原子力発電の推進の根拠は全て嘘である

http://tamekiyo.com/documents/original/20110330.html

原子力発電の推進の根拠は全て嘘である 掲載2011年3月30日


インターネット上で、原子力がなくとも電力供給は賄えると発電容量から検証をされている方がいるが、その論理では「賢い人たち」に原発の即時停止を説得することはできない。もともと原子力が推進されてきたのは、電力供給量が足りないからではないからである

経済産業省・資源エネルギー庁の『エネルギー白書2010』には、「原子力の意義と原子力政策の変遷」についてこのように記述されている。

第一次オイルショックにより電力危機への不安が増大したこと等を背景として、(略)1975年には、原子力発電の安全性に関する調査・実証実験等の委託費及び、原子力発電施設の耐震信頼性実証実験や原子力広報研修施設整備費等の補助金が新設されました。

更に、第二次オイルショックを経て、新エネルギーの開発・導入とともに原子力開発の推進が図られました。(略)

2008年7月には、「低炭素社会づくり行動計画」が閣議決定されました。この中において、発電過程で二酸化炭素を排出しない原子力発電は、低炭素エネルギーの中核として、地球温暖化対策を進める上で極めて重要な位置を占める、とされ、改めて環境対策としての原子力発電の重要性が認識されました。(略)2020年をめどに発電電力量に占める「ゼロ・エミッション電源」の割合を50%以上とする中で、原子力発電の比率を相当程度増加させることが目標として定められております。また、核燃料サイクルを確立するとともに高速増殖炉サイクルの早期実用化を目指しています。

2008年における原子力発電所の稼働率は58%にとどまっていますが、原子力発電は我が国の総発電電力量の約3割を担っていて、エネルギー安全保障の確保や地球温暖化対策の観点からその重要性がますます増しています。このことから、我が国では引き続き、原子力発電を基幹電源として位置付け、安全の確保を大前提として、国民との相互理解を図りつつ、その推進を図っています。



つまり、1960年代前後の「鉄腕アトム」的な夢のエネルギーという時代を除けば、原子力発電の推進の根拠は、「石油ショック」と「地球温暖化」なのである石油ショックの経験から石油火力発電に頼っていてはエネルギーの安定供給が期待できないから原子力、あるいは、地球温暖化で二酸化炭素を削減しないといけないから原子力、という理屈である。

この二つとも、大嘘である。

石油ショックは、アメリカの自作自演だった。その詳細は、ウィリアム・イングドール著『完全支配・ジオポリティックス編』を読んで頂きたい。

c0139575_20371164.jpg

c0139575_20254867.jpg


また、石油が枯渇するというのも嘘である。

戦争と「石油ピーク」~元「石油ピーク」信者の告白~

人間活動に由来する二酸化炭素の増加が地球温暖化をもたらしているというのも嘘である。そもそも地球は温暖化していない。二酸化炭素の増加が温暖化の原因でもない。さらに原子力発電で二酸化炭素が削減できるというのも嘘である。ざっと数えただけで三重の嘘ということだ。

c0139575_20334397.jpg

c0139575_20341242.jpg

c0139575_197525.jpg


政策に合わせて気候データを決定せよ! 地球は温暖化したはずだ!

地球温暖化、それとも地球寒冷化? 本当に氷は溶けているのか?

メキシコ湾の原油流出とCCX

クライミットトゲート、詐欺に対する真実の勝利


原子力発電には、一つも必要性がないのである。 (引用注:誰かさんが儲けながら、人類削減する目的以外には)

騙されてきたのは仕方ない。だが、気付いたならば、改めるべきだ。

c0139575_19144494.jpg

c0139575_2020854.jpg


Talkin’Loud Project トーキンラウドプロジェクトのブログ

c0139575_19115450.jpg

c0139575_20222089.jpg


Chernobyl Radiation Victims 3 years ago
http://www.slideshare.net/guesta1dd4c/chernobyl-radiation-victims

http://www.google.co.jp/images?hl=ja&q=Chernobyl%20Radiation%20Victims&wrapid=tlif130157469160621&um=1&ie=UTF-8&source=og&sa=N&tab=wi&biw=782&bih=533


c0139575_5504868.jpg

この悪意は凄まじい



iraq uranium Victims
http://www.google.co.jp/images?um=1&hl=ja&biw=782&bih=533&tbs=isch%3A1&sa=1&q=iraq+uranium+Victims&aq=f&aqi=&aql=&oq=



元GE技術者・菊地洋一さん講演
http://www.stop-hamaoka.com/kikuchi/kikuchi2.html


いろいろやってきたわけですけれども、実際に働いてみますと、原子力の技術というのは全然確立していなかった。もう詳しい話は技術的な専門的な話になりますのでいいませんけれど、とにかくハチャメチャなんですね、施工で。施工というか原発を造っていく工事の段階で。工事のミスが出るということは人間のやっていることですから、よく起こることですけれども、問題なのは設計そのものも十分検討されていない、いいかげんな感じで工事が進められていました。ですか ら建設中にしょっちゅう変更がある、そのことにもびっくりしましたけれども、送られてくる図面があちこちぶつかっていたり、そういうことにもびっくりしました。自分でチェックしてみて余りにもぶつかっているので、びっくりしましたけれども、とにかく確立された技術じゃないということです。


放射能が日本に拡散 ”Nature News”の記事の要約紹介
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/earth/nuclear/tepco-nuclear-disaster/11033001.htm

c0139575_1923992.jpg




もう一度おまけ

c0139575_18594668.jpg

地球が静止する日

意識を取り戻した生命体は自分の名をクラトゥと名乗り地球を人間たちから助けに来たと、ヘレンに告げる。衝撃を受けたヘレンはノーベル学者バーンハート教授と面会させるが、必死の説得もむなしく、ついに巨大なゴートが大量の虫のようなものに変わり、地球上のあらゆる物を溶かしてゆく。 

++
この「虫のようなもの」とは、放射性物質や、病原体のことでしょう。湾岸戦争で「練習」したように。

c0139575_2113246.jpg



RCサクセション サマータイム・ブルース
オリジナル歌詞: E. Cochran & J. Capehart
替え歌詩: 忌野清志郎

暑い夏がそこまで来てる
みんなが海へくり出していく
人気のない所で泳いだら
原子力発電所が建っていた
さっぱりわかんねえ、何のため?
狭い日本のサマータイム・ブルース

熱い炎が先っちょまで出てる
東海地震もそこまで来てる
だけどもまだまだ増えていく
原子力発電所が建っていく
さっぱりわかんねえ、誰のため?

狭い日本のサマータイム・ブルース

寒い冬がそこまで来てる
あんたもこのごろ抜け毛が多い (悪かったな、何だよ)
それでもテレビは言っている
「日本の原発は安全です」
さっぱりわかんねえ、根拠がねえ

これが最後のサマータイム・ブルース

(原発という言い方も改めましょう。
何でも縮めるのは日本人の悪い癖です
正確に原子力発電所と呼ぼうではありませんか。
心配は要りません)

あくせく稼いで税金取られ
たまのバカンス田舎へ行けば
37個も建っている
原子力発電所がまだ増える
知らねえ内に漏れていた

あきれたもんだなサマータイム・ブルース

電力は余ってる、
要らねえ、もう要らねえ

電力は余ってる、
要らねえ、欲しくない

原子力は要らねえ、
危ねえ、欲しくない

要らねえ、要らねえ、欲しくない
要らねえ、要らねえ、

電力は余っているよ
要らねえ、危ねえ、


※アルバム 「カバーズ」(1988.8.15 オリジナルLP発売予定→中止)収録


c0139575_18555728.jpg

c0139575_6195240.jpg

c0139575_5504868.jpg



「天空の蛇 その4」 

c0139575_3392556.jpg

ユダ・マカバイの勝利..ギュスターブ・ドレ画(NHKで放送されたマサダの砦の意味。公共放送でははっきり言えませんからね。NHKは知っているのです,誰がやったのかを)



c0139575_6133294.jpg


c0139575_6134735.jpg

[PR]

by oninomae | 2011-03-31 20:27 | 放射能・ラジオハザード  

<< 放射性物質という「小さい虫」 フリッツ・スプリングマイヤーの... >>