「ほっ」と。キャンペーン

ニューエイジ運動 太田龍

ニューエイジ運動 太田龍

・・・日本人がヨハネの黙示録も、ユダヤ関係の批評文献も極力避けようとするのも、当然だ。そんな不吉なものは、この世に存在しないかのように振る舞うのが賢明だ、というところに落ち着く。

しかしこれは本当に「賢明」なのか。

ジョン・ダニエルによれば、一八八〇年代以降、アルバート・パイク[Albert Pike]の

c0139575_0281968.jpg

「ルシファー原理」を

c0139575_0291488.jpg

実際に適用し、実行してゆく多くの運動が作り出されたが、その主要なるものの一つが、英国フリーメーソンの別働隊、としての「ニューエイジ運動」であり、そして、「ニューエイジ運動」の主たるものの一つが、かの有名なブラヴァツキー夫人[Helena Blavatsky]によって創立された、「神智学協会」であった、という。


c0139575_0231531.jpg

c0139575_159721.jpg


その後、一〇〇年足らずの間に、ほかならぬ米国において、この「ニューエイジ運動」(英国フリーメーソン)は、最大級の成功を収めた。

c0139575_0403681.jpg

c0139575_2562855.jpg

c0139575_2512949.jpg


今や、米国に、フリーメーソンが動かしている「ニューエイジ」系列の団体は一万を超えている(『スカーレット・アンド・ビースト[SCARLET AND THE BEAST]』第一巻、四二七ページ)。

c0139575_23573294.gif


ニューエイジ運動にだまされてはいけない。

アメリカの「ニューエイジ運動」くらい、日本人がひどい(ある意味では滑稽な)誤解をさせられているものはない。

一九二二年に、ブラヴァツキー夫人の神智学協会の後継者アリス・ベイリー[Alice Ann Bailey](イルミナティ、フリーメーソン)が、ニューヨークに、ルシファー出版社を設立した(のちにルシファーの意味を曖昧にする目的をもって、「ルシス・トラスト(Lucis Trust)に名前を変更したが、ルシスLucisはルシファーのラテン語読みである)。

c0139575_031773.jpg


このルシファー出版社(現在のルシス・トラスト)こそ、米国(そして全世界)の、「ニューエイジ運動」の主たる策源地だ。

c0139575_0441393.jpg

c0139575_157778.jpg

c0139575_20317.jpg


そしてこのルシス・トラストの主な幹部の中に、

ロバート・マクナマラ[Robert Strange McNamara, 1916―2009](三百人委員会、元米国国防長官、元世界銀行総裁)、

c0139575_047386.jpg

デーヴィッド・ロックフェラー[David Rockefeller, Sr. 1915-](三百人委員会)

c0139575_255197.jpg

ジョン・D・ロックフェラー四世[John Davison "Jay" Rockefeller IV, 1937-]、

c0139575_2438100.jpg

c0139575_245818.jpg

c0139575_251963.jpg

サイラス・バンス[Cyrus Roberts Vance, 1917-2002](三百人委員会)

c0139575_2105514.jpg

c0139575_213393.jpg

c0139575_2143484.gif


ラビ、マルク・テンネンバウム[Rabbi Marc H. Tanenbaum, 1925–1992](AJC米国ユダヤ委員会会長)

c0139575_2153881.jpg

ウォルター・クロンカイト[Walter Cronkite, 1916–2009](CBSテレビのニュース解説者として著名であった)、

c0139575_219780.jpg

テッド・ターナー[Robert Edward "Ted" Turner III, 1938-](CNN世界テレビ網創立者、所有者、三百人委員会)、

c0139575_225458.jpg

c0139575_2203669.jpg

バーバラ・M・フバード[Barbara Marx Hubbard, 1929-](著名なニューエイジ運動の代表的指導者)、

c0139575_2265279.jpg

c0139575_46388.jpg

ヘンリー・クラウセン[Henry Christian Clausen, 1905-1992](米国フリーメーソン最高指導者の一人)、

c0139575_2282438.jpg

などの名前を見出す(『スカーレット・アンド・ビースト』第一巻、四七五ページ)。

なお、故人としては、二〇世紀前半のアレイスター・クローリー[Aleister Crowley]が、ルシス・トラスト(ニューエイジ運動)で、きわめて重要な役割を果たした。

c0139575_182713.jpg

c0139575_19355.jpg

ジョン・ダニエルの解説によれば、一九世紀から二〇世紀初頭にかけて、「ニューエイジ運動」の名前を付与されたルシファー原理とその実践が、英国フリーメーソン、フランス・フリーメーソン、米国フリーメーソンの、三つの異なるフリーメーソンの潮流を統合することに成功した(または、成功する見込みがある)、のだそうだ。

その前に、英国フリーメーソンが、世界支配戦略再構築のための調査機関として、一九世紀末に設立した、クアトウア・コロナティ会(Quatuor Coronati Lodge)なるものが問題だ。

c0139575_1214454.gif

c0139575_122580.jpg

Q・コロナティは、ペイガンズ(Pagans、これは、キリスト教から見て、キリスト教以前、キリスト教以外の、「多神教的邪教」を称する、非常に悪意を込めた呼び方であって、日本語にはとても翻訳できない)が、人間犠牲(ヒューマン・サクリファイス)によって住民を効果的に管理統制していることを発見した

そしてこの方式を、これから、大規模に全世界に適用することによって、世界奴隷制帝国の完成に向かうべし、との調査結果を報告した、といわれる。


Q・コロナティは、このことを、ドイツのフリーメーソン(フランス系グラントリアンと、英国系グランド・ロッジの二系統あり)に伝えた。これを耳にしたフリードリッヒ・二ーチェは。「二〇世紀は、地上が、最も血なまぐさい、流血の時代となるであろう」と記述した、とされる。

c0139575_4254313.jpg

c0139575_4221854.jpg

これは重大な情報だ。

ヒューマン・サクリファイス、とは何のことか。

人間を生贄として殺すある種の儀式である。宗教儀式殺人(リトゥアル・マーダー)とも言う。

c0139575_3242561.gif


ユダヤ(パリサイ派)の儀式殺人はその一種であるが、これについては、帝政ロシア時代のカトリック司祭ブラナイティス師の『仮面を剥がされたタルムード』(原稿は一八九二年、英訳本は一九八五年、邦訳は一九九七年歴史修正研究所刊)、

c0139575_5101881.jpg

および英国、アーノルド・リース[Arnold Spencer Leese]の『ユダヤの儀式殺人[Jewish Ritual Murder]』(原著は一九三八年末、未邦訳)、この二点が古典的参考文献である。

c0139575_5142617.jpg


さらにドイツ・ナチス党、シュトライヒャー発行の週刊誌(週刊新聞)「デル・シュタルマー」一九三四年発行の「ユダヤ儀式殺人特集号」(邦訳は歴史修正研究所刊)も貴重な参考文献の一つだ。

しかし、宗教儀式殺人は、ユダヤ(パリサイ派)に限定されるわけでもない。

中国の「食人」は、清朝末まで公々然と行われ、正史に堂々と記録されている(黄文雄の著作及び太田龍著『中国食人史』など)。

c0139575_536204.jpg

c0139575_5363848.jpg


古代メキシコの神官による儀式殺人は有名で、よく知られている。

一九〇二年、英国フリーメーソンは、最も効果的な心理戦争(ここには、政治的宗教的な殺人、暗殺が含まれる)の秘密機関として、OTO(The Ordo Templi Orientis、直訳すれば、東洋寺院結社)を組織した(創設者は、カール・ケルナー[Karl Kellner, Carl Kellner, 1851-1905]、引用注、創設はケルナ-の死後らしいThe Spiritual Fatherだと言っている)。

一九一二年、二〇世紀最大(最悪)の悪魔主義者とも言われる、アレイスター・クローリー[Aleisten Crowley]が、このOTOに加盟した。

c0139575_131130.jpg


クローリーは、英国フリーメーソン、フランス・フリーメーソンの両方の会員で、OTOの英国支部の長となった。

OTOは、フリーメーソン第三三階級(全世界で約五万人、と称される)最高指導部の管理のもとに、「イルミナティ」を含む世界中の秘密オカルト結社を結び付けた(スカーレット・アンド・ビースト』第一巻、四一五ページ)。

c0139575_1345435.jpg

クローリーは、生涯のうちに、百数十件の宗教儀式殺人を執り行った、といわれる。(引用注:自分で言っている)

クローリーの儀式殺人の舞台の一つに、米国カリフォルニア州パサデナのOTOロッジ(会館、建物、・・・・・・)があげられる。

パサデナのほかに、ニューヨーク、ヒューストン、その他の都市にも、OTOの施設がある。

クローリーの死後、フリーメーソン、L・ロン・フバード(L. Ron Hubbard)が(創設した)、

c0139575_1501032.jpg

米国OTOの系列謀略機関の一つに、悪名高い、サイエントロジー教会(ザ・チャーチ・オブ・サイエントロジー[The Church of Scientology])がある。(引用注:Sara Northrup Hollister も参照 Sara Northrup was a major figure in the Pasadena branch of the Ordo Templi Orientis (OTO), a society founded by the English occultist Aleister Crowley. From 1941 to 1945 she had a turbulent relationship with Jack Parsons, the head of the Pasadena OTO, who was married to her sister Helen. Although she was a committed member of the OTO, to whom she was known as "Soror [Sister] Cassap", she acquired a reputation for disruptiveness that prompted Crowley to denounce her as a "vampire". )

c0139575_152095.jpg


かくして第二次世界大戦後の米国では、闇の中で、莫大な数の儀式殺人が遂行されており、そしてそれを武器として、全米国国民に対する洗脳、心理操作、人格破壊、そして究極的には、正統な米国内のキリスト教会の撲滅戦争が、急速に遂行中である、といわれる。

c0139575_555313.jpg

c0139575_5422244.jpg

c0139575_5431863.jpg

大方の日本人はこんな話を消化することができない(無理に呑み込むと消化不良を起こす)としても、それは、存在するのみならず、ある種の必然性をもってこの世に生まれてきたのである


c0139575_546897.jpg

c0139575_548357.jpg

c0139575_23531111.jpg

太田龍、『悪魔が支配する悲劇の超大国アメリカ』 p157-163 より

c0139575_255261.jpg

c0139575_2594864.jpg

c0139575_2365768.jpg

c0139575_2371580.jpg

c0139575_331085.jpg

c0139575_343178.jpg

c0139575_32447.jpg

c0139575_30569.jpg

関連

ニューエイジ・アセンション:スピリチュアルな「ともだち」

c0139575_231222.jpg

「全ての種類の人間の中から、4分の1は超えていくために選ばれる。そして4分の1は破壊的で欠陥のある種である。過去においては彼らは自然に死ぬことを許されていた。今や、我々が創造された生き物としての人間から共に創造する人間--神のような力の相続人である人間--へと量子的移行に近づくにつれ、その破壊的な4分の1は社会的集団から排除されねばならない。幸運にも、あなたはこの行動に対して責任はない。責任は我々にある。我々は、地球という惑星のための神の選別過程を担当している。彼は選び--我々は破壊する。我々は蒼白き馬の騎手、すなわち死神である。」

c0139575_2402951.jpg

ニューエイジとイルミナティー 666
http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/32788795.html

「テロリズム&イルミナティ」のカナダの著者、デイビッド・リビングストン自身の、Lucis トラストの役員メンバーは誰を含んでいるかという国際的なボードを通した彼の調査で明らかにしたのは:ジョン・D・ロックフェラー、ノーマン・カズンズ[Norman Cousins, 1915-1990]、ロバート・S・マクナマラ、IBMとモスクワへの元アメリカ大使のトーマス・ワトソン・ジュニア[Thomas John Watson, Jr., 1914-1993]、ヘンリー・クローゾン[Henry Clauson]、最高審議会、第33位階、南部 District スコットランド儀式の偉大な海軍中佐と、CFR 、ビルダーバーガーグループと3極委員会を含め、ベイリーの組織化を種々の円卓グループに結び付けているヘンリー・キッシンジャー[Henry Alfred Kissinger, 1923-]です。

c0139575_2324996.jpg

「光」のカミングアウトの季節

ビル・ゲイツ:羊の皮を被った悪魔主義者か?  By Henry Makow Ph.D.

NWOの予言者、H・G・ウェルズ by Fritz Springmeier


以下は米国のジャーナリスト、ジム・ストーン氏から東電元社長・清水正孝氏へ宛てた公開の手紙を和訳したものです

・・・他の答えを探してみてください。セキュリティにおいて、あなた自身の人間以外は信頼しないで下さい。悪を甘くみないでください。

他の「文化」ではそう言うこともするのです。

自分を責めることで人生を送らないで下さい。

あなた方にこのような(悪)事を働いた「文化」の調査に、私は2年を費やしました。彼らの一員になろうとする意図でです。

内部からの視点で2年、私は100以上の会議に出席し、彼らの資料を多く読み、そして彼らがどんな種類の悪でも実行し得る「文化」であると結論に至った結果、私はそこを離れたのです。

ここを充分にご考慮ください。あなた方日本人は、彼らからの攻撃による災難に苦しんでいます。

その攻撃は、かつてこの国が経験したうちで最悪になるであろうことを、今後の時間の経過が証明すると私は信じています。

私の心は日本の人々と共にあります。そして「福島で何が起こったか」の答えを内側にではなく、外側に見る事をお勧めします。

私はあなたと共にいます。
ジム・ストーン


http://jimstonefreelance.com/

Lucis Trust - The Spiritual Foundation of the United Nations

「自由」の女神:解説編 2012=ZIONAZI策動

「偉大なる白きブラザーフッドのマスターたち」のご託宣 by デーヴィッド・アイク

アレイスター・クロウリーはバーバラ・ブッシュの父親だったのか?

c0139575_412075.jpg


Lucis Trust, Alice Bailey, World Goodwill and...The False Light of the World by Terry Melanson

The Lucis Trust Satanism and the New World Order by Scott Thompson

LUCIS TRUST, Formerly called “Lucifer Trust”

Hidden history explained. *-1-* 2010 September 28

USA - Ordo Templi Orientis (OTO) / Jack Parsons

JACK PARSONS by Answers.com

Real History Of Satanism By Lyndon LaRouche

ボヘミアン・クラブ

フリーメーソン団:人類の死への願望  by Henry Makow Ph.D.

デンバーの壁画で識別された反キリスト

バンクオブアメリカの予報: 3つの壁画

邪悪な場所-(メイソンの)セント・ジョン大聖堂 By Vigilant

セントジョン大聖堂の予言の柱石? By VC

邪悪な場所-ユタ州テンプル・スクエア By Vigilant


バチカンとWTCの彫刻 Sphere の類似性と311 by そら

フランス革命とゴールドシュミット・ロスチャイルド + 「完全犯罪」

ウィリアム&ケイト: 大隠蔽 by Grace Powers

c0139575_743369.jpg

[PR]

by oninomae | 2011-08-12 00:21 | 魔術=詐欺とイルミナティ  

<< アリバイ工作:今頃になって汚染... ロンドンは燃えさかり、トリポリ... >>