最高機密のゴルバチョフ・ファイルがグローバリストのアジェンダを明かす by Richard Evans

最高機密のゴルバチョフ・ファイルがグローバリストのアジェンダを明かす by Richard Evans (for henrymakow.com) May 17, 2010

c0139575_8232282.jpg

1999年、ゴルバチョフ財団のモスクワ事務所は、限られた数の厳しく吟味されたロシアの歴史研究家たちに、その膨大なデジタルアーカイブへのアクセスを許可した。

彼らの一人がパヴェル・ストロイロフ[Pavel Stroilov]である。一部のアーカイブは、パスワードで制限されていたが、ストロイロフは気が付いた、いつでもその事務所の公文書保管人がシステムを起動するときにのぞき見することによってそのパスワードを知ることが出来ると。彼はそれを記憶し、そして何回かの訪問中、なんとかアクセスし、そして秘密裏に5万文書に多量のフォルダをコピーした。

ストロイロフは自分が読んだものを信じられなかった。その制限文書は、ソ連の指導者としての年月の間(1985年から1992年)のミハイル・ゴルバチョフ[Mikhail Gorbachev]の私的で秘密の会話のKGBによる転写物であった。

都市政策雑誌のシティ・ジャーナルによる最近のインタビューの中で、彼は言った、彼らは、「冷戦終了について完全に新しい物語を語っている。その期間の歴史の『一般に受け入れられている』説明[version]は、ほとんど完全に神話からなっている。これらの文書は、それらの神話の各々を崩壊させることが可能である。」
http://www.city-journal.org/ 2010/20_2_soviet-archives.html

ストロイロフは、その事実が一般に利用できるようにしなければならないと決心した。彼はロシアでは指名手配された人間であると知って、ロンドンに移住した。彼はそれに関して正しかった。彼が予期しなかったことは、世界のいかなる出版社もメディア直販店も、ゴルバチョフ・アーカイブの出版に興味を示さなかったことである。いかなる図書館もそれらを保管あるいはそれらの翻訳に資金提供することを望まなかった。

「実際、彼は、それらに大きな関心を示す誰も全く見つけられなかった。」

その理由は、それらが、神話とNWOの真のアジェンダとの間の違いを暴露しているからである

c0139575_82426100.jpg

その神話は、膨大な軍事支出と非効率的な官僚機構の重みの下で、ソ連の経済が崩壊したというものである。ほとんどのヨーロッパ人たちは、ソ連の経済学は西側の資本主義の相手にならないと信じた。

ほとんどのアメリカ人たちはまだ、一人の引退したハリウッド俳優が、軍拡競争の強度を高めることにより、ソ連の破産を、独力で強制したと、信じている。


EUSSR

ゴルバチョフと現在のスペインEU経済金融問題コミッショナーであるホアキン・アルムニア[Joaquin Almunia]との間の1989年の会話のソ連転写物は、全ヨーロッパの社会主義者による統合へ向けた一つの段階としての東西ドイツの再統合への裏ルートでの支持を証明する。アルムニアは、バルト国家とウクライナの永続的独立に対する反対を誓約した。 

c0139575_1014884.jpg


一つの会話の中で、ゴルバチョフはアルムニアに打ち明けた、「ペレストロイカの成功は、ただ一つのことを意味する-現代的な条件の中での社会主義革命の成功。そして、それはまさしく、反動主義者たちが受け入れないものである」。

インタビュアーのクレア・バーリンスキー[Claire Berlinski]は発言している:「想像することは不可能である。ナチ党に対する-あるいはついでに言えばクー・クラックス・クランまたは南アフリカのアパルトヘイト政権に対する-そのような緊密な関係を楽しんできた人物たちが、今日のヨーロッパで最上層の地位を満喫するだろうとは。その規則は異なる、明らかに、共産主義者の仲間の外交員たちにとって。」

c0139575_8251589.jpg


ストロイロフは答えた: 「我々は今、EUの中に、ヨーロッパを運営している選挙で選ばれていない社会主義政党を有している。確信するが、KGBはそれを信じられない。」

何をこれらの社会主義者とファシストたちは共通に有するのか? (訳注:独裁ですが・・)

彼らはフリーメーソンたちイルミナティである。

c0139575_8584347.jpg

c0139575_813090.jpg

c0139575_813730.jpg

c0139575_95398.jpg

c0139575_9534183.gif

c0139575_959345.jpg


世界共産主義国家のこのビジョンは、その長期計画の一部である。有名な『レッド・シンフォニー』文書で、ラコフスキーは共産主義と資本主義をブレンドするイルミナティ計画を概説した。

いずれの場合にも、イルミナティ(すなわち、《彼ら》)はすべての富と権力をコントロールする。

「モスクワでは、共産主義がある:ニューヨークでは資本主義。それはテーゼとアンチテーゼとして全く同じである。両者を分析してみよう。モスクワは主観的な共産主義、しかし[客観的には]国家資本主義である。ニューヨーク:主観的資本主義、しかし客観的共産主義。一つの人称統合、真実:金融国際資本主義共産主義なるもの。《彼ら》」 (p.276)

中央銀行と東西両方の経済は、同じイルミナティ・ユダヤ人一族によって所有されている。

共産主義と資本主義はただの見せかけである。取り除かれるべきヴェールにとって残っている全ては:NWO。


これはフォード財団理事長ローワン・ガイサー[Rowan Gaither]の、1953年、非米活動委員会の調査員ノーマン・ドッド[Norman Dodd]に対する衝撃的な告白にこだましている: 「我々は、合衆国における生活を変え、その結果、それが心地よく、ソ連と合併され得るように、助成金交付力を使う。」

c0139575_8403482.jpg

c0139575_8412545.jpg


ガイサーはまた、1959年、軍事・諜報シンクタンクである、ランド研究所の共同設立者であった。

c0139575_8474453.jpg


その当時の一つのパンクロック・バンドが、予言的な題の一つの歌。『壁は崩れた』の中で、一つの真実を広めていた: 「俺はいかなるロシア人もいるとは思わない、そしてヤンキーもいやしないぜ、ただ戦車でプレイしている企業犯罪者たちがいるのさ。」

c0139575_8284330.jpg


ソ連社会主義と国際企業資本主義は、最初からずっと恐喝商売だった。

上に引用したパラグラフは、一つの地球的社会主義に向けての、一つの計画された「ソ連社会主義」の拡張を指摘していた-それはロシア人のあるいはアメリカ人のあるいはユダヤ人・シオニストのでもない-しかしさらにもっと排他的で邪悪な


ソ連社会主義の神話

ロシア社会主義政党の作家ウラジミール・シロティン[Vladimir Sirotin]はソ連の仮装を説明している

ソ連社会主義は、官僚国家資本主義である。直接生産者たちの大部分は、自身の生産手段を所有していなかったので、彼らの労働力をこれらの生産手段の真の所有者―ノーメンクラツーラ[nomenklatura]と呼ばれた一つの特別な集団―に売ることを強いられた。この集団のメンバーは、予算割当と剰余価値の分配のために一つの階層的に組織されたシステムに所属していた。それは国家権力の所有を通して生産手段、いわゆる「国家経済」のすべてを所有した一つの搾取階級であった」 

ファシズムと同様に、ソ連社会主義は、その巨大な非選出の官僚装置とメディアの支配を介して統治した。

彼らは、ロシア帝国の長い年月を経た伝統に依存し、惰性によって、偽社会主義者、偽共産主義者、偽左翼、そして偽マルクス主義者のスローガンを形式的・偽善的に使用し続けた。そのようなスローガンは、彼らの真の目的を覆い隠し、その国の内外とも、多くの人々の誠実な信条に感情的に訴える便宜的な手段であった。



結論

年代記を見てみよう。

ペレストロイカあるいはソ連の命令経済の解体と「民主化」は、1988年から1991年にかけて行われた。ベルリンの壁崩壊とドイツの再統合は、1989年から1990年に行われた。1992年のマーストリヒト条約[Maastricht Treaty]が、ユーロを制定・確立した。

c0139575_853936.gif

c0139575_1002047.gif


我々は今、これらの出来事は、みなイルミナティによって、東と西を統合するために画策指揮されていたことを理解できる。 

それらは、EUSSRと最終的な共産主義資本主義(イルミナティ)世界政府独裁を進めるために設計されていた。

c0139575_8545047.jpg


欧州「統一」の脇腹の唯一の棘は、国家主義的ポーランド人たちであった。  (訳注:アジアの脇腹の棘が、共生的日本らしい)

なるほど、我々は彼らに何が起こったか知っている・・・


c0139575_90152.jpg

c0139575_1016234.jpg


インタビュアーのクレア・バーリンスキーは述べる、「共産主義が20世紀中の1億5千万の人間の死に対して責任があったことは、広く認知されてはいない。世界は、歴史上最悪のイデオロギーについて、不可解にも無関心で好奇心がないままである。」

確かに、一つの説明がある。

共産主義はオカルト悪魔主義である。

c0139575_903833.jpg

c0139575_10184075.jpg


それは、我々の政治、経済、そして通信の手段をコントロールするカバラ主義中央銀行家たちのイデオロギーである。

我々の指導者たちは彼らの共犯者たちである。


c0139575_9112381.jpg
c0139575_9103729.jpg

c0139575_9225754.jpg

c0139575_2392379.jpg

c0139575_23114356.gif


ソ連社会主義の「崩壊」後に、ゴルバチョフは途切れなく、主権を有する政府の上の権力の地位へと進んだ。クリントン政権の間、彼はサンフランシスコのプレシディオ[Presidio] に住んだ。彼の住居でマルタ騎士団のミドリ十字をはためかせさえしながら。

c0139575_9213766.jpg

c0139575_9215518.jpg


国連での彼の役割は、大衆向けに国連に好まれた新しいNWO、「緑の」宗教を推進することであってきた。モーリス・ストロング[Maurice Strong]と
c0139575_9265822.jpg

アル・ゴア[Al Gore]
c0139575_930151.jpg

c0139575_9304598.jpg

のような人物とともに、ゴルバチョフは、十戒を置き換えることを意図した『地球環境憲章[The Earth Charter]』を起草した


c0139575_9145362.jpg

c0139575_10315867.jpg


その計画は、薄いヴェールに包まれた世界共産主義者の警察国家に向けたものである。

彼らの実績を考えると、人類にとっての見通しについて楽観的であることは困難である。 



元記事は

Top Secret Gorbachev Files Unveil Globalist Agenda by Richard Evans (for henrymakow.com) May 17, 2010
http://www.henrymakow.com/the_top_secret_gorbachev_files.html


c0139575_8104051.jpg

c0139575_8113971.jpg

c0139575_10111430.jpg

(注:自公ももちろん、ほとんどが嘘つきでした。特に、小渕元首相が謎の死を遂げてからは、まるで『嘘の祭典』のごとしです)

c0139575_9395819.jpg


c0139575_9175122.jpg

c0139575_9403199.jpg


c0139575_9405332.jpg

c0139575_9422639.jpg


c0139575_6544917.jpg

c0139575_9462317.jpg


c0139575_95704.jpg


++
地震・津波・原発爆発のドサクサの中で、子どもへの放射線照射・増税・取締弾圧・減反と日本破壊アジェンダを進めているヨ。




c0139575_19115857.jpg


c0139575_19122333.jpg



関連

旧ソ連の反体制派ウラジーミル・バコフスキーがEU独裁制へ警告する 1
http://satehate.exblog.jp/10568079/

旧ソ連の反体制派ウラジーミル・バコフスキーがEU独裁制へ警告する 2
http://satehate.exblog.jp/10568113/

スカル&ボーンズはロシア共産主義を育てた by Richard Arnold 

白衣たちが惑星を運営するとき by David Rothscum
http://satehate.exblog.jp/15912246

人口過剰への“解決”提唱リーダー(団体)リスト by ゲイリー・グラム
http://satehate.exblog.jp/11551014

メーデー 魔女と魔王の祝祭
http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/archives/10118667.html

政府のウォッチに気を取られていたが、今日はメーデー、西洋では魔王と魔女の祝日とされている。イギリスでは「ベルテーンの祝祭」と呼ばれた。ベルテーンとは、ベル神、つまりバール神の輝く火という意味がある。

ベルテーンの祝祭に関しては、拙書「戦争の真実 死と再生の魔術」に少し書いてある。

c0139575_2029852.jpg


オーダーは秩序を意味すると共に、「騎士団」をも意味する言葉である。しかし、テンプル騎士団の繁栄は、やはり騎士達に堕落をもたらす結果を生んだ。明けの明星のように光り輝いた「清貧(?)な騎士たち」も、一瞬にして奈落の底に落とされるのである。まさに「奢れる者も久しからず、ただ春の世の夢の如し」であった。

テンプル騎士団は、なぜかローマ教皇以外のいかなる権力者にも従わなくともよいという特権を得た。また建築者集団であった初期のフリーメイソンのように、教会に収める十分の一税さえ免除された。

現在も世界財閥を初めとする外資系企業群は、タックスヘイブンと呼ばれる租税回避地を使って巧みに税金を逃れている。お金持ちが国に金を払わない方法は昔から存在したようだ。

イベリア半島を始め。ヨーロッパの中心部を除く半分近くの土地が、テンプル騎士団領とされていたのである。彼らの領地に線を引くと、ほぼ現在の「EU]25カ国にまたがる領域となる。

拡大EUは5月1日に発足したが、その記念日は秘密結社が最も神聖視する「5月1日」となった。それは「メイデー」と呼ばれる、魔女と魔王の祝日である。今では「労働祭」と呼ばれるメイデーは、もともとは女神メイの祝日である。

5月は、メイとその息子であるベル神(バール神)に捧げられ、そのメイディの前夜祭として、4月30日の夜から、ケルト人の4大祭りである「ベルテーン祝祭」がおこなわれていた。現在では、5月祭と呼ばれている。

この日、男女は、メイポールに結ばれた赤い紐につかまってグルグルと回りながら、森へ行って一夜を共にする。また、この日に5月の女王(メイクイーン)も選ばれた。

メイは、ローマ神話ではマイアと呼ばれる月の女神で、魔女とされ、その息子がヘルメス=トートであることはすでに述べたとおりだ。このように、神々の名は、地方によって名前が変わる。

なぜ、19世紀になって、労働祭とされたかについては、はっきりとしたことは言えないが、ひとつだけ思いつくことを述べるとしたら、古代シュメールの神話である。人間は神々の衣服や、食事の世話をするために創られたという伝説が残っているのだ。つまり、神々のために労働することが、人間の務めとされてきた。

-引用終わり-


つまり何が言いたかったかというと、EUとはテンプル騎士団が現代に蘇った姿であるということ。

c0139575_656931.jpg

c0139575_1074746.jpg


また、メイは現代の世界でも深く信仰されている女神である。

フリーメイソンとは、この女神メイの息子という意味であり、フリー(自由)・メイ(女神)・ソン(息子)となり、自由の女神の息子であるということが分かるだろう。私が書くまで、このことを明らかにした本を読んだことはない。

ゆえに彼らが建国したアメリカ合衆国に、その象徴として自由の女神を建立したのだ。しかも「先に」(「」は引用者)メイソンが革命を実行したフランスから贈られたわけだ。アメリカとは、その女神の元に魂を統一させた国家であるということは、ブログの始まりの頃に書いたはず。

アメリカは、マイアの息子として世界を荒らし回る荒ぶる神メレク、そして救世主と呼ばれたバール神であり、それは古代ギリシャではヘラクレスと呼ばれ、キリスト教ではイエスと呼ばれている。

老朽化した世界を破壊して復活させる救世主である。救いとは破壊を意味する。

その証明としてキリストはこう言っている、

「私が来たのは平和をもたらすためだと思ってはなりません。私は剣をもたらすためにきたのです」-新約聖書より-

(引用注: マタイによる福音書 / 10章 34節 「わたしが来たのは地上に平和をもたらすためだ、と思ってはならない。平和ではなく、剣をもたらすために来たのだ」)

救世主は人間に平和をもたらす神ではない。戦争、病、天災、あらゆる災いをもって、人類を間引きする神である。


日本人への警告としての福島第1原発事故を軽視すれば、次の原発震災では日本が破滅する可能性がある 2011.05.01
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201105010000/

福島第一原発の事故は、言うまでもなく、日本の原子力政策に対する「警告」にすぎない。その警告を日本が無視するならば、次には「より破滅的な事態」になると覚悟すべきだ。次の事故が浜岡原発で起こるのか、伊方原発で起こるのか、あるいは別の原発で起こるのかはわからないが、今回と同じような「幸運」に恵まれるとは限らない。日本の破滅ではすまない可能性があるということだ。

・・・
[PR]

by oninomae | 2011-05-01 08:13 | 魔術=詐欺とイルミナティ  

<< プレアデス星団「すばる」 ユダ... 迫害され続けた京都大学の原発研... >>