯、戦う両軍塹壕間にある、幽霊が出そうな地域に散乱したままとなった。こういう状況が何年も続いた。最初のマルヌ会戦では双方で500,000人、計100万人が死傷した。

兵士達は、兵士ができることの中で最も英雄的なことなのだが、それで勲章を貰えるはずの行為に対し、反乱を始めたのだ。フランス軍では、112師団のうち、68師団で反乱が起きた。50人の兵士が、銃殺隊によって射殺された。

これら銃殺刑のうちの三件が、亡くなった映画監督スタンリー・キューブリックの反戦名画『突撃』(原題Paths of Glory=栄光への道)の基になった。

c0139575_323136.jpg

映画の中で、尊大な将軍が、指揮下の兵士が退却したのを激しく非難し、 "愛国心"について語る。自分の部下達を擁護する中佐のカーク・ダグラスが、サミュエル・ジョンソンの有名な言葉を引用して、将軍を激怒させる。"愛国心は悪党の最後の避難所。" (引用注:このくだりには弁証法的意図を感じますがね)

c0139575_3243659.jpg


あの戦争の道徳的正当化と考えられていたもの(邪悪なドイツ皇帝、ベルギーの赤ん坊達)は、フランスの泥の中で1000万人が死に、毒ガス攻撃され、砲撃で神経症を病み、手足を失った退役軍人が、世界に直面しているという突然の自覚で戦争が終わった後、あっと言う間に崩壊した。

あの戦争の醜悪さは、第二次世界大戦以後の戦争を、私たちの記憶の中でおとしめられないもの、あるいは少なくとも容認できるものにしてしまった、道徳的な正しさによって、分かりにくくされることはなかった。

ベトナムは著しい例外だ。しかし、そこでさえも、アメリカの指導者連中は、 "ベトナム症候群"と呼んだものを、もみ消そうと必死に努力した。連中は、ベトナム戦争終結時に我々が学んだことを忘れて欲しかったのだ。指導者達を信じてはいけないこと、現代の戦争は必然的に、一般市民、とりわけ子供達に対する戦争であること、政府が大量虐殺に乗り出した際に、政府を止められるのは、断固決意した国民しかないことを。

退役軍人達の辛い経験に感謝しようという我々の素朴な感情が、少数者の権力と利益以外には、全く正当な大義無しに、彼等が亡くなり、身体障害者になったという事実を見えなくさせるのに利用されて来たのだ。退役軍人の日は、戦争を非難するのにふさわしい機会とはならず、国旗、軍服、軍歌、偽善にまみれた愛国演説を持ち出す絶好の機会となった。 祝日を決定する連中は、退役軍人に対する我々の心からの感情につけこみ、恐怖の終わりを慶賀した日を、軍国主義を讃える日に変えてしまった。

私自身、対ファシズムの"良い戦争"の戦争経験者として、自分が兵役で表彰されたことを戦争賛美に利用されたいとは望まない。5000万人が亡くなった、あの戦争が終わった時、世界中の人々が "もう沢山だ!"と叫んでいたに違いない。あの瞬間以後ずっと、我々は、戦争を放棄すると決断しているべきだったのだ--そうすれば、朝鮮戦争、ベトナム戦争、パナマ戦争、グレナダ戦争、湾岸戦争バルカン戦争はなかったろう。

そのような決意の理由は、現代の戦争は--政治指導者たちが、どのような"人道的な"動機を主張しようとも--必ずや子供達に対する戦争だからだ我が国のユーゴスラビア爆撃によって生み出された、手足を切断した子供達、戦後の経済制裁の結果殺害された何十万人ものイラクの子供達。

退役軍人の日を、全国的な誓約をする機会にするべきだ。相手側に、これ以上の戦争犠牲者は生み出しません。我々の国に、これ以上の退役軍人は生み出しませんと。


記事原文

A Veteran Remembers By Howard Zinn
http://www.informationclearinghouse.info/article15587.htm


http://satehate.exblog.jp/15750732/
c0139575_4111049.jpg

c0139575_481538.jpg

c0139575_3592362.jpg


http://satehate.exblog.jp/15780484/

かれらはいかに世界を支配しているか By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/8078264/

Attack On Iran Means WWIII
http://www.realzionistnews.com/?p=672

c0139575_3382698.jpg


c0139575_416452.jpg

クリスマスの頃にイスラエルはイランを攻撃する可能性があると英国政府は認識しているが、攻撃の口実に使われそうなIAEAの報告書は曖昧な内容で、間違いも指摘されている 2011.11.10
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201111100000/

クリスマスの頃にイスラエルはイランを攻撃する可能性があり、そうなればアメリカが支援するとイギリス政府のトップは認識していると報道されている。

c0139575_420249.jpg


先日、IAEA(国際原子力機関)が発表したイランの核開発に関する報告書が攻撃を正当化する根拠にされそうだ。

c0139575_423515.jpg


この報告書が出された後、イスラエル政府の高官はモハメド・エルバラダイ前IAEA事務局長を「イランのスパイ」だと中傷している。自分たちの思い描くシナリオに反する発言をしていたからだろうが、それより天野之弥事務局長をアメリカの操り人形と見る人が多数派だろう。天野事務局長とアメリカとの親密な関係は、アメリカ国務省の「お墨付き」だ。

c0139575_4265066.jpg

c0139575_4325075.jpg


IAEAの報告書でイランの核兵器開発が裏づけられたと考えている人はほとんどいないだろう。報告書の情報源だと見られているアメリカやイスラエルもそうだろう。報告書を読んですぐに気がつくのは、may、might、couldといった単語。要するに、「かもしれない」という次元の話であり、結論をひとことで表現するならば、「証拠はないが、怪しい」だ。

しかも、ロシアの科学者に関する情報で大きな間違いも指摘されている。

ロシアがイランの核開発に協力していることは公にされた事実。秘密でも何でもない。イランの核施設を制御するコンピュータにウイルスが組み込まれていることに気づき、大事故を防いだのもそうしたロシアの専門家だったと言われている。

そうした科学者のひとりだとされているのがビヤチェスラフ・ダニレンコ。核弾頭に関する情報をイランに提供したとされたのだが、このダニレンコは微小ダイヤモンド製造の第一人者であり、核兵器の開発につながる人物ではなかった。しかもウクライナ人だという。

国の資産を吸い上げている巨大資本にとって戦争は願ってもないビジネスチャンスなのかもしれないが、アフガニスタンを先制攻撃して以来、アメリカの国力は急速に低下している。イラン攻撃で止めを刺されるのは、アメリカかもしれない。


イランは核兵器開発に向け実験推進 IAEAが報告書 2011.11.9 10:27 [核・ミサイル事情]
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111109/erp11110910320006-n1.htm

c0139575_21322033.jpg

IAEAの天野之弥事務局長(AP)

国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長は8日、イラン核問題報告書をまとめ、同国が核兵器開発に向けてさまざまな実験を行ってきたとみられると指摘した。報告書は、IAEAによるイランの核兵器開発疑惑に関する最も詳細な情報開示で、活動は現在も進行中の可能性があるという。

米政府当局者は報告書を踏まえ、新たな対イラン制裁実施に向けた「圧力を強めるだろう」と述べた。イスラエルでは対イラン攻撃の是非に関する議論が活発化するなどイランを取り巻く情勢は緊迫している。

IAEAは複数の加盟国から得た情報を精査。天野氏は、イランが行った複数の活動は「核兵器(開発)に特有のものだ」と結論づけた。

一方、イラン当局者は8日「報告書は政治的な動機に基づいている」とIAEAを非難した。(共同)


「Dr. Who(ドクター・フー)」は、イスラエル破壊計画の合図を送る by Aspen
http://satehate.exblog.jp/16960902/


A Christmas Gift to the World from the US and Israel
http://www.strategic-culture.org/news/2011/11/12/a-christmas-gift-to-the-world-from-the-us-and-israel.html


c0139575_4423273.jpg

c0139575_4355753.jpg

c0139575_4473134.jpg

c0139575_4473976.jpg

c0139575_4485317.jpg

c0139575_12115314.jpg

c0139575_12121315.jpg

c0139575_12134210.jpg




http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/ecc99320cbda6e8580e39ed34a2658e3
c0139575_1151238.jpg

http://satehate.exblog.jp/15631027/
c0139575_11511659.jpg

http://satehate.exblog.jp/11963382/
c0139575_12384789.jpg

c0139575_12431653.jpg

c0139575_1239734.jpg

c0139575_1239369.jpg




c0139575_12192227.jpg




c0139575_11403748.jpg

http://satehate.exblog.jp/8481805/
c0139575_11355645.jpg

http://satehate.exblog.jp/15742011/
c0139575_3551175.jpg


「聯合艦隊司令長官 山本五十六」 成島監督「今、撮るべき映画」 2011.9.9 08:36
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110909/ent11090908390008-n1.htm

c0139575_3421935.jpg


・・・「社会の閉塞(へいそく)感や首相がころころ代わるところなど、当時と今は驚くほど似ている。今撮るべき映画だと思った」と成島監督。・・・

c0139575_3434454.jpg

12月23日公開予定




12月23日に死刑が執行されたことについては、水島総・渡部昇一ら国粋主義思想派が、「皇太子明仁親王の誕生日に合わせた事で、後の今上天皇の天皇誕生日と同じ日にA級戦犯が処刑されたという記憶を未来永劫国民に残し、天皇や皇族に対する国民感情を悪化させるGHQの巧みな意図(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)があった」と主張している。

http://satehate.exblog.jp/6926040/
c0139575_12215461.jpg

http://blogs.yahoo.co.jp/dingdong_174/35013738.html
c0139575_2226298.jpg

<映画基本情報>
監督:樋口真嗣
原作:小松左京
脚本:成島出、加藤正人
音楽:岩代太郎
特撮監督:神谷誠
配給:東宝
公開:2006年
時間:135分

http://satehate.exblog.jp/17082623/
c0139575_4301174.jpg

c0139575_4302353.jpg

http://satehate.exblog.jp/16278866/
c0139575_4443368.jpg


http://satehate.exblog.jp/6982937/

「第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている……」

http://satehate.exblog.jp/16780026/
c0139575_11235383.jpg

c0139575_11241939.jpg

http://satehate.exblog.jp/16297474/
c0139575_11553622.jpg

c0139575_11575754.jpg

c0139575_11253088.jpg


「キリストの教会と無神論の破壊の後、ルシファーの宇宙的顕示により、真の光が迎えられる……」  

c0139575_11204995.jpg








おまけ

「信じやすい」人にお勧めの記事

売国システムが作動中。日本人は根本から考え方の転換を!  2011年11月13日日曜日
http://www.bllackz.com/2011/11/blog-post_13.html

悲しいのは、これほどまで売国システムが動いている「最中」なのに、まだ政治家を信じていたり、マスコミを信じていたり、学者を信じていたり、企業を信じていたりする日本人が多いことである。

「外国に行って騙されるのは日本人ばかり」とよく言われるが、言い値で金を支払い、ぼったくられても気がつかない日本人が多いのは、世界でもよく知られている。

なせそうなるのか。日本人が「信じる民族」だからだ。

「お上を信じていれば、お上が良きに計らってくれる」という善意で日本人は生きてきた。

もし、上層部、つまり絶対的権威が国益を考えてくれる信じられる集団であれば、信じる民族である日本の将来は約束されている。

しかし、上層部(絶対的権威)が売国集団であれば、どうなってしまうのか。それを信じていれば、売国のために自分が利用されるということである。

売国システムは、「信じる民族」の純真性を悪用して動いている。その悪辣ぶりには吐き気を催す。

今、まさに信じてはいけない時代がやってきている。その根本的なところが、まだ分かっていない日本人が多い。非常に危険なことではある。

だから、大量に行われている「売国の仕掛け」に飲まれないために、日本人は根本から「考え方」を変えなければならない時代になっている。
[PR]

by oninomae | 2011-11-13 11:27 | 戦争詐欺・紛争  

<< 大塚範一キャスターは なぜ白血... 救援金・義援金・ワクチン! +... >>