BSE病原体プリオンが空気感染 エアゾール・スプレーでマウスが100%感染の新たな研究

http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/bse/news/11011701.htm
農業情報研究所>狂牛病 >ニュース:2011年1月17日

BSE病原体プリオンが空気感染 エアゾール・スプレーでマウスが100%感染の新たな研究
 
ドイツとスイスの研究者が、BSE(狂牛病)を引き起こすとされる異常プリオン蛋白質が空気を通して伝達することを発見した。この新たな研究によると、この蛋白質を含むエアゾール・スプレーをかけたマウスの100%が感染した。その濃度が高いほど潜伏期間が短く、濃度が薄いと発病は遅れたが、すべてのマウスが間違いなく感染した。異常プリオンは鼻腔から脳に直接入り込んだという。(引用注:初期から肥料については推測されていた)

 
研究者によると、この実験室での発見は普通の日常生活を送る人にはほとんど関係なく、人々が集まる公共空間で感染するリスクはない。人や動物が環境中にプリオンを放出するという証拠はないからだ。ただ、プリオンが空気で運ばれ、エアゾールが生み出されるとすると、この空気を吸うことは非常に効率的なBSE伝達手段となる。実験室で作業する人やと畜場で働く人など、エアゾールに曝される人にはリスクがあり得るという。

 
Aerosols Transmit Prions to Immunocompetent and Immunodeficient Mice,PLoS Pathogens,2011.1.13
http://www.plospathogens.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.ppat.1001257


++
また、「開発」してしまいましたか?


c0139575_527245.jpg

[PR]

by oninomae | 2011-01-19 05:24 | バイオハザード・病原体  

<< ビルダーバーグ会議での一会話 ... 不妊、幼児死亡率に関連づけられ... >>