不妊、幼児死亡率に関連づけられたGM大豆 By Jeffrey Smith 1

不妊、幼児死亡率に関連づけられたGM大豆 By Jeffrey Smith 4-26-10 その1

「この研究は、まさに決まりきった仕事だった」と、ロシアの生物学者アレクセイ・V・サーロフ[Alexey V. Surov]は言った、何がこの世紀の控えめな表現として結局わかり得るかについて。

c0139575_2002444.jpg


サーロフと彼の同僚は、米国の大豆畑の91%で育てられているモンサントの遺伝子組み換え(GM)大豆が、成長あるいは生殖の問題に繋がるかどうかを発見することに着手した。彼が発見したことは、一つの数十億ドル産業を根絶するかもしれない。

ハムスターを2年間、3世代以上に渡って給餌した後、GM食のものたちは、そして特に最大GM大豆食群は、破壊的な結果を示した。

第三世代までには、ほとんどのGM大豆飼育ハムスターたちは、赤ん坊を持つ能力を失った。

かれらはまた、子どもたちの間での、成長鈍化と、高い死亡率を経験した。


そしてもしこれが十分に衝撃的でないとすれば、第三世代の一部は、彼らの口の内側に成長する毛を有していた-めったに見られない現象だが、しかし、どうやらGM大豆を食べているハムスターたちの間ではより流行しているようである。 (訳注:GM本体もアーパッド・プースタイ博士たちが示したようにそれ自体大きな疑問符が付くが、この現象はアンドレス・カラスコ博士たちが示したように除草剤ラウンドアップの奇形誘導作用が大きな原因のようでもある。また、不妊については、ロイコトキシンジオール等が遺伝子組み換えで量産されることも大きな原因であると思われる)


その研究は、ロシア科学アカデミーのサーロフ生態進化研究所と遺伝子安全性国立協会とによって共同で行われたが、三ヶ月の内に(2010年6月)出版される予定である。従って、技術的な詳細は、待たねばならない。

しかし、サーロフは、電子メールで私に基本的設定を略述してくれた。

彼は速い増殖率を持つキャンベル・ハムスターを使用し、4つの群に分割した。すべて通常食を給餌されたが、しかし第1群は大豆はなし、第2群は非GM大豆給餌、第3群はGM大豆給餌、そして第4群はより多いGM大豆給餌であった。彼らはグループ当たり5組のハムスターを使用した、その各々は7-8匹の同腹の子、全体で140匹を生んだ。

サーロフは語った、<http://english.ruvr.ru/2010/04/16/6524765.html>ロシアの声、

「当初は、すべてが順調に進んだが、しかしながら、我々は全く深刻な影響に注目した、我々が彼らの子どもたちから新しいペアを選び、従前通り彼らを給餌し続けたときに。これらのペアの成長速度はより遅くそしてゆっくりとその性的成熟に達した。」

彼は各々のグループから新しいペアたちを選び、それらはもう一つ別の39匹の同腹の子を生んだ。

対照群では52匹の子どもが生まれた、そして非GM大豆群で78匹。しかしながら、GM大豆群では、わずか40匹の子ども生まれただけであった。そして、これらのうち、25%が死亡した。これは、対照群で見られた5%よりも5倍高い死亡率であった。

GM大豆高含有食を食べたハムスターたちは、たった1匹のメスだけが出産した。彼女は16匹の子どもを生んだが;約20%が死亡した。

サーロフは言った「F2[第三世代]の少ない数は、多くの動物が不妊であったことを示した。 


発表される論文はまた、第三世代動物の精巣、脾臓、子宮などの臓器サイズ測定値も含むだろう。そして、もしそのチームが十分な資金を得られるならば、彼らはまた、採取した血液試料中のホルモン濃度も分析するだろう。


口の中に成長する毛髪

今年(2010)の初期に、サーロフは共著でDoklady Biological Sciencesに一つの論文を発表したが、それはまれな例で、毛髪がハムスターの口の嚢胞中に成長することを示していた。

「これらの嚢のうちいくつかは、単一の毛を含んでいた;他のものは、歯の咀嚼表面にまでも達する無色または着色した毛髪の密集した束であった。時として、歯列は、両側で毛髪の束の均一なブラシで取り囲まれていた。その毛髪は、垂直に成長し、そしてしばしば粘膜の塊に覆われた尖っている先端を有していた。」

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20506849Dokl Biol Sci. 2010 Mar-Apr;431:117-20.
A new example of ectopia: oral hair in some rodent species.
Baranov AS, Chernova OF, Feoktistova NY, Surov AV.
Kol'tsov Institute of Developmental Biology, Russian Academy of Sciences, ul. Vavilova 26, Moscow 119991, Russia.
PMID: 20506849 [PubMed - indexed for MEDLINE] (要旨なし)


(これらの毛束の写真は、本当に胸が悪くなる。私を信頼するか、それとも
<http://www.responsibletechnology.org/utility/showArticle/?objectID=4888#hair>自分自身で見て下さい)


c0139575_2035934.jpg

www.truefoodfoundation.org/ectopia-from-gmo.pdf

その研究の結論で、著者らは推量している、そのような驚異的な欠陥は、実験室で育てたハムスターのえさに起因するかもしれない。

彼らは書いている、「この病変は、自然の食品には欠けているその食物の成分によって悪化するかもしれない。例えば、遺伝子組み換え(GM)原料(GM大豆あるいはトウモロコシ食)あるいは汚染物質(農薬、カビ毒、重金属、その他)。」 (訳注;妥当な推測です)

確かに、口内毛髪ハムスターたちの数は、サーロフが以前観察してきたどこでよりもGM大豆給餌動物の第三世代の間でずっと高かった。


予備試験、しかし凶兆

サーロフは早期の結論に飛躍することに対しては警告している。彼は言った、「GMOはそれ自体では、これらの効果を引き起こさないということが十分可能である。」

サーロフは、一つの優先事項として、餌の成分の分析をすることを望んでいる、まさに何がその効果を引き起こしているのか、そして如何にして発見するために。

遺伝子組み換え作物に加えて、それは汚染物質の可能性がある、彼は言った、あるいはラウンドアップ(グリフォサート[グリホサート]が主成分)のような除草剤のより高い濃度での残留)。

c0139575_20232612.jpg

c0139575_20453162.jpg

(訳者注:グリフォサートの催奇形性は、すでに証明されています


実際、これらの豆にはずっと高い濃度のラウンドアップが存在している;それらは「ラウンドアップ・レディ」と呼ばれている。レベルのそれらのDNA中には細菌の遺伝子が強制的に導入され、その結果、その植物はモンサントのラウンドアップ除草剤に耐性となる。

c0139575_2023924.jpg


したがって、遺伝子組換え(GM)大豆は常に、遺伝子組み換えのあらゆる副作用と組み合わされたより高い除草剤含量との二重の脅威を持ち越している。


続く (和訳その1です)


元記事は

GM Soy Linked To Sterility, Infant Mortality By Jeffrey Smith 4-26-10
http://www.rense.com/general90/soy.htm


c0139575_1829140.jpg

c0139575_20502479.jpg

[PR]

by oninomae | 2011-01-18 19:52 | バイオハザード・GMO食品  

<< 不妊、幼児死亡率に関連づけられ... NHK解説委員・長谷川浩氏のの... >>