Google革命工場-アライアンス・オブ・ユース運動: カラー革命2.0 Tony Cartalucci

c0139575_1192245.jpgGoogle革命工場-アライアンス・オブ・ユース運動: カラー革命2.0 Tony Cartalucci 2011年2月19日 Signs of the Times 2011年2月22日 (火)
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/google--20-a1ad.html の転載


2008年に、アライアンス・オブ・ユース・ムーブメント(Alliance of Youth Movements若者運動連盟?)(引用注:例の「ヤング・アメリカ」等の運動を思い出させます)が発会サミットをニューヨーク市で開催した。このサミット参加者の顔ぶれは、国務省スタッフ、外交問題評議会メンバー、元国家安全保障スタッフ、国土安全保障省顧問、そして、AT&T、Google、Facebook、NBC、ABC、CBS、CNN、MSNBCや、MTVを含むアメリカ企業やマスメディアの無数の代表者という組み合わせだった。 

c0139575_153963.jpg

This revolution has been brought to you by...
http://allyoumov.3cdn.net/f734ac45131b2bbcdb_w6m6idptn.pdf

アメリカ経済、国内政策、外交政策に関与するような代表者達が、マス・メディア業界で、世論を形成する連中とともにそのような会議に集まって、アメリカの未来と、いかにそれを促進するかを語り合うのをいぶかるむきもあるだろう。これらの政策立案者達に加わったのは、この促進を"手助けする"であろう"草の根"活動家の大群だった。

その中には、エジプトの"4月6日"[April 6" from Egypt, April 6 Youth Movement]と呼ばれる、当時ほとんど無名の集団があった。これらFacebookに"詳しい" エジプト人は、後に2010年2月、カイロ空港でアメリカのインターナショナル・クライシス・グループ理事モハメド・エルバラダイと会見し、エジプト大統領ホスニ・ムバラクの政権を打倒するという彼の尽力に対し、彼に成り代わり、翌年、政治キャンペーンとデモ抗議運動を展開することとなった

アライアンス・オブ・ユース・ムーブメント(若者運動連盟?)の綱領は、草の根活動家が能力を築き上げるのを援助し、世界に対してより大きな影響を与えることに尽くす非営利組織だと述べている。これは一見かなり無害に聞こえ、おそらく前向きな響きさえある が、"Movements.org"に関与している連中を検討してみて、明らかとなる極めて非道な狙いを持った陰険な企みは、信じがたいほどだ。

Movement.orgは、米国務省とコロンビア大学法律大学院と公式に手を組んでいる。 その企業スポンサーには、Google、ペプシや、オムニコン・グループが含まれており、いずれも世界支配主義者の集団外交問題評議会(CFR)のメンバー企業だ。

c0139575_151075.jpg

CBSニューズはスポンサーであり、世界支配主義者の集団、チャタム・ハウスの加盟企業リストに載っている。

c0139575_217174.jpg

c0139575_2174333.jpg

他のスポンサーには、Facebook、YouTube、Meetup、Howcast、ナショナル・ジオグラフィック、MSNBC、GenNextや、PR会社のエデルマンが含まれている。


Movement.orgの"チーム"には、CFRの一員で、Google Ideasの取締役で、コンドリーザ・ライスと、ヒラリー・クリントンの二人に仕えた元国務省職員であった共同創立者ジャレド・コーヘン[Jared Cohen]がいる。

c0139575_1301315.jpg

c0139575_132464.jpg


コーヘンと共にMovements.orgを創立したのは、プロクター&ギャンブル、コダック、ステープルズ、フォード、米国務省や米国防省等の政府省庁等、超大企業コングロマリットと"特定ブランドのエンタテインメント、革新的なソーシャル・メディア、そして的を絞ったリッチ・メディア・キャンペーン"を生み出すべく、仕事をしているハウキャスト・メディア[Howcast Media]のジェイソン・ リープマン[Jason Liebman]だ。

c0139575_1272519.jpg

c0139575_127401.jpg


彼はGoogleにも4年間勤務していたが、タイム・ワーナー(CFR)、ニューズ・コーポレーション(FoxNews、CFR)、バイアコム、ワーナー・ミュージック、ソニー・ピクチャーズ、ロイター通信社、ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポスト社と組むことが仕事だった。

ローマン・サンダー[Roman Sunder]も、Movements.orgの共同創立者と見なされている。彼は広告会社のアクセス360メディアを創設し、"若者産業"の未来を議論するため、AT&T (CFR)、クイックシルバー、アクティビジョン、Facebook、HP、YouTube、ペプシ(CFR)等の大企業や、アメリカ政府から、35人の経営者を呼び集めて、PTTOW!サミットを組織した。彼は、"次世代の為の変化に影響を及ぼす"ことを主眼にした別の非営利組織GenNext理事会メンバーの一員でもある。

こうした連中のつながりを考えると、連中が見たいと望んでいる変化なるものが、もっとペプシを飲み、大量消費用ガラクタに一層夢中で、連中の企業が所有するメディアを通して、我々に連中の嘘を吹き込む度に、アメリカ合州国政府を信じるような世代以上のものであるとは信じがたい。

c0139575_1562090.jpg


Movements.orgサミットに出席した活動家達が"左寄り"リベラリズムという哲学を支持しているにせよ、サミットの背後にいて、資金を供与し、こうした活動家達に計画を吹き込んでいる連中はアメリカ超巨大企業複合体だ。 連中、世界中で人権を侵害し、環境を破壊し、奴隷状態で暮らしている労働者によって海外で生産された粗悪な商品を売り、是が非でも、拝金主義と永遠の拡大という企みを推進している超大企業に他ならない。 連中の悪辣で利己的な狙いは、山のような心温まるご託に隠され、心からの人類に対する配慮に見せかけ、食い物にされている純真な若者の大群に支援されてこそ実現するのだということを理解しない限りは、連中の偽善は驚嘆すべきだ

c0139575_112327.jpg


我々が目にしているのは、あらゆる活動家の活動を支援する財団ではなく、アメリカ国務省が"政権を変えたい"と考えている、スーダン、イラン、サウジアラビア、エジプト、東欧、ベネズエラ、更にはタイまでもの"問題地域"で活動する、極めてえり抜きの活動家集団だけを支援する財団だ現場では、あらゆる抗議デモ参加者や運動が、企業国家アメリカの狙いに貢献しない政府を弱体化させようとしており、Movements.orgがそうした連中の活動を支援しているのがわかるだろう。 

エジプトの4月6日運動はその一つで、アメリカが、ホスニ・ムバラクを打倒に成功し、連中の手駒モハメド・エルバラダイ[Mohamed ElBaradei]が大統領の座につくかも知れないという事態における彼等の役割は、刺激された若者のこの新手の大群をいかにうまく動員するかの完璧な例だ。

c0139575_1433145.jpg

これは、企業国家アメリカの支持を得て、アメリカ国務省が直接動かしているカラー革命2.0だ。

読者の皆様には、ご自分でMovements.orgのウェブをご覧の上、特に彼等が開催した3つのサミットと、その出席者をじっくりお読みになるよう強くお勧めする。 RANDコーポレーション[RAND Corporation]から、外交問題評議会にいたるまでの、あらゆる連中が運動を"刺激"している。 

c0139575_2245227.jpg

c0139575_2234458.jpg

Movements.orgというのは、実に、諸外国の主権をあやつり、むしばむためにしっかりつかんで離さない新しい仕組みなのだ。

c0139575_0464373.jpg


2008 Summit New York City .pdf

2009 Summit Mexico City .pdf

c0139575_145843.jpg

c0139575_239528.jpg


2010 Summit London

c0139575_2403463.jpg


c0139575_0455040.jpg

(違う名前ででています)


記事原文

Google's Revolution Factory - Alliance of Youth Movements: Color Revolution 2.0 Fri, 11 Feb 2011 08:12 CST Tony Cartalucci Land Destroyer
http://www.sott.net/articles/show/223894-Google-s-Revolution-Factory-Alliance-of-Youth-Movements-Color-Revolution-2-0

c0139575_154758.jpg



訳者コメント

この国では、60余年の支配によって、政界、財界、官界、学界、マスコミ、全てが完全に傀儡化しており、自由自在に傀儡政党を作り、傀儡首相を取り替えられるので、若者運動の利用は全く不要。

もっとも、東京都でも、政府でも、元全共闘で活躍した方々が重責を担っておられる。元全共闘のエリート諸氏は、闘争敗北後、なぜかアメリカに多数留学にでかけられている。そして、帰国後、見事、幹部に上り詰められたわけだ。闘士時代に、口を極めて非難してきたその体制の中で。往時、マスコミは、全共闘の華々しい奮闘を美しく伝えてきたものだった。

バーレンと違って、大規模反政府デモも決して起きず、死者も出ない、この最先端の立憲君主制国家だが、沖縄・高江ヘリパット建設強行に抗議して、宗主国大使館の近くでデモをすると、警官に包囲され、不当逮捕までされる。

この国のマスコミにも、政府を批判する自由はある。北朝鮮、ロシア、中国の政府を批判する自由は確実にある。日本は自由。見えない檻の中で上野動物園のパンダ並にもぞもぞしている限り。

c0139575_203336.jpg


2011年2月22日 (火)


c0139575_28584.jpg

c0139575_291455.jpg

c0139575_292912.jpg




関連追加

So This Is America
http://huzi.blog.ocn.ne.jp/darkness/2011/02/so-this-is-amer.html

「そう、これがアメリカだ。これがアメリカだ。お前は誰だ?」:本物のヒラリーはどれだ?
http://quasimoto.exblog.jp/14300010/



中東のグーグル「昨日の友は今日の敵」:「白人の裏切り!」とカダフィ大佐?
http://quasimoto.exblog.jp/14297783/

c0139575_21554869.jpg


暗殺のリクエスト 内戦はなぜ起きるのか傭兵制度の復活その1
http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/archives/10004677.html

今デモが起きているリビアは、実はアフリカでは社会主義的な政策によって、国民は豊かな暮らしを送っているほうなのである。そして今回のデモによってそのシステムは破壊された。それがリビアが狙われた理由のひとつでもある。

これよりリビア国民は、今までりはるかに貧しい暮らしを送ることになる。そして西側の外資系大企業がリビアの富と資源を、ブラックホールのように吸い込んでゆく。


誰がオバマを所有しているか? By Brother Nathanael Kapner
http://satehate.exblog.jp/10109558

c0139575_22314100.jpg

c0139575_220289.jpg

c0139575_2204858.jpg

感じやすい青年:アメリカの若者は大挙してオバマ氏に投票したと判明した。若者達はオバマの「希望」キャンペーンに夢中になっていた。 ・・・

ネット革命 オバマのご褒美
http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/archives/9996694.html

「世界同時多発デモ事件」をプロデュースした、フェースブックのマーク・ザッカーバーグ[Mark Elliot Zuckerberg]の労をねぎらうため、オバマ大統領は自らシリコンバレーに出向いた

c0139575_2218275.jpg


ザッカーバグのほかに、これまた民主化デモを推進しているグーグルのエリック・シュミット[Eric Emerson Schmidt]CEOや、
c0139575_22354743.jpg


例の投資ファンドグループ代表のジョン・ドーア[L. John Doerr]
c0139575_22361255.jpg

らが招かれ、夕食懇談会が開催された。

c0139575_2219358.jpg

c0139575_22223598.jpg

[PR]

by oninomae | 2011-02-23 01:09 | 政治詐欺・政治紛争  

<< 全分野で動く日本解体計画 T... 特別レポート ワクチン: その... >>