「Dr. Who(ドクター・フー)」は、イスラエル破壊計画の合図を送る by Aspen

http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-11040360858.html の転載
ヘンリー・メイコウのニューズレターから
"Dr. Who" Signals Plan to Destroy Israel
http://www.henrymakow.com/dr_who_as_an_illuminati_vehicl.html

BBCテレビドラマ 「Dr. Who(ドクター・フー)」は、イスラエル破壊計画の合図を送る by Aspen (henrymakow.com)  August 25, 2011

c0139575_20353566.jpg

ドクター・フーの左隣、ユダヤ人にたとえられたロボットは、「ダーレク」と呼ばれる。

The Illuminati descend from the Sabbatean Frankist cult who have always conspired to destroy the Jews once they served their purpose.
一旦、目的にかなうなら常にユダヤ人を滅ぼそうと企んでいたのはサヴァタイ・フランキスト(Sabbatean Frankist)カルトの系統を引くイルミナティである。


2010年、再開された「ドクター・フー」BBC-テレビSFシリーズには、ほとんどすべてにおいてイルミナティの刻印があるといっていい。 例えば、両性愛(multi-sexuality)、 露骨な反宗教、すぐにでもわかるオカルトシンボルだ。

c0139575_2036561.jpg

第11代ドクター(Matt Smith)

参考;Doctor Who  (英語) (日本語


しかし、ドクター・フーが明確に主として何を狙っているかというと、イルミナティが押しすすめる計画であることが、2つの理由から明らかである。

1) 番組はユダヤ人種に類似した役を想定し、一般のユダヤ人を出演させ、操り、宣告された死に方で死ぬよう正確に演じさせた。

2) 番組の新しいエピソードは、ごく最近になって露見した世界的イベントが映し出される。 これらのエピソードが、1年以上前に計画され、作られたことを心にとめおくなら、我々はその雛形を目にしていることになる。 イルミナティは綿密な計画をたて、彼らの手の内をこのイベントで明らかにしている。


ユダヤ人に似たものは、ダーレク(Daleks)という名の種族として出演する。  「ダーレク」という名はノルウェー語の「dalig」に由来する。 それは「悪(bad)」という意味である。 

c0139575_21442454.jpg

再開されたシリーズの第一話(Season One)は、継続した不可解な実体もしくはグループにということで、「悪いオオカミ(bad wolf)」という名で活動する。

ノルウェー語の完璧なフレーズは「Dalig Ulv」、英語で「Bad Wolf(悪いオオカミ)」、これがドクター・フーのその後の番組の中で事件の役割を与えられる。 [これはオリジナルから修正されている]

シオンの議定書を学ぶ学生が知っているように、オオカミの代理である大多数のメディアは、羊人間である一般大衆に対してオオカミであるイルミナティの言い分を反映する。

「ドクター」は、ダーレク達(Daleks)の最後の敵である。 再三再四、不本意ながらも絶滅させられ-それでも、ダーレクは一度ならず何度も必然的に復活する。 ダーレクは、強烈に「ドクター」を恐れる。  実際、ダーレクがドクターにつけたあだ名は、「迫り来る嵐(the Coming Storm)」と「世界の破壊者(the Destroyer of Worlds)」だ。

なぜ、イルミナティは自分のことをオオカミにたとえるのか、オオカミの作り話の闘争を創作するのか、さらに、それらのオオカミを滅ぼすための血で血を洗う抗争に自身を位置づけるのか? それは、自滅することになるのではないのか?

ところが、実際は、そうならない。  世紀末のためにユダヤ人が使われるにちがいないし、我々みんなもそうだ。

イルミナティは私たちをこれっぽっちも愛していないのと同様に彼らのオオカミのように群れをなす犬たちを愛していない。 そして、イスラエルを破壊するという彼らの意向はあきらかに完全に創作である。

実際、もっとも最近のエピソードにおいて、ジェニファー・ルーカス(『ルーカス』も『オオカミ』を意味する)という名の女性は、彼女が好きでない全人間を滅ぼす計画を立てる。 「あなたはかわいい子供だったわ、ジェニファー、だけど、怪物になったのね」と、もうひとりの人物は彼女に言った。

c0139575_20455497.jpg

c0139575_20464090.jpg


最後に、彼女は獣に変身する、そして彼女は、ドクターのような風貌の男性によって滅ぼされる。 しかし、この人物は本物のドクターでない。 ルーカスの破壊は、イスラエルの破壊を表している。 偽のドクターの破壊は、イルミナティの仮面をかぶって働く人々(Vフォー・ヴェンデッタV for Vendetta]を相互参照)を滅ぼすというイルミナティの意向と同じである。

c0139575_20491153.jpg


参考;[日本語


もう一つのエピソードでは、ダーレク種族のまさしくその製作者自身が彼のすべての後継者と共に滅ぼされる。  実際、彼はダーレク・カーン( "Lord of the Daleks ") .という名の最高権威者であるダーレクの背信行為にあった。 大虐殺(ホロコースト)を起こす直前、ダーレク・カーンは彼の身内を絶滅させるという意志決定を説明した。 「我々が何に変わったのか見たのだ、もういらないと決めたのだ。」

c0139575_20521382.jpg


http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-11044024855.html

c0139575_214476.jpg

c0139575_2143451.jpg


THE ILLUMINATI SELF CONGRATULATION STAMP;
イルミナティの御満悦の印


ずいぶん昔に計画され引き起こされたイベントに、「イルミナティの自己満悦」の印が与えられた具体例は数知れない。

イベントが起こるとする。 印とその前後関係をドクター・フーの中に映し出すのだ。 ほとんどは偶然の一致にみせかけて、それに関しては陰謀説を最も馬鹿の要素にみせかけている。 しかし、テレビと映画制作で働く人はみんな、制作時点で何もそんな事件が起こっていなかったことを知っている

1つの例をみせる。 今年始め、ドクター・フーの第6話が始まって間もなく、北アフリカで暴動が起きた。 このシリーズにおいて(実は、第5話の終わりから始まっている)、ドクターは、トルコ帽をかぶる衝動に、突然取りつかれる。 トルコ帽は、北アフリカ地域に見られる帽子の形である。

c0139575_2155151.jpg

NORTH AFRICA CRISIS 2011

「今、トルコ帽をかぶったよ」と、アメリカ合衆国の大統領執務室へ侵入しながら、何回も、ドクターは言った。 そこでは、ちなみに、ドクターはロンドン警視庁(Scotland Yard;フリーメーソン団のスコテッシュ・ライトのために働く一機関)の代表の役をしている。

第6話のいちばん最初のエピソードの始まりは、主要人物がドクター・フーのビデオを見ている。 それは、フランス外人部隊の中でアボットとコステロ(Abbott and Costello)の凸凹コンビと一緒にトルコ帽をかぶり、モロッコでダンスしているところだ。 「歴史本から我々に手を振ろうとしているようだが、彼があそこから帰れると思うかね?」と、人物の一人は言う。

c0139575_2172937.jpg


北アフリカで展開している暴動でのイギリスとフランスの役割を、注意を払ってみていた人は誰でも知っている。  「ロンドン警視庁(Scotland Yard)」のドクターが大統領執務室に到着して、即座に、「私にトルコ帽を持ってきてください。 トルコ帽が欲しい。今、トルコ帽をかぶるぞ」というのを見て奇妙であると感じるかもしれない。

これは、何をやったのか明示し、達成した事実にもとづいてイルミナティの御満悦した例である。

c0139575_218131.jpg

サヴァタイ・フランキスト(Sabbatean Frankist)カルト


OTHER ILLUMINATI "STAMPS"
他のイルミナティ「印」の例


ドクター・フーの制作記録は、現存しており、それはイルミナティの刻印に満ちたものだ。

シリーズの主要人物の1人はジャック・ハークネスという、貪欲で、両性愛者であり、「未来の人間(the human of the future)」と呼ばれている。 彼は不死を手に入れると、何億年もかけて巨大な悪魔的頭部に変貌する。仮の名を「ハンサムな顔(the Face of Beau)」(『美しい顔』)と詐称し、彼は人類の最終的な保護者、救世主になる。

c0139575_21125086.jpg

Jack Harkness

c0139575_21134050.jpg


もうひとりは、ローマ人のローリーである。 彼は普通の英国の市民として生まれたが、古代ローマの百人隊の隊長として終わった。 そして、彼のケルト/スコットランド人の花嫁(アメリア・ポンド)の眠りを守っていた。

c0139575_21172585.jpg

c0139575_21145968.jpg

rory williams

c0139575_21174399.jpg

Amelia Pondとパンドラの箱

c0139575_21183450.jpg


彼女はドクターの敵に殺された。 しかし、ドクターは2000年後に復活させるためにパンドラの箱の中に彼女を置いた。 彼女が箱から出現することによって、既知の森羅万象は破壊され、それから彼女の記憶によって再形成されるために。

ローマ人のローリーは、スコテッシュ・ライトとバチカンの関係と類似している。  BBCテレビで放映されたローマ人のローリーの外見を見たとたん、我々は注視するかもしれない。 スコットランドに駐屯していた第9軍団(Ninth Legion)の運命に関した映画が、ひとつでなく二本もハリウッドで公開された。 一つ目の題名は、「The Centurion(百人隊長)」、もう一つは「The Eagle(ワシ)」という題名である。 両方ともイルミナティがスポンサーの作品で、どちらも必見である。

c0139575_21193677.jpg

【センチュリオン】失われたヒスパーナ第九軍団の悲劇(2010)
http:// 映画dvd.seesaa.net/article/184404626.html

c0139575_2121549.jpg

ローズマリ・サトクリフ原作、「第九軍団のワシ」
第9軍団の消滅を題材にした映画、『ジ・イーグル』The Eagle(2011)


ドクター・フーの中で精力的に展開される視覚効果は、スターウォーズで明瞭になったのと同じ魅惑的な色調と設計デザインでもって制作される。

赤、青、黄色、白、緑の各色は、シリーズにおいて特定の刻印的な重要性を持つ。 スターウォーズの反響は、今この場で例をあげるには多すぎるくらいだ。 スターウォーズ自体、スポンサーがイルミナティ企業であったので、これは思いもかけないことでない。 少々、付け加えるとしたら、ダーレク(Daleks)のまさしくその制作者は、スターウォーズ・シリーズにおける出演者「the Emperor(皇帝)」が実際のモデルであったことだろう、彼の音声を消したてみたら。

c0139575_21223333.jpg

皇帝=ダーレク

「誰でも、いつか死ななければならない。 誰が、決めるのか?」、番組を通して繰り返される声明文だ。  まさに計画は、遊戯の中さ。

番組に付けられた名前は、理由があって選ばれている。


THE OCCULT AND FREEMASONRY ;
オカルトとフリーメイソンリー


オカルトやメソニックの悪魔的象徴は、ドクター・フーの番組の中にあふれている。

ヘビ、悪魔の十字架、テンプル騎士団員の十字 …… ドクターの乗り物(the Tardis)の頂に、光輝くピラミッドが被されている。

c0139575_2139328.jpg

The Doctor's TARDIS(スペースマシーン)

さらに一連のエピソードに関わっている 「涙を流す天使たち(Weeping Angels)」という特別な名前が付けられた種族は「これまでに進化した最も致命的な種族」である。 涙を流す天使たちは、カトリック・キリスト教の彫像の形をしたものすごく暴力的な存在である。 最後にドクターは人間の記憶から彼らを追い払った。

c0139575_21243234.jpg

c0139575_21245019.jpg

Weeping Angels

「本物の人類(true humanity)」が、キリスト信仰が始まって以来、囚人として束縛されたと、これらのシンボルと多くの物語は強調している。

「囚人」テーマはドクター・フーの中で繰り返し取り上げられ、的確にこのメッセージを送っている。 まさしくその箱の内部から全地球人への啓蒙(Enlightenment to Mankind)を持ち帰るという、2000年間の治療後のエイミー・ポンド(ケルト人の花嫁)の目ざめは、偶然の一致ではない。

これは、イルミナティが意図することだ。 彼らが今までずっと支持し、信じ、活動してきたものが成し遂げられるのだ。 宗教を破壊することだ。 過去が「失敗」であったとすることで破壊する。 「囚人」を開放し「本物の人類」を復活させ、「未来の人間」を創造する。

我々がイルミナティと呼ぶグループは、実在する。 鈍くて無分別な一般大衆に動機と計画をひけらかすことに、躊躇はしない。

その大部分は気づかれずに素通りするということを知っている。 これは、彼らを悩ますに至らないが、彼らの見込みどおり、強く感情に作用するだけでもない。 人々が泣き叫ぶ価値がないと一旦わかったら、実際、それは笑いのようなものを刺激するのだ。

---

ヘンリーメイコウ補足。

イルミナティから「Signal and Context Tester. シグナル&コンテキストテスター(試験者)」と呼ばれていたと、著者の「Aspen(アスペン)」は言う。 

イルミナティは優れた知性の持ち主である個人を選び、複数の手段をこらして彼らに合図で侵入できる課題を受けさせる。 彼の子供時代から、介入があった。 彼は話す必要性からMakowのブログに書くことを許諾された。 そして、Makowが提示するものはいずれも実質的に問題ないものである。 彼が書くものすべては、承認されている。

--
著者からの追記(前文省略)。

Aspen replies said (August 27, 2011):

ダーレクという名は「悪いオオカミ(Bad Wolf)」というノルウェー語の最初の「悪(Bad)」を強調するがゆえにつけられた。

Dårlig ulv (ノルウェー語;Bad Wolf)
Darlig = Dalek(ダーレク)

言語の関連性は、ノルウェーに実在する現場まで行って、このシリーズの番組の中にはっきりと示されている。 Bad Wolfは、全シリーズにおいて番組の中心的テーマである。

ダーレクは普通のユダヤ人でなく、「悪のユダヤ人」である。

そんなことぐらい自分で考えろよ。 地球という惑星にせっかく居合わせているのに全部台無しになってしまうじゃないか?  


【翻訳;タドン】


c0139575_21292151.jpg

c0139575_1575736.jpg


関連

イルミナティはなぜユダヤ人たちを憎悪するのか?  By Henry Makow, Ph.D.

イルミナティ離脱者のスヴァリが一つの手掛かりを提供している

イルミナティユダヤ人たちは、彼らのユダヤ的信念や背景を拒絶している。 イルミナティはイスラエルを憎んでいると、彼女は言う。

イルミナティは、極端な人種差別主義者です・・・そう、このグループ内には、何名かの非常に強力なユダヤ人がいます。例えば、ロスチャイルド家は文字通り、ヨーロッパ(および間接的に国々)の金融帝国を運営しており、そしてよく知られているユダヤ人ファミリーです・・・しかしイルミナティにおいて権力の座につくためには、ユダヤ人は彼らの信仰を拒絶・放棄し、そしてまず何よりもルシファーとイルミナティの信念への忠誠を誓うことを強いられるでしょう。」

・・・

シオニズムは、ある遠大な計画のなかのほんの一つの出来事である。 と、クーン・ローブの銀行家たちの顧問で、アメリカの指導的シオニストであったルイス・マーシャル[Louis Marshall]、は、1917に述べた。

それは単に、そこに強力な武器を掛けるための、一つの便利な掛け釘である。

その遠大な計画は、イルミナティの世界独裁である。 イルミナティは、フリーメーソン団の最高階層で、ルシファーに捧げられた一つのオカルト秘密結社である。

世界の中央銀行家たちは、世界覇権をもたらすために、ヨーロッパやアメリカの最富裕の王朝ファミリーと相互に結婚してきた。


最高位のイルミナティ離脱者:「ロスチャイルド一族がドルイド妖術で支配している」 By Henry Makow

一九七八年頃、トッドは、イルミナティはユダヤ人たちをフロントとして使うと言った。

イルミナティは、人々が彼らについて発見しつつあることを知っている・・・彼らが出来る最善のことは、あなたがたの注意をを何か他のものに向け、それで決まりだと言うことであるそのため彼らは、注意をシオニズムへと反射してきた・・・唯一の問題は、イルミナティに属する人々の大半はユダヤ人ではないことである。その創設者たちは生まれはユダヤ人であったが、宗教的にはそうではなかった。しかし、ロスチャイルド家を除いて、その指導者たちのほとんどはゲール人[Gaelic]である:スコットランド系あるいはフランス系ゲール人。ユダヤ人とは無関係である。私の家族とグランド・ドルイドに仕える人々の大半は、家系を辿ると、ローマ、ギリシア、イングランドの異教の神殿、その始源の司祭職へと辿り着く。何家族かは、エジプトあるいはバビロンにまで遡る。ユダヤ人とは無関係である。」

[デビッド・リビングストンは書いている:「エリザベス・ヒルシュマン[Elizabeth Hirschmann]とドナルド・イェイツ[Donald Yates]は、彼らの研究『スコットランドがユダヤ系であったとき[When Scotland was Jewish]で、 スコットランドの指導的家系のユダヤ人起源を報告している。シンクレア家やスチュアート家から始まって、フォーブス家、ブルース家、キャンベル家、ゴードン家、コールドウェル家、フレイザー家、レスリー家、クリスティー家、ケネディ家、そしてカウアン(コーエン)家もである。]  

トッドは、一つのサバティアン・ユダヤ系カバリスト家系であるロスチャイルド家がイルミナティ階層構造の頂点であると明確にしている:


【放射能】横浜のマンション屋上からストロンチウム195ベクレル~横浜市は計測拒否!~ 2011-10-11 09:06:00
http://blog.goo.ne.jp/taimawomaita/e/6f400941a7fbae37249a9849bc3d8b91

http://mobile.twitter.com/clalappy/status/123396647538532353
ぴちゃのブログ『横浜土壌(堆積物)からストロンチウム検出』 amba.to/pv8VNz 「市側の担当者は、市にアドバイスしている市大の先生が、絶対にありえないと言っている。空間線量は低く、横浜で測る必要なし。と突っぱねました」

http://mobile.twitter.com/tokkurimasuta/status/123381434902786048
横浜のマンションの堆積物からストロンチュウム90が195Bp検出。プルトニュウムと同じく飛ばないと言って居た学者の嘘がバレた。134や137に比べると10倍100倍の危険がある」とのこと。小さな子供は注意したい。なんで大々的にニュースにしないんだ??

http://mobile.twitter.com/tokkurimasuta/status/123381663043551232
ツイッターなどの反論に、今までの核実験などで拡散されたストロンチュウムだと言う安全派が多い。しかしこのマンションほ築5年!築5年で55年~75年に掛けて行われた核実験の放射能物質が195Bp堆積する確率は??勿論ゼロパーセントです。

※ストロンチウムは骨に蓄積し、白血病を引き起こす。
[PR]

by oninomae | 2011-10-11 20:26 | 魔術=詐欺とイルミナティ  

<< 「福島の玄米の汚染度は健康被害... 戦後教育で失われたもの 森口朗 >>