英国のユダヤ人貴族(2) by Henry Makow Ph.D.

英国のユダヤ人貴族(2) by Henry Makow Ph.D. January 17, 2011

c0139575_682016.jpg


1941年、ユダヤ人家系図のドイツの主たる専門家、フリードリッヒ・ヴィルヘルム・オイラー[Friedrich Wilhelm Euler]は、『英国上流階級へのユダヤ人の血の浸透[The Penetration of Jewish Blood into the English Upper Class]』と題された、長い論文を出版した。

オイラーは問うた。如何に近代の英国が、そこでのユダヤ人社会の相対的に小さなサイズにも関わらず、「ユダヤの保護権力」になったかを。

彼は主張した。ユダヤ人の経済的・知的影響にはあまりに過剰の強調がなされてきた、そしてユダヤ人の血による英国貴族への浸透については強調が不十分であったと。

オイラーが主張するに、19世紀に英国のユダヤ人たちが解放されたずっと以前に、商業的・財政的に成功したユダヤ人ファミリーの洗礼を受けたメンバーが、英国貴族と結婚してきた。

実質的に、彼の148ページの論文のすべては、14世紀に始まる、ユダヤ人改宗者たちと、引き続いての非ユダヤ人たちとの結婚のカタログからなっている。  (訳者:例えば、セシル家など)

その証拠は明らかにしているが、英国貴族は、「ユダヤ人との婚姻」を、「血液物質」の観点から、文字通り封印してきた。

このアラン・スタインヴァイス[Alan Steinweis]の『ユダヤ人研究:ナチ・ドイツにおける学術的反セム主義』 (2006) p. 107、からの引用情報は、重要な意味を持っている。

新世界秩序は英帝国の一つの拡張であり、それは常に、イルミナティと呼ばれるメーソン(カバリスト)の種族混合階級の強奪、貪欲、そして悪魔主義を表してきた。

もしオイラーが正しければ、英国貴族は隠れユダヤ人であると言っても過言ではない。 これは、 名高いバーク貴族名鑑の編集者、レスリー・パインの結論と一貫している

「ユダヤ人の陰謀」は、英帝国である。 米帝国NWOもそうである。

「ユダヤ人の陰謀」は、ロンドンを本拠地にする中央銀行カルテルの権力の上に築かれた「エシュタブリッシュメント」である。


第二次世界大戦の含意

歴史はこの視点から書き直される必要がある。

我々は、ダンケルク(1940年5月)[Battle of Dunkirk]から始めることができる、その時ヒトラーは、33万名の英国と同盟国の兵士たちを逃亡させた、表向きは平和の意志表示として。

c0139575_1241685.jpg

c0139575_621224.jpg

c0139575_1243766.jpg


ヒトラーは、フリードリヒ・オイラーが知っていたことを承知していたに違いない。それは常識であった。ヒトラーの公言した、英国と「北欧」同盟を作る望みは、意味をなさない。彼は、英国が、そのエリートの面では、アーリア人国家ではないことを知っていた。

英国は、イルミナティ・ユダヤ人権力の砦であった。 もしヒトラーが誠実であったのならば、英国侵略が彼の第一優先事項であっただろう。

彼はダンケルクで33万名の兵士たちを監禁しただろう。 その代わりに、彼は、彼らを逃亡させ、ロシアを攻撃することにより、英国の政策を実行した。

私が自分の本『イルミナティ』の中で、明らかにしようと努めたように、ヒトラーは、イルミナティ・ユダヤ人(英国人)の創造物であった。 彼は、ドイツを破壊し、単一世界政府へのお膳立てをするという、彼が行ったことを正確に行うために権力の座に据えられた。スターリンチャーチルは、皆イルミナティ・ユダヤ人たちで、共謀していた。(例えば、メイコウの、「バルバロッサ作戦におけるスターリンの共犯」参照 )

ヒトラーはユダヤ人たちを迫害した。なぜなら、イルミナティが、イスラエルを作ること、そしてNWOのとしての将来の使用に向けて、彼らを外傷-洗脳することを望んだからである。

同時に、ナチの迫害は、彼らのユダヤ人の駒たちを永遠の被害者、神聖な牛、そして不可触民たちのように見えるようにしながら、彼らに対する異議申し立ての信用を落とすことに役だった。


これは、イルミナティが、彼ら自身をよりうまく保護するために、言論の自由を犯罪とすることを可能にする。

マラーノ、隠れユダヤ人、共産主義者、フリーメーソンたちの、手口を見よ。 それはヒトラーのものと同じである
実際の身元と本当の目的を隠し;潜入し、堕落させ、そして最終的にはキリスト教文明を破壊する。 これは、非イルミナティ・ユダヤ人も含めて、すべての個人、国家および集団を堕落させることを含んでいる。


歴史は、この悪魔的陰謀の観点から書き直す必要がある。我々の悲劇的な過去は、カバリストたちによって投げかけられた呪文である。

このままでは、未来はさらに恐ろしくさえあり得る。


Note:

Hermann Goetsche (1815-1878) was a German "anti Semite" credited with inserting a chapter in his novel Biarritz,(1868) entitled "In the Jewish Cemetery of Prague." The chapter consists of a speech by a rabbi which is thought by some (not me) to be the inspiration for the "Protocols of Zion." It includes the following passage which might shed light on how Illuminati Jews regard intermarriage:

"We must encourage marriages between Jews and Christians for the people of Israel lose nothing by the contact and can only gain from these marriages. Our race, chosen by God, cannot be corrupted by the introduction of a certain amount of impure blood, and by those marriages our daughters will secure alliances with Christian families of some influence and power. It is right that, for the money we give, we should obtain the equivalent in influence over everything around us. To be related to gentiles shall not imply a departure from the path we have chosen to follow; on the contrary, with a little skill it will make us the arbiters of their fate."

-Quoted in Norman Cohn, Warrant for Genocide, p. 272


元記事は

England's Jewish Aristocracy (2) by Henry Makow Ph.D. January 17, 2011
http://www.henrymakow.com/englans_jewish_aristocracy_ii.html




関連

ヒトラーの、ロスチャイルド家との秘密の関係を理解する by Clifford Shack
http://satehate.exblog.jp/7969830/

ヒトラーの秘密の起源発掘 By Clifford Shack
http://satehate.exblog.jp/8626446/

ヒトラーはロスチャイルドだったか? By Clifford Shack
http://satehate.exblog.jp/15029904/

スターリンは、ロスチャイルドだったか?  By Clifford Shack 1
http://satehate.exblog.jp/14212190/

スターリンは、ロスチャイルドだったか?  By Clifford Shack 2
http://satehate.exblog.jp/14226211/

スターリンは、ロスチャイルドだったか?  By Clifford Shack 3
http://satehate.exblog.jp/14239224/

スターリンは、ロスチャイルドだったか?  By Clifford Shack 4
http://satehate.exblog.jp/14253946/

ロスチャイルド一族、チャーチル、そして「最終解決」・・・ By Clifford Shack 1
http://satehate.exblog.jp/14134488/

ロスチャイルド一族、チャーチル、そして「最終解決」・・・ By Clifford Shack 2
http://satehate.exblog.jp/14147022/

ロスチャイルド一族、チャーチル、そして「最終解決」・・・ By Clifford Shack 3
http://satehate.exblog.jp/14163384/

ロスチャイルド一族、チャーチル、そして「最終解決」・・・ By Clifford Shack 4
http://satehate.exblog.jp/14177068/

ロスチャイルド一族、チャーチル、そして「最終解決」・・・ By Clifford Shack 5
http://satehate.exblog.jp/14194167/

ロスチャイルドの人種(品種)改良:ユダヤ人を育種するユダヤ人 by Clifford Shack
http://satehate.exblog.jp/7969931/

最高位のイルミナティ離脱者:「ロスチャイルド一族がドルイド妖術で支配している」 By Henry Makow
http://satehate.exblog.jp/12794988

サバティアン・フランキスト・イルミナティ;全能の目カルトとしても知られる。
http://satehate.exblog.jp/7920212/


Henry Makow博士 記事目次
http://satehate.exblog.jp/13842775/

JFケネディとホロコーストの秘密 by Clifford Shack 他 目次
http://satehate.exblog.jp/13842815/
[PR]

by oninomae | 2011-01-22 06:11 | イルミナティ  

<< ガザとシオニスト・ユダヤ人たち... ビルダーバーグ会議での一会話 ... >>