国家認定ホロコースト否認の正体暴露 by David Rothscum 2

国家認定ホロコースト否認の正体暴露 by David Rothscum Friday, May 21, 2010 その2


その記事は以下のように述べるところまで進む:

「おそらく、劣化ウランとガンの間の関連の欠如のおそらく最も劇的な説明は、彼らが乗っていた装甲車を襲った劣化ウラン弾からの破片に撃たれた20名の湾岸戦争の退役軍人の場合である。何名かは、弾丸破片を、20 mmまでの長さに渡って、まだ彼らの体に埋め込まれて有している。その退役軍人たちは、彼らの尿の試料中に、非常に高い濃度のウランを持っているが、しかし、誰一人、白血病、骨癌、肺癌、あるいはなんの腎臓の異常を発症してきていない。彼らが自分たちの体内に劣化ウランを持って動き回っているという事実にもかかわらず。加うるに、これらのすべての男性たちに生まれた子どもたちの誰にも、なんの出生異常も報告されていない。これらの退役軍人たちの1999年の研究は結論付けた、そこには、現時点でいかなるこれらの個人たちにも、ウラン暴露と関連づけられる有害な臨床的所産の証拠はなにもないと。」


残念ながら、政府は、それが引用する研究へのいかなるリンクも提供しておらず、従って、私は個人的にそれが言及している研究を再確認することが出来ない

しかしながら、自分の体内にウラン破片を持つ退役軍人たちについての研究は見出されてきたし、そしてその影響は良くない。

2000年に公開された一つの研究は、言及している: 「神経認知試験は、尿中のウラン濃度と能力の効率を評価するコンピュータ化された試験における低下した成績の統計的相関関係を立証した。」

体内にウラン破片を持つ退役軍人についてのもう1つの研究は、言及している:「劣化ウランに暴露された退役軍人たちの生殖系と神経系について、微妙な効果が観察された。」

乱暴に、その論文はイラクで起きているガンの流行を、イラクの化学兵器のせいだと非難し始める劣化ウランが、イラクの新生児たちの間で、ガンを引き起こしてきたという非難は、根拠がない。実際に、イラクの化学兵器―ガンを引き起こす試剤として知られる―の使用は、劣化ウランのせいにされているガンと出生異常の一つのもっとずっとあり得る原因である。独立した研究は、イラク政権が化学兵器を使用してきたところでの、ガンや出生異常の大きな増加を示してきた。北部イラクにあるシュレイマニア大学医学部の部長である、フアッド・ババン[Fouad Baban]博士によれば、イラク政権が1988年に化学兵器で5,000名のクルド人たちを殺したハラブジャ[Halabja]での、認知異常率は、広島と長崎の原子爆弾後の集団におけるよりも4-5倍多い。」 ババン博士は言っている「大人と子どもたちにおけるまれで進行性のガンが、世界のどこよりもはるかに高いレベルで見つかっている。」


ここで正体を暴露すべき第一の神話は、サダムがハラブジャで化学兵器を使ったという陰謀理論である。イラン軍が、イラク軍がこの都市に存在していると彼らが信じたがゆえに、ここで化学兵器を使ったのであるこれは米国がかつて同様に自分自身で主張していたことである。しかし、その物語は、サダムが善い奴から悪い奴に変化したときに、変化した。

続ければ、この特定の都市において、化学兵器がガンの増加を引き起こしたことは、極めて当然のことであろう。


しかしながら、それが説明しないことは、南部イラク、とりわけバスラでのガンの増加である。ここが、最初の湾岸戦争中に劣化ウランが使用された場所である。

c0139575_234596.jpg


バスラ周辺での様々な地域における背景放射(ウランの使用の一つの指標)、そして、そこにおける子どもたちのガン発生率を測定した研究がなされてきた。


発見されたことは、ガン発生率が最も高い場所は、最も背景放射が高いことであったここに説明されているように。 それは、10万人当たり、一部の地域での最低1.7名から、他の地域での最高42.7名と変動していた。

イラクの人口削減と劣化ウランを直接結びつけるさらなる証拠は、目を持たずに生まれる子どもたちの流行であるこれは通常は、5000万人の出生につき1名発生する

しかしながら、一人のイラク医師が目を失った子どもたちの9の症例を目撃した。8例は、まったく目を持たなかった。これらの8名の子どもたちのうち、7名が、米国によって1991年に使用された抗戦車兵器に直接暴露された父親を有していた

同様にまた説明されないことは、なぜ我々はウランが使用されたバルカンの地域でガンの増加を目撃しているのかということである。どのようにしてサダムの化学兵器が、ここでガンの流行を引き起こしているのか?

サラエボでは、その率は、10万人当たり、1995年の45.8名から、2000年の263.9名へと増加している

前立腺癌による死亡のある原因不明の増加は、ベオグラードでも同様に指摘されてきた。1984年、ここでの前立腺癌による死亡率は、10万人当たり、8.2名であった。2002年ではそれは31.2名に上昇していた


その研究は言及している、「その増加の水準は、国際的にみてあらゆる報告された増加のうち最高のものである。そしてそれは、多くの先進国での前立腺癌による死亡率の広範な減少とは鋭く対照的である。」

留意することが重要なのは、ガン発生率と出生異常率は、最初に、イラク南部で、湾岸戦争後に増加したことである。

しかしながら、2003年以降、ガンと出生異常の流行は、イラク中央部でも同様に現われ始めた。
 


あなたが知っているかもしれないように、劣化ウランは、第一次湾岸戦争中、イラク南部で使用された。 第二次湾岸戦争では、それはイラク中央部で同様に使用された

c0139575_2331151.jpg


バビル州は、イラク中部にある。2004年、ガンの500症例がそこで診断された。その数字は、2年後、ほぼ1000に上昇した。2008年までには、その症例数は7倍の7000に増加していた 


劣化ウランに曝された退役軍人たちについて、最良の研究が行われてきた。

英国の退役軍人たちについて行われた一つの研究は、彼らがみな、おきまりで、彼らの細胞中に染色体異常をより高いレベルで有していたことを発見した。誰も、異常の正常数の2倍以下の数ではなかった、そして、一部のものは通常見つかる14倍の数にのぼった。

十分興味深いことに、 このことは、ニュージーランドの核実験退役軍人たち(人間モルモットのための婉曲表現)にもまた発見されている

言及するにさらに重要なことは、試験管内で実行された一つの試験が、三酸化ウランが染色体損傷を引き起こすことを示したことである。

これが退役軍人たちの染色体損傷の原因となったと、私には思われる。その国の反対側で以前にサダムによって使われた化学兵器の代わりにであるが。


米国政府のウェブサイトは主張する:

ウランは非常に強力な恐怖を呼び起こす。それは、核兵器、大量絶滅、放射線病、ガン、そして出生異常と関連づけられている。劣化ウランは、それがその放射能を大半使い果たされているという事実にもかかわらず、これらの同じ恐怖を呼び起こす。あなたはがこの事実を受け入れる場合でさえ、あなたの恐怖に基づいた連想は、論理と事実よりもより強力である。どのようにあなたがタングステンについて感じるかを、どのように劣化ウランについて感じるかと比較してほしい。どちらも、重金属であるが、「劣化ウラン」はあなたにずっと怖く聞こえるかもしれない。



あなたが理解できるように、ウランはこれらの恐怖を、正当な理由で呼び起こす。その恐怖は論理と事実に基づいている。

政府の立場ではそうではない。

米国政府は、これらの怖れを陰謀理論として退けることを試みている。それは、ここで失敗する

もちろん、そのウェブサイトは、真剣に関心を持ち、能力があり、そして、政府が正体を暴こうと狙っている主張が真実か否かを発見するために進んで科学的文献を調べる誰にも向けられてはいない

そのウェブサイトは、注意不足障害(ADD)に苦しんでいる一般的なテレビ中毒集団に向けられたものである。そして、もしそれがその政府がしようとしていることを見つけた場合には、それは混乱をもたらすかもしれない。勝算というのは、彼らの大半がそのページを途中で抜け出して、そしてそれが何であれ政府がしようとしていることとともにあり続けるのを期待するということである。

しかしながら、もしあなたがたまたま、誰か劣化ウランについての政府の立場を読んでいる人を見つけたならば、彼らにこの記事を参照してもらうよう、私はあなたにぜひお願いしたい。

真実が最終的に姿を現すとき、我々は、イラクの人々と侵略の他の犠牲者たちに、我々の政府が我々の税金で彼らにしたことについて、なすべき何らかの説明をすることになるだろう

彼らは我々に何もしていない。 しかし、我々は彼らの国々を住めないようにし、彼らのDNAを切断し、そして彼らの子どもたちに対して拷問的早死を引き起こしてきた。その他のものたちは、恐るべき奇形で生まれており、あるいはまたガンで苦しんでいる。

c0139575_3305693.jpg


私は確信している。あなたは、ほとんどの人々、とりわけ10代人々が持っている、きれいに見えたいという欲求を認識していると。

今想像してほしい。いかに多くのイラクの人々が感じているか。脚がなしに、変形した生殖器で生まれた、あるいは増殖が彼らの若い顔に広がり始めるまでは幸せで健康的であった人々が。
 


イラクの人々は、彼らの家族のものたちに対して、あなたの国の人々が持つのと同じ愛情を感じている。おそらく、強い部族文化と苦難ゆえにもっとそうであろう。

多くの親が、彼らの最初の子どもが奇形で生まれた後に、子どもたちを持つのをやめている。彼らは自分たちが持っているすべてのマネーを費やすか、あるいは自分たちが持たず返すことが出来ないないマネーを借りている。その子どもに医療を与えるために外国に旅行して、毎日苦痛に苦しむ哀れな子どもの苦しみを和らげる試みのために。

もしその子供が最終的には死ぬなら、その家族は言葉で表せない悲しみのほか残るものは何もない。


ドイツのほとんどの人々は、彼らが自分たち自身の国の中に、そこであらゆる年齢の人々が絶滅させられた死の収容所を持っていたとは、彼らがそこを通って行進することを強いられるまで信じられなかった。

同様に、NATO諸国に住んでいる我々は、我々の政府がそのようなこと(確かに、それは意図的になされている[和訳])を出来ると信じるのに困難を有している。

あなたは、あなたが行動を起こさなかった(あるいは、もっと悪いことに、米軍に奉仕することによって直接に責任があると)と言うことを強いられることは望まない。なぜなら、あなたは劣化ウランが有害ではないという長い政府のウェブサイトのページを読んだからである。

あなたにお願いする。この問題を研究し、気づいたことを広め(とりわけ軍にいるものたちに)、そしてこの悲劇がさらに悪化することを止めるためにあなたが有するすべての手段を使って下さい。


元記事は

State sanctioned Holocaust denial, debunked  by David Rothscum Friday, May 21, 2010
http://davidrothscum.blogspot.com/2010/05/state-sanctioned-holocaust-denial.html


++
「原発」で、同様の放射能攻撃を行っていることは明白である。


Illuminati Nuclear Meltdowns In Progress at Fukushima thanks Stuxnet HAARP NLE 2011 BakersBoyz 作成日: 2008/10/24
http://www.youtube.com/watch?v=r2DbyNHy6y0


Fukushima 放射線測定@福島大学附属小学校前・福島駅前・福島市 20110416 25μSvh firstsuccess
http://www.youtube.com/watch?v=UvFgP8y4JbQ&feature=related


おまけ

Deep Sea Drilling Vessel CHIKYU Expedition 314-02



大量虐殺兵器搭載の艦船、「ちきゅう」関係者の証言「人工地震等を発生させその地震波を測定する装置。」 2011/04/18 07:26
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201104/article_122.html

大量虐殺兵器搭載の艦船、「ちきゅう」関係者の証言

Deep Sea Drilling Vessel CHIKYU Expedition 314-02
2:05~

「その他人工地震等を発生させまして、その地震波を測定するための装置です。」




  
           ふ    ざ   け   る   な







追加

2号機使用済み燃料、損傷か=保管プールの水分析-福島第1原発〔福島原発〕 時事通信 (2011/04/18-23:46)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2011041800752

福島第1原発事故で、東京電力は18日、2号機の使用済み核燃料プールの水を分析した結果、保管していた燃料棒が損傷している可能性があると発表した。損傷の程度は不明で、詳しく調べる。
 
東電は仮設の冷却システム構築を検討するため、2号機燃料プールにつながっているタンクの水を採取し、放射性物質を分析。ヨウ素が1立方センチ当たり4100ベクレルだったのに対し、セシウムは同4000~16万ベクレルだった。
 
東電の松本純一原子力・立地本部長代理は「セシウムが異常に多い」と説明。原子炉内の燃料から出た場合の測定値とは異なるといい、プール内の使用済み燃料が損傷した可能性が高いとみている。プールには核燃料棒を束ねた燃料集合体が615本入っている。 

一方、経済産業省原子力安全・保安院はプールの燃料ではなく、原子炉内から漏れた可能性が高いとみている。使用済み燃料は長期間冷却されており、半減期の短いヨウ素131が高濃度で検出されるのは不自然と説明。原子炉から出た放射性物質が格納容器の外に飛散し、燃料プールに入ったと考える方が自然という。
 
東電によると、余震対策として進めていた電源の2重化工事は18日に完了。東電と東北電力が別系統で供給していた電源をケーブルでつなぎ、片方が遮断されても外部電源を確保できるようにした。
 
また1、3号機原子炉建屋内を調査した遠隔操作ロボットは同日、2号機の同建屋を調査した。


c0139575_675762.jpg



浜岡原発を大至急止めよう! 5万人余の署名を中部電力に届けたプラムフィールドの馬場さんたち Monday, April 18, 2011
http://insidejobjp.blogspot.com/2011/04/5.html#more



2011/4/18「ダモクレスの剣 その1」

CPUSAとはCommunist Party USA(注:英文Wikiには赤い五芒星が出てくる)のことでカトリック・イエズス会の陰の団体である。その下部組織に英国の慈善団体を装ったCP(COMMON PURPOSE)がある(以下CPと記述)。ここはありとあらゆる悪を働く組織である。平和な家庭を一瞬にして崩壊させたりインサイダー取引,「フリーロト」や「ナイジェリア詐欺団」などなど。英国の名の知れた政治家やゴールドマン・サックスやBBCの職員が関わっていると知ったら驚かれるであろう。管理人はこの団体を随分前に知り調査を続けてきたがこういう時期でもあるので紹介しよう。ロストワールドの管理人も少し紹介しています。この世は「清く,正しく,美しく」ならいいのですがね。しかし,残念ながら現実の世界はそうではないのです。毒には毒をもって制す



O・J・シンプソン-プルトニウムファイル、そしてチェルノブイリ極秘
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/oj--d754.html
  
[PR]

by oninomae | 2011-04-18 20:03 | 放射能・ラジオハザード  

<< 早くしないと、間に合わない 国家認定ホロコースト否認の正体... >>