NWOの予言者、H・G・ウェルズ by Fritz Springmeier

H.G. Wells: Prophet of the NWO by Fritz Springmeier (for henrymakow.com)  April 30, 2011
http://www.henrymakow.com/hg_wells_prophet_of_the_new_wo.html の和訳 

NWOの予言者、H・G・ウェルズ by Fritz Springmeier April 30, 2011 その1 2011-05-24 12:25:05 
http://ameblo.jp/ootadoragonsato/より (多少変更)

c0139575_2172662.jpg

Wells "psychologically conditioned the public to accept the stages of the New World Order as if they were self-evident."

ウェルズは、「NWO(新世界秩序)の舞台設定があたかも自明の理であるかのように、市民たちが受け入れるように心理的条件付けをしていた。」
 (本文より)


世界じゅうのイベントが脚本に沿って起こっているという証明があるのだろうか? 未来の脚本、200年計画、40年計画、20年、10年、5カ年計画を概説した会議に出席したことのある内部知識を持つ多くの人々が私にそう話してから、この問題に興味を持ちました。

H.G.ウェルズ(社会主義のフリーメイソンの予言者)の未来的な予言は、普通の人が想像するより、ずっと多くのことが本当に目論まれていたことを証明しています。

1913年に書かれた「解放された世界(World Set Free)」は、科学者がその可能性を導き出すずっと以前から核戦争の影響と原子爆弾の使用を予言しました。 1933年に核の連鎖反応の詳細が発見されるだろう、という科学の躍進をも予言しています。

c0139575_2131750.jpg

The World Set Free

c0139575_2134734.jpg



他の本でウェルズは、エネルギー生産のみならず航空輸送路と海上交通輸送路(sea lanes)、をコントロールしているエリート達によって、NWO(新世界秩序)が起こると言及し、彼らは本当にやりました。 もう一つの驚くべき洞察的思考は、制空権(air superiority)の概念でした。 空を掌握するものは誰でも、地上戦においても一貫して勝利するでしょう。 これは、第一次世界大戦で示されました。しかし、H.G.ウェルズの考えた計画は、そのとき理解されていなかったし、人々がこの考えを受け入れるために長年、要しました。

H.G. ウェルズは近代戦争を模索するのみでなく、ロンドン空襲、原子爆弾、国際連盟、イラク上空へ秘密の探査飛行(ステルス)、宇宙旅行、未来のための無数の詳細な記述、そう遠くない彼らの最終的出来事に先立つ予言とともに、どのようにNWO(新世界秩序)が行われるのか詳細に計画を立てて、引き起こされたイベントの原因に関与していました。

彼は、国際連盟を創造した一流の策略家でした。 ロシア革命が起きたとき、H.G.ウェルズ(簡単にH.G.と表記)はNWO(新世界秩序)を創造する革命に対し良好な結果を求むべき、レーニンとの意見交換のためロシアに行きました。彼らの意見は一致することなく、互いに嫌悪したまま別れました。 (意見の相違により、H.G.の野望は止まりました。エリート家族はビジネスとテクノロジーを通しNWO[新世界秩序]を構築したかったのです。 レーニンは、強い政府の支配で以て直接、社会主義化したかったのです)

1934年後半、H.G.は私的に米国のルーズベルト(FDR)とモスクワのスターリンを訪ねました(3人とも、フリーメーソン)。 FDRを訪問した後、H.G.は「アメリカ合衆国は、来るべきNWO(新世界秩序)のために最も効果あるものを可能な限りの道具を駆使しこの世に送り出す」と宣言しました。

ルーズベルト(FDR)がH.G.の推奨していたNWO(新世界秩序)をもたらすH.G.のオープンコンスピラシー(開示された陰謀)の策略を取り入れたようです。

c0139575_21424857.jpg

ルーズベルトの有識者顧問団(brain trust)、フェリックス・フランクファーター[Felix Frankfurter]とレイモンド・モーリー[Raymond Moley]のような黒幕の政治家たちは、FDRのために方針を立てました。

c0139575_2183377.jpg

c0139575_2185875.jpg

Felix Frankfurter(1882 - 1965)

c0139575_2191293.jpg

c0139575_2193261.jpg

左;Raymond Moley (1886 - 1975)、右;FDR

スターリンとの会談の後、スターリンについて次のように説明しました、「私はこれまで、こんなにも公平で、正直で腹蔵の無い人間に会ったことがありません ... なにも隠しだて(occult)や邪悪さがなく... 誰でも、彼を信頼しています」。

c0139575_21541728.jpg

長年にわたって、英国がソ連を助けることを発表しました。

米国、ソ連、英国のどれもが同じゴールの方へ向かって異なる経路をとって誘導されたと、このことから読者は理解するかもしれません

c0139575_2112168.jpg

一般に、H.G.はこの世代のグル(導師)でした、そして、彼の死後の社会では、彼の名前のもと、彼の計画を推進し続けました。

直接、世界中で彼の策略を推進する無数の人(明らかに“The Plan “の陣容)とネットワーク化する間、彼の本は微妙であるが、より重要な役割を静かに務めていました。

読者は、人間性(human nature)について、次に述べるように観察したかもしれません .... 目の前で異質なことに直面した時、とんでもなくキチガイ沙汰だと思うので、最初、心はそれを拒絶します。 二回目、ただ単に拒絶したかったかのように聞きます、そして三回目、真実として立ちはだかり、まるでそのことが自明であったかのように、以前から「それを知っていた」と、人は言います。

彼の本「予言(Anticipation)」と「来るべき世界(Things to Come)」のタイトルとそこに何が書いてあるのかを見てごらんなさい。そうすれば、彼が、NWO(新世界秩序)の舞台設定が、あたかも自明の理であるかのごとく、市民たちが受け入れるように心理的条件づけをしていることは明白です。

c0139575_21135147.jpg

c0139575_2118370.jpg

c0139575_21182070.jpg


彼は、このことの達人(master)でした。 そして、本当に、現代のエリートの話を聞くとき、H.G.ウェルズの計画を繰り返し聞いているようです。 例えば、1991年のビルダーバーグ会議におけるデービッド・ロックフェラーが、「…世界は現在、より洗練されてきており、世界政府に向かって進める準備をしよう。再度戦争を知ることになるが人類全体の平和と繁栄だけ知ることはない。」

オルダス・ハクスリー[Aldous Huxley]、オーソン・ウェルズ[Orson Wells]とH.G.ウェルズの多くの読者の憶測に反して、これらの著者は、ビックブラザーによる独裁者のワンワールドという彼らの予言的な見方に反対してはいません。 H.G.は、劣生な人種と無駄飯ぐらいを殺処分するという、人種的優生学を強く信じていました。 彼が信じたことは、国が人々を教育しなければならず、素直に国に貢献するよう彼らの心をコントロールすべきことでした。彼は、社会工学を信じました。 彼がキリスト教徒に反対したのは、宗教的寛容(religious toleration)と神について彼らの子供たちに教えるのを許されていたからです。

もしイルミナティのインサイダー[後世のフリーメイソンの予言者、マンリー・P・ホール[Manly P. Hall]のように、イルミナティとフリーメイソンの両方でグランドマスターを勤めた]なら、H.G.の著書「モダン・ユートピア(A Modern Utopia)」、67頁にある難解な引用が、制空権独裁体制下のNWO(新世界秩序)のことを「ベーコンの未来のビジョンとしてのサロモンの家(Bacon's visionary House of Salomon)」であると、理解するでしょう。

c0139575_21195543.jpg

Manly P. Hall (1901 - 1990)
c0139575_21201792.jpg

参考;http://homepage1.nifty.com/ta//sfh/hall_mp.htm [邦訳著書]

c0139575_2120519.jpg

A Modern Utopia(1905)

この表現がイルミナティのオカルト計画によるH.G.の思考であることを関連づけています。 それは、H.G.が計画にたずさわった知識をもつインサイダーであったことを示しています。 もちろん、内部知識に加えて、H.G.は包括的に頭の切れる、大きな意志力、激しい知的好奇心の持ち主でありましたが、一般の人間とキリスト教の神に対しては軽蔑していました。彼は「透明な王(The Invisible King)」(1917)で明らかにしたのは、神(deity)は「5カ年計画による擬人化」ということでした。

c0139575_21214354.jpg

God The Invisible King(1917)

(つづく)

【翻訳;タドン】

c0139575_2123649.jpg


http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-10904247306.html

〈つづき〉

READING FROM THE SCRIPT?;
脚本から読みとれるのか?


ウェルズは単に予測したにすぎなかったのか、あるいは、NOW(新世界秩序)を創造し、具体的な計画を立てる手伝いをしたのでしょうか?彼がそれを創りだした一流のプレーヤーであったということは疑いないことです。 彼の策略はガイドとして使われていましたが、その策略は人目から隠されたままのマスタープランからコピーされたと仮定できます。拡大する犯罪の脅威に応じて警察国家に発展するというウェルズの予言に沿って、権力者は犯罪率を故意に操りました。 恐怖との戦いは、この路線に沿った発展です。 明らかに、H.G.の著作は、創造のための青写真であり、知的好奇心の強い男の単なるくだらないお話しではありませんでした。

1866年生まれのウェルズは、来たるべきNWOがどのように引き起こされるか説明する一連の本を書きました。 1895年、「The Time Machine」(SF小説)を出してから、

c0139575_23433317.jpg

最後に「The Happy Turning: A Dream of Life」を出版した1945年まで書き続けました。

c0139575_2346333.jpg

それはイエスとともに歩き出すという未来的な夢に言及して作成されたもので、そのイエスは無関心と愚かさのために人類に失望しているというウェルズの反復する夢でもあります。

ウェルズの「開示された陰謀(Open Conspiracy)」の概念の1つは、NWOの創設のために世界中の多くの人々が公然と寄付したり貢献したりすることでした。 これは他のオカルト予言者アリス・ベイリーとその著書Externalization of the Hierarchy(『ハイアラキーの出現』)の知識に対応します

c0139575_2350250.jpg

そこで彼女が予言したことは、オカルト世界で秘密に行われたことはNew World Orderをもたらす主流になるであろう、ということです。

c0139575_23493327.jpg

Alice A.Bailey(1880‐1949)

よく知られたイルミナティの手順によって、CFR(外交問題評議会)とTLC(三極委員会)のようなグループを設立しました。さらにに銘記すれば、H.G.が英国でCFRの姉妹機関としてRIIA(王立国際問題研究所)をつくったということです。RIIAの初代所長は、ウォルドルフ・アスターでした。

c0139575_23595719.jpg

c0139575_23522197.jpg

William Waldorf Astor (1848 - 1919)

私の「Be Wise As Serpents(ヘビの如く聡くあれ)」(1991、未邦訳)で要点を示したように、これらの組織も見せかけのためにイルミナティでない個人メンバーを数人加えているので、会員の地位は最終的な秘密結社の会員資格と同等ではありません。しかし、中央にいる人物が何をしているのか確実に兆候を示しています。

「オカルト・テオクラシー(Occult Theocracy)」[遺作、1933]のエディス・スター・ミラーは、良い仕事をしました。

c0139575_23541386.jpg

c0139575_23544329.jpg

Edith Star Miller

彼らのプログラムに送り出すために育成したオカルトヒエラルキーのあり余るほどの組織同士を結びつけました。フェビアン協会は、その他多数のひとつです。H.G.はフェビアン協会の活動的なメンバーでしたが、彼の意見はメンバーの大部分と論争が絶えませんでした。しかし、これはThe Planへの彼の活発な参加を表すものです。

ウェッブ夫妻(The Webbs;フェビアン協会のリーダー)は、ロバート・セシル卿(英国情報局;Br. Intelligence)管轄の部下でもあり、クリーブデン・セット(Cliveden Set)またはコエフィシェンツ(Coefficients)と呼ばれた右翼のグループを組織しました。 The Coefficientsは、のちにthe Round Table(円卓)に変わりました。 H.G.はCoefficientsの一員でした。そして、それはエドワード・グレイ卿、
c0139575_1493871.jpg

バートランド・ラッセル、
c0139575_1512782.jpg

(ジェームズ)セシルのいとこアーサー・バルフォア卿のような人物もいました。

c0139575_1521243.jpg

[ちなみに、Bloodlines of the Illuminati (1995)にこれらの名前が出てきます]

c0139575_024358.jpg

The Webbs
http://cruel.org/econthought/profiles/webb.html

c0139575_051613.jpg


SON OF A SERVANT, HE SERVED THE ELITE;
使用人の息子はエリートに仕える


今、心に留めておいてほしいのは、H.G.は、英国のエリート使用人(たとえ使用人頭だとしても)の家に生まれました、そして、ここでは、イルミナティ貴族のエリートと交際しています。H.G.が下層階級を軽蔑していたことも心に留めておいてください。そして、そのテクノロジーを実行する科学技術と、科学専門家、科学者あがりの官僚(technocrats)と一緒に、エリートの大企業が私たちをNew World Orderに導くという策略を進めました。

NWOをつくる科学技術と、科学専門家、科学者あがりの官僚の勢力の後押しでH.G.の策略は、その方向でほとんどの運動を生みだしました。この短い論文の記事に入る範囲を超えてしまいますが、科学技術の使用は、本当に成し遂げられるべきと特にH.G.が概説した点です。

私がH.G.をフリーメイソンであると最初に確認したのは1991年でした。メイソン・ロッジが彼を公式にメンバーとして認めなかったのでその論争を引き起こしたことがきっかけです。

彼らが会員の地位について永久に黙っているという会員規約があるのは確かだと思います。 私の主張の基礎にしているのは、私の蔵書のスコティッシュ・ライツ ニュー・エイジ・マガジン(the Scottish Rite's New Age magazine)のバックナンバーによるもので、彼はフリーメイソンとあります。ほとんど第一次世界大戦のころにさかのぼる資料なので手に入れることが出来て幸運でした。

c0139575_072153.jpg

参考;The New Age Magazine Scottish Rite Freemasonry Mar 1968-73
http://www.conspiracyarchive.com/Commentary/Great_Seal.htm

c0139575_08424.jpg

参考;Notice the symbolism of the issue as well - Vol. 77, No. 11.
http://forum.prisonplanet.com/index.php?topic=47982.1680

c0139575_083611.jpg

参考;the Scottish Rite Journal (formerly titled THE NEW AGE, 1903-1990)
http://www.newswithviews.com/Devvy/kidd448.htm

彼らは、メンバーを称するだけでなく彼を「フリーメイソンの予言者」として、これらの雑誌は彼を扱いました。 別の見方で、彼の本/映画の中でH.G.は、フリーメイソン団について言及をし、フリーメイソンのイメージ/シンボルを使用しました。

特別に明記すべきことは、彼の短編「不案内な幽霊(The Inexperienced Ghost)」(1902)にフリーメイソンの研究のQuatuor Coronati Lodge 2076(四冠ロッジ2076)を参照したことです。

c0139575_0101443.jpg

c0139575_0104085.jpg

登場人物は言います、「今、サンダーソンはフリーメイソンになった、Four Kings Lodge(四冠ロッジ)のメンバーさ。それは見事なほどに古今メイソンリーのミステリー全般の研究と解説に専念しているよ」 (引用元:The Complete Short Stories of H.G. Wells, pp. 909-910)と。また、世界中のフリーメイソンに対してH.G.は多大な影響力を与えるとともに、なにか話しかけていました。

c0139575_0113224.jpg

訳注;「イギリス恐怖小説傑作選」(ちくま文庫、2005)に「不案内な幽霊」が収録されている。

オカルトのシンボルである翼のある球体(Winged Globe)、しばしばフリーメイソンのチャールズ・テイズ・ラッセル(Charles Taze Russell;エホバの証人、ものみの塔の創始者)により用いられるシンボルです。これは本や映画の中で来るべき姿としてのNWOのシンボルになりました。インターネット上の海賊版で閲覧できるますが、あらゆる事柄の関連を調査した私の本、Be Wise As Serpents(『ヘビの如く聡くあれ』1991)とThe Watchtower & the Masons (『ものみの塔とフリーメイソン』1990)を読んでください。また、H.G.の緊密な付き合いのあったフリーメイソンのハクスリーも注目に値します。フリーメイソン、T.H. ハクスリー(26才で王立協会の特別研究員!)は、ウェルズの助言者となって、H.G.が大衆運動に達するという点で推進できた科学的独裁体制(Scientific Dictatorship)という戦略に重点を置きました。

c0139575_0125550.jpg

Charles Taze Russell(1852‐1916)
c0139575_014180.jpg

c0139575_0141822.jpg

http://smallguy.philosateleia.com/gallery/air1930/

c0139575_0154311.jpg

Thomas Henry Huxley (1825-95 )

H.G.ウェルズは、自分自身を信じており、自分の計画と自分を魅力的に輝かせました。その文筆は長けていましたが、会話は下手でした。 彼は即座に感傷的になった女性にかなり頻繁に興味を持つのが常でした。そして、友人を重視していました(例えば国際的な著述家ジョゼフ・コンラッド)、しかし、彼が征服した女は性的対象のためだけでした。 このことから読者は、女性の権利についての華麗な文体が個人のライフスタイルからでなく目標であったという、この例から彼の持つ矛盾を見るでしょう。彼の人生において、ウィリアム・アーネスト・ヘンリーが彼の才能を信じ、1895年にSFの執筆活動を開始するのを援助したとき、大ブレークがおこりました。

c0139575_0193192.jpg

Joseph Conrad( 1857‐1924)

c0139575_0201370.jpg

William Ernest Henley(1849-1903)

少年向け作家としてのウェルズに対する多大な影響を与えた2冊の本は、プラトン著「国家( Republic)」とジョナサン・スウィフトの風刺文学「ガリバー旅行記(Gulliver's Travels)」でした。

c0139575_0265291.jpg

c0139575_0283694.jpg


意思決定者が詳細な未来計画の本当の案内人であると、ウェルズは私たちに明らかにしました。 H.G.ウェルズは、イルミナティがワンワールド世界政府の方へ発展段階の舞台設定をしていた中心にいました。彼が何をしていたのか知っていたために、疑問に思いませんでした。 連中が起こした、ありそうなオカルト的活動は頻繁に隠蔽されてきました。 彼は実践的知識人で、その著作が私たちの世界を変えたのです。

(了)

【翻訳;タドン】
[PR]

by oninomae | 2011-05-24 21:23 | 魔術=詐欺とイルミナティ  

<< バラバラ・ニッポン、バビロン捕囚? 悪魔の黙示録 聖書の秘密 たん... >>