銀行家の小説中で暴露された悪魔的な債務詐欺商売 by Henry Makow Ph.D.

銀行家の小説中で暴露された悪魔的な債務詐欺商売 by Henry Makow Ph.D.  October 3, 2011

それはすべて非常に明確になっている。 これらのファミリーが、何世紀にもわたって我々を搾乳してきた。 我々は、まったく文字通り彼らの「畜牛」、すなわちゴイムである。

c0139575_1643260.jpg


「銀行危機が新しい信用逼迫の引き金を引く」と、最新の新聞の見出しは言っている。

c0139575_16434014.jpg


ベルギーの著者パスカル・ルーセル[Pascal Roussel]、45は、世界を震撼させている金融混乱を説明するに信頼できる。 昼間は、彼はルクセンブルグの欧州投資銀行の財務リスク部で働いている。 否、彼はイルミナティ銀行家ではなく、単なる一人の職員である。

しかし、彼は自分の地位を軽く考えてはいない。 過去10年間にわたり、彼はイルミナティの陰謀を研究してきて、そしてインサイダーたちとの接触を行ってきた。

その結果が、一篇の小説『Divina Insidia, 神聖なる罠』である。それは、懐疑的な者に対しイルミナティの陰謀を説明し、そして古手たちへの貴重な情報と新たな洞察とを含んでいる。

最も重要なことは、ルーセルが、その陰謀を、我々の集合的窮地を恐ろしい浮き彫りに投影しながら、一つの単純かつ妥当な方法で提示していることである。


「寡頭ファミリー」

ルーセルによれば、12の「寡頭ファミリー」が、利子付きで政府に「マネー」を貸し付けることによって、言い表せないほど富裕になってきた。これらは中央銀行家たちである。

すべてではないがほとんどがイルミナティ・ユダヤ人たちである。彼らの富は何兆ドルにもなる。ビル・ゲイツやウォーレン・バフェットは、比べれば貧民である。

それはすべて非常に明確になっている。 これらのファミリーが、何世紀にもわたって我々を搾乳してきた。 我々は、まったく文字通り彼らの「畜牛」、すなわちゴイムである。

近代史の全体は、彼らの農場経営活動によって説明可能である。

戦争は、債務を増大させ、群れを間引くために開始される。


その目標は、50億*を間引いて、残りにチップを付けることである。
 (*訳注:原文では5億と読めますが、ジョージア・ガイドストーンへの言及を考慮するとそれは誤植で、言いたいことは50億であると解釈しています)

これらのファミリーやその取り巻きは、世界の富の80%を所有し、そして有用な何もしないでなお、貧窮化した大多数が寄生虫であると考えている。

ルーセルは、如何に複利が、毎年天文学的・指数関数的利益をもたらすかについて説明してる。

c0139575_1782893.jpg


すべての宗教は、実際に発生してきたこと(この巨大な富と権力は悪魔主義者たちの手に落ちてきた)を防止するために、利子を取って貸し出すことを禁止してきた

世界の主要銀行は、何もないところからマネーを作り出すこれら12ファミリーのための単なる代理店である。 (それらの銀行は彼らから自分たちの「マネー」を得ている。)

http://www.thinker-japan.com/thinkwar.html
c0139575_23444117.jpg


ギリシャは今ターゲットであるが、結局、世界全体がこの「マネー」を回収するためにレモンのように圧搾されるだろう。 (「我々は世界のすべての富を吸収するだろう」とは、セシル・ローズ[Cecil John Rhodes, 1853-1902]が彼のパトロン、ナタン(ネイサン)・ロスチャイルド[Nathan Rothschild, 1st Baron Rothschild, 1840-1915]にそれを説明したやり方である。)

c0139575_17405821.jpg


彼らは、もし銀行が失敗した場合、預金者が貯蓄を失うことになると脅かすだろうしかし、彼らの1ポンドの肉を欲しているのは、実際これらの12の世襲的悪魔主義者たちのファミリーである。

もし我々の政府が彼らの追従者たちによって運営されていなければ、彼らは預金を保護し、そしてその「寡頭ファミリー」を悩ませておくだろう。

ルーセルは、そのファミリーを名指ししていないが、明らかに一つはロスチャイルド家である。

ルーセルは、部分準備銀行はネズミ講であると説明する。 彼らは預金$ 100ごとに$ 90を貸し出す。 それらの$ 90は、どこかに預けられ、そして$ 81がさらに貸し出される。 そしてそれが、無限に継続される。

c0139575_1794829.jpg


明らかに、この獣と戦うための方法は、銀行から現金を引き出すことである


その小説

ルーセルの物語は、霊的な啓示を有しており、警告を発しようとする一人のロスチャイルドを中心に展開する。 彼は、一刷の本を書くために、一人の魅力的な若いスイス人ジャーナリスト、アン・スタンドフォードを選択し、そして彼女の銀行口座へ一財産預ける。

彼はその後、イルミナティの建造物-ジョージア・ガイドストーン、ビルダーバーグ会議、ボヘミアングローブなど-の料理人旅行へ連れて行く。

c0139575_064924.jpg

c0139575_071276.jpg

c0139575_073220.jpg


それぞれの場所での陰謀の局面を説明しながら。彼は、イルミニストの哲学に繋がる異教とカバラにおけるその起源について述べる。

しかし最終的に、それは結局のところ債務と利子である。

「あなたは我々を倒したいのですか?」

ルーセルのロスチャイルドは言う。

「利子付きの融資を廃止し、これ以上のマネーを作成しない。景気循環は消滅するだろう。富は、もはや少数の私のような「巨大債権者」の手に集中されることはないだろう。そして、マネーはきっと価値を獲得するだろう。あなたがあなたの子供たちに遺贈するものは、あなたが最初にそれを得たときより多くの価値を持つだろう。」

一方、もう一人別のイルミナティ「優越者」は、彼らの道に暗殺者を送る。

ルーセルの物語は労働者的で、彼の健全なヨーロッパのキリスト教徒の感性が高揚している。 その結末はかなり予想外で見事である。

その本は、それだけのために読む価値がある。ルーセルは、反抗と希望の確かなビジョンを我々に委ねている。 我々が行う必要があるすべては、真実を断言し、邪悪に抵抗することである。 全腐敗構造は崩壊するだろう。

------- -------

Related - A Video Interview with Pascal Roussel
http://www.amazon.co.uk/Divina-Indisia-Divine-Pascal-Roussel/dp/2953573585/
The book can be ordered here
http://librairieromaine.biz/?p=487



元記事は

Satanic Debt Racket Exposed in Banker's Novel by Henry Makow Ph.D.  October 3, 2011
http://www.henrymakow.com/pascal_roussel.html


関連

ユダヤ資本の帝国主義 by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/12030247/

マイヤー・ロスチャイルドの世界革命行動計画 by ユースタス・マリンズ
http://satehate.exblog.jp/8473976/

悪魔主義銀行家の陰謀 by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/11701619

銀行カルテルが人類の災禍の原因である  by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/13863579/

勝者が歴史の本を書く:無視された英帝国によるホロコースト by David Rothscum
http://satehate.exblog.jp/15354976/

清をアヘンで引導を渡し大躍進した悪魔のアジア侵略 by ジョン・コールマン
http://satehate.exblog.jp/8675831/

セシル・ローズとロスチャイルド設立の円卓会議の目的は国つぶし by ジョン・コールマン
http://satehate.exblog.jp/11525438/

ダイヤモンドと金強奪のためのボーア戦争 by アンドリュー・ヒッチコック
http://satehate.exblog.jp/11340339/

石油とホロコースト by Clifford Shack 

人口過剰への“解決”提唱リーダー(団体)リスト by ゲイリー・グラム
http://satehate.exblog.jp/11551014/

人口削減狂想曲
http://satehate.exblog.jp/15444899/

涙のカタルシス 哲学と魔術の秘密 たんぽぽ日記
http://satehate.exblog.jp/16539737/

「不毛の年月」は共産主義へ導くだろうか? by Henry Makow Ph.D. 
http://satehate.exblog.jp/10707394/

ロスチャイルドとリンカーン暗殺 by Clifford Shack
http://satehate.exblog.jp/7980329/

ジョン・マクロイのサバティアン/フランキスト・コネクション、ホロコーストとJF・ケネディ
http://satehate.exblog.jp/8002714/

リンカーンのグリーンバックス:納税者は計り知れないほどの金額の利子を節約できる
http://satehate.exblog.jp/9649822/

アメリ力に渡ったフリーメーソン&ブナイ・ブリスの創設 + 通貨を取り戻せ!
http://satehate.exblog.jp/12525216/

アメリカ経済史に見る通貨発行の意義 日本経済復活の会
http://satehate.exblog.jp/15640946/

「政府紙幣」発行問題の大論争が含意するもの by 丹羽春喜
http://satehate.exblog.jp/10933800/

以下のTHINKERさんのページは推奨します

日本人の知らないニッポン



おまけ

なんだか、プロトコール20番台の局面に入りつつあるような、そんな気もしてきますな・・・

ただ、日本人は人間扱いされていないようなのですがね・・・


c0139575_23223856.jpg














c0139575_1222388.jpg

c0139575_1263355.jpg

c0139575_127854.jpg


c0139575_1334483.jpg

c0139575_1343216.jpg

[PR]

by oninomae | 2011-10-17 00:08 | 魔術=詐欺とイルミナティ  

<< 「道」を忘れた日本人 松本道弘 日本は掠奪国家アメリカを棄てよ... >>