魔術

イルミナティの全ドルイド評議会に席を持つアイザック・ボーンウィッツ[Isaac Bonewitz, 1949-2010]は『魔術[Witchcraft]』(1976年『グリーン・エッグ[Green Egg]』誌中の連載論文の一つ)の中で、イルミナティ十三血流に関してきわめて興味深いことを述べている。

c0139575_2382256.jpg

悪魔主義者ボーンウィッツはイルミナティの最高レベルの血族を「ファム・トラッズ(伝統ある家系)」と呼ぶ。彼は「ファム・トラッズ」を、魔術を世代から世代へと実際に伝承してきているきわめて有力な家系、と説明している。ボーンウィッツはその文章のなかで、魔術の唯一正しい系譜はこれらの有力な血族が自分たちに伝えてきたもののみ、と主張する。魔術の伝承を妨害されることがないのは彼らが非常に強力だからである。

c0139575_2392735.jpg

「数々の証拠が示すとおり、古い異教の伝統はキリスト教の薄っぺらな皮を被りながら、キリスト教世界の孤立した部分で生き続けている。しかし、これらの伝統の指導者たちが互いに連絡を取り合っていることを暗示するような論拠はほとんど何もない・・・・・」

最高レベルの有力な血族は、どのようにしてその魔術を実践したのだろうか?

ボーンウィッツの答えは興味深い。彼は言う。

「ファム・トラッズ」のメンバーは、そのほとんどが自分たちの「迷信的な」信仰と異教の魔術体系を隠すことに努めていた。それに代わって彼らがかかわったのは、十八世紀にはフリーメーソンと薔薇十字思想。十九世紀にはスピリチュアリズムと神智学思想だった。これらの運動がすべて、魔術よりは立派なものと考えられ、なおかつ「ファム・トラッズ」がオカルトの技を実践することを許容したからだった・・・・・・。だから年月が過ぎるにつれ「ファム・トラッズ」のメンバーは、異教のものではない源泉から魔術をどんどん吸収するようになり、自分たちの学んだ新たな情報を世代ごとに伝承した。さして注意も払わない場合が多かったので、彼らの子孫は薔薇十字会の呪いや錬金術的な瞑想を正当な異教の伝統遺産の一部だと考えるようになった。したがって今日でさえ「ファム・トラッズ」の魔女は、古典的あるいは新古典主義的な魔女よりも、はるかに神智学主義者やスピリチュアリストに近い。 (アイザック・ボーンウィッツ『魔術』[『グリーン・エッグ』一九七六年六月二十一日付第三部])


c0139575_23112235.jpg

c0139575_23113734.jpg



フリッツ・スプリングマイヤー、『イルミナティ悪魔の13血流』、第3章 コリンズ家 p134-135より

c0139575_2331890.jpg




JR北海道の列車事故はテロ事件か 2011年05月30日
http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/archives/10171212.html

私の住む北海道で、ありえないような出来事が起きた。JR北海道の振り特急が脱線し、火災を起こした。

c0139575_0442687.jpg

c0139575_0385638.jpg


これだけでも問題があるが。

さらに乗務員たちが、社内で煙に巻かれて苦しむ乗客を避難させず、「車外に出ないで下さい」と指示したばかりか、煙に耐え切れず続々と車外に逃げ出した乗客に対して、「なぜ勝手に降りたのか!」と叱り飛ばしたという。

だが、乗客は、「指示に従っていたら死んでいた」と言っている。人間は煙に巻かれ場合、2分程度しか呼吸を止めることはできない。

乗務員は乗客が死ぬのを待っていたのではないのか?わずかの時間で全滅できる。

私には、まともな出来事だとは思えない。いち早く乗客を避難させるべきところではないか。

c0139575_0351372.jpg

JR石勝線で脱線炎上した特急「スーパーおおぞら14号」の1号車内部。1号車底部の燃料タンクに穴が開き、搭載した軽油が全て焼失していたことが30日、富良野広域連合消防本部への取材で分かった)


三鷹事件などを思い出し、かつて国鉄時代に大勢いた過激派の生き残りなどが、仕掛けたテロ事件の可能性さえあるのではと思っている。

過激派と言えば、現政権は過激派出身者が作ったわけだが、現政権で今回の事故の調査ができるかどうか危ぶまれる。

この事件は徹底的に調査されなければならない。運転手や車掌がどういった人物であるか、なぜ列車が脱線し、火災がおきたのに閉じ込めたのか。運転士は火災の発生を知りながら、指令センターにさえ連絡していなかった。犯罪の匂いがする事件である。

まったく、日本はどうなってしまったのか。あるゆる事業から不祥事が噴出してくる。今まではほとんどなかったが。

もし、それらが同じ仲間たちによって起こされていたとしたら、私たちは早く手を打たなければならないはずだ。

ともかく今は、過激派が作った政権とはおさらばすることだ。




文科省:当面の対応として「今年度、年間1ミリシーベルト以下を目指す」
http://dl.dropbox.com/u/23151586/110527_statement.pdf

こういうことは一つの成果だろう。「魔術」は破ることが可能である。



「ソビエト代理人 H・キッシンジャー」
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/222.html

前の記事で北米在住の方から寄せられたマイクロソフトのMX36のゲームなのですが最後に11811という数字が出てきます。投稿された方もヨハネの黙示録11章8~11節,そして13節を読んで驚かれたようです。まずMX36なるものも3x6=18(666)である点です。下はいつも貴重な情報を提供してくれるKさんからのものです.......

投稿者:K
2011/5/30 19:50
『昔MACでヒットしたmystというゲームのPlaystationの移植版で、ゲーム中のキーワードが、「JANUARY 17, 1207 5:46 AM」というのがあります。阪神淡路大震災 1995年1月17日午前5時46分。ゲーム中の灯台の経度が135。震災の起きた淡路市の東経が135°; 528。もちろん震災前の発売です。』


『彼らの死体は,たとえてソドムとかエジプトとか呼ばれる大きな都の大通りに取り残される。この二人の証人の主も,その都で十字架につけられたのである...8節』

『さまざまの民族,種族,言葉の違う民,国民に属する人々は,三日半の間,彼らの死体を眺め,それを墓に葬ることは許さないであろう....9節』

『地上の人々は,彼らのことで大いに喜び,贈り物をやり取りするであろう。この二人の預言者は,地上の人々を苦しめたからである......10節』

『三日半たって,命の息が神から出て,この二人に入った。彼らが立ち上がると,これを見た人々は大いに恐れた......11節』

『そのとき,大地震が起こり,都の十分の一が倒れ,この地震のために七千人が死に,残った人々は恐れを抱いて天の神の栄光をたたえた......13節』

以下も重要!!・・・ 続きは元ページで


東京もNYも狙っていると思われる。 世界を瓦解させるために。
c0139575_2473473.jpg

c0139575_2475748.jpg

c0139575_314113.jpg

c0139575_314531.jpg



次のターゲットは関東・東海地方なのか?:NWOは死神が好き?
http://quasimoto.exblog.jp/14877899/

「悪魔の2・5ヘルツの強烈電磁波」:これが出たら要注意か?
http://quasimoto.exblog.jp/14878100/
[PR]

by oninomae | 2011-05-30 22:30 | 魔術=詐欺とイルミナティ  

<< ボヘミアン・クラブ セントジョン大聖堂の予言の柱石... >>