白衣たちが惑星を運営するとき by David Rothscum

白衣たちが惑星を運営するとき by David Rothscum Tuesday, June 29, 2010


きっとあなたが知っているに違いないように、白衣たちは「持続可能」であるには我々の地球があまりにも「人口過剰」であると信じている。あまりにも多くの人々が、あまりにも多くの資源を消費している。

実際、地球温暖化が100年以内に我々を絶滅させようとしている。まさにあまりにも多くの人々がそこで溢れている、CO2と呼ばれる厄介なガスを作り出しながら。


したがって、白衣が理解する彼らの解決策は、単に適者生存にまかせることである。進化は、限られた量の資源への競争によって起こり、そして人工的不足を作り出すことによって、我々は人類の間に競争をさせることができる  遺伝学者ジェームズ・ワトソンが言っているように

c0139575_1644199.jpg


「もしあなたが本当に愚かな場合、私はそれを病気と呼ぶだろう。」 と、ワトソン博士は言った。

「小学校でさえも、本当に困難を持っている下位の10パーセント、その原因は何だろう? 多くの人々が言うだろう、『まあ、貧困、そのようなもの。』 それはおそらく、そうではない。だから、私はそれを取り除きたいのである、下位の10%を助けるために。」

「一部の人々が同じ機会を持たないのは不公平に思える。一旦、あなたが我々の子供たちを改良できる方法を持つと、誰もそれを止めることはできない。それを使わないのは愚かなことだろう、なぜなら他の誰かが、そうするだろうから。自分の子供たちを強化する両親、その後、その子供たちが世界を支配するものになるだろう。」

美しさに影響する遺伝子もまた、設計することができるだろう。

「人々は、もし我々がすべての女の子をかわいくすることは、恐ろしいだろうという。私は、それは素晴らしいことだと思う。」


どのように我々は、誰かが我々の社会に重荷となり、多くを貢献できないだろうものに生まれさせられるのか、彼を養い、服を着せ、そして彼の家を暖めることが、ホッキョクグマが溺れ、サハラ砂漠が拡大することを引き起こすだろう時に。

これは白衣たちが持ち込むだろう議論の一つだろう。

そして、白衣ジェームズ・ワトソンによれば、両親たちは、もし彼らが望むなら、同性愛者の子どもたちを堕胎するべきであるしかしながら、これはワトソンが好んでいるなにかではないことに、言及しておく必要がある。彼は単に自分の信念を述べているだけである。もし両親たちが同性愛者の子供たちを堕胎したいと望むなら、彼らはそうする権利を持つべきだと。

しかし、それは現在起こっていることから隔絶したことなのか?ダウン症のほとんどの胎児たちは堕胎されている。

我々は、遅い年齢で子どもたちを持つことを決心した、なぜなら我々は我々に何も最初に教えない我々の教育を終えることを望むゆえに、そうして、我々は後に小部屋の人々にわめくことができる、教育の欠如のためにわめかれる人である代わりに。

この結果、受精卵のはるかに高い数が、その症状を引き起こす余分な染色体を持っている。我々は単に彼らを堕胎することで解決する。 間もなく、我々は自閉症のリスクが増大したものも堕胎するだろう

しかしながら、自閉症は、シン[Singh]とフォイデンブルク[Freudenburg]によって示されたように、はしかの予防接種によって引き起こされる、ほとんど一つの環境的な症状である。が、これは別の問題である。

この遺伝学的スクリーニングは、我々の遺伝子プールの中に、数百万年ではないとしても数千年の間、存在してきた遺伝的変異の消滅に繋がる可能性が非常に高い。


なぜさらに一歩進まないのか?

男性は1日あたり数百万の精子を作り、女性は多量の卵子を持っている。我々は、子供を遺伝子設計する必要さえなく、我々は、我々が望む変種をただ選択することが出来る、最高の卵子を完璧な男性の配偶子によって受精させるために体外受精を使用して、(そしてそこから選ぶ数百万名によって、確かに我々は、少なくとも一日に何回かすべての創造力に富む男性によって生産された遺伝子の理想的な組み合わせに近づいているだろう)。

c0139575_16455156.jpg


それは、卵子が我々が望む正確な遺伝的コードを含むように、まさに遺伝学的に設計することより簡単だろう、私は知らない、しかし私が記述した方法はまだ、「あなたたちの」子どもたちを作るだろう。白衣技術の産物の代わりに。

もしあなたがそれをしないなら、不幸。あなたの5'10少年は、6'+現代生物パンクの西洋文明の中で、日付を見つけるのに悪戦苦闘するだろう。彼の110のIQでは、彼が仕事を見つけることは難しいだろう。 他の母親と父親は、いかにあなたが、肥満、うつ病、そしてある型のガンに向けた遺伝的素因を持って生まれることを、あなたの子供に許したかについて陰口をたたくだろう。

恐らく、彼は市長に立候補するだろうが、しかし、地方新聞はなんとか彼のDNAを飲み物から入手する、そして最も人気のある候補者がある性的な威嚇と横領の素因を持っていることを見出しに載せる。さよなら、経歴よ。

突飛? さて、我々はすでに、ギャンブル依存症に、あなたをかかりやすくする遺伝子を発見した。そして、我々はすでに、女性たちの胎児を、乳ガンになりやすいある遺伝的素因について、検査している。彼らの子孫が、彼らが中年のとき自分たちの胸部を外科的に切除されることを引き起こすその遺伝子を受け継がないだろうことを確実にするために。

おそらく、誰かが、あるランダムな突然変異によって、ビタミンCを生成する最初の人間(つまり我々が知っている)を生むだろう。もしこの人物が男性に生まれたならば、彼は精子バンクに自分の精子を寄付して生計を立てるだろう。そこでは、それは、惑星中の一人の女性あるいはレズビアンのカップルたちに、そしておそらく、彼らの子どもたちが最善の可能な未来を持つように、普通のカップルたちにさえ、金よりも高い値段で売られるだろう。


現実には、この白衣が作り出す楽園はどのように見えるのか?

ハリウッドからやってきたいくつかの良い映画(あるいは、私の友人たちは単に、映画館で悪い映画を見せに連れて行った)の1つは、ガタカ[Gattaca,1997]と呼ばれる。もしあなたがあえて子どもを持つなら、この素晴らしき新しい白衣の現実での自然なやり方、これが何が起こるかである:

c0139575_1638208.jpg




なぜ、その子どもはわずか30年の寿命を持つのか? 彼は本当にそんな不運だったのか、あるいはすべての白衣が作り出した、この美しい新しい楽園を阻害するだろう汚染他の恐怖が、彼の寿命を減らすのか? いくつかの新しいチェルノブイリ災害が、2010年と白衣のヴァルハラが誕生するまでの間に起こるだろうか?それとも、それはまさに、ヴィンセントの母親の卵子を破損する、携帯電話タワーからの電磁波放射か?

さあ、私には見当がつかないよ。

幸いにも、あなたが自分の信仰を、母なる自然の代わりに、白衣たちに置いたとき、あなたの子供は実用的な半神に変わる:



白衣たちが、最終的に彼らの楽園作成を完了させたとき、きっと我々は皆とてもずっと幸せであるに違いない。誰も否定できない、我々が今200年前よりも幸せであることを、よろしいですか?

もしそうでないとして、やれやれ、大丈夫、あなたはただ生活するもう一つの惑星を見つけねばならない、なぜならグローバリズムのおかげで、この惑星全体が、この素晴らしい新技術を楽しむチャンスを得たからである。

大事なことを言い忘れていたが、ここにあなたを偽るための、ある関連したデスメタルがある(その歌はビデオの約15秒から開始する):


Death - Genetic Reconstruction Heavymetalpower666


Extending a life with total resistance
To fatal disease, future methods of science

Replacing what is real by using technology
Population control, selecting those who will breed
A specific type of form chosen for the unborn
A mind without emotion
Progressive anatomy

Genetic reconstruction
Evolution in production

[Solos: Murphy, Shuldiner]

Producing a race of human machines
A new age of existence the world will see

Replacing what is real by using technology
Population control, selecting those who will breed
A specific type of form chosen for the unborn
A mind without emotion
Progressive anatomy

Genetic reconstruction
Evolution in production

c0139575_0145375.jpg

c0139575_177912.jpg


元記事は

When Whitecoats run the planet by David Rothscum Tuesday, June 29, 2010
http://davidrothscum.blogspot.com/2010/06/when-whitecoats-run-planet.html


c0139575_0155083.jpg

c0139575_0164096.jpg


ARE MOST DISEASES CAUSED BY THE MEDICAL SYSTEM? By Walter Last
http://www.health-science-spirit.com/medicaldisease.html

c0139575_6385319.jpg


子宮頸がん:予防ワクチンに疑義 大崎の医師が市の助成見直し要請へ/宮城
http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20110207ddlk04040121000c.html

http://wakuchin-iran.jugem.jp/?eid=1335#sequel
 
大崎市古川の内科医、佐藤荘太郎さん(61)が6日、「子宮頸(けい)がん予防ワクチンの接種効果は医学的に示されていず、副反応が顕著」との見解を、同市の住民団体「菜の花の広場」の学習会で披露した。同時に、市が今月から実施する同ワクチン接種助成を見直すよう求める要望書を近く市議会に提出する考えも明らかにした。同ワクチン接種に反対する見解は異例。

子宮頸がんは性的接触によるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染で発症するがんで、毎年約2500人が死亡すると言われている。感染前の10代前半までにワクチンを接種(3回)すれば発症を防げるとされるが、接種1回につき約1万6000円の費用がかかる。国は昨年秋、中学1年~高校1年生の希望する女子を対象に、国と市町村が接種費用を折半して全額助成する措置を講じた。

これに対し、佐藤さんは海外を中心に子宮頸がん予防ワクチンの関連情報を調べ、 (1)HPV感染予防のワクチンで、子宮頸がん発症に対する予防効果は示されていない(2)未感染の女子に接種して予防効果があるとの確証はない(3)接種による痛みが激しく失神例が少なからず発生。注射部位の腫れ、全身疲労、頭痛も報告され、副反応も顕著 --との見解に達した。

佐藤さんはワクチンの効果とその持続性を長年調べており、子宮頸がん予防ワクチンにも疑義の目を向けた。ワクチンは未感染女子には効果があるとの認識が広がっているだけに、今後の動きが注目される。【小原博人】


ワクチン公費助成に関する地方議員の意見調査の呼びかけ
http://tamekiyo.com/documents/original/vaccine_kohi.html

大崎市民菜の花の会 
http://oosaki2010.blog14.fc2.com/
http://oosaki2010.blog14.fc2.com/blog-entry-8.html

市民のがんばりに期待する!!

卑劣な騙しを終わらせよう!!

全く効かない「子宮頸がん予防ワクチン」接種はすぐ中止を! 分析 & 文責 佐藤 荘太郎
http://jizaikama.jp/nanohana/hpv_vaccine.pdf

市町村の新年度予算案を見てくらはい!
http://radiotimes.blog11.fc2.com/blog-entry-145.html

子宮頸がんワクチンなど予防接種助成・・・9億9655万円  第1位!ブヒッ!

「子宮頸癌ワクチン」 打つ?打たない?
http://wishcomestrue.ti-da.net/e2969927.html

新型インフルワクチンのみならず、子宮頸癌ワクチンでも流産!
http://insidejobjp.blogspot.com/2010/03/blog-post_08.html

HPV Vaccine Causes 21 Deaths And Counting By Tim Waggoner LifeSiteNews.com 8-20-8
http://www.rense.com/general83/hpv.htm


関連

生物兵器戦争の一方法としてのワクチン接種の歴史 by David Rothscum 1
http://satehate.exblog.jp/13630509/

生物兵器戦争の一方法としてのワクチン接種の歴史 by David Rothscum 2
http://satehate.exblog.jp/13640207/

生物兵器戦争の一方法としてのワクチン接種の歴史 by David Rothscum 3
http://satehate.exblog.jp/13647292/

人為的な人間淘汰の時代 1952 – 2009 by David Rothscum 1
http://satehate.exblog.jp/13673582/

人為的な人間淘汰の時代 1952 – 2009 by David Rothscum 2
http://satehate.exblog.jp/13694566/

人為的な人間淘汰の時代 1952 – 2009 by David Rothscum 3
http://satehate.exblog.jp/13710413/

人為的な人間淘汰の時代 1952 – 2009 by David Rothscum 4
http://satehate.exblog.jp/13724148/


c0139575_0173139.jpg

[PR]

by oninomae | 2011-02-13 16:11 | バイオハザード・医療  

<< 米国 燃料エタノール用GMトウ... グーグルが教えてくれる・・・ >>